2017年05月07日

オーヴェル・シュル・オワーズへの小旅行

最終日はフライトが夜ということで時間をたっぷり使ってオーヴェル・シュル・オワーズ (Auvers-sur-Oise)に行ってきました。

ホテルをチェックアウトしスーツケースを北駅に預けます。北駅だと帰りにCDGに行きやすいのと、オーヴェル・シュル・オワーズ方面で最初に乗るポントアーズ(Pontoise)行きが北駅から出ているからです。

しかし、いざ北駅のホームに行ってみると何と運休(^^;)
仕方がないので違う行き方をするためにサン・ラザール駅に移動しました。
1.JPG

まさにこの絵のイメージの駅です(オルセーにて撮影)。
IMG_2182.JPG

まずはサン・ラザール駅からErmont Eaubonne行き乗って終点で下車。ここまでは割と頻繁に走っています。
2.JPG3.JPG4.JPG

Ermont EaubonneでValmondois行きに乗り換えますが、これは一時間に1本。
しかし奇跡的に5分の待ち合わせで接続しました(^^)

終点のValmondoisで下車
5.JPG6.JPG

Valmondoisから、これまた一時間に1本のPontoise行きに乗って(22分の接続でした)、次の駅がAuvers-sur-Oiseです。
7.JPG8.JPG

観光案内所でもらえる地図(日本語)にゴッホや同時代の画家が描いた風景など29ヶ所が示されています。とにかく村中の至る所が絵になる(絵になった)風景なのです。

ゴッホが宿泊していたラヴーの宿屋
9.JPG

ゴッホはこの地で70点の絵を描きました。
10.JPG

11.JPG12.JPG

13.jpg

残念ながらゴッホはこの地でピストル自殺を図り、亡くなりました。
14.JPG

全29ヶ所のうち、残念ながら2ヶ所だけはどこにあるのかわかりませんでしたが、約4時間掛けて27ヶ所制覇しました。

帰りはAuvers-sur-OiseからPontoise行きに乗り、Pontoiseからサン・ラザールに帰ってきました。Pontoiseで一回乗り換えが一番行きやすいかもしれません。

今回のフランス旅はこれで終了。
お付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました。
 
posted by FCLIFE at 04:00| Comment(0) | 海外旅行

NHK「旅するフランス語」を辿る旅

今回のフランス旅行では、HNKの「旅するフランス語」で紹介されたお店にも行ってきました。

「第1章 パリのカフェを極める1」で登場するCAFE DU METRO
IMG_1974.JPG

地下鉄の出口のすぐ横にある便利なカフェです。
IMG_1975.JPGIMG_1976.JPG

家内が「日本のテレビで見た」と片言で伝えたら、とても親切にしてくれました。
4代目店主の方と記念撮影(^^)
IMG_1977.JPG

「第4章 パリで一番おいしいカモのコンフィを探す1」で紹介された、その名もCANARD & CHAMPAGNE
IMG_2209.JPG

パリ最古のアーケード街といわれるパサージュ・デ・パノラマの中にあります。
IMG_2207.JPG

かつてのショコラティエの建物を利用しています。
IMG_2208.JPG

メニュー
IMG_20170504_125237.jpg

この鴨のコンフィ、今まで食べたなかで一番うまかったです。感激しました!
IMG_20170504_130959.jpgIMG_20170504_131003.jpgIMG_20170504_131009.jpg

店の名前が定番料理そのものなのが面白いですね(^^)
IMG_2210.JPG

「第6章 パリ散歩 〜カルチェ・ラタン〜」で登場するリュテス円形闘技場
LUTECEはパリになる前のローマ時代の古名です。
IMG_1970.JPGIMG_1971.JPGIMG_1967.JPG

「第22章 アルザス紀行3」で紹介されるコルマールの町並み
IMG_2063.JPG

プフィスタの家
IMG_20170503_104846.jpg

「第23章 アルザス紀行4」で紹介されてる旧税関前広場
IMG_2029.JPG

NHKのホームページを見返すと、うっかり立ち寄らなかった場所もあったりして残念!ですが、またそれは次回以降の宿題にします。
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 海外旅行

フランス旅行2017(クルマ関連編)

今回のフランス旅行のクルマ関連編
まずはLUTECIA乗りの聖地、パリの古名LUTECEゆかりの地へ

LUTECE時代の円形闘技場です。
IMG_1971.JPGIMG_1970.JPG

LUTECE時代の古代風呂跡
IMG_2171.JPG

サンミッシェルにあるLE LUTECEでカフェを
IMG_2172.JPGIMG_2173.JPG

ルノーゆかりのRUE LEPICへ
IMG_1986.JPG

LEPIC通りのクレープ屋さんで食事
IMG_1990.JPG

フランスに来るといくらフランスの小型車好きでもさすがに不感症になります(笑)
車の写真はあまり撮らなかったのですが、

ソルボンヌでみつけたシュペールサンク
IMG_2299.JPG

パリから40km郊外のオーベル・シュル・オワーズでシュペールサンクを2台
IMG_2412.JPGIMG_2430.JPG

結局サンクはシュペールを4台見ましたが初代サンクを見ることはできませんでした。

コルマールで見たラグナクーペ。ラグナはたくさん走っていますがクーペはこの1台しか見ませんでした。
IMG_2068.JPG

ストラスブールのアルザス文化センター前にキレイなトゥインゴ発見。初代トゥインゴはまだまだたくさん見ることができます。
IMG_2146.JPG

オーベル・シュル・オワーズの邸宅と新型C3。C3を見るとカクタスは間延びして見えてしまいます。
IMG_2370.JPG

同じくオーベル・シュル・オワーズで2CV、似合いますね〜
IMG_2373.JPG

田舎のルノーディーラー。こじんまりしています。
IMG_2368.JPG

パリから電車で20分、CHATOUで見かけたキャプチャー。石畳が似合います。
IMG_2304.JPG

ブリュッセルで充電中のZOE。ZOEはとてもたくさん走っています。
IMG_20170505_113944.jpg

今回感じたのは、車はその国の風景に似合うように作ってあるということ。
日本でフランス小型車好きを気取っていますが、何となくそれでいいのか?と考えさせられました。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月06日

パリ・サンジェルマン観戦

Parc Des Princesにパリサンジェルマンの試合を見にいってきました。
IMG_20170506_160802.jpg

相手のコルシカ島のチームと力の差がありすぎて5-0の一方的な試合でしたがパリ市民は大喜び。
IMG_20170506_165435.jpg

観戦マナーはとても良く、試合に集中できました。
IMG_20170506_162417-PANO.jpg
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 海外旅行

シャトゥーへの小旅行

この日は夕方からサッカー観戦があるのでパリから電車で20分、近郊の街シャトゥー(CHATOU)へ小旅行しました。
IMG_2303.JPG

パリからたった20分でこんなに余裕のある邸宅地が広がります。
IMG_2305.JPG

やってきたのは「印象派の島(Ile des Impressionistes)」

セーヌ川が蛇行しながらゆっくりと流れています。
IMG_2308.JPG

主な舞台はこちらのレストラン・フルネーズ
IMG_2310.JPG

ルノワールが戯れたバルコニーが見えます。
IMG_2316.JPG

数多くの絵がこの中州で描かれました。
IMG_2315.JPGIMG_2317.JPG

せっかくなのでこのレストランで食事がしたかったのですが、12時開店でまだ一時間もあります。仕方なく駅方面に歩いていると、とても活気のあるマルシェを発見!
IMG_2335.JPGIMG_2334.JPGIMG_2333.JPGIMG_2332.JPGIMG_2331.JPG

家内も地元のおばさん達に混じって洋服を物色(笑)
IMG_2330.JPG

たくさん買わされました(笑)
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月05日

世界ふれあい街歩き「ブリュッセル」を辿る旅

NHKの「世界ふれあい街歩き」の街歩きコースを辿る旅、5月5日にブリュッセルに行ってきました。

パリの北駅からタリスでたった1時間22分
1.JPG

ブリュッセル南駅から在来線で一駅、ブリュッセル中央駅は旧市街の端にある地下駅です。
2.JPG

世界ふれあい街歩きに従って早速ワッフル。結論はチョコも生クリームも載せてはダメ
3.JPG4.JPG

世界で最も美しい広場と言われるグラン・パラスにやってきました。
大きすぎてカメラの枠に入らず広場感が出ません(^^;)
5.JPG6.JPG

その日は花屋さんはやっていませんでしたが、広場の主を名乗るおじいさんがコーヒーを飲んでいたカフェを発見。お店のお兄さんと仲良しになりました。
7.JPG

小便小僧へ移動。子供撮影隊が何やら取材をしていた場所です。
8.JPG

旧市街から新市街へ。「街のエレベーター」は旧市街と新市街の段差を埋めます。
9.JPG10.JPG

上がったところはモニュメントのあるポウラエール広場
11.JPG

ここから、世界ふれあい街歩きでは出てこなかった王宮
IMG_2237.JPG

ブリュッセル公園
IMG_2241.JPG

欧州議会(European Parliament)
IMG_20170505_113310.jpg

などをプラプラと散策(^^)

再びコースに戻り、ジュ・ド・バル広場の蚤の市。一見して買えるようなものがありません(笑)
12.JPG

ロワイヤル広場から旧市街へ戻ります。
13.JPG

芸術の丘(モン・デ・ザール)の向こうに見えるモニュメントの前が再び子供撮影隊に出会う場所です。
IMG_2266.JPG
14.JPG

このあと、世界街歩きでは再びグラン・パラスに戻ってまた広場の主に出会いますが、我々はお腹が空いたのでギャルリー・サンチュベールへ
15.JPG

なかほどのビストロに入店
IMG_2291.JPG

エスカルゴ
IMG_20170505_135630.jpg

ムール貝の白ワイン蒸しとフライドポテトの定番
IMG_20170505_141401.jpgIMG_20170505_141431.jpg

プロバンスのロゼワインでいただきました(^^)
ここの白ワイン蒸しはニンニクが入っておらず、野菜の甘みがスープに溶け込んで最高に美味でした。

ギャルリーの帽子屋さんで両親へのお土産の帽子を購入
16.JPG

帰りのタリスまで時間があったので地元の食材屋さんに潜入

ブリュッセルでこれが断然おいしい!と常連客が太鼓判を押すハムを切っていただき、
IMG_2297.JPG

チーズを数種類試食させてもらって気に入ったのをゲット
IMG_2298.JPG

これまたブリュッセルのワイン屋さんで買ったベルギー産のピノ・グリとそれに合うパテ、そしてモノプリのサラダ(笑)でパリのホテルで部屋飲みしました。これがサイコー!
IMG_20170505_210143.jpg

この日のブリュッセルは結構寒かったのですが、雨が降ることはなく街歩きを楽しむことができました(^^)
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月04日

芸術橋〜オルセー美術館〜アトリエ・ルノー

今日は夜にコンサートに行くのでパリ市内をウロウロします。

いつも長蛇の列であきらめるオルセー。
この日は絶対に入ると決めて朝一で並びました(^^)

まずは例の南京錠が撤去された芸術橋
IMG_2174.JPG

開場と同時に印象派の並ぶ5階へワープ
IMG_2178.JPG

これがあるだけで日本では黒山の人だかり。今日は我々しかいません(^^)
IMG_2181.JPG

ぶらんこ
IMG_2183.JPG

アルフォンシーヌ・フルネーズ(シャトゥにて)
IMG_2184.JPG

ジュリー・マネ、この絵好きなんです!
IMG_2189.JPG

田舎のダンスと都会のダンス
IMG_2190.JPG

オーヴェールの教会(ゴッホ)
IMG_2195.JPG

シャトゥとオーヴェールには、この旅行で後ほど行くことになります。

さて、オルセーの5階を堪能したら、次は息子に命令されていたパリ・サンジェルマンのユニフォーム購入。シャンゼリゼのPSGオフィシャルショップに行ったらアトリエ・ルノーが見えたので入ってみました。

とても歴史あるクルマだそうですが、私は無知なのでわかりません(^^)
IMG_2200.JPGIMG_2201.JPG
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月03日

世界ふれあい街歩き「ストラスブール」を辿る旅

NHKの「世界ふれあい街歩き」の街歩きコースを辿る旅、5月3日コルマールに引き続きストラスブールに行ってきました。

コルマールからストラスブールへTGVで戻ること30分、巨大なUFOのようなストラスブール駅に到着
1.JPG2.JPG

イル川にかかるヴォーバン橋まで歩いてきました。この左側にシラク、オランド、マクロンなどを輩出したフランス国立行政学院があります。
3.JPG4.JPG

橋の上から眺めるストラスブール旧市街方面は溜め息の出る眺めです。
5.JPG

世界遺産の旧市街に入り、以前は人力の跳ね橋だった回転橋へ
6.JPG

この橋を渡ると美しいコロンバージュの家並み
7.JPG

Place Benjamin ZixでアルザスのビールFISCHERとリースリングワインで一息
IMG_20170503_144518.jpg

旧市街を離れるとトラムが走ります。
8.JPG

ドイツ帝国時代に作られた共和国広場(旧皇帝広場)
9.JPG

ドイツ時代に建てられた建物は前庭付きが特徴
10.JPG

母校ストラスブール大学へやってきました(笑) 大学宮殿と呼ばれる建物です。
11.JPG

学生劇団が練習していた中庭
12.JPG

子供にドイツ語を教えていたアルザス文化センターです。
13.JPG

キリンの頭のオブジェはストラスブール装飾芸術学校
14.JPG

子供写真教室が開かれていた広場です。
15.JPG

この一角だけとても鮮やかなコロンバージュは、芸術家や職人が集まるアトリエ
16.JPG

ダンスサークル「ストラスブールのコウノトリたち」が踊っていた広場
17.JPG

アルザス文化センターで出会った老夫婦が向かったオペラ座のカフェ
18.JPG

ストラスブール大聖堂と時を刻み続ける大時計
19.jpg20.JPG

ストラスブールは比較的大きな街なので、世界ふれあい街歩き完全トレースには半分くらい自転車を使用しても6時間を要しました。

最後は念願のお食事&酒

まずは「タルトフランベ」をアルザスのKronenbourgで流します。
21.JPGIMG_20170503_181009.jpg

そして名物「ベックオフ」(パン屋の窯という意味だそうです)をアルザスの甘めのゲヴュルツトラミネールワインでいただきます。豚と羊と鳥が入った煮込み料理です。
22.JPGIMG_2168.JPG

ストラスブール駅からパリ東駅はTGVで1時間45分ほど。
22時過ぎにパリに帰着、さすがに帰路は爆睡していました(^^)
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 海外旅行

世界ふれあい街歩き「コルマール」を辿る旅

NHKの「世界ふれあい街歩き」の街歩きコースを辿る旅、5月3日にコルマールに行ってきました。

パリの東駅から直行TGVで2時間15分ほど
IMG_1998.JPG

コルマール駅に到着、乗り換えなしの終点です。
IMG_1999.JPG

さっそくスタート地点のHOTEL DE VILLEへ、ここから街歩きがスタートします。
IMG_2004.JPG

8時半の開門を待っている小学生がたむろしていた校門、夫婦喧嘩もこの場所(笑)
IMG_2006.JPG

窓をキレイにするおじさんの店(現在は変わっていた)の前を通ってコロンバージュがきれいな地区へ
IMG_2013.JPG

プフィスタの家の斜め前で街の絵を描いていた画家はもういませんでした。
IMG_20170503_104846.jpg

広場にある旧税関に到着、このあと何回もこの場所がでてきます。
IMG_2029.JPG

旧税関の下をくぐった先にある水路。残念ながらコウノトリのオブジェはありませんでした。
IMG_2030.JPG

厚紙で作ったコロンバージュの模型が飾られていたピンクの建物、しかし今はオーナーが変わって絵画が飾られていました。
IMG_2043.JPG

「自由の女神」像の作者でもあるフレデリック=オーギュスト・バルトルディ記念館に寄り道
IMG_2012.JPG

旧税関広場の「シュベンディの噴水」もバルトルディの作品
IMG_2031.JPG

プティット・ヴニーズ(プチ・ベニス)の橋は何と工事中(^^;)
IMG_2052.JPG

中学生が恋バナをしていた公園
IMG_2067.JPG

1865年に建てられたコルマール屋内市場でクグロフとブレッツエルのお買い物
IMG_2071.JPG

アルザス語で演じる劇団の打ち合わせに使われていたカフェで一服
IMG_2007.JPG

椅子を持った職人が歩いて行った先はアンティーク家具専門の修理屋さん
IMG_2002.JPG

世界ふれあい街歩き「コルマール」完全トレース3時間で完了。
コルマールはとてもコンパクトでかわいらしい街でした。次はストラスブールに向かいます。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月02日

パリの街歩き CMロケ地を訪ねて

昨夕にパリに到着。今日は一日中、飛行機で固まった身体を歩いてほぐします。

まずはパリの前身、LUTECE時代の円形闘技場へ
IMG_1971.JPGIMG_1970.JPG

CAFE DU METRO
IMG_1974.JPGIMG_1975.JPG

サン=シュルピス教会で世界最古と言われるパイプオルガンを見学
IMG_1973.JPG

パリではこの風景が一番好きです。
IMG_1980.JPG

セーヌの北側に渡って目指すはモンマルトル

クボタのCMで使われたRue Durantin
IMG_1985.JPG

ルノー乗りには聖地のRUE LEPIC
IMG_1987.JPG

この坂の上り口にあるクレープ屋さんで昼食です。
IMG_1990.JPG

そば粉のガレット
IMG_20170502_134041.jpg

クレープのレモンがけ
IMG_20170502_140030.jpg

FISCHERと白ワインで乾杯(^^)
IMG_20170502_133939.jpg

この後は買い物のお付き合い。
歩き疲れて市場カフェでもう一杯(^^)
IMG_20170502_164115.jpg

一日目は散歩と買い物とビールで過ごしました。
今晩はノートルダム大聖堂でコンサートです。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2017年05月01日

フランス旅行2017スタート

CDGに夕方着

そのまま母校ソルボンヌ大学(笑)の近くのホテルにチェックインしました。
IMG_1953.JPG

飛行機のなかでお腹いっぱいにはなっていましたが、せっかくのパリの夜、お出掛けします。

先日NHKのクローズアップ現代でフランス大統領選の現地レポート中継をしていたときにバックに映っていたLA COUPOLEにやってきました。
IMG_1961.JPG

海の幸を堪能(^^)
IMG_20170501_212034.jpg

LA COUPOLEのお向かいのカフェで食後のまったり。
IMG_20170501_223933.jpg

早くもなんともいわれぬ心地よいパリです。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行

2015年11月18日

何もできませんが。。。

私のみんカラのヘッダー画像は今年の4月にパリを訪れたときに撮影した夜のビル・アケム橋です。

何もできませんが、また安心してパリを訪れることのできる日が早く来ることを願っています。


海外安全情報(スポット情報)
90670af052.jpg
posted by FCLIFE at 17:56| Comment(0) | 海外旅行

2015年06月14日

オランダまとめ

オランダから帰ってきました。

今回はオランダ国内のさまざまな街を訪問させていただきましたが、その中でも度肝を抜かれたのがロッテルダムでした。

ロッテルダムは第二次世界大戦で大部分が焼け野原と化してしまいました。ヨーロッパを訪れるとどうしても中世の街並みに心を奪われがちですが、ロッテルダムにはそういう部分がほとんど残っていません。しかしその代わり次から次へと現れる現代建築群に度肝を抜かれました。

大きなカマボコ状のマンションですが。。。
fdcb4c456a.jpg

くり抜かれた中には昔ながらの青空市場が再現されています。
5882f9ec18.jpg

鉛筆のようなビルやビルの上に違うビルが載っかっているようなビル
9ff7730256.jpg

有名なキューブハウス。人が住んでいます。その下をトラムの線路や道路が抜けています。
fc1703d04a.jpg

ロッテルダムの象徴、De Rotterdam(ザ・ロッテルダム)
a445cb56ec.jpg

こんな建物が本当に次から次へと現れるのです。
9112063874.jpg

トドメはロッテルダム中央駅、言葉がありません。
c895ed806d.jpg

一方でトラムの線路は極力その存在を消しています。
a816f6768a.jpg

いったい何が違うのでしょうかね〜悩んでしまいます。
国民性の違いでは済まされない幸せに生きるための能力の違いを感じてしまいます。

好対照なのはアムステルダム、中央駅は東京駅のモデルになった駅舎です。
5f7c4cc623.jpg

街は中世の建物だらけ
033d15867d.jpg

王宮(実際の住居ではなく迎賓館)
379c23fea9.jpg

アムステルダムといえば運河と跳ね橋です(マヘレの跳ね橋)
1b435606c2.jpg

中世のアムステルダムと現代のロッテルダム、どちらもとても素晴らしい街でした。

恒例の街を知るランニング、今回はアムステルダムを17.5kmランしました。
54139bf398.jpg

夕方5時を過ぎると自転車帰宅ラッシュが始まり、カフェでビールを飲んで談笑し、芝生の公園で寝そべり、子供と一緒に遊び、恋人とデートする人達で街は活気づきます。

私もそのなかに混じってたっぷりと現地のビールをいただきました。
672defcf47.jpg

オランダ人はとても多くの人種から構成されています。私が訪問した企業の一つは社員150人の出身国が24ヶ国でした。オランダ語はあるものの国民の95%は英語を流暢に話します。ネイティブではないのでその英語はとても聞き取りやすくわかりやすい英語です。企業内の公用語も英語が当たり前でした。立地的にも文化的にも日本人にはとても住みやすいかもしれません。
posted by FCLIFE at 15:45| Comment(0) | 海外旅行

2015年06月11日

続・1台いかが?

先日ご紹介したこの四輪車
4cbf2349f4.jpg

この車の意味がやっとわかりました。

オランダのほとんどの道に設備されている自転車専用道を走ることが許されているようです。それなら意味がありますね。

オランダも明日が最後です。
posted by FCLIFE at 23:56| Comment(0) | 海外旅行

2015年06月09日

1台いかが?

1台いかがでしょうか?
4cbf2349f4.jpg

注) アムステルダム市内では下手したらsmartよりも見かけます。目立つだけかも知れませんが。
posted by FCLIFE at 14:01| Comment(0) | 海外旅行

2015年06月08日

アムステルダムより

アムステルダムに来ています。

初めての町ですが、とにかくすばらしい!!
500bfad938.jpg33c4dc8e44.jpg


スキポール空港からホテルに向かうバスから気持ちよさそうなEOSを発見(^^)
eb3aa7e1d4.jpg

運河沿いで充電するsmart electric drive、カーシェアでしょうか。
319d2ea8b3.jpg

もちろん早速いただいています(^^)
4a41b1854b.jpg067fbf9630.jpg


あくまでも仕事です(笑)
posted by FCLIFE at 05:12| Comment(0) | 海外旅行

2015年04月27日

傾いています

フランスシリーズの最後は「傾いています」

4cac9b3e4b.jpgd061a604bd.jpg77bcecd9c5.jpg953bc122f2.jpg7d67637d65.jpg

マルセイユにあるノートル=ダム・ド・ラ・ガルド大聖堂へ登る坂道の光景でした(^^)
バネは塑性変形しないでしょうか?(笑)
posted by FCLIFE at 23:12| Comment(0) | 海外旅行

2015年04月26日

今回のイチ押し

今回のフランス行で一番ハッと思ったクルマ、それはグランセニックでした(^^)
7816a88e28.jpg

マルセイユの旧港で見たタクシーです。
77df9b3f72.jpg

この色のグランセニック、いい!!

もやは我が家には多人数乗車できる車は要らなくなってしまったのですが、グランではないセニックのほうだったらちょうど良いかな〜などと妄想してしまいました。

こちらの車も街で目立っていました。エレクトリックドライブです。
4303e3eed2.jpg

うちのC3と同じ色でホイールセンターキャップがボディ同色なのもうちと同じなので思わず撮ってしまいました(^^)
17b3dba987.jpg

こちらで紹介されているルノーゆかりの場所にも行ってきました。
1195b84c80.jpg

坂を登り切ったテルトル広場にはそのエピソードがひっそりと掲げられていました。
fa08d2c8eb.jpg27662470de.jpg

明日からまたお仕事頑張ります(^^)
posted by FCLIFE at 22:37| Comment(0) | 海外旅行

体験試乗2

フランス最終日のフライト時刻はよく確認していなかった(笑)のですがe-チケットを見たら16時過ぎ、まだ遊べるじゃないか!!

ということで急遽マルセイユのEUROPCARで車を借りました。

今回はプジョー308です。
c2e0a451be.jpg

先日のセアトに引き続いて今回もディーゼル。
9d9b252db6.jpg

セアトのナビに比べてちょっとアホな純正ナビ。
dc7c3a95f2.jpg

クルマ自体はごく普通のよいクルマです。

区間によって制限速度が110kmだったり130kmだったりする高速道路や都市間道路を使ってマルセイユからサントロペを目指します。

皆さん制限速度をかなり守って走ります。そして追い越し車線を延々と走る車はまずありません。日本の高速道路の現状を考えると恥ずかしくなりました。
d563f206e7.jpg

ナビの誘導通りにすすむと一般道路のワインディングに入りました。クリオについて行きます。
509a7e9ac0.jpg

こういう道が遅くて70km/h、速くて100km/h+αで流れています。制限速度は70kmや90kmが多く、日本だと40km/h〜50km/hに制限するくらいの道です。しかもカングーなどの商用車が速い!(笑) 欧州車の足回りのセッティングの理由がよくわかります。
0ecdc2b57e.jpg

途中でセブンとすれちがいました(^^)
3a4e5fd2da.jpg

到着!
e61ecc4d48.jpg

サントロペのお洒落な街を散策してフランス最終日は終了。
帰りはマルセイユ・プロバンス空港でレンタカーを返却し機上の人となりました。
posted by FCLIFE at 21:52| Comment(0) | 海外旅行

2015年04月24日

体験試乗

フランス出張は続いております。

パリからトゥールーズを経てカルカソンヌへ移動し、今日はペルピニャンでレンタカーを借りてコリウールという海辺の町にやってきました。

借りた車はセアト・レオン
39855bf8a2.jpg

日本ではなかなか乗れない車ですね。
bdb7e9687d.jpg

さすがVWグループ、しっかりしています。
TDIなのですがディーゼルを感じさせません。
f466c7da42.jpg

地中海沿いの爽快なワインディングを飛ばして到着した楽園(^^)
5163278caa.jpg

こんなところにいたらダメになってしまいそうです。
9723b98638.jpg
posted by FCLIFE at 07:48| Comment(0) | 海外旅行