2014年05月10日

玉突き車事

衝動的に導入が決まった595C、それによって嫁車C3が追い出されるわけですが、これを親父が乗ると言い出し、その親父のGRANSCENICが玉突きにより押し出されることになりました。

MEGANE、GRANSCENIC、CLIO RS 20th、CLIO GORDINI RS とルケモン時代ばかり4台のルノー車に乗ったわけですが、どれもデザインテイスト(見た目だけじゃなく)が好みにぴったりで自分の身体のようにしっくり来ます。GRANSCENICを手放すのは惜しいですが、もはや子供たちも大きくなり、ミニバンを持つ必要もなくなったので自然な成り行きでしょうか。

90078b9608.jpg

今回売却したのはリトルウッズさん。買取価格が飛び抜けていたのでそのまま置いてきました。

イタフラ(およびその並行輸入車)を売る際には必ずチェックすべき中古車屋さんだと思います(^^)
posted by FCLIFE at 13:46| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

グランセニック売却

Passat Variant に代わって我が家の家族移動用の車になったグランセニック。2列目が3座独立している欧州車の中から選択し、グランセニックになりました。
※2014/5/10、595C購入とともに売却となりました。

p1.jpgp2.jpgp4.jpgp3.jpgp5.jpg

グレード 2.0 グラスルーフ_RHD(AT_2.0)
型式 ABA-JMF4
所有期間 2008/04/30 〜 2014/05/10
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2014年05月04日

さようなら、グランセニック

ABARTH 595C TURISMOの発注に伴い、本来なら嫁車の入れ替えなのでC3が売却されるべきですが、まだC3は買って2年経ってないので親父に乗ってもらい、現親父車のグランセニックを売却することにしました。

0f13e3bb30.jpg

いまは売れる車種を売れる台数しか導入しないルノージャポンですが、以前はもう少し色んな車種を売っていました。グランセニックは7人乗り(7人しっかり座れます)ミニバンという日本で人気のある成り立ちにもかかわらず、わずか6百数十台しか売れなかったと聞いています。なので新型は日本に導入されず(笑)

私の後期モデルからは、AL4のシフトプログラム変更により違和感がなくなり、ステアリングシャフトの構造変更によりゴムを捻るような感触がなくなり、足回りのセッティング変更により乗り心地がかなり改善しました。重心の高いミニバンで乗り心地が良いのにコーナーではかなり粘って曲がっていく不思議なクルマです。

5月10日(土)に買取屋さんに出すことにしましたが、もしご入り用の方がいらっしゃればその前にお声掛け下さい。コミコミ80万円でお売りします(名義変更に必要な費用はご負担ください)。このクルマは100〜110万円程度に値付けされて販売されると思いますので20〜30万円ほどお得な計算になります。

9927bc632a.jpg

年式 : 平成19年11月
車種 : ルノーグランセニック2.0グラスルーフ
型式 : ABA-JMF4
色 : ポワーブルベージュM
走行距離 : 32,393km(本日現在)
車検満了日 : 平成26年11月
シフトタイプ : オートマチック
ハンドル位置 : 右ハンドル
追加装備 : HDDナビ バックカメラ ETC キセノン

bffb8f758a.jpg
posted by FCLIFE at 01:20| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2012年02月08日

Panasonic CAOS N-71-28L/WD

4年、22,800kmで交換。
純正のEXIDE EP565(278×175×175 65Ah CCA630)から、Panasonic CAOS N-71-28L/WD(278×175×175 71Ah CCAデータなし)に交換。適合表では61-25Lというワンサイズ下の機種で出てくることがありますが71-28Lでokです。

p1.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2011年10月28日

すごいぞ!!グランセニック

 
普段グランセニックは家内が使っているので、私が乗る機会は稀です。
今日はちょっと用事があって名古屋まで。荷物が大きいので珍しくグランセニックを駆り出しました。

富士山を見ながら。。。
2011102801.JPG

由比でも富士山がキレイ。。。
2011102802.JPG

それにしても、久しぶりに乗ったグランセニックの高速での安定ぶりは素晴らしすぎます。まったく硬くないサスですが、グラグラするわけではなく極めてフラット。かなりの速度でも全く不安がありません。こういうところがルノーなんですよね!!何で売れなかったんだろ(笑) もう一つ褒めるべきは Le Mans 4(LM704)。タイヤからの音が聞こえません。走りも安定していて言うことなし。良いタイヤですね〜
2011102803.JPG

名古屋で竜生さんに櫃まぶしをごちそうになりました。とてもおいしかったですm(_ _)m
2011102804.JPG

格好よろしいな〜
2011102805.JPG
posted by FCLIFE at 22:45| Comment(6) | RENAULT Grand Scenic

2011年07月17日

グランセニック タイヤ交換

 
久々にグランセニック登場。3年半、走行20,670kmで初タイヤ交換です。
純正装着は、ミシュラン エナジー 205/60R16 92H。
製造から5年経過したタイヤは、ひび割れが目立ち、少しずつ空気も抜けている様子でした。

今回はタイヤセレクト西東京さんでタイヤ交換。接客も含めて素晴らしく丁寧なお店で、作業も素早かったです。
DUNLOPを買うならオススメのお店。
sceniclm70401.JPG

今回の選択は、DUNLOPから今年発売された Le Mans 4(LM704)。もちろん純正サイズです。
sceniclm70402.JPGsceniclm70403.JPG

交換してすぐに、あまりの違いに驚きました。比較対象が古い純正タイヤなのもありますが、当たりが柔らかで空飛ぶ絨毯感覚。タイヤからの音が聞こえないので変な感じ(笑) 隣の家内も驚いています。EOSもこれにしておけば良かった。。。コンフォート&静音ならこの選択はアリですね。加えて燃費性能も向上しているそうですが、もしそうならグランセニックは燃費がすごい悪いので助かります。
posted by FCLIFE at 13:51| Comment(4) | RENAULT Grand Scenic

2010年12月11日

PANASONICナビのモニター故障

 
2〜3ヶ月前から、グランセニックの1DINモニターがチルトおよび格納操作を受け付けなくなりました。チルト&格納以外は問題ないのですが、これではエアコンの操作が困難。10月末の車検時に詳細調査の結果、開閉メカの故障と判明。PANASONICに部品発注するも日本に在庫がなく1.5ヶ月待ち。部品の供給体制ってこんなもんでしょうかね。やっと部品が届いたので、モニターを外してPANASONICに送ってもらいます。

panamonitor01.JPGpanamonitor02.JPG
posted by FCLIFE at 19:02| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2010年10月29日

GrandScenic 車検

 
久しぶりにグランセニックのネタです。1回目の車検を受けました。

交換したものは、
・ブレーキフルード
・ロングライフクーラント
・フロントワイパーブレード
・ポーレンフィルター

そして、保証整備にてエンジンマウント&トルクロッドロアーを交換して頂きました。ラッキー!
現在の距離は、16,459km。私が乗らないので距離が出ません。女房がいたく気に入っているので、半永久的に働いてもらいます。

今回の代車は、新型カングー4AT。この黄色はとてもきれいです。形もスッキリしていて、とてもおしゃれ。
newkangoo01.JPGnewkangoo02.JPG

乗ってすぐに、その非力さに閉口しましたが、飛ばす気がなければ普通に走ります。ただ女房は「登り坂でぜんぜん加速しない」と不満を漏らしていました。カングーを返却してグランセニックに乗ると、非力なグランセニックでもパワフルに感じます。価格帯も少し異なるので直接比較してはいけないと思いますが、乗り心地や質感にも大きな差があり、グランセニックの良さを再認識することになりました。

そしてディーラーには納車前の正規20thが。カップシャシーのレッドキャリパーが目立ちます。
j20th01.JPGj20th02.JPG

どんなオーナーさんに嫁いでいくのでしょう。
posted by FCLIFE at 23:01| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2009年11月07日

久々に GrandScenic

 
すっかりblogからご無沙汰のグランセニックですが、うちの家内が超お気に入りで乗っています。ですが洗車はお気に入りではないらしく、私もグランセニックは滅多に乗らないので放ったらかし。要は誰も洗車する人がおらずに汚れ放題。ルノー車は、メガーヌもそうでしたが、ブレーキダストが尋常ではなく、せっかく洗車しても足下からどんどん汚れていってしまうので、どうせ洗車しても・・と思ってしまうのもあります。

そんなグラちゃん(我が家での愛称)を洗車してみる気になりました。メニューは、クリスタルガード・プロ、レインアーマー、ホイールアーマーです。疲れましたが新車のようにキレイになりました。思えば自分で洗車したのは初めてかも。。ホイールアーマーは購入時に自分で施工していましたが、日産の5yearsコートが施工されていたのでボディは何もしていませんでした。

お尻の形がかわいいんですよね。
sceniccristal01.JPGsceniccristal02.JPGsceniccristal03.JPG

ところで先日気が付いたのですが、既にグランセニックは日本ではカタログ落ちしました。韓国のルノーサムスンで製造されている、KOLEOS(コレオス)が登場したときに落ちたのでしょうか。コレオスは、ほぼ日産車なのですが、内装や足回りはルノーチックにセッティングされているようで、評判上々らしいです。もっとも、グランセニックもメガーヌも本国ではとっくにモデルチェンジしているわけで、ホント日本に入ってくるのに時間の掛かるメーカーです。

新型グランセニックです。直近のルノー顔に変身です。サイドウィンドウにデザインの名残が。。
NewGrandScenic01.jpgNewGrandScenic02.jpg

日本での課題は、他のフランス車と同様ガソリンエンジンでしょうね。日本に導入するとしたら2.0+CVTの組み合わせでしょう。何とかならんかな。。。他方でディーゼルは大変充実しています。オートリーゼンさんで、最新のコモンレール式2.0ディーゼルターボ+CVTが買えます。かなり高いですが非常に魅力的ですね。
posted by FCLIFE at 16:47| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2009年04月08日

RENAULT TWINGO !!


今日はお客様のところにお邪魔した丁度帰り道に、いつもお世話になっているルノー八王子があったので、立ち寄ってTWINGOを見てきました。

こちらはトゥインゴGT。1148ccターボエンジンを5MTで操ります。
twingo01.JPGtwingo02.JPG

こちらはトゥインゴ。1148ccのNAをクイックシフト5(シーケンシャルモード付5速)で操ります。
twingo03.JPGtwingo04.JPG

大好物のルノーの、しかも大好物のコンパクトハッチですから、見ているだけで自然とヨダレが垂れてきます。欲しいのはもちろんGTの方。これでワインデングを駆け抜けるのを想像するだけで夢見心地に。いつ出るのかわからないCLIO RSよりもこっちが良いですね。でも一つ注文が。室内色はもうちょっとポップなカラリングでも良かったのでは。。。黒一色。。。
posted by FCLIFE at 19:38| Comment(4) | RENAULT Grand Scenic

2008年08月13日

グランセニック ホイールコーティング

久々のグランセニックネタです。

グランセニックはほとんど私が乗ることがなく、いじくり対象からも外れているので最早ネタ切れ。本当はフロントガラスが電波を通さず、かつオーディオ取付部が異形1DINでナビ取付のハードルが高い車なので、ディーラーでのちょっと面白い取付方法をレポートしようかと思っていたのですが、パナの新型Fクラスが出たいま、旧型をレポートしても意味がないのでやめました(笑)アンテナ位置とか地デジチューナーの場所とか結構面白いのですが。。。

さて今日はそんなグランセニックのホイールコーティング。欧州車の例に漏れず、グランセニックもブレーキから盛大にダストを吐き出します。ボディーは綺麗なのにホイールだけドンドン黒くなっていく。。。ということでお馴染みのクリスタルガード・ホイールアーマーを使用します。EOSにコーティングした残りと、先日のEOS東西合同オフでSinnaさんから頂いた未開封新品を使用m(_ _)m

ホイールをピカピカにしてくれるのはバイトで雇った我が子(笑)私が洗うより綺麗になります。
scenicwheel01.JPG

施工後のピカピカホイール。
scenicwheel02.JPG

今回は24時間おきに3回ほど施工予定。
posted by FCLIFE at 15:14| Comment(5) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月22日

グランセニックの収納

 
グランセニックの各種装備・特長を紹介するシリーズは恐らく今回の収納特集で最後です(ナビ類の取付方法が特殊なのでこれは別途紹介予定)。

グランセニックの収納は使い勝手は別にしてなかなか容量があります。以前紹介したセンターコンソールボックス荷室以外の収納をご紹介します。

左右フロントドアに蓋付きモノ入れとドアポケットがあります。蓋付きモノ入れは、文字通りフタが付いているのと、なかなかの容量を確保しているので重宝します。他のメガーヌシリーズと共通の装備です。なおリアドアには蓋付きモノ入れもドアポケットもありません。
sceshunou7.JPGsceshunou6.JPG

カップホルダーとインパネシフト下のお皿のような収納です。カップホルダーは簡単に取り外し可能。冷気はあたりませんが場所的には問題ありません。ただし底が浅いのでそのままでは細缶は安定しません。私の場合iCupを差し込んでバッチリ。お皿のような場所は一体何に使うのでしょうか?手が届かない中途半端な位置にある収納です。
sceshunou1.jpg

運転席・助手席の下にある引き出しです。容量、使い勝手共に文句なし。私の場合、ナビや電装品などの各種取説・車検証・整備記録簿などを入れています。
sceshunou2.jpg

運転席・助手席床下収納です。床のカーペット下にあるのでまず使いません。ドライビングシューズでも入れておくのでしょうか?カーペットは床下収納のフタが開けやすいように工夫されたカッティングが施されています。メガーヌにもありますが使ったことがありません(笑)
sceshunou3.jpg

おまけにグランセニックには左右後部座席足下にも床下収納を用意!結構な大きさと深さです。漬け物でも漬けましょうか(笑) 冗談はさておき、子供が脱いだ靴などを入れておくのに良いかも知れませんし、一時的なゴミ箱としての使用も可能かと思います。
sceshunou4.jpg

最後にグローブボックス。容量はさほど大きくありませんが、車検証や整備記録簿などが座席下引き出しに入っているので基本的に入れるモノがありません。PANAナビのiPod接続ケーブルとETC装置を設置していますが、ガランとしていますね。
sceshunou5.jpg

グランセニックの収納はご紹介したように色んなところに色んなものがあるのですが、欲を言えば手の届くところに携帯電話やタバコ&ライターなどの小物が置ける場所があれば文句なしですね。一つ一つの収納が大きくて逆に小物の置き場所がないという感じです。
posted by FCLIFE at 10:16| Comment(3) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月21日

グランセニックのレーダー探知機

 
グランセニックにはユピテルCR920Siを装着しています。
私のグランセニックのフロントガラスはGPSやレーダーの電波を通さないのでアンテナ本体分離型が必須です。CR920Siは分離型で、SDカードによるデータ更新可能なGPSレーダー探知機です。

さて先日最新データがアップされたのでダウンロードしてSDカードにコピーし、CR920Siに差し込んだところ不具合発生。全く動かなくなりました。これはおかしいと購入店経由で補償修理へ。結果は、「SDカードを逆さまに差し込んだためカード挿入部が壊れています。有償修理です。」とのこと。実はCR920Siと互換性のあるCR970Si(EOSのレーダー)のデータを突っ込んでいた(笑)のであまり強く出ることもできず、有償修理も面倒なので同じものを買い直しました(電源やアンテナを使い回してポン付け交換するため)。結構な出費。トホホ。。。

壊れる前の装着位置
scesteering1.JPG
この位置では少し下の方にありすぎるのと外光の影響で見にくかったので、買い直しを契機に位置変更しました。

現在位置
scenic920si2.JPGscenic920si1.JPG
普通の位置に付属の台座で装着。やっぱり普通に付けるのが一番見やすいです。アンテナはミラー奥(以前からの流用)でここだけ電波を通します。なおアンテナは防水タイプではないので屋根等には装着できません。

で、本当なら早速CR970Siのデータを突っ込みたいところなのですが、今度はキチンとCR920Siでユピテルとデータ更新契約をしてから突っ込もう(コンプライアンス重視の姿勢)ということでおあずけです。でもちょっと突っ込むのが怖いです。。。
posted by FCLIFE at 18:21| Comment(4) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月17日

グランセニックのエンジンルーム

 
しばらくEOSばかり運転してグランセニックをたまに運転すると、その圧倒的な非力感を改めて感じてしまいますが、それでも全くイヤにならない不思議さというか、ホワ〜ンとした感じを持っていますね、グランセニックは。

今日はエンジンルームの紹介です。

ボンネッドオープナーはフランス車の常で右ハンドルでも左側のまま(笑)
sceenginehood1.jpg

リリースレバーはボンネットフードの隙間ではなく、こんなところにあります。まず取扱説明書なしに解除するのは不可能でしょう(笑)グリルの隙間からレバーを引くなんて。。。
sceenginehood4.jpg

ミニバンなのでフロントウィンドウが前進している分エンジンルームの開口部は非常に狭いです。メンテするのが結構大変そうですね。自分ではしないので大丈夫ですが(笑)
sceenginehood3.jpg

因みにエンジンは、ルノー車でお馴染みのF4型。
 排気量 (L) 1,998cc
 ボア X ストローク(mm) 82.7 X 93.0
 最高出力(kW(PS) / rpm) 98(133)/5,500
 最大トルク(N・m(kgm) / rpm) 191(19.5)/3,750

2リッターの極々普通のエンジンでパワーもトルクも月並みです。VWのTSIの様なエンジンが望まれますが、フランスではディーゼルが主流なのでガソリンエンジンの進化は遅々として進みません(笑)プレミアムガソリン指定で燃費は7〜10km程度でしょうか。決して燃費の良いエンジンではありません。数字よりも低速トルク感が悪くなく、回してもそこそこ元気がよいので、家族車としてはギリギリOKでしょうか。本国に存在するターボエンジンが導入されればよいのですが、あれはマニュアルのみ。。。そういえば、フランス車の新しめのエンジンはプジョー207/308が採用している1.6リッターBMW製ガソリン(&ターボ)エンジンのみ。他は2リッターも3リッターも1.4リッターも古すぎます。ルノーに3.5リッターがありますが、これは日産製エンジン。ちょっと真面目にガソリンエンジンを開発しないとマズイですね、フランス車たちは。。。
posted by FCLIFE at 16:18| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月13日

Panasonic 新型 Strada Fクラス

 
いやーちょっと古いネタではありますが出ちゃいました。新型 Strada Fクラス。

グランセニックにはディーラーオプションのCN-HDS965TDがついているわけですが、ディーラーオプションの設定も早晩この新型 Strada FクラスCN-HX1000Dに替わってしまうんでしょうね。納車時期的にCN-HDS965TDを選択せざるを得なかったのですが、これは悔しい。。。

cnhx1000d.jpg


なぜ悔しいかというと、CN-HX1000Dは

・CN-HDS965TDで別体だった4チューナー×4アンテナ 地デジ/ワンセグチューナーを本体に内蔵(但しB-CASリーダーは外付け)。
・CN-HDS965TDでフロント/リア各2chだった地デジアンテナがフロントのみ4chに。
・CN-HDS965TDでオプションだったiPod接続ケーブルが付属(正確にはiPod中継ケーブルが付属し、そこにiPodに付属しているUSB-Dockケーブルを接続する)
・CN-HDS965TDでオプションだったBluetoothユニットを本体に内蔵。
・Bluetooth対応の携帯電話を最大5台まで登録可能(従来は1台)。
・Bluetooth Audio対応機器を最大5台まで登録可能。iPodとBluetooth Audioが併存可能に。
・Bluetooth対応携帯を利用してCN-HX1000Dから自宅のネットワークAVや家電に接続してコントロール可(これはいらんが)。
・その他ソフトウェアやビジュアルも地図を含めてかなりの変更。
・アナログTVはなくなったが、その分アンテナがスッキリ。
・デザインもそこはかとなく高級に。
・そしてiPod/Bluetooth標準にもかかわらず価格据置。

CN-HDS965TDで最大の問題であったiPodとBluetoothの同時接続不可と、Bluetoothに登録できる携帯がなぜか1台に限られていたという2点が完全に解決されているではないですか!さすがPanasonic。たった2ヶ月弱の差で旧モデルを掴んでしまった。。。残念無念。
posted by FCLIFE at 10:05| Comment(7) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月11日

グランセニックの足下

 
グランセニックの運転席足下ですが、オートマということもあってフランス車にありがちな右ハンドル化によるペダル配置の違和感はありません。左足用のフットレスト周辺も広々としていて問題なし。ペダル自体は何の変哲もない樹脂製ですが、各ペダルのタッチは適切で軽過ぎもせず重過ぎもせず。一番嬉しいのはブレーキのタッチ。マイナーチェンジ前のメガーヌはブレーキの操作が難しく、いわゆる「カックンブレーキ」になりやすくて購入直後の慣れないうちは非常に戸惑いました。おまけに4速オートマが停止直前にセカンドからローにシフトダウンするものですから、エンジンブレーキが効く分ブレーキペダルを少し戻さなければならず、この微妙な操作に熟練を要しました(笑)。しかしマイナーチェンジ後のグランセニックはブレーキシステムが見直され、ごく自然なフィールになっていて安心しました。ブレーキそのものの剛性感が高いとか、よく効くとかいう印象はありませんが、全く意識せずともスムーズに止まれるようになったのは大きい進歩です。オートマの停止直前のシフトダウンもグランセニックでは気になりません。

scebrakepedal.jpg


ドアシルにはおしゃれなデザインのアルミプレートが装着されています。アルミに四角い図形が並んでいるだけのデザインですが、こういうのが何ともしゃれていて乗り込むたびに嬉しくなります。やはりフランス車にはフランスの、ドイツ車にはドイツの気質や感性が表れているので輸入車に乗るのは楽しいのかも知れませんね。現在フランス車が2台ダブっているので、そのうちの1台をドイツとフランス以外の国の車に乗り換えるべく長期計画で画策中です。

scedoorsill.jpg
posted by FCLIFE at 19:12| Comment(6) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月09日

グランセニックのライト

 
会社に乗っていこうとすると「絶対ダメ」と言われてなかなか乗る機会がないグランセニックです。。。

今日はライトのご紹介です。
グランセニックのヘッドライトは「ハロゲン」。価格帯を考えると致し方なしでしょうか。メガーヌ(プレミアム)は純正キセノン&オートヘッドレベライザーが標準ですが、グランセニックはハロゲン&手動レベライザーです。今更グランセニックだけハロゲンというのも暗いので、ディーラーオプションのキセノン(クルーズ製)に交換しました。バルブは 4300Kで純正色に近いものです(6000Kも選択可能)。あくまでも後付けなので、レベライザーは手動のままですし、今どきの車では装着率が高くなっている首振りライト(アダプティブヘッドライト)やコーナリングライトもついていません。なお滅多に使わないフロント&リアフォグは標準装備です。

scelight1.jpg

リアのライトはマイナーチェンジによってLED化されました。

scelight2.jpg

まだリアフォグやバックアップランプやLEDブレーキランプの動作を後ろから見たことがないので、どこがどのように光るのかは不明(^^;)
posted by FCLIFE at 18:30| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月06日

グランセニックの前後ソナー

 
マイナーチェンジ後のグランセニックには、バックソナーに加えてフロントソナーも標準装備されています。

scesonar1.jpgscesonar2.jpg

バックについてはパナナビにオプションのリアカメラを付けていますので、ソナーのお世話になることはありませんが、フロントのソナーって便利ですね。実はソナーの付いている車に乗るのは初めてなのですが、フロントってギリギリまで壁などに近づけるのがバック以上に難しい気がするのですが、ソナーがあるので自信を持って前進できます。20cmまではピーピーという断続音で、20cm以内になるとピーーという連続音に変わります。女房に言わせると、バックソナーとフロントソナーの音色が異なるそうですが、言われるまで気がつきませんでした(^^;) なおインパネにはどこのソナーが働いているかのインジケーターはありませんので音だけが頼りです。

前進時・後進時・速度などでソナーのオンオフを自動制御しているようですが詳細はわかりません(^^;) なおソナーは手動で全オフすることができます。こういう家族用のミニバンは普段女性が運転することが多いでしょうから、フロント&バックソナーの標準装備化からルノー(ジャポン)の良心が感じとれます。
posted by FCLIFE at 12:30| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月05日

グランセニックのフロントワイパー

 
「永尾さんのBlogを見てグランセニックの購入を決断された方がいらっしゃいます」というメールがルノー京都CADONOのイケメンセールスマン山田さんから届きました。超マイナー車グランセニックの記事でも読んで頂ける方がいらっしゃると思うと嬉しくなります。グランセニックは本当に良い車なので、その良さをもっと色んな方に知って頂きたいと思います。と言いながら、今日は少々辛口ですが。。。
 
グランセニックのフロントワイパーは、広大なフロントガラスを満遍なく拭き取れるように特殊なヒンジ機構が付いています。

scewiper1.JPG

しかーし、ワイパーの拭き取り方向が左ハンドル仕様のまま!!これは正直いただけません。拭き取り面積そのものは、ヒンジ機構のお陰で運転席の前部分も問題ありませんが、拭き取っていった「おつり」の水滴が遠心力でワイパーから離れて運転席の前にどうしても残ってしまうのです。致命的欠陥ではありませんが、やはり右ハンドルの場合は拭き取り方向は反対の方が良いし、それくらいのコストは掛けても良いのでは?と思います。
posted by FCLIFE at 22:37| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月01日

グランセニックにアウトバーンミラー装着

 
乗るたびに「これは良い車だなー」と感心しきりのグランセニックですが、数少ない不満点のひとつが、車体の大きさに比べてドアミラーが小さい(視界が狭い)ということです。ドアミラーはメガーヌと全く同じなので予想はしていましたが、やはり狭い!ということで、メガーヌでも愛用しているアウトバーンミラーを装着しました。

アウトバーンミラーは、純正ミラーに貼り付ける形で装着し、
1.上下左右の視界を広げる
2.夜間の防眩効果を実現する
というものです。

色も5色あるのでお好みに応じてドレスアップも可能。私の場合は純正と違うものが装着されているのが見てわかると嫌なのでシルバー(純正色)を発注しました。他にも色んな特長があるようなので、詳しくは上の製品リンクか株式会社アルファプログレスのホームページをご覧下さい。この会社は通販の対応が非常に良いので安心して発注できます。

発注後約3週間で到着したメガーヌU/グランセニック用アウトバーン「型番R03」です。もちろん在庫がなかったので発注後の製作でした。水に濡れるとゴム状に変化して強力に接着する両面テープをアウトバーンミラー裏側に貼って、カッターではみ出ないように切ります。割れるとマズイので慎重に丁寧に作業します。
autbahn1.JPGautbahn2.JPG

あとは製品に付属している吸盤を2個ミラーに貼り付けて、純正ミラーとずれないように貼るだけ。ただしより接着を確実にするために純正ミラーの汚れをとって脱脂しておきましょう。アウトバーンミラーは純正ミラーと寸分違わぬ形状なので貼り付けた後の違和感は全くありません。ただしミラーヒーターの機能はある程度損なわれると思った方がよいと思います。純正ミラーの熱が両面テープを通してアウトバーンミラーにまで十分に伝わるとは考えにくいので。グランセニックの場合、ドアミラーヒーターが作動するのはデフロスタ動作中のみなので殆ど実害はありません。

さて装着前、装着後の視界はどうでしょうか?

右ミラー
autbahn3.JPG

左ミラー
autbahn4.JPG

上下左右共に視界が広くなっていることが写真からわかります。
ただし、装着後運転席に座って初めて見るときは「あれ?純正と全然変わらない」と思うはずです。それくらい違和感がないということで、比較写真を見て初めて「視界が広がっているんだ!」ということがわかります。

左右の視野が広がることによって、真横のクルマでもミラーの視界に入るようになり、非常に運転しやすくなります。純正右ドアミラーは、縦の点線の部分から右側が急に曲面鏡になっていて違和感がありますが、アウトバーンは全体が非常に曲率の低い曲面鏡なので全く違和感がありません。視野が広がる分、若干対象物が小さく見えますが、これも非常に小さな差なので「距離感がつかめない」というほどでもありません。上下の視野が広がることによって、今まで見えていなかった駐車場の境界線が見えたり縁石が見えたりして、これまた運転がしやすくなります。また非常に天気の良い日に偏光サングラスをかけた時のような視界のクリアさがアウトバーンミラーにはあります。

メガーヌに引き続いて2台目のアウトバーンミラーですが、非常に満足度の高いカイゼンでした。
posted by FCLIFE at 12:27| Comment(5) | RENAULT Grand Scenic