2015年08月19日

その男、副署長も!!

ふとディーラーさんのブログを見ていたら、あの男、そう、その男、副署長がABARTH乗りに(^^)

【ご納車】ABARTH 595C 船越英一郎様

私が595Cを購入した同じ営業マンさんからのご購入でした(^^)

そして奥様の松居一代さんも赤い幌のFIAT 500C乗り。

ご夫婦で500の魅力に取り憑かれたんですね〜(笑)
posted by FCLIFE at 14:56| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2015年05月31日

やっぱり売れない

ABARTH世田谷に行ってきました。

本当に困った空間です。ほしいクルマがありすぎます。
6a238c0181.jpg

595ではないABARTH500、マニュアルACにMTがいいですね。
872e6c663b.jpg

こちらの限定車は色がたまりません。同じ限定車の500Cの方が更にオシャレ度半端なし。ツインエアだったら垂涎もの(ただしツインエアに乗ったことなし、、、笑)
7e3f6073dc.jpg

595Cの12ヶ月点検をお願いしました。
オイル&フィルター、ワイパーブレード(PIAA撥水)、ポーレンフィルターを交換しました。

家に帰って次男の運転で夕食へ。「このクルマ見たの3回目」らしいです(^^;) 本当に家族?
0ccae7c665.jpg

一時はこれを処分しておベンツに乗り換えなんて考えていましたがやめました。
やっぱり売れない、カワイすぎます。
40c0b1fe06.jpg
posted by FCLIFE at 19:11| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2015年05月30日

イスのお嫁入り

先日595Cから取り外したRECARO CROSS SPORTSTERがお嫁入りしました。

一つはトランクに
0cb3c9f802.jpg

もうひとつはここに(笑)
7f737c1c02.jpg

このオープンカーの収納力にはビックリ(^^)
posted by FCLIFE at 18:44| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2015年05月25日

595C 標準シートに戻る!

天気予報がはずれ好天になった日曜日、朝起きたらなぜか俄然やる気になり、
595CのRECARO CROSS SPORTSTERをノーマルシートに戻しました。
bc8c1f09ed.jpg

運転席側がまず完了。シートベルトバックルをもとに戻すのに少しだけ手間取りましたが、
サイドエアバッグ抵抗を外して元通り。
e9dbf670bb.jpg

助手席側の交換作業をしていたら、「こんにちは!」と来客があり。てっきり宅配便の方か選挙応援の方か宗教関係の方だと思ったら、VW EOSのときから仲良くしていただいている赤BORAさんと稲城の丘の青GTIさんが目の前に立っていらっしゃってビックリ。無理矢理smart EVに試乗していただきました(笑)

両方完成(^^) ベルトサポート「らくらく君」も取り外し、シートベルトおよびアンカー部の反転も元に戻しました。
aca4f6a449.jpg

エアバッグ関係のエラー、シートベルト警告、助手席シートセンサーの作動を確認してOK
eb7556f292.jpg

外したRECARO CROSS SPORTSTER、相当な美品でございます。
ed26cf85e0.jpg

付属品もバッチリ(^^)
bb7107e09b.jpg

なおこのシートはいち早くFacebookを確認したお友達から予約いただいています(笑)

さてノーマルシートに戻して数十キロ走る用事があったのですが、、、腰が痛いです(^^;)
いかにCROSS SPORTSTERの座り心地が良かったのか、よ〜くわかりました。
サイドサポートも足りないですね、見かけは悪くないのですが。。。

シートヒーターも無くなってしまったので、冬までにはこのクルマも処分対象でしょうか。
あくまで未定ではありますが。。。気が変わる可能性はかなり高いです(乗るたびに「いいクルマだな〜」と思うので。。。椅子と遠いステアリングを除いて)
posted by FCLIFE at 13:08| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2015年04月02日

見納め

この先ちょっとお天気が悪くなるそうで。

見納めということで仕事の途中で一時停止(^^)
d6d36088cf.jpg

最近、プチ595Cブームです。
posted by FCLIFE at 20:41| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2015年04月01日

長い棒の方がいい

ABARTH 595Cでこれだけは納得できないこと、それは。。。

ABARTH COMPETIZIONE(5速シーケンシャルトランスミッション)
f2e7c51244.jpg

ここのボタンは単に前後進・ニュートラル・オート/マニュアルを切り替えるのみで変速操作をすることはできません。

変速操作はこちらで行います。
0a4ead2c7d.jpg

しかしこのパドル、ただでさえ遠いステアリングホイールの更に向こう側についていて遠いことこの上なし。しかもステアリングと一緒にクルクル回るので行方不明になって操作できません(>_<)

従って結局オートモードでしか乗らなくなるのですが、オートだと変速タイミングがノーマル・スポーツの2種類しかなく、ノーマルは燃費重視でポンポン変速し、スポーツはそこそこ引っぱります。普段街で乗るときの変速タイミングはノーマルでワタシ的にはドンピシャですが、出力的にはハイパワー・ハイトルクのスポーツモードで常に乗りたい、しかしスポーツモードにすると街中でも不必要に引っぱってしまう。つまり自分の思い通りに運転できないわけです。(更に細かい問題として、オートモード時にパドル操作してもオートモードが解除されないのも不満ですが)

変速スピードもスムーズさも素晴らしいミッションだけに何とももったいない!!

そんな中、先日FIAT500の1200NAデュアロジック車を初めて運転しました。非力なエンジンなりに、これが何とも楽しいのです。その理由はズバリこの「棒」(^^)
3560f3bd7f.jpg

常に同じ位置にあって当然ながらブラインドで操作できますし、自然に手が届く場所にあります。この「棒」を駆使して、シフトアップのみ自分の好きなタイミングで行い、シフトダウンは面倒なので機械任せ(マニュアルモードでもシフトダウンは自動でしてくれます)。これがとっても楽しくてしかも楽ちんなのです。

これをウチのABARTHでできればどんなに楽しいだろう!!
ABARTHのスイッチ部をFIAT500のデュアロジック操作部に換装することができれば最高(^^)/

これから時間を掛けて調査するつもりですが、この換装の可不可について情報お持ちの方がいらっしゃれば是非教えてください〜m(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:34| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年11月20日

リヒター チルト・スイベル・マウント HR-1536

595Cにだけ携帯電話ホルダーがなく、最近乗る機会が多いので不便に感じてきました。

有名なPROCLIPのFIAT/ABARTH500用はエアコン送風口装着とAピラー装着の2種類ありますが、どちらもスマートさに欠けます。アメリカのPANAVISEやイギリスのDASHMOUNTも調べましたがシフトパネル脇に設置するタイプで脚が接触する可能性あり。

結局いつものチルト・スイベル・マウント HR-1536をダッシュパネルに接着し、リヒター・ミニ・グリッパー 6を装着しました。パネルはほとんどの部分が曲面なので装着場所の割り出しには少々苦慮しました。ほぼココしかないでしょう。
関連情報URL : http://richter.jp/holders/1536.shtml

p1.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

リヒター・ミニ・グリッパー 6 HR-1245/46

リヒター・ミニ・グリッパー 6 HR-1245/46
リヒター・チルト・スイベル・マウント HR-1536を両面テープで固定した上でミニグリッパー6を装着しました。
関連情報URL : http://richter.jp/holders/1245.shtml

p1.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年10月12日

ABARTH 595Cはすごい!

今日は595C納車以来初めてワインディングを走らせてみました。

伊豆中央道から大瀬崎経由土肥に向かいます。
c3f86b7a82.jpg

595Cは嫁車なのでほとんど乗りません。500をベースにチューニングしてあるということでちょっとなめてましたが。。速い!!速すぎる!!
22dcf4dd79.jpg

CLIO RSほど固いサスじゃないのに最小のロールで曲がる曲がる。小さなボディに265Nmのトルク(ドーピング済み)でどこからでも強烈な加速、ブレーキ(ブレンボ)も強力。更にその走りをオープンで楽しめる。大いに見直しました。このクルマすごすぎます(^^)

松崎を経由しいつものカフェに到着。
78e9bf9f4f.jpg

カフェをあとにし、仁科峠〜西伊豆スカイラインをほぼオールクリアで走り抜けました。このクルマ、CLIO3 RSより確実に速いですね、楽しすぎます。RECAROが効いていて揺すぶられなくて快適と嫁が言ってました。いや〜クルマって楽しすぎますね〜
2985ba5668.jpg
posted by FCLIFE at 22:20| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年09月13日

屋根あき最高の秋

両サイドのメンバーが残ってしまうキャンバストップの宿命で前席での開放感はイマイチの595Cですが、後席での開放感は抜群です。
53436b7ffc.jpg

風で頭はハゲ散らかしますが、それでもサイコーに気持ちよいです。
a2a93fa50b.jpg

なのでTWINGOもパノラマファブリックルーフは絶対に必須。
65d97be1c3.jpg

明日は久しぶりにセブンの出番です。
posted by FCLIFE at 18:53| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年09月10日

新車初回点検〜とんだ勘違い

最近は新車初回点検を設けているメーカー・ディーラーも少なくなって来ました。
昨今のクルマは初期の段階で不具合が出たりオイルが汚れたりすることもないのでしょう。

ここ数年内に新車で買ったクルマでは、シトロエンとスマートは無し、ロータスとケータハムとアバルトは有り。これは何らかの傾向を表すのでしょうか(笑)

とはいえ、595Cに気になる不具合は何もなし。懸案だったドライビングポジションも、レカロの座面をできるところまで高く設置し、足は少し窮屈ですがなるべく前方にスライドしてアップライトに座ることにより、何とかペダルを踏む角度やステアリングアプローチに妥協できる点を見いだしました。最善ではありませんが何とかなりそうです。

c52fdac11c.jpg

新車初回点検にあわせてエンジンオイルとミッションオイルを交換。リコール作業(ステアリングシャフトとアクセルハーネスが接触しないように固定)もついでにやっていただきました。

4c8e0c1ff9.jpg

さて1.5時間ほどで点検は終わり、洗車もしてもらってカラフルなディーラーさんをあとに。久しぶりに湿度が下がって気持ちの良い陽気だったのでルーフ全開でドライブ。

しばらくして、「ずいぶん勇ましい音のマフラー付けたクルマが追いかけてくるな〜」と思い、注意してサイドミラーを確認するも(オープン時はたたんだ幌で後ろが見られないので)、ヤンキー車は見当たらず。不思議だな〜などと思いしばらく走っていましたが、ようやく気がつきました。自分のクルマのマフラー音でした(^^;)

梅雨や酷暑、その後の天候不順で屋根を開けて走る機会がなく、自分のクルマの排気音をストレートに聞いたことがなかったのでした。また、その音がクルマの可愛らしさや小さなエンジンとは不釣り合いに野太い音なので、にわかに自分のクルマとは結びつかず(^^;)

この子供っぽい音の演出に少々恥ずかしくなって大人しく走って帰ってきましたが、この辺もこのクルマのオモチャ感の醸成に一役買っているのかも知れません。いちおうノーマルマフラーなんですけど(^^;)

(備忘)
新車初回点検 2991km
・SELENIA ABARTH 10W50(純正エンジンオイル) 3.5L
・オイルフィルター
・ドレンシール
・トランスミッションオイル 2L
・リコール作業
posted by FCLIFE at 14:37| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年08月28日

(続々)ブーストメーター移設キット  TREDWORKS編

ほとんどの方に興味のないこのシリーズ(笑)

こんなのを見つけてしまいました(>_<)

8/25 発売
TREDWORKS
ABARTHブースト計移設キット
品番: AB-BO-01(意匠登録申請中)

移設する場所もスゴイですが、お値段もスゴイ(^^;)
メーターフードにビス留めなので戻したければパーツを買い直す必要あり。
そしてダッシュに残った穴に「小物ケース」を突っ込むのがちょっと。。。
税別68,000円也

そしてーーーーーーーーーー来た〜

8/25 発売
TREDWORKS
ABARTHスポーツモードインジケーターキット
品番: AB-SI-01

こちらはブースト計を撤去してスポーツモードインジケータのみ追加するタイプ。
考え方は私の希望通り。

しか〜し、撤去した後の穴に「小物ケース」を突っ込むのは上と同じ。
そして寂寥感満載の「S」が光る追加インジケータをメーターフードに穴開け取り付け。。。
(まあこれは他の目立たないところに付ける手はありますが)

それにしてもスポーツモードON・OFFの検知はCANから信号取らないとできないのか(>_<)
苦労の跡は大いに窺えるキットです。
posted by FCLIFE at 16:24| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年08月27日

(続)ブーストメーター移設キット THREE HUNDRED編2

ABARTH500のブーストメーター移設キット、エアコン送風口の丸いタイプの2DINパネルに対応するキットが新たに設定されました。

なかなか対応が早いですね〜(^^)

このタイプの2DINパネルです。
984972f368.jpg
posted by FCLIFE at 22:34| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年08月16日

ブーストメーター移設キット THREE HUNDRED編

やっとでた「THREE HUNDRED ブーストメーター移設キット

なかなか力の入った商品だと思います。コンセプトは以前REDPOINTさんで出されていた商品と同じですが、より良いフィッティングと違和感の少なさに好感が持てます。

しかし〜、なぜカーボン柄ですか??私の595C、車内のどこにもカーボン柄ないんですけど(-_-)

それと〜、ほぼ定番と言ってもよいこの(↓)2DINパネルだと干渉するのでは??
d05804941d.jpg

干渉しないかもしれないし多少の加工で行けるのかもしれませんが、ディーラーで大々的に販売していて装着率の高いこの2DINパネルとの互換性を明示しないのはちょっとアレですね(-_-)

というか、ブースト計なんて運転に何の必要もないわけで(ECUチューンした前後に多少確認する程度)、移設したとしてもこんなにドライバーに近くて目立つ位置に置く必要はなく、、、やはりブースト計撤去&SPORTモードインジケータのみの商品の登場を待つのみです。

(追記)エアコン送風口の丸いタイプの2DINキットに対応するモデルも設定されました。
posted by FCLIFE at 16:02| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年07月29日

80年代に死滅したドライビングポジション(笑)

アバルト/フィアット500の遠いステアリングについて、長いボスを付けてステアリングを交換する以外に解決策はないものかと検索していたら海外サイトで面白い記事をみつけました。

We were disappointed with the driving position -- as in the normal 500, the seats are too tall and unsupportive for spirited driving, and the steering wheel is too far away in relation to the pedal placement. It's the classic Italian long-armed, short-legged driving position we thought died in the '80s. A telescoping steering column, not available in the 500, is needed to overcome it.

我々はドライビングポジションに失望した。ノーマルの500で本気で走るにはシートが高すぎ背もたれが立ちすぎている。そしてペダルの位置に較べてステアリングホイールが遠すぎる。これは80年代に死滅したと思われた手長短足のクラシックなイタリアンドライビングポジションじゃないか。これを解決するにはステアリングのテレスコ機能が必須だが、残念ながら500には用意されていない。

外人にも合わんのかい?!! いったい誰に合わせたんや〜(笑)
まあこの記者がイタリア人じゃないからかも知れませんが(爆)

29be4f3321.jpg

大抵のことは「愛嬌」で済ませられるこのクルマですが、、、
ステアリングの遠さだけは本質的に困ったことです。
せめて5センチ、できれば8〜10センチ。。。
posted by FCLIFE at 15:29| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年07月25日

フィアット/アバルト500シリーズ純正部品?!

いや〜、暑が夏いですね〜

そんな猛暑の中、助手席着座センサーのやり直し。助手席に誰が座っても検知してくれないのです(笑) どんなロジックで助手席エアバッグが開くのかわからない以上、この辺りの動きは純正と同一にしておかなければいけません。大汗かきながら椅子を外して座面を外して革を剥いで。。。

位置をお尻寄りに変更したら無事検知するようになりました(^^)
ce6ff36f98.jpg

次に595C最後のお仕事、シートベルトが引き出しにくい問題の解決。
こんな感じでとっても引き出しにくいのです。
d6ef5448ea.jpg

詳しくはパーツレビューに書きましたがジムニー用アフターパーツの登場(^^)
ea4f947ca5.jpg

これをドライヤーでまっすぐに修正し(私の車体とシートの組み合わせの場合)、カラーがちょうど入るように穴径を20mmに拡げました。穴を拡げずにカラーと内装の間に挟んでしまうこともできますがベルトがスムーズに戻るためにはこの部分が動くことが大事です。
44c51fd5de.jpg

ベルト中継部もサポートもカラーにより自由に動きます。
00c680bc1e.jpg

運転席側@
e49fc08ab7.jpg

運転席側A
c6c0edec6c.jpg

助手席側@
bddadaa7d0.jpg

助手席側A
e697fad45d.jpg

肩の部分がねじれるのでバックルを反転し、そうすると腰部のベルトがねじれるので先人の皆様のお知恵を拝借して車体アンカー部を反転してねじれを解消しています。写真の赤部分をサンダーで削る方法です。
3709ff6242.jpg

ということで完成(^^)
2192c34f09.jpg

いや〜、500用純正部品?って思うほどの適合性だと思います。ねじれもなくなってとても快適(^^)
多少の加工は必要ですが難しくないのでRECARO等お使いの方にオススメです。

末筆ですが車体アンカー部反転テクニックをみんカラに公開いただいた先人の皆様に感謝申しあげますm(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:27| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

SUZY SPORTS / スージースポーツ シートベルトサポート らくらく君

ABARTH595CのシートをRECARO SPORTSTERに交換したらシートベルトが非常に引き出しにくくなりました。最初はシート側に装着するガイド類を探していたのですが、ネットを徘徊するとジムニー用のパーツで使えそうなものが。通販サイトに行くとレビューにABARTH500で使いましたという書き込みがあり、これだ!と思って購入しました。
私のシートの場合、サポートが内側に曲がっているとシートと接触するのでドライヤーで熱してまっすぐに修正しています。また装着する箇所のカラーに合わせて穴を20mmに拡大しました。肩の部分でベルトがねじれるのでバックルを反転し、先人の皆様のお知恵を拝借して車体アンカー部も反転することにより、バックル反転によるねじれを解消しました。
まさにシートを交換したフィアット/アバルト500のためにあるような商品で使い勝手は完璧です。シートベルトの戻りもまったく問題なくスムーズに戻っていきます。
運転席用として売られていますが運転席・助手席の両方に使用しています。

p1.jpgp2.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

2014年07月19日

595C スピーカー他交換終了

グランドノートさんですべての工程が終わり、595Cが今日帰ってきました。

このドアが、
1676e74b6c.jpg

剥がされ、
5a28414dbd.jpg

こうなりました。
5c332b5f61.jpg

ミッドバスのバッフルはワンオフで、
9df31b2a5d.jpg

こんな感じになりました。FOCALのPS165FXです。内張を戻せば見えません。
4eb5249115.jpg

ツイーターも乗員側に向かって角度が付いている純正位置に、
90e5cfca6c.jpg

ほぼ無加工でスッポリ入るようです。フタをすれば見えません(^^)
f328142dd9.jpg

裏側から。
43fca21f5a.jpg

内張も、
fb3c7134c6.jpg

こうなって内張から出る音がなくなりました(^^)
146f67e76b.jpg

ここはシートの下ですが、
92d6a4e916.jpg

ワンオフカバーの下にネットワークがあります。
98a1a1d8b9.jpg

フロントラインをミッドバスへ、リアラインをツイーターへバイアンプ接続しました。フェーダーを中央にして様子見中です。すでに純正とは較べるべくもありません。まだミッドバスがこれから鳴ってくる段階なのでツイーター勝ちですがエイジングが進んでいくのが楽しみです(^^)

ちなみに純正はありがちなこんな感じです。
2b199a7d72.jpg

シートヒーターの電源をバッ直で敷設していただきます。
a9995ce4a2.jpg

助手席奥の手の届く位置にヒューズが出るように配線、気配りが嬉しいです。
62bea321b8.jpg

コルゲートチューブでバッチリ(^^)
655cf996ca.jpg

PIONEERのナビと連動しないPANASONICのETCをディーラーに勝手につけられてしまいましたが、めでたくPIONEERのETCに交換して連動するようになりました。音声・文字・カードインジケータすべてナビで確認できるのでアンテナはガラス貼り付けではなくルームランプ部に隠しました。
085d2f223f.jpg

こちらもディーラーで装着したバックカメラ
b58a2f54ea.jpg

埋め込んでいただきました(^^)
506fc5dd21.jpg

帰宅後、問題のあったシートポジションの最終調整に入ります。

静音計画のおなじみ商品をシム代わりに使いますがメーカーが想定する使用方法ではないのでご注意を。
7ab57cd6ca.jpg

今回は純正シートとRECAROシートを実測比較しながら、なるべく純正シートのポジションに近づけるよう調整しました。結局は後ろ3(一番高い)、前2(中間)とし、後ろに2mmシムを1枚追加(ボルトの長さの制限で1枚しか追加できない)、前はもともと入っている5mmシムを抜いて2mmシムを3枚入れました。本当は後ろをもっと上げて、前もあと少し上げたいのですがこれが限界です。あとは慣れですね〜
d341d875ed.jpg

さてほぼ終了しましたが、シートをRECAROに換えたことでシートベルトを引き出しにくいと家内からクレームが入っています。これを解決したら終わりです(^^)
posted by FCLIFE at 18:56| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

PIONEER / carrozzeria ND-ETC6

ナビがPIONEERなのになぜかETCはナビと連動しないPANASONIC製を付けられてしまった595C。「連動するやつ」と指定しなかった私が悪いとあきらめ(笑)、PIONEERに付け替えました。ナビから音声が聞こえてカード挿入・未挿入もナビ画面で確認できるのでアンテナはルームランプ部に隠してもらいました。

p1.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo

FOCAL PS165FX

フロントラインをミッドバスへ、リアラインをツイーターへバイアンプ接続しました。フェーダーを中央にして様子見中です。すでに純正とは較べるべくもありません。まだミッドバスがこれから鳴ってくる段階なのでツイーター勝ちですがエイジングが進んでいくのが楽しみです。ツイーター、ミッドバスともに純正位置に装着。ツイータースペースはもともと角度が付けられていてなかなかグッド。ほぼ無加工でスッポリ収まったようです。

p1.jpgp2.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo