2014年11月01日

ルーテシアのナビをどこにつけるか

今日はポリッシュファクトリーさんでトゥルントゥルンになったルーテシアを引き取って来ました。
同じ日の引き渡しになったIWANOFUさんと、送迎役のTさんとで環八をしばし並走(^^)
fadf71efd6.jpg

帰宅後、さっそくインパネの邪魔なものを外します、勝手知ったるナンタラで(笑)
107c8f787c.jpg

今回は中央エアコン送風口を利用して取り付けます。
177214f1a3.jpg

見えない部分に切り欠きをつくります(へたくそデスが)。
ea8102722a.jpg

切り欠きをつくった延長線上を平らにします(ファスナー2箇所切除)。
79f92b5bf2.jpg

そこに金属のステーを超強力両面テープで固定。なぜ左右2枚かというと、中央にある送風口の固定フック(赤マル)とダクト開閉メカ部分の穴(赤シカク)を避けるためです。
ea2468faf4.jpg

先日買っておいたユピテルYPB550をステーに貼り付けるとできあがり。もちろん角度は調整済み。
007647186a.jpg

後ろから見るとこんな感じで、電源はダクト開閉メカ部分から下に逃がします。
9ecfcdb8f7.jpg

これをガチャンと元通りにはめ込むとこんな感じに。
c71658ec46.jpg

送風口の可動フィンにギリギリ接触しない最下位置にナビがあります。
8c515b687c.jpg

背後には時間や外気温、オーディオ用のディスプレイがあります。半分くらいはナビと被っていますが、運転席からも助手席からも頭を少し動かせば容易に全体を視認できます。ナビもとても見やすい位置でタッチパネル操作も快適です。
cd4c8456bf.jpg

まだ電源が仮組みなので、明日オーディオ等の取り付けとあわせて完成させたいと思います。
posted by FCLIFE at 18:16| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

2014年10月22日

LUTECIA EXPRESSION MT納車

冷たい雨の降る中、はるばる福岡よりLUTECIA EXPRESSION MTが納車されました。

1500kmを僅かに切る距離で納車です。内外装にはオーナーがいた形跡が感じられません。
7fe09f777f.jpg

唯一、サイドバイザーが追加装備されていましたが景観を損なうので外しました。
6dcdc718ef.jpg

ルーテシアVのデザインを一言で表すと「クリーン」という単語が思い浮かびます。
aa8dc94380.jpg

自動車検査登録事務所で移転登録。たった40台ですから都税事務所の取得税データベースに登録されていません。新車定価を調べて減価償却を計算して10分くらいかかったでしょうか。

ナンバーはCLIO RS 20thのシリアルを復活させました(^^)
119f55d715.jpg

いつものタイヤ館で230/210kPa(規定は220/200)で窒素充填
ba39180046.jpg

タイヤはMICHELIN ENERGY SAVER、185/60R15、アルミもピカピカ(^^)
f67a35264c.jpg

このクルマの特徴的な装備は4ドアなのに2個しかないPWスイッチ(^^;)
590157fd3a.jpg

従って後席はMPW(Man Power Window)
86bed47ed7.jpg

しかも前席PWは両方ともワンタッチ機能がありません(ちょいと不便)。でもこの廉価版の良いところはPWスイッチ後方に凹みがあってドア開閉の際に指を掛けられることです(^^)

そして、私の記憶が正しければRSを除くルーテシアのクルーズコントロールはATのみに設定されていたはず。もしかしたらMT+クルコンの素ルーテシアはこのエクスプレッションMTの40台だけかも。
7de15d575b.jpg

ということで今日は諸手続で40kmほど走りましたが、いいですね〜このクルマ。

Phase1のルーテシアATは代車でイヤというほど乗ったのですが、騒がしいし乗り心地悪いし例のATだし、とても自分で買おうとは思いませんでした。それに較べるととても静かで乗り心地もまろやかになっています。そして何よりMTで好きなように走れるのが良いですね。左右違うとはいえインパネが同じなのでついついRSに乗っている錯覚に陥って各種操作をすると前に進まなくて面食らいますが(笑)、きちんと各ギアで引っ張ってやるとそこそこ走ります。脚もしっかりルノーしていて思わずにやけてしまいました。

私が通勤に独占してしまいそう(笑)
27133106fa.jpg
posted by FCLIFE at 16:51| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

Motor-Technik ナンバープレート・ビスセット

いつものLe Garage(ル・ガラージュ)さんのビスセット。フロント2本はショート、リア1本はロングを使いました。

p1.jpgp2.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

ルノー ルーテシア エクスプレッションMT

ルノー ルーテシア エクスプレッションMT。ルーテシアV最末期の2013年登録、3色限定40台が販売されました。1160kgに対して1.6L(112ps/15.4kgm)、タイヤは185/60R15ととても癒やし系ですが、Phase2になってからの素のルーテシアはとても遭遇機会が少なく、こんな普通なクルマにワクワクしています(^^)

グレード エクスプレッションMT_RHD(MT_1.6)
型式 ABA-RK4MC
所有期間 2014/10/22 〜

p1.jpgp2.jpgp3.jpgp4.jpgp5.jpgp6.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

2014年10月20日

書類だけ先行到着

クルマは現在長距離陸送中ですが取説等の書類だけ先に届きました。
786bec7f92.jpg

ルノー大阪城が出元でした。

さて、MEGANE2とGRANSCENICは正規輸入車でしたがカードキーだったのでこの変なリモコン(コブラ)はありませんでした。CLIO RS 20thも並行輸入車だったのでコブラなし、GORDINIもEASY ACCESS & PUSH STARTのカードキーなのでコブラなし。

ということでコブラ初体験ですが、なんじゃコレ的なデザインで持ち歩くのも憚られますね(*_*)
 
対策必要です。
posted by FCLIFE at 12:01| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

2014年10月14日

LUTECIA EXPRESSION MT

FOCUS ST170に代わって我が家にやってくるクルマを少々ご紹介します。

ルノー ルーテシア エクスプレッションMT
7c29f81b8c.jpg

このクルマは、クリオ/ルーテシアVの最末期、すでにWが正式に発表されたあとの2012年10月29日に日本で発売されたVの最終モデルになります。

グリ・カシオペM、ブラン・グラシエ、ブルー・マリーン・フュメの3色合計40台が販売されました。
608ef6e032.jpg

我が家にやってくるのはブラン・グラシエです。
771e342e0f.jpg

今回の選択基準は下記の通りでした。

・MT
・5人乗り
・右ハンドル
・正規輸入車
・屋根が開く

この条件に適合する唯一のクルマが「DS3 CABRIO」でしたが、息子二人から徴収している月賦(笑)に価格が見合わないのと、PSAに気が乗らないので却下。

そんな折、2013年初度登録で極低走行のルーテシア・エクスプレッションMTが目に止まり、即交渉。とても話がわかるクルマ屋さんで、私が自分で移転登録する条件で車両本体価格の値引と諸費用ゼロ(福岡からの陸送のみ実費)を提示してくださいました。ほぼ業販(笑)

似たような限定車で「ルーテシアS」が2011年に30台販売されましたが、それに較べるとフルオートエアコン・オートクルーズ・オートライト・オートワイパーのオート4兄弟(笑)が追加装備されています。一方でサイドミラーに電動格納機能がなく、後席がマニュアルウィンドウ、ESP未装備と割り切った部分もあります。ホイールがSの16インチではなく15インチ(アルミ)なのはとても好ましい仕様です(^^)

車重1160kgに対して、ルノーおなじみの1.6リッター(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)、タイヤも185/60R15と、とても癒やし系ですが、Phase2になってからの素のルーテシアはとても遭遇機会が少なく、こんな普通なクルマに年甲斐もなくワクワクしています(^^) 屋根は全く開きませんが(笑)
posted by FCLIFE at 16:55| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

2009年11月26日

ルノー ルーテシア イニシアル・パリ

 
私が以前乗っていたメガーヌは、うちの社員が引き継いで乗ってくれています。その社員がディーラーに点検に出して借りてきた代車がルーテシア イニシアル・パリ。ルーテシアのフル装備最上級グレードです。

ポップな色の方が似合いそうですね。
lutecia01.JPGlutecia02.JPGlutecia03.JPG

内装はルノーそのもの。色んなところにルノーならではのデザインが見られます。リアルウッドの装飾はイニシアル・パリのみの装備。エアコン吹出口もオシャレです。
lutecia04.JPGlutecia05.JPGlutecia06.JPGlutecia07.JPG

シートは本革が標準。これはファブリックの方が車に合ってるかな。。
lutecia08.JPGlutecia09.JPG

装備はフランス流のフル装備。オートライト、オートワイパー、オートクルーズ(メガーヌやグランセニックには未装備)、マルチファンクションディスプレイ、ダブルサンルーフ、オーディオサテライトスイッチなどなど。パドルシフトは4ATでどうやって使うんでしょう(笑)
lutecia10.JPG

さて、肝心の走りですが。。。古い1600ccのガソリンエンジンに、独特の変速パターンをもつ4AT、タッチに神経を使うブレーキペダル、ゴムをねじるようなステアリングフィール、アイドリング時でもうるさいエンジン音と振動など、現行車なのに少々古さを感じてしまいました。メガーヌやグランセニックのような重厚感はなく、軽い感じなのですが、ひょこひょこ動いて揺すぶられる。ん〜ルノーらしくないな。。。色々と迷っている時期の作なのでしょうか。デザインは良いのですが、これでは買わないかな〜。ご贔屓だからこそ厳しい評価となってしまいました。
posted by FCLIFE at 12:46| Comment(3) | RENAULT Lutecia MT