2011年08月03日

どちらを取るか?

ちょっと今日からブローバイ経路をノーマルに戻しています。

nagchange01.JPGnagchange02.JPG

高速道路も含めて100キロほど仕事で走りましたが、、、困ったことにノーマルも良い感じ(笑)
スイッチで切り替えられたらよいのに(笑)

(注)記事、大幅にカットしました。ちょっと影響が大きそうだったので。
   コメント頂いた皆様、すみませんm(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:55| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

2011年08月01日

本物のステアリングセンターオーナメント

 
なんちゃってルノーオーナメントからオリジナルのNARDIホーンボタンに変更したのですが、何となくしっくり来ず、ここは押してもホーンが鳴らないのにホーンマークがあるのも何なので、本物のステアリングセンターオーナメントを入れてみました。

2011080101.JPG2011080102.JPG

くり抜かれた方のステアリングは結構かわいそうな姿(笑)
posted by FCLIFE at 22:22| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月30日

MEGANE RSシフトノブ装着

 
昨日重さを量り比べたシフトノブたち
予定通り、イエローステッチ入りのMEGANE RS標準シフトノブを装着しました。

互換性問題ありません。
shiftstitch04.JPG

むかし懐かしい標準シフトノブの感触が戻ってきました(笑) やはり予想通り、RSシフトノブの気持ち良い操作感とは比べるべくもありません。が、CLIO RS用とも違います。Cli-oyajiさん、わかりますよ「58グラム」の違い(笑) 私がそうあってほしいと思う気持ちが脳内で化学反応を起こさせている可能性は高いですが(爆)


さて、何かモディファイをすると何かを壊す私ですが。。。RSシフトノブは丸くてツルツルなので、一度装着すると抜くのに凄い力が要るのです。運転席あるいは助手席に腰掛けたままではまず抜くことができません。進行方向に対して後ろ向きにシフトレバーの真上にまたがって、渾身の力で引き抜きます。引き抜けることをあらかじめ知っていなければ、決して引き抜こうとしない固さです。

引き抜く瞬間、気をつけないと頭を天井に思いっきりぶつけると注意されておきながら、ぶつけてしまいました。ぶつけただけなら良いのですが、たまたまPARROT ASTEROIDのハンズフリーマイクを装着している部分にぶつかり、マイクステーがポキッと折れてしまいました(^^;)

ショック!!
shiftstitch05.JPG

折れた部分を瞬間接着剤でくっつけるか、新品マイクに付け替えるか一晩逡巡した結果、新品に付け替えることに。新品マイクの在庫はウチに2セットあり。ただマイクは途中にコネクタがなく、オーディオ裏から天井の装着場所まで1本ケーブル。しかも、ETCやGPSレーダーの配線とともに丁寧にTESAテープで養生し、多くの場所でクランプされています。

朝っぱらからバラバラにして配線を引き直し、会社に3時間遅刻しました(笑)
shiftstitch06.JPG

まあこういうのも弄くりの醍醐味ですね(^^;)
posted by FCLIFE at 15:09| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

CLIO ステアリング完成

 
前回のステアリング巻き直しに満足できず、もう一度注文し直した品が完成しました。
やり直しということで価格的にご配慮頂いたディーラーの方に感謝です。

今回完成した品
steeringstripe07.JPG

比較
steeringstripe08.jpg


1回目と今回の違いは下記の通りです。

・ステッチを、縫い目にゴツゴツ感の出る「千鳥」から「一目とびかがり(ヨーロピアン)」に変更
・思い切ってステッチをイエローに変更
・ディンプル以外の部分を、滑りやすいと感じた「ハイクラス革」から「標準革」に変更
・スポーク部分にはステッチを回さずに裏側接着式に変更


今回のやり直しで、一番気になっていたステッチのゴツゴツ感がなくなりスッキリしました。スポーク部分のステッチの止め際の処理も秀逸です。全体的な質感は工業製品であるオリジナルに対して手作り製品的になってしまいますが、これは巻き直しの宿命。あと、NARDI革に比べると巻き直した革が少し滑りやすく感じる点、ディンプルのピッチがもう少し細かい方が格好良いと思う点などありますが、そのあたりは欲しがりだすとキリがありません。上部に2本ラインを入れるという目的を、十分な品質で達成できて大満足です。やり直しに快くご協力いただいたルノーディーラーの方と宮内産業の方に、とても感謝しています。

同時にホーンボタンをルノーボタンからオリジナルのNARDIに戻し、ホーンリング&ボルトを新品に交換しました。先日ホーンリングを付け直した際に、六角レンチがすべって傷を付けてしまったので(^^;)
こういう部品をキットで供給してくれるアフター用品メーカーは素晴らしい!!
steeringstripe06.JPG
posted by FCLIFE at 14:24| Comment(0) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月29日

シフトノブ考

 
本日、みんカラお友達のMega-oyajiさんからお譲り頂いた、ピカピカ未使用のMEGANE RS用シフトノブが到着いたしました。
Mega-oyajiさん、今回はどうもありがとうございました。感謝しております。

さて、丁寧な梱包を開梱し、手に持ってみて「アレ?」っと思ったわけです。取り出したのは重量計。
shiftstitch03.JPG

まずはCLIO RS標準シフトノブ。146グラム。
shiftstitch05.JPG

次に、MEGANE RS標準シフトノブ。やはり!!204グラム。CLIO用より58グラム重い。
shiftstitch06.JPG

最後に横綱、Renault Sportシフトノブ。293グラム。こちらは別格。CLIO用の2倍です。
shiftstitch04.JPG

外形的には同じに見えます。到着するまではステッチの色違いだと思っていました。しかし実際には、ステッチもそうですが、革そのものが違い、何より重量が違います。シフトパターンのフォントも微妙に違います。
shiftstitch07.JPG

細かい差異を設けますね〜。でもその差異は何が目的なんでしょうか?(笑)
posted by FCLIFE at 20:54| Comment(12) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月27日

シフトノブ!!

 
シフト関係のネタが続きますが(笑)
シフトパターンが同じなので買ってみた有名な品。
なかなかの重みと質感です。

6mtkeyholder01.JPG

ちょっと長いのでチェーンを短縮し、違うキーリングを使って装着しました。
posted by FCLIFE at 13:10| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月26日

MEGANE RS 標準シフトノブ

 
CLIO RSのシフトブーツには標準でシルバーのステッチが入っています。

車室内部分黄色化の一環で黄色に染めたのですが、ステッチは前側に施されているので見えません。奥ゆかしい仕様です。
shiftstitch03.JPG

ちょっと思いつきで、クルッと前後ひっくり返してみました(っていうほど簡単ではありませんが)。
shiftstitch01.JPG

さて、そこでムシの良いお願いなのですが、私が装着している Renault Sport シフトノブ(無傷)と、MEGANE RS 標準シフトノブ(黄色ステッチ入り)を、どなたか物々交換して頂けないでしょうか??この部品は MEGANE / CLIO 共用ですので互換性に問題はありません。純正シフトパターンシール新品を1枚お付けします。一応、無傷・汚損なしの品が前提です。
shiftstitch02.jpg

また、もしお家で余っている MEGANE RS 標準シフトノブがご不要の方がいらっしゃれば、有価で譲って下さいませ!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


シフトフィールより、ファッション重視(^^;)

追記:おかげさまで、みんカラお友達の Mega-oyajiさまから未使用品をお譲り頂けることになりました。
    感激です。ありがとうございますm(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:51| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

ドアヒンジナット点検

 
Wolfeyさんのblogでこの箇所の緩みがレポートされていましたので、念のためにチェック。

マークがありますので、目視で緩んでいないことを確認。運転席、助手席とも、まったく緩んでいる形跡はありませんでした。

整備マニュアルによると、この部分は21Nmで締め付けとなっています。

hinge01.JPGhinge02.JPG

ついでにヒンジ部に高粘度潤滑スプレーを施工しておきました。


追記:Wolfeyさんの緩んでいた部分は、こちらではなかったと。相変わらずおっちょこちょい(笑)

Wolfeyさん

こちらじゃなくて、
hinge03.JPG

こちらでしょうか?
hinge04.JPG
posted by FCLIFE at 14:00| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月23日

ASTEROID やっと英語化

 
kaishiさんから、「ASTEROIDの英語ファームが出たよ」と情報を頂いたので、早速UPDATEしてみました。

フランス語のメニューで、どれがUPDATEのメニューなのかは山勘です(笑)なんとかなりました。
asteroid_en01.JPGasteroid_en04.JPG

ご挨拶も英語に。これはちょっと情緒がなくなったか。
asteroid_en02.JPGasteroid_en06.JPG

iPodの日本語表示機能もちゃんと維持されていました。メニュー類も当たり前ですが英語に。
asteroid_en03.JPGasteroid_en05.JPG

リリースノートによると、インターネット接続、ソース管理、メニューの使い勝手、全体的なシステムの安定性などが改善されているようなので、期待です。
posted by FCLIFE at 17:47| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

未塗装樹脂用・耐久コート剤 SUPER HARD


Wolfeyさんがみんカラで紹介されていた、WAKO'S 未塗装樹脂用・耐久コート剤 SUPER HARDを施工してみました。
Wolfeyさん、情報ありがとうございますm(_ _)m

superhard01.JPG

付属のスポンジ片に少量付けて塗り、5分後に乾いたタオルで拭き取るだけの簡単施工。これなら半年〜1年に一度やってもよいなと思わせる手軽さです。ただし、塗布後24時間は水がかかってはいけないということと、完全硬化に1週間弱かかるので、天気が安定した季節の施工が望まれます。

まだ白褪せていたわけではないので、施工前・施工後の違いは極少(左:施工前 右:施工後)。
superhard02.JPGsuperhard03.JPG

むき出しの樹脂部分は、フロントウィンドウ両サイドの樹脂モール、フロントウィンドウ下端の雨樋部、ドアミラー部、アンテナ基台、前後ルノーロゴマークの中央、リアワイパーアームでした。
posted by FCLIFE at 17:17| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月18日

ステアリングの2本ストライプ

 
GORDINIからパクリの2本ラインは、やはりステアリングの2本ラインで完結します。

普段使いのNARDIステアリングに、2本ラインを追加してもらいました。
いつもお世話になっているルノーディーラーさん経由で宮内産業さんに出してもらってたった1週間。
仕事が速いですね〜!!「もうできたんですか?」って聞いちゃいました。

元々のNARDIのイメージを極力崩さずに2本ストライプを入れるため、できれば既存の革を使用しての部分加工を希望したのですが、それは不可とのことで全周巻き直しとなってしまいました。

左:巻き直し後  右:巻き直し前
steeringstripe03.JPGnardione07.JPG

元のNARDIでディンプル革部分は同じくディンプル革で、普通の革部分はハイクラスというスムース革で巻き直し。表面のツヤの違いやディンプル型押しのピッチの違いで、やはり元のNARDIの通りとは行きません。最も大きな違いはステッチ。NARDIは貼付方式なのでステッチがありませんが、宮内産業の場合はどうしてもステッチができてしまいます。このステッチに比較的太い糸が使用されているので、どうしてもゴツゴツ(デコボコ)感と「巻いちゃった感」が出てしまいます。良く言えばスポーティーとか手作り感とも言えるのですが、見た目の質感としてはちょっと残念でした。革の厚みでグリップが少し太くなりましたが、これはむしろ歓迎で、普段使いにちょうど良い太さです。
steeringstripe05.JPG

2本ラインは室内側をこれ以上派手にしたくないのと、ガンメタ(ボンネット)とホワイト(ルーフ)のストライプとマッチするようにグレーを選択。何種類かのグレーの中から見本を見て選びました。名前をハッキリと思い出せないのですが、チタニウムグレー的なネーミングだったと思います。ストライプの位置とサイズはJavel!さんにわざわざ計測して頂きましたm(_ _)m 本物は外周部で15mm - 15mm(中央の間隔) - 15mm ですが、NARDIは少し小径なので、12mm - 15mm(中央の間隔) - 12mm で施工。
steeringstripe04.JPG


念願の外から見た画像。なかなか光の反射で写真に撮るのが難しかったので、レンズの前にTALEXのTRUEVIEWをあてて撮影しました。
外から見たイメージはまったく想像の通りで大満足。白っぽくも見えるし灰色にも見えるので、ガンメタに対してもホワイトに対しても違和感はありません。
steeringstripe02.JPG

ほんと、元々何仕様だったのかぜんぜんわからないクルマになりました。
posted by FCLIFE at 09:19| Comment(18) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月17日

夜ですが

 
夜で見にくいですが、嬉しくて写真に撮ってみました。

steeringstripe01.JPG
posted by FCLIFE at 20:40| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

増設ハザードスイッチ点灯A

 
今朝早くにkaishiさんから頂いたアドバイス通りに配線をし直しました。

車両側のイルミ線と点滅信号線を一緒にして増設ハザード側のイルミ・点滅信号線に入れてしまうと、何かいけないことが起こってしまいそうな気がしてやっていませんでしたが、ダイオードで逆流を防げば大丈夫なんですね!!

使った部品一式

AXISハザード増設キット AX-HZ05VW
axishazard07.JPGaxishazard08.JPG

・エーモン 調光ユニット
axishazard04.jpg

・エーモン 整流ダイオード(1A/2個入)
axishazard06.JPG

<配線備忘>

(車両ハザードスイッチ側)    (増設ハザードスイッチ側)
橙黒:ハザードスイッチ線 → 青:スイッチ線
薄紫:点滅信号 →(整流ダイオード)→ 橙:イルミ・点滅信号線
薄青:イルミ信号 → 赤:調光ユニット/黄:調光ユニット→(整流ダイオード)→ 橙:イルミ・点滅信号線

(アース)
黒:増設ハザードスイッチ → 黒:調光ユニットの出力(−)
黒:調光ユニットのアース → 黒白:車両ハザードスイッチのアース

axishazard05.JPG

このやり方で、イルミオフ時は普通に点滅、イルミオン時は暗→明→暗→明で点滅し、かつイルミ時の明るさを自由に設定できるようになりました(点滅は明るさmax固定)。ただし明るくすればするほどイルミオン時に点滅に見えなくなるので、防眩も兼ねてなるべく暗めに設定した方が良いです。

古いコンデジで撮った動画です。

動作は、
1.増設ハザードスイッチでオンオフ
2.純正ハザードスイッチでオンオフ
3.ライト点灯(増設ハザードスイッチ暗点灯)
4.増設ハザードスイッチでオンオフ
5.ライト消灯



ちょっとステアリングコラムの下側カバーをいじりすぎまして生傷がいっぱい(笑) 養生しないでいじくるもので。。。。
部品を発注して入れ替えたいと思います。

kaishiさん、今回もアドバイスありがとうございました!!


夜の動画をアップしました。光量は実際より明るく映ってしまいます。
こんなつまらないモディファイでも、何か嬉しくなってしまうものです。
posted by FCLIFE at 15:31| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月16日

増設ハザードスイッチ点灯@

 
ステアリングのホーンスイッチをMOMO製に換えてから、どうも増設ハザードスイッチの質感が気になってきました。

左奥に見えているスイッチです。
momoplate13.JPG

そこで、VW乗りの方にはおなじみの、AXISハザード増設キットの登場。EOSにもかつて付けていました(今はkaishiさん特製ユニット)。
ハザードスイッチ自体が車両のイルミ信号で点灯し、ハザード動作時には点滅する仕様です。
axishazard01.JPG

AXISさんと何回かメールのやり取りをした上で、AX-HZ05VWを購入。
実車を良く調べないで購入するのはいつもの通り。大体いつも見切り発車です。

AX-HZ05VWの接続端子
・イルミ&点滅信号線
・ハザードスイッチ線
・アース

CLIOの車体側端子
・イルミ線(イルミ専用)
・点滅信号線(点滅信号専用)
・ハザードスイッチ線
・アース

つまりVW車は、暗くなってライトを付けるとイルミ線&点滅信号線にイルミ電源が通電されスイッチが点灯、ハザードスイッチと押すとイルミ信号が点滅信号に切り替わりスイッチが点滅します。一方でCLIOは、ライトを付けるとイルミ線にイルミ電源が通電しスイッチが点灯します。ハザードスイッチを押すと点滅信号線に点滅信号が流れスイッチが点滅します。この時、イルミ線にはイルミ電源が流れっぱなしです。恐らくこのイルミ線と点滅信号線は、ハザードスイッチ内部で何らかの処理がされていると思われます。

AX-HZ05VWにはイルミ&点滅信号線しかありませんから、CLIOのイルミ線と点滅信号線を何とかここに両方入れて、イルミ点灯&ハザード点滅を実現しなければなりません。最初に思い浮かんだのが、エーモンのフリップフロップリレー。これなら、ハザードスイッチの信号をトリガーにしてイルミ線と点滅信号線を切り替えることができます。しかしこれが廃版(^^;) 家に1個くらいあるだろうと探しまくりましたがありません。念のため量販店を4軒ハシゴしましたが、やはりありません。おまけにネットでももはや手に入りません。どうしよう〜

私は自分で電子回路を作ることができません。なので手持ちの部品でなんとかならないものか、道具箱を漁ります。結局、同じくエーモンのコンパクトリレーで何とかすることに。
axishazard03.jpg

このコンパクトリレーの信号線にCLIOの点滅信号を入力します。そして接点@には常時電源、接点Aにはイルミ電源を入力します。出力はAX-HZ05VWのイルミ&点滅信号線に繋ぎます。リレー信号なしのときは接点Aイルミ電源とAX-HZ05VWのイルミ&点滅信号線が接続されており、リレー信号ありのときは接点@常時電源がAX-HZ05VWのイルミ&点滅信号線に供給される仕組みです。これにより、ハザードON時には点滅信号によってリレーが連続でON/OFFされ、AX-HZ05VWのLEDが点滅します。ハザードOFF時にはイルミ電源が接続されますので、イルミON時にはAX-HZ05VWのLEDが点灯します。

さてさて実験。
ダメだー!!!
ライトを付けていないときはAX-HZ05VWのLEDが点滅して完璧なのですが、ライトを付けるとAX-HZ05VWのLEDがイルミ点灯と常時電源点灯を連続的に繰り返し、リレーがスイッチングする短い時間は人間の目に見えないので結局点灯し続けて見えます(笑) またこれは仕様でしょうが、点灯と点滅の明るさが同じなので、ハザードを使っていないときに明るすぎます。これじゃ眩しい。

またまた量販店へ。2軒目でエーモンの調光ユニットをゲット。
axishazard04.jpg

これをイルミ線に割り込ませて実験。てんこ盛りのエレクトロタップは実験用の仮なので(^^;)
axishazard02.JPG

ライトを付け、調光ユニットのダイヤルでAX-HZ05VWのLEDを適量まで暗くします。夜でもどこにあるか見える程度の眩しくない明るさにします。これで、ハザードOFF時の夜間照明も眩しくないし、ハザードON時も暗→明→暗→明で点滅して見えるようになりました。

とてもスマートではないやり方で、何かまずいところもあるかも知れませんが、取り敢えず所定の結果を得ることはできました。フリップフロップリレーが売っていればこんな苦労はしないで滅→明→滅→明になるんですが。。。

今日は実験だけで日没終了。明日配線をキレイに引いて、スイッチを嵌め込んで完成します。
posted by FCLIFE at 21:58| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月15日

首都高で思わずパチリ!

 
今日、仕事で首都高を走っていたら、高井戸から乗ってきたこのクルマ。
思わず嬉しくなってパチリ。

2011071501.JPG2011071502.JPG

こんな変態な(注:褒め言葉です)クルマは間違いなくルノーにしか作れませんね。

乗っていらっしゃったのは若者でしたが、IWANOFU名誉会長ご夫婦に是非乗って頂きたいクルマです。

「オープンエアー」というスイッチを押すと、サンルーフとサイドウインドウが同時に開いて、相当な開放感だそうですよ!!是非!!
posted by FCLIFE at 23:16| Comment(9) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月10日

momo ホーンボタンキット装着

 
先日入手したmomoのホーンボタンキット(Steering Plateとも言うらしい)。
今回はホーンボタンがカタツムリの角にならないように下向けに装着します。

まずはクルーズコントロールスイッチをボルトオンするために穴を開けます。5mmの厚さがありますが、アルミなので簡単に穴開け可能。4.1mmのボルト穴を開けました。
momoplate07.JPG

スイッチをボルトオンしてハーネスを接続してキット完成。
momoplate08.JPG

ボスとスペーサーの間に挟みます。
momoplate10.JPG

クイックリリーススペーサーUを装着。
momoplate11.JPG

完成。ホーンボタンは下側に来ました。右は以前のスイッチ。
momoplate12.JPGnardione07.JPG

厚みと、表面のヘアラインでなかなか質感高いと思います。
momoplate13.JPGmomoplate14.JPG
posted by FCLIFE at 22:11| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

CLIO ポーレンフィルター交換

 
梅雨が明けたらポーレンフィルター(エアコンフィルター)交換というのが習慣です。EOSは先日交換したので、今回はCLIO。CLIOはどこも外すことなく交換ができるので簡単。LHD車は右から、RHD車は左からセンターコンソール奥にあるポーレンフィルターを引っ張って抜きます。

clioairconfilter01.JPG

来てますね〜!!(笑)
clioairconfilter02.JPG
posted by FCLIFE at 17:53| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

ステアリングボルト交換

 
3ヶ月近く前に、いつもお世話になっているディーラーさんとは違うディーラーさんに立ち寄る用事があったので、そのときついでに発注したステアリングボルト。日本在庫なしとはいえ、さすがに2ヶ月も3ヶ月も掛かることはありえないので、その間何回か「まだ届きませんか?」コールをしていました。その度に「まだなんです。入荷しましたらご連絡いたします。」という回答。ちょっとしびれを切らしてこの前の木曜日に再び督促。不在だったので折り返しの電話を待っていたのですが、当日はおろか翌日になっても電話は来ません。翌日の夕方まで待ってこちらから電話。不在折り返し待ち。しばらくして掛かってきた電話の内容が、、、「実は手違いで発注しておりませんでした。」(核爆) さすがに温厚な私も少々切れました(反省) 「発注していなかった」ことにも腹が立ちましたが、それよりも何よりも「折り返しの電話をしてこない」ことに無性に腹が立ったのです。「なぜ電話をしてこなかったんですか?」と聞いたら、「今日は朝からバタバタしておりまして」ということでした(^^)/

でも、そのあと色々考えていて、「ちょっと待てよ。いくら何でも何回か督促しているのだから状況確認くらいはするだろうし、手違いで発注できてなかったのなら電話くらいしてくるだろう。ルノーのディーラーたるもの、そんなことを平気でするようなレベルじゃないはずなので、これは故意あるいは何らかの事情で私に部品を売れないのかもしれない。」と思うに至りました。もしかしたら発注するときの私の言葉遣いや態度が悪かったのかも、そのディーラーさんの顧客でもないし、なんてことをツラツラと考えてしまう出来事でした。。。いまも釈然としません。

さて、金曜日の夜に未発注が発覚してすぐ、いつもお世話になっているディーラーさんに電話で発注したら今日届きました(爆)

ステアリングボルトは整備書上は「1回限りの使用」となっています。私はステアリング交換の方法を色々と検討しているときに幾度となくボルトを緩めたり締めたりしているので、念のため交換しました。

交換前
steeringbolt01.JPG

部品
steeringbolt02.JPG

交換後
steeringbolt03.JPG

何か遠回りしましたが、これも勉強ですね。
posted by FCLIFE at 17:45| Comment(11) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月07日

momo ホーンボタンキット 2ボタンタイプ


ステアリングの前にカタツムリの目のように生えているSPARCOのホーンボタンキット
クリックリリーススペーサーUが2極式のホーンボタンに対応していないので、ボスとスペーサーの間に挟んで装着しています。
nardione07.JPG

でも、装着してから1回しか鳴らしたことがないのにカタツムリが目立ちすぎる(笑) こんな押しやすい場所にある必要もない。ということで、
クルーズコントロールスイッチとホーンボタンを同じ下側のステーに装着し、上部には目障りなものが何もない状態にしたいと思いました。

SPARCOのキットをそのまま使っても良いのですが、何となく今回はmomoのホーンボタンキットを購入。
http://www.momo-japan.jp/ に発注したら、商品はNANIWAYAさんから到着。どっちで注文しても同じなのね(笑)

パッケージだけ見たら、同じくイタリア品質か(笑)
momoplate01.JPG

でも開けてみてびっくり。SPARCOが2mm弱の厚みのアルミ板であるのに対して、momoは5mm厚くらいのアルミで、なかなか上質です。
momoplate02.JPG

スイッチの裏側は結線済みで、ハーネスは真下に出て、丸いカバーもついています。出っ張りが少なくてスマート。右はSPARCOのスイッチ裏。
momoplate03.JPGsteeringchange29.JPG

そしてスイッチ部はあらかじめホーンマークに成型されています。車検対策でシールを貼る必要はありません。
ただホーン以外の役割を充てるときには邪魔ですが。
momoplate04.JPG

5mmの厚みを利用してハーネスを通す切り欠きが設けられています。これは良い!!
momoplate05.JPG

ということで、同じような商品でも買ってみなければわかりませんね〜
5mmの厚みが許せれば、momoの方が良いと思います。

姉妹品として、こちらはカタツムリではなく何と言ったら良いのでしょうか(笑)
4ボタンタイプです。オーストラリアの通販サイトで見つけました。日本では見当たりません。
momoplate06.JPG

サクッと交換してしまいたいところですが、発注して2ヶ月半経ってもまだ到着しないステアリングセンターボルト(交換用)との
同時施工予定です。
posted by FCLIFE at 10:36| Comment(6) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月03日

カーボンストライプ修正

 
1週間前に施工したカーボンストライプ。
曲がっていたり、長さが左右でちがっていたり、スキージでこすりすぎて表面に筋が入っていたり。。。
ということで、結局6本中5本をやり直しました。
20thini13.JPG

GORDINIのストライプはパネルの端で寸止めされています(Javel!さん号)。
20thini18.JPG20thini19.JPG20thini20.JPG20thini21.JPG

その寸止めを忠実に再現しました。角の丸みは再現できません(^^;)
20thini14.JPG20thini15.JPG20thini16.JPG20thini17.JPG

3Mカーラッピングフィルムは強力に接着してはいますが、剥がすときは跡が残らず、フィルムというネーミングに違和感を感じるほどの適度な厚みもありますから、ちぎれることもなく、とても扱いやすいフィルムです。これなら何にでもうまく貼れそう。
posted by FCLIFE at 13:17| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th