2011年07月03日

異音バスターズ続き

 
昨日はセンターコンソールとRECAROシート、ドア内張の異音対策をしました。

今日はステアリング下部パネル。異音が出ているわけではないのですが、このパネルはオーディオ等のモディファイで頻繁に付けたり外したりしているうちに、写真の部分がだんだん馬鹿になります(右ハンドル車は形状が異なります)。ドライヤーで熱して形を戻し、素早く冷やすと塑性変形で元の形に。Aピラーライニングなど引っ張って外す部分にもこの手を使います。プラ部品が変形した場合、ディーラーでも同様の修理をするそうです。クリップをマイナスドライバーで広げて引っかかりを良くしてから差し込んで元通り。
consoleion02.JPG

私のクルマはシートベルトを挿していると、キャッチの部分からカラカラと音がします。カーボンシートを切って金具の根元部分に巻くことで解消しました。
beltholderion03.JPG
posted by FCLIFE at 12:58| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月02日

異音バスターズ

 
今日は朝から異音バスターズ。
私のCLIOは十分静かだと思うのですが、ひとつの異音を消すと、より小さな異音が聞こえ始めるので困ったものです(CLIOではなく私が)。

センターコンソール付近からミシミシと異音がするので、徹底的にニトフロン&ホットボンドで処置します。
consoleion01.JPG

最近、ドア内張のビビリが始まりました。オーディオに反応しているのではなく、走行振動に反応しています。内張と鉄板の間にクッションテープを貼って、その上から内張を留めました。それにしても、CLIOの内張クリップはチカラ弱すぎ(^^;) 引っ張ったら軽く取れてしまいます。
uchibariion01.JPG

こんなところにも気安めで。
beltholderion01.JPG

さて、仕事場に向かう道すがら、異音が消えたかどうかチェック。

内張のビビリは完璧。クッションテープが振動を吸収してくれるのと、内張に適度なテンションがかかるので、内張のビビリはなくなりました。

次に、センターコンソールからのミシミシ音。これは消えていません。ということは理由はセンターコンソールではありません。会社からの帰り道でも色んなところを手で押さえて確認。しかし異音源が特定できません。

帰宅後、娘と女房を車に乗せて、異音源調査。二人とも私が座っているRECAROシートと指摘。娘を運転席の上で跳ねさせると、確かにRECAROから音が出ています。シート下から出た音が、横に回ってセンターコンソールからの異音と聞こえたのでした。

異音のポイントは座面とフレームの接合面。一度座面を分解して、間にクッションシートを挟んで異音撃退。手間はかかりましたが気分スッキリ。

あと一つ、とても気になる異音源が。路面の凹凸やカーブで車体にねじり方向の力が加わると、運転席側Aピラーから天井に掛けて「ミシッ」と比較的大きな音が出ます。異音源が特定できていないのですが、ちょっと厄介な感じがします。
posted by FCLIFE at 23:22| Comment(9) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月01日

今日の格言

 
過ぎたるは及ばざるがごとし(爆)

20thini12.JPG

真ん中のパターンは真剣に考えましたが、嫁に「絶対にやめておけ」と言われました(笑)

posted by FCLIFE at 21:26| Comment(10) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月26日

20thINI 完成

 
ストライプ作成にあたり何を材料に使うか考えました。最初はお手軽にGORDINIの純正ストライプを買おうかとも思ったのですが、Javel!さんから価格を教えてもらってビックリ。まぁ、価格だけでなく、GORDINIの真似をしてストライプを貼るだけでも少々後ろめたい行為なのに、おまけに「G」入りだったらかなり痛いということで、ここは定番の住友3Mを使うことにしました。

住友3Mのフィルムといえばダイノックが超有名なのですが、今回私が注文したのは「3Mカーラッピングフィルム
その違いを住友3Mに問い合わせてみました。

「3M(TM)カーラッピングフィルムとダイノック(TM)フィルムカーボンとの違いについてでございますが、3M(TM)カーラッピングフィルムの製品につきましては、使用目的が自動車とのことですので、弊社住友スリーエムが現在販売させて頂いている多くの種類のフィルムの中から、自動車の外装に貼って使用できるものを、選定してご提案させて頂いております(選定にあたっては、弊社独自の自動車外装フィルムの試験を実施しております)。3M(TM)カーラッピングフィルムはその試験をパスしたフィルムということになります。ご検討の程、よろしくお願い致します。」

たぶん、同じものだと思われます(笑)

ということで、マスキングテープで決めた位置を入念に脱脂し、75mm幅に切り出したカーラッピングフィルムをフェルトを巻いたスキージで貼っていきます。GORDINIストライプと同じくらいの適度な厚みがあり、特殊な接着剤の塗布方法により空気が入ることもなく、とても貼りやすいフィルムでした。

フロントおよびリアは、今月初旬に発売された「カーボン調(ガンメタ)」を貼りました。
20thini08.JPG20thini10.JPG

ルーフはグロスブラックという20thの特長を活かして「カーボン調(ホワイト)」を貼りました。
20thini09.JPG

細かく見ると曲がっていたり長さが足りなかったり逆に余っていたりと気に入らない部分もありますが、優秀なフィルムのお陰で概ねうまく貼ることができました。
20thini06.JPG 20thini07.JPG

今日はとてもどんよりとした曇り空ですが、午後から入念に洗車して記念撮影。
20thini05.JPG

橋の下に車を停めて、橋の上から身を乗り出して撮影する変なおじさんは私です。
20thini11.JPG

ストライプを入れる前の写真
2010122905.JPG

予想していた以上に車の雰囲気がガラッと変わり、白は少々外観がおとなしいなぁと思っていたのが、自分としては自己主張十分な感じになりました。誰もこちらを見ていないのに、ストライプを貼った車に乗っていると思うと、ちょっと気恥ずかしい感じもします。
posted by FCLIFE at 18:30| Comment(32) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月25日

黒のGORDINI

 
CLIO GORDINI RSの黒。
実物はかなり格好良いと想像しているのですが、誰か並行逝かないかなぁ〜

ClioGordiniRSBlack02.JPG

ClioGordiniRSBlack01.JPG
posted by FCLIFE at 19:55| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

20thINI 途中経過

 
今日は天気予報よりも雨の降り出しが遅いようなので、奮起して作業開始。

白いGORDINIからインスピレーションを得て、青いGORDINIのお友達からもご意見を頂戴しながら、20thINI(ニジュッスィーニと読んで下さい。20は日本語で。thでは舌を挟んで。。。爆)の製作を開始しました。

と言いますのも、白いGORDINIはボディカラーが20thと同じブラン ジーブル ナクレ メタリック(パールホワイト)で、フロントバンパーの「ヒレ」とドアミラーカバーもアンスラサイトで同じ、違うところは20thの屋根がグロスブラックなのと、ホイールBE-BOPの内側がグロスブラック(白ゴル)かアンスラサイト(20th)であることだけなのです。平日の昼間、青いGORDINIのお友達とメールのやり取りをしていて、ひょんなことからこの符合に気が付き、すっかりその気になった次第です。ホイール塗装をやめたのもこのため。
2011061901.JPG2011061905.JPG

大きなフィルムから、幅75mmのストライプを正確に切り出すために、まずは道具から。
安全スライドツール「切れるんです!!」 AK-1000
・カッターマット 3mm 450mm×1800mm
・スキージ(カバー付)

この「切れるんです」が大正解。約1mを真っ直ぐに簡単に切ることができます。定規+カッターでは不器用な私には無理です。
段ボールの筒はフィルムの荷姿。
20thini01.JPG

青GORDINIのストライプを計測させて頂いた結果シートを見ながら、マスキングテープでストライプを貼るべき位置を決めます。
先日、白GORDINIを見せて頂いた結果、Gストライプを貼る位置に個体差があることも確認できたので、ある程度の確からしさでキレイに見えると思います。
20thini02.JPG20thini03.JPG
20thini04.JPG

数時間かかって貼り終わりました。全6本のストライプの中で3本は、切り出したサイズ(長さ)が合わなかったりしてやり直しました。
でも苦労の甲斐あって無事完成。

現在、ガラスコーティング工程です。
ストライプを貼ったところ以外がどろどろなので、明日ちゃんと洗車してから20thINIをお披露目いたします。
posted by FCLIFE at 15:54| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月22日

汎用サイドブレーキブーツ

 
clio3RSさんから最初にお会いしたときに教えて頂き、更にみんカラお友達のsyumaさんもGORDINIに装着されている「コレミヤ 汎用サイドブレーキブーツ」を私も取り付けてみました。

そのリーズナブルな価格がうけているのか、とても注文が混み合っているようで、注文から到着までちょうど1ヶ月でした。

汎用サイドブレーキブーツ Bタイプ つや無黒 黄色ダブルステッチ 3,500円
collemiya01.JPG

汎用品で口の部分の内周が12cmのタイプです。CLIOのブレーキノブに対して、ほんの気持ち大きいので、スポッと後ろに抜けないように、インシュロックをストッパーにしました。
collemiya03.JPG

完成
collemiya04.JPG

使用前/使用後
collemiya02.JPGcollemiya05.JPG

フラッシュ撮影なので黒光りしていますが、実際にはツヤなし黒なのでとても落ち着いていて、黄色のダブルステッチがシートと同色で、とても気に入りました。(黄色革に黒のステッチも考えましたが、これ以上派手になっても困るので思いとどまりました。。笑)

安くてお手軽ないじくりなので、これはオススメですね(^^)/
posted by FCLIFE at 10:57| Comment(12) | RENAULT Clio RS 20th

オーディオ調整

 
こんなことばっかりやっているわけですが。ちょっと前回カリカリに調整しすぎたので緩和措置。

ASTEROIDのボリュームを45/60から41/60に落として、3Sixty.2のゲインを調整し、更にKS125.2miniのゲインをハーフウェイ−α に落とし、3Sixty.2の出力レベルを-10から-8に上げたところで落ち着きました。

20110622.JPG

あとは気楽に流すのみ。
posted by FCLIFE at 10:34| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月19日

3Sixty.2さん、ごめんなさい

 
昨日、3Sixty.2のリモートボリュームを付けたのですが、
「ボリューム調整範囲が狭すぎて、リモートボリュームだけでは運用できない」
と書きました。。。。

ごめんなさいm(_ _)m Rockford Fosgate様

今日、GORDINIを並べるオフ終了後、「やっぱりおかしいよな、S40では普通だったし」と思い、もう一度確かめてみることにしました。というか、本当のことを言うと、あまり役に立たないリモートボリュームを外してしまおうと作業を開始しました(^^;)

ステアリングコラムを分解し、スイッチを外します。そこで最後の試しに操作してみると、音量ほぼゼロから実用域を遙かに超える音域まで、リモートボリュームで調整できます。何でや??

clio3sixty19.JPG

検証してみると、リモートボリュームをパネルに固定するためのナットを強く締め付けすぎると、ノブは回転するもののボリューム調整範囲がとても狭くなる症状がでることがわかりました。

ということで、取付方法を改善し、ナットを締め付けすぎないようにして完了。

そのままの状態では実用音量を遙かに超えていたので、3Sixty.2の出力レベルを-3dBから-10dBに変更しました。ほぼゼロ(完全にゼロにならないのはS40のときも同じ)から実用音量以上まで、3Sixty.2のリモートボリュームのみでコントロールできるようになり、とても快適。ASTEROIDのボリュームは45/60で完全固定できます。ただ、ASTEROIDは電源OFFからしばらく経って起動すると、勝手にボリュームを26/60でスタートしてしまうので、いちいち45/60に戻すのがちょっとアレですが(笑)

kaishiさん、教えて頂いた方法で完璧に調整できました!
リモートボリュームによる音量調整は音質が変わらないのでとても快適です。
いつもいつも教えて頂いてばかりで、何のご恩返しもできませんが、とても感謝しています。
今回もありがとうございました!!

p.s.
グローブボックス内のCDデッキを直接3Sixty.2に繋いで演奏すると、ASTEROIDのBluetoothハンズフリーが使えなくなるのでやめました。
posted by FCLIFE at 20:39| Comment(5) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月18日

ASTEROID 3Sixty.2 KS125.2mini 総合調整

 
我ながら毎週よくやるなと(笑)

clio3sixty18.JPG

先日のアンプゲイン調整で、kaishiさんに電気的に正しいゲイン&出力レベル調整術を教えて頂きましたm(_ _)m
それに沿って、まずは3Sixty.2のリモートボリュームをインストールします。

って、箱を開けてみたらリモートボリュームがモデルチェンジしてるし(^^;) 本国ホームページの商品写真は前のまま。
まぁ、依然としてアメリカーナな作りに変わりはありません。

左:モデルチェンジ前(S40につけたのはコレ)  右:モデルチェンジ後(CLIOに付けるもの)
clio3sixty22.JPG3sixtyremote01.JPG

で、モデルチェンジ後のリモコンは「カスタムインストール対応」になっていまして、分解手順の説明書まで付いてくる親切さ。
分解して、いつものようにホットボンドで固めて中身だけインストールします。
3sixtyremote02.JPG3sixtyremote03.JPG

ボリュームツマミしか見えないとはいえ、ツマミだけでも十分アメリカンなので、自分を含めて誰からも見えないように、先日増設ハザードスイッチを付けた穴にボリュームツマミを装着しました。
clio3sixty19.JPG

なので、増設ハザードスイッチはこちらに移設です。実はステアリングコラムの裏側では、押したいときに捜すような感じだったので、こちらの場所の方が正解です。
clio3sixty20.JPG

さて、kaishiさんから教えて頂いた虎の巻を印刷して調整します。
clio3sixty21.JPG


(1) 3.sixty2の出力レベルは一旦-3dBで固定(3.sixty2の最大出力=KS125.2miniの最大入力=3.5Vrmsになる)
−−−>OK

(2) デッキの音量を最大に固定して、CLP LEDが点滅するよう3sixty.2の入力ゲインつまみを調整(デッキの音量はその後も最大固定)
−−−>デッキの音量を最大(60/60)にすると音割れするのでダメでした。50/60くらいまではギリギリ行ける感じでしたが、余裕を見て45/60にして、CLP LEDが点滅するよう調整

(3) KS125.2miniのゲインと3sixty.2のリモートボリュームをいじって、最も常用する音量を保ちながら、好みの音質になるKS125.2miniのゲインを決める。
−−−>OK。アンプのゲインはハーフウェイ+αとなりました。左右のレベル合わせもOK。

(4) KS125.2miniのゲイン設定終了。この時点でリモートボリュームによる日常の音量調整に問題がなければそのまま使ってOK。
−−−>後述

(5) もし日常の音量調整が難しいなら3sixty.2の出力レベルを、リモートボリュームが使いやすい回し具合になるように調整する。
−−−>後述

(4)(5)については、日常の音量調節にちょうど良い3Sixty.2の出力レベルのポイントがありませんでした。というのは、3Sixty.2のリモートボリュームによる音量調整の幅がとても狭くて、

・録音レベルの高いソースの日常使用最大音量がリモートのmax位置で出るように出力レベルを調整すると、min位置でもそれなりの音量で鳴っている(^^;)
・上記設定で録音レベルの低いソースを鳴らすと、max位置でも音量が物足りない。
・録音レベルの低いソースの日常使用最大音量がリモートのmax位置で出るように出力レベルを調整すると、録音レベルの高いソースがmin位置でもそれなりに爆音(^^;)

ということで、3Sixty.2の出力レベルは-3(録音レベルの高いソースの日常使用最大音量がリモートの中間+α位置で出る)のままにして、録音レベルの低いソースでは、リモートをmax+ASTEROIDのボリューム(基本は45/60に固定)を45-50の間で併用する形となりました。

音は、ゲインをminにしていたときと全然ちがって、とても元気で低音もバツバツ鳴っていて理想的です。3Sixty.2のリモートボリュームの仕様がもう少しおりこうさんだったら言うことないのですが。本国ページのFAQを見ていたら、「設定する出力レベルの大きさによっては、リモートによるマスターボリュームは単に音を減らす(アッテネートする)役割しか果たしません」と書いてありました(^^;) アメリカン!!

3Sixty.2のリモートボリュームは正常でした。私のインストール方法が間違っていました(^^;)

clio3sixty23.JPG
posted by FCLIFE at 17:39| Comment(3) | RENAULT Clio RS 20th

ウインカーレバー最終完成

 
ウインカーレバーで1ヶ月も遊びましたが、やっと完成しました。

最初は市販品を、ホームセンターで買ったステーを使って装着。でもちょっと質感的に物足りなくて、しかも長かった。
indicatorex04.JPG

Sprungさんに成型&塗装を依頼。長さを詰めたのですが、私の指示ミスで、まだちょっと長かった。
indicatorex13.JPG

Sprungさんに再度成型&塗装を依頼。お店に置いてあったカーボンのイージーグラフィックがとてもきれいだったので、上面のみカーボンで他を黄色で塗装して頂きました。

加工前&加工後
indicatorex15.JPGindicatorex16.JPG

装着完了
indicatorex17.JPG

ちょうど良い長さと重さになりました。
posted by FCLIFE at 14:05| Comment(5) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月16日

おもしろいドキュメンツ

 
既出ネタかも知れませんが、たまたま調べ物をしていておもしろいドキュメンツに遭遇。
CLIO 3 Renault Sport Cup のパーツ集です。全86ページを閲覧できます。

こんなのとか、
cup01.png

これは、想像通りの形状ですね。
cup02.png

こんなのも正規部品です。
cup03.png

品番とユーロ価格が掲載されているので、発注しやすいです。
posted by FCLIFE at 09:28| Comment(10) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月15日

KS125.2mini ゲイン調整

ASTEROID投入によってKS125.2miniのゲインを最小にしてもデッキの美味しいボリュームゾーンで音量十分にすることができるようになったのですが、どうもこのゲイン最小が音質に影響を与えているようで。。。低音がズンズン来ない(一般的な音量で)、マーカスミラーのベースの音がはじけないなどなど、何だか元気のない音に聞こえます。中高音には問題ないのですが。。。

KS125.2miniの取説には、「ゲイン調整に正解はありません。使用するスピーカーの能率に応じて適切に調整して下さい。」的なことが書いてあるのですが、MIN〜MAXにかけてリニアに変化するゲインの中で一番良い点を見つけ出すのは至難の業。ノイズを考慮すると、MINからハーフウェイを少し過ぎたあたりまでが実用域だとは思いますが。

しかもCLIOのシステムは、

・デッキのボリューム
・3Sixty.2のゲイン
・3Sixty.2の出力レベル
・KS125.2miniのゲイン

の4箇所でレベル調整できるわけで、これをプロならどういう風に調整するのか、ぜひどなたかに教えて頂きたいところです。

ks125.2minigain01.JPGclio3sixty16.JPG

取り敢えず、KS125.2miniのゲインをハーフウェイに設定し、そうするとデッキのボリュームが小さくても大音量になってしまうので、3Sixty.2の出力レベルを-3dBから-10dBに下げてみました。音は全体的に元気になりましたが、何が正解なのかよくわからなくて気持ち悪い感じです。
posted by FCLIFE at 13:52| Comment(9) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月11日

増設ハザードスイッチ

 
本当は、CLIOのウインカーレバーでコンフォートブリンク(1回ウィンカーレバーを操作すると数回自動で方向指示器を点滅させてくれる機能)や、先端にあるオートライトスイッチを短押しするとサンキューハザードを出してくれる機能を実現したいという野望があって、配線図などを取り寄せて調べていたのですが、スイッチのコネクタの導通や電圧を測るも、自分ではうまく行かず早々に断念。先日、CLIO乗り界のジェントルメンことJavel!さんのGORDINIに施工した増設ハザードスイッチを自分のCLIOにも装着することにしました。

今日は面白いようにトラブルが続出する日で、、、

まずは、ウインカーレバーの配線調査中にエアコンの液晶が消えて作動しなくなる現象が勃発。ヒューズ切れだと判断し、ディーラーの大師匠にTEL。お忙しい中、エアコン操作部に関わるヒューズの位置を教えて頂いて無事治りました。いつも大変申し訳ありませんm(_ _)m

次に、増設ハザードスイッチの穴を開けてヤスリで適切な大きさに調整しているときに、隣に設置済みのロータリーコマンダー行き先変更スイッチのハーネスにテンションを掛けてしまい、極細ハーネスを何本も切断してしまいました。すぐにyodobashi.comでスイッチの在庫を確保。とある所用で自宅にお越し頂いたJavel!さんのGORDINIで、ヨドバシカメラ町田店に急行してゲット。今回の教訓から、極細ハーネスをホットボンドで固めてからインストール。無事治りました。ヨドバシまで連れて行って下さったJavel!さんに感謝ですm(_ _)m

最後に、内装パネルを元に戻して、最終動作確認で右側スピーカーから音が出ず(笑) やっちまったか〜と思いましたが、これは3Sixty.2の右RCA入力が抜けていただけでした。。。ホッ。

ということで完成。センターコンソールにあるハザードスイッチのオレンジ線と黒線を分岐してスイッチまで持ってくるだけの簡単作業です。スイッチはモーメンタリスイッチ。Javel!さんのGORDINIに施工した位置にはロータリーコマンダーが鎮座していますので、裏側のこの位置に装着してみました。コラムを手で挟むようにして操作できるので、なかなかの操作感、そして何より便利です。

hazard01.JPG

今日はJavel!さんと、ヨドバシカメラ町田店〜ルノー横浜青葉(15Aヒューズありがとうございました!)をドライブし、本来の目的であるSprungさんにご一緒しました。SprungさんではGORDINIのオシャレな内外装が注目の的。最近ルノー車での依頼が急増中とか(笑) ちょうど、新型MEGANE RSのエアコン吹出口をピアノブラックに塗っていました。Javel!さんの悪巧みもスタート。私のウインカーレバーも再製作中(爆)

なかなか充実した一日でした。Javel!さん、お付き合い頂きありがとうございました。

p.s. 横浜青葉に置いてある未発表車、なかなか格好良かったですね。

2011/6/18追記
ステアリングコラムの向こう側だと押したいときに捜すような感じだったので位置変更しました。
clio3sixty20.JPG
posted by FCLIFE at 22:29| Comment(3) | RENAULT Clio RS 20th

KS125.2mini ゲイン調整

 
CLIOのヘッドをASTEROIDに換えて、3Sixty.2の再セットアップをしましたが、今日、シートを外したついでにアンプのゲイン調整を行いました(上面に調整部があるので、シートを外した方がやりやすいのです)。

ks125.2minigain01.JPG

調整と言ってもゲインを最小にしただけ(笑) KS125.2miniの取説は「実用可能な最小のゲインで使用すること」を推奨しています。

これで、ASTEROIDの美味しいボリュームゾーンを使えるようになりました。
posted by FCLIFE at 21:35| Comment(0) | RENAULT Clio RS 20th

シートベルトバックル交換

 
RECARO化の初期に、いらないことをして壊してしまった運転席用シートベルトセンサースイッチ。4月22日に発注するも日本在庫がなく、今週やっと到着しました。純正RECARO用ではなくノーマルシート用です。
beltcatch01.JPG

シートを外さないと装着できません。
beltcatch02.JPG

やっとハーネス付きのシートベルトバックルになって、シートベルト未装着を警告してくれるようになりました。
beltcatch03.JPG
posted by FCLIFE at 21:24| Comment(0) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月09日

3Sixty.2 再セットアップ

 
ヘッドユニットをASTEROIDに換えたので、3Sixty.2を再セットアップしました。

RKi8400のプリアウト(1V)では、RKi8400のボリュームを最大にして、3Sixty.2の入力感度をMAXにしてもCLIPしなかったのですが、ASTEROIDでは、音割れしない最大のボリューム(45/60)にセットして 3Sixty.2のレベルを上げていくと、ツマミを半分くらい回したところで赤いCLIPインジケータが点灯しました(微妙に戻してインジケータが点滅する位置が調整位置です)。ASTEROIDのプリアウト出力はどこを見ても載っていないのですが、間違いなくRKi8400の1Vから強化されているようです。やっと2Vになったかな。

clio3sixty16.JPG

フロント2chをARCAUDIOのKS125.2miniで鳴らすシンプルなシステム。以前はいざというときにリアスピーカーを鳴らせるように、RKi8400のスピーカー出力をリアスピーカーに接続していましたが、結局リアを鳴らした実績がゼロだったので、今回はASTEROIDのスピーカーラインは全く使用せず、フロントRCAプリアウト−3Sixty.2−KS125.2mini−TS-Z132PRSのみの接続としました。ASTEROIDはリアおよびサブウーハーのプリアウトも持っているので将来的にはアンプを増設すればスピーカーを増やすことはできますが、フロント2wayで十分です。

clio3sixty17.JPG

スピーカーDELAYは、左1.4フィートで変わらず。

RKi8400はフルレンジでは低音がブーミーだったので、ハイパスフィルターで50Hzから下を-24dBでカットしていたのですが、ASTEROIDは低音の歯切れが良く、ブーミーにならないのでフルレンジとしました。もちろんRKi8400もASTEROIDもデッキ内蔵の各種音質調整機能はすべてオフですが、デッキのキャラクターとして、RKi8400は低音を強調していたのかも知れません。

調整が終わってしばし試聴タイム。基本的にはASTEROIDの音を聴いているというよりも3Sixty.2の音を聴いているのでしょうが、以前よりも音の解像度とキレが良くなっている感じです。
posted by FCLIFE at 18:43| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

CLIO Aピラーデッドニング

 
Aピラー回りから低級音が出るのでいつものデッドニングをしてみました。

Aピラートリムとドアミラー裏三角地帯をデッドニング。オーディオテクニカのインナータイプドア内張用制振材AT7440と、おなじみニトフロンテープを使います。写真でAピラーに入っているシンサレートは音匠さんがフロントスピーカー交換のときに入れてくれたもの。音匠さんの「フルデッドニング」はドアだけでなく、Aピラー・センターコンソール・ダッシュボードの制振がすべてメニューに入っています。
apillardead01.JPG

三角地帯とAピラーに制振材とニトフロン
apillardead02.JPGapillardead03.JPG

ピラー内のケーブルも丁寧に養生しました。
apillardead04.JPGapillardead05.JPG

再度装着して試走。一応消えていますが、いつもの通り何が効いたのかはわかりません(笑)
一つ今回気が付いたのは、Aピラートリムを正確に再装着するのは結構難しいということ。もしかしたら、装着方法が正しくなくて低級音が出ていたのかも?と思いました。結果オーライ! 
この方法では解決しませんでした。
posted by FCLIFE at 17:31| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

PARROT ASTEROIDにびっくり

 
PARROT ASTEROIDネタが続きます。

今日、会社からの帰り道、PARROT ASTEROIDに繋いだiPodをランダム演奏して楽しんでいたところ、液晶画面に見慣れた文字が。あまりに見慣れた文字なので、ふ〜んと一旦前を見て、「えっ?!」 日本語が表示されている!!!

私の車載iPod環境は、EosもS40もCLIOも日本語表示不可なので、楽曲を取り込むときに極力アルファベットで登録するようにしています。ときには日本語題名を手間を掛けてローマ字にしたりもしています。でも面倒なときは日本語のまま取り込んだりもしているのですが、ランダム演奏でたまたま日本語表題の楽曲を演奏して、見事日本語を表示したのでした。

parrot_asteroid25.JPG

やってくれます、フランス製デッキ。まさか日本語を表示してくれるとは思ってもいませんでした。さっそく本来日本語であるべき楽曲、演奏者名、アルバム名をすべて日本語に戻して同期しました。ただし日本語にすると音声認識してくれませんが(笑)

ほんとフランスのオウムさんは、適当なのか頭良いのかよくわかりません。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(6) | RENAULT Clio RS 20th

2011年06月08日

PARROT ASTEROID いいぞ!

 
装着したPARROT ASTEROIDがなかなか良いんです。

画面が大きく、表示項目も増えてわかりやすいし、スイッチの数は少ないし、操作ロジックもRKi8400に比べるとスマートだし。RKi8400は下手物好きな方にしかお勧めできませんでしたが、ASTEROIDは普通の方にもお勧めできると思います。ただし、ラジオが日本の周波数に対応していないのと、iPodなどの楽曲情報の日本語表示ができないのが許せればですが。楽曲情報の日本語表示に対応していました。

さて、RKi8400にもあったこのボタン。ボイスコマンドボタンです。
parrot_asteroid22.JPG

押してみます。試しに「AL GREEN」と発音してみました。
parrot_asteroid23.JPG

AL GREENの楽曲が選択されて演奏が始まりました。
parrot_asteroid24.JPG

RKi8400のときは使い物にならなかったのですが、ASTEROIDではかなりの確率で正確に認識してくれます。発音するのは、アーティスト名、アルバム名、曲名なんでもOK(追記:曲名はダメでした)。アーティスト名で検索すれば、その下階層のアルバム名が表示されて選択することができます。これは使えます。

iPodには発音まで登録できませんから、私の発音とスペルを照合しているのだと思われます。例えば、L.A.FOURを「エルエイフォー」と発音すると認識されません。「ラフォー」でヒットします。こういうコツを見つけ出すのもなかなか楽しいです。
posted by FCLIFE at 14:59| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th