2007年08月27日

リファレンスCD購入しました

 
JCEA(日本カーエレクトロニクス協会)なる団体が販売しているAUDIO REFERENCE DISCなるものを購入してみました。JCEAサウンドコンテストの審査にも使用しているようです(そのコンテストを私は知りませんが)。

詳しくはhttp://www.jcea.net/cd/jcea_CD.htmlやそのリンクを参照いただきたいのですが、オーディオセッティングに便利な各種信号音(絶対無音を含む)が収録されていると同時に、かなりの高音質で聞き所のある審査曲が収録されているようです。

私の目的はこの審査曲の方でして、録音が良いと保証されている曲を鳴らしたときにどのように聞こえるかを、パサート(2wayイタリア製スピーカーブランド不明)、EOS(ELAC+a/d/s)、メガーヌ(2way恐らく純正)で鳴らしたときにどのように違って聞こえるかを試してみるということです。

JCEA CAR AUDIO REFERENCE DISCの#1 SPRINGは既に販売されていないのでヤフオクで新同品をゲット、#2 SUMMERはJCEAのサイトで購入しました。

早速#1 SPRINGをEOSで鳴らしてみましたが、収録されている楽曲は、クラシック、ジャズ、ラテン、ポップス、ボーカル、竹楽器など多岐に亘り、鳴らしどころというか聞き所が満載で非常に高音質です。それぞれの曲毎に採点ポイントが解説されていて、どの方向から何の音が聞こえてくればOKだとか、どのように聞こえればOKだとか、何の楽器がどんな音を出せばOKとか、臨場感がどうとか広がり感がどうとかいうことが書かれています。評価のためのシートもついています。が、素人は比較する耳を持ちませんので正直評価不能です。パサートやメガーヌと聞き比べてみて初めて何らかの評価ができるかも知れません。

評価云々よりも、オーディオ的に鳴らしどころ満載の高音質な楽曲ばかりが収録されているオムニバスCDとして価値があると思います。

CD_JCEA.JPG
posted by FCLIFE at 19:19| Comment(0) | 音楽