2018年07月15日

シュペールサンク ナンバープレートステー

到着したシュペールサンクの鍵には現地ディーラーのキーホルダーがついていました。まとめ買いしてある(笑)RENAULT5キーフォブを追加
L1000047.JPG

輸入業者さんがスチールのナンバープレートステーを付けていたので錆を考慮してアルミに変更

フロントは簡単です。アルミニウム製 汎用ナンバーステー
DSC_8343.jpg
DSC_8346.jpg

リアはスペースが天地方向に薄く、
・リアワイパーの基台に接触しない
・ナンバー照明の光が当たらないといけない
・車体に接触しない
という難しい条件がありますが、ローバーミニ/クラシックミニ アルミフロントナンバーステーをネットで発見し、これを加工してバッチリ収まりました。
DSC_8344.jpg
DSC_8345.jpg

カセットデッキで使うBluetoothアダプターを準備
DSC_8352.jpg
DSC_8323.jpg

このホイールキャップをつけないとオリジナルのCAMPUS PRIMOとは言えません。売主はこれを外して鉄ホイールをパウダー塗装して納車してくれましたが、トランクにホイールキャップも忘れず入れてくれました。
DSC_8353.jpg
posted by FCLIFE at 13:48| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2018年07月09日

シュペールサンク納車されました(^^)

シュペールサンクが納車されました(^^)
DSC_8332.jpg

イギリス中部のノッティンガム近郊で売られていたシュペールサンク、契約から2ヶ月あまりで登録完了です。
DSC_8331.jpg

ヘッドライトのバルブを交換しただけで予備検通ってしまいました。
DSC_8330.jpg
DSC_8329.jpg

ウチの初代サンクより16年若いとはいえ23年選手ですからそれなりにヤレてはいます。
DSC_8327.jpg
DSC_8326.jpg

室内はこんな感じです。
DSC_8324.jpg
DSC_8322.jpg
DSC_8323.jpg

英国で装着されていたナンバープレートを同梱してもらいました。
DSC_8334.jpg

早速こんな感じに(^^)
DSC_8335.jpg
DSC_8336.jpg
DSC_8337.jpg

ツーショットで!
DSC_8338.jpg
DSC_8339.jpg

ちょっと近所を運転してみましたが、とても調子いいです。やはり初代サンクとは比べものになりません。ただしエアコンがついていないのは初代サンクと同じなので、基本的に夏は乗れません(笑)
posted by FCLIFE at 18:55| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2018年06月17日

MEGANE 日本に到着

遠路はるばるアイルランドからメガーヌ グランクーペが日本に到着し通関を終えました。
DSC_1790.JPG

どうでしょう。日本に入ったメガーヌ4 グランクーペ(セダン)第一号でしょうか?
DSC_1786.JPG

まあ、わざわざ入れる物好きもいませんよね(笑)

サンルーフ確認。購入店はLinders Reanult Chapelizod(アイルランド ダブリン市内)です。
DSC_1787.JPG

アダプティブクルーズコントロール確認
DSC_1788.JPG

ガス検、予備検を経て納車となりますが、まだまだ時間がかかりそうです。
posted by FCLIFE at 11:36| Comment(2) | RENAULT Megane Grand Coupé

2018年05月23日

書類到着

英国はサウサンプトン港を5月20日に出港したシュペールサンク。
もうすぐジブラルタル海峡に入るサンクより一足先に書類とスペアキーが届きました。
DSC_0246.jpg

ウチの初代サンクより16年も若い2代目サンク。純正Blaupunktカセットオーディオの取説に萌えるのは私のような変態だけでしょうか(笑)
DSC_0245.jpg

「記録簿」納車時点検、初回点検、毎年のMOT(英国運輸省検査)の21年分をいつ何マイルで受けたかが記録されています。
33329543_1713402042073582_340721477873565696_o.jpg
33597116_1713402088740244_5322982578884444160_o.jpg

純正オーディオはサービス店リストまで保存。オーナー(ワンオーナー)と気が合いそうです(笑)
33530500_1713413828739070_8384854546475646976_o.jpg
posted by FCLIFE at 23:49| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2018年05月13日

日本とフランスの祭典 at 山梨県富士北麓公園

今日はアウトレーブさんのお誘いで富士北麓公園で行われた「日本とフランスの祭典」というイベントに行ってきました。
DSC00824.JPG

あの「NHK旅するフランス語」のドミニク・シャニョンさんがいらっしゃって家内が大喜び(^^)
DSC00842.JPG

アルバムも出されているそうです。
DSC00849.JPG

なんとか午前中は天気ももって寒くもなく色んな方とお話しできてとても楽しく過ごしました。
DSC00820.JPG

A110と並ぶと巨大に見えるサンク(笑)
DSC00844.JPG
DSC00837.JPG

このクルマはチョビ髭を生やしていないと乗ってはいけないような気がします(^^)
DSC00825.JPG

この2台が親戚にあたると誰が思うでしょうか?排気量も同じ、ミッションもエンジンの前方に付いています。
DSC00821.JPG

会場に到着して展示場所に駐車するためにバックに入れた瞬間、ギアシフトリンケージがスポッと抜けてシフトレバーがただの棒に(笑) 幸いメカニックの方に応急的に繋げていただき事なきを得ました。感謝ですm(_ _)m。降ってきた雨の中を帰宅、そのままルノー稲城に預けてきました(笑) 近くてとっても便利です(^^)
DSC00832.JPG
posted by FCLIFE at 17:19| Comment(0) | RENAULT 5

2018年05月12日

売り主とInstagramでつながりました(^^)

Instagramで偶然シュペールサンクの売り主とつながりました(^^)

ノッティンガムを出発する直前の写真
super5nottingam2.jpg

サウザンプトン港に持ち込む直前の写真
super5nottingam1.jpg

日本に旅立つことを喜んでくれているようです(^^)
posted by FCLIFE at 23:49| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2018年05月11日

サンク、クラッチ交換とルノー稲城開店

わが街に新規オープンしたルノー稲城に行って参りました。
DSC_0213.jpg

このマンション、ルノーファンには最適な住み処では?(笑)
DSC_0212.jpg

残念ながらアルピーヌ取り扱いの予定はないそうです。まだチェックインするべき場所情報がFacebookに登録されていません(笑)
DSC_0215.jpg

そのオープンしたばかりのルノー稲城にてクラッチ交換が終わったサンクを引き取ってきました。
DSC_0216.jpg

クラッチは純正新品に交換、サンクのクラッチってこんなに軽かったのね?!
DSC_0222.jpg
DSC_0221.jpg

パーツナンバー控え
DSC_0223.jpg

クーラント、ミッションオイル、エンジンオイル&フィルターも交換し絶好調、まるで新車のよう。新車のときを知りませんが(笑)
DSC_0224.jpg

現在33,903km
DSC_0226.jpg
posted by FCLIFE at 12:11| Comment(2) | RENAULT 5

シュペールサンク保税エリアへ

イギリスで1995年式シュペールサンクのCAMPUS PRIMAを買い付けました(^^)
Southampton-Dock.jpg

Renault 5 Campus Prima 1.4 1995
£3995.00
N Plate (31st August 1995)
37,754 Miles
Petrol
Red Paint
Grey Upholstery
Manual 5 Speed
Hatchback
35 MPG
1390 cc
5 Seat

支払いも済ませサウザンプトン港の保税エリアに入りました。
Southampton-Arrived.jpg

なんかすごい車たちに囲まれているようですが庶民のクルマとして誇りを持っていただきたいと思います(笑)
Southampton-shippingQueue.jpg

ホイールキャップとUKナンバープレートはトランクに。オリジナルの姿にするにはキャップが必須です(^^)
Southamton-A.jpg
posted by FCLIFE at 11:35| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2018年04月22日

リューデスハイムからライン川大蛇行ボッパルトへの旅

ドイツ2日目の今日は日曜日。ホテル最寄りのKonstablerwache駅へ
IMG_20180422_073353_697.jpg

フランクフルト中央駅へはS-BAHNで3駅ととても便利(^^)
IMG_20180422_073620_450.jpg

フランクフルト中央駅、とても威厳のある立派な建物で旅の気分も高揚します。
IMG_20180422_074113_478.jpg

ライン川右岸をコブレンツ方面に向かう私鉄RE10は一番端の24番線から出発
IMG_20180422_073701_214.jpg

この電車でドイツを代表するリースリングワインで有名なリューデスハイムへ向かいます。
IMG_20180422_074225_503.jpg

6時53分発でリューデスハイム着は8時4分、まだお店が始まる前のひっそりとした街並みを一人でゆっくり堪能したのち、9時30分始発のゴンドラで見渡す限り広がるリースリングのぶどう畑をかすめるように丘の上に到着。
IMG_20180422_160935_967.jpg

森の中を30分歩き、ライン河岸で唯一の赤ワインの産地アスマンスハイムに下るリフトに乗って目の前に迫るライン川の景色を堪能。
IMG_20180422_161321_952.jpg

アスマンスハイムからはKDライン(ライン川定期船)に乗り換え。出発時刻は10時45分ですが、これが相当ギリギリでかけ込み乗船(^^;)
IMG_20180422_162231_339.jpg

次々に現れる古城とワイン畑の素晴らしい景観を水上でソーセージとビールをお供に楽しみました。
IMG_20180422_162045_123.jpg

およそ2時間の旅で船は12時50分に終着ボッパルト到着。
IMG_20180422_161624_746.jpg

街の外れから出るリフトに乗って山頂へ
IMG_20180422_162352_828.jpg

そこにはライン川の大蛇行が。ここまでの景色もすばらしいですが、この大蛇行は見ずして死ぬことなかれと思うほど。
IMG_20180422_134557_100.jpg

再びリフトでボッパルトに降りるとちょうど村祭りの最中でとても賑わっていました。ボッパルト産のリースリングワインとアスマンスハイム産の希少な赤ワインをゲット!
IMG_20180422_205635_621.jpg

今度はボッパルトから15時16分発のドイツ国鉄でライン川左岸をフランクフルトに戻りました。フランクフルトには16時49分着。
IMG_20180422_162549_217.jpg

昨日に引き続き今日もフランクフルト周辺は最高気温28度の異常な暑さ。仕事が始まる前に顔を真っ赤に日焼けしてしまいました(^^;)
posted by FCLIFE at 17:00| Comment(0) | 海外旅行

2018年04月21日

Gautier Capuçon, Violoncello / Orchestre de Chambre de Paris

仕事でフランクフルト入り。

初日はフランクフルト空港に着陸して2時間でアルテオーパー(旧オペラ座)で行われるパリ室内管弦楽団の公演にやってきました。

パリのオペラ・ガルニエを手本に作ったと言われるALTE OPER
IMG_20180421_195333_769.jpg

少し忙しいかなと思っていたらフランクフルト空港の入国がとてもスムーズでホテルにチェックインしてゆっくり歩いても余裕でした。
IMG_20180421_195415_900.jpg

隣のおじいさんに、2時間前にフランクフルトに着いたところだと話したら、このコンサートのために?とびっくりしていました。さすがにこのためだけには参りません(笑)

演目はチェロを中心とした曲、なかなか聴けない珍しい作曲家の曲もあってとても楽しめました。
IMG_1524337068723.jpg

コンサートが終わって外に出たらALTE OPERはすっかりライトアップされていました。
IMG_20180422_041246_918.jpg

それにしてもコンサートの観客の年齢層が高いこと。どこの国も同じなんですね(^^;)
 
posted by FCLIFE at 22:00| Comment(0) | 音楽