2011年01月08日

schola 坂本龍一 音楽の学校


1月3日〜4日にかけて全12回一斉再放送された「schola 坂本龍一 音楽の学校」を録画して見ました。
虫食い的には見ていましたが、全12回を全部見ることができてスッキリ。

バッハ編全4回は、自分も昔ピアノで少しかじっていますし、今は娘が練習しています。クラシックの中でも一番好きな作曲家。
ジャズ編全4回は、いま一番聴いている時間が長いジャズの生い立ちや変遷を勉強し直すことができました。
一番面白かったのはドラムズ&ベース編全4回。ゲストとして、細野晴臣と高橋幸宏が出てきて、トラムズ&ベースについて語ります。私が大好きな音楽もたくさん登場し、初期のstaxを支えたBooker T. & the M.G.'sのAl Jacksonや、Al Green、The Staple Singersなどが取り上げられたのがとても嬉しかったです。

バッハ編に因んで、CDをTSUTAYA DISCASしてみました。
reference11.jpg

グレン・グールド 坂本龍一セレクション バッハ編

さて、選曲はとても素晴らしいのですが、S/Nが悪い録音が多く、たまにノイズが低いものが入っている(それとて標準を下回るS/N)くらい。全編通じて聴くにはとても忍耐が必要です。そして、これはグレン・グールドだから仕方がないのですが、唱いながら弾いている声や、ペダルを踏む音、椅子の軋み音などが、結構入っています。これを味と捉えるかどうか。。。クラシックの良音選びは難しいですね。
posted by FCLIFE at 12:20| Comment(0) | 音楽

2011年01月04日

最近の拡充

 
最近の拡充
reference10.jpg

小沼ようすけ − The Three Primary Colors
garp − garp2
Igor Prochazka Trio − Easy Route
Igor Prochazka Trio − Bumpy

以上、上段4枚は九州大分方面より。本当にいつもありがとうございますm(_ _)m
Igor Prochazka Trioはシンプルなピアノトリオで、聴いていてとても安らぎます。

L.A.4 − Executive Suite
L.A.4 − Zaca
Marcus Miller − Silver Rain
Marcus Miller − The Sun Don't Lie(邦題:ザ・キング・イズ・ゴーン)

下段4枚は、最近はまっているL.A.4とMarcus Miller。Marcus Millerはこれで終わり。L.A.4はあと3枚が到着待ち。依然としてはずれなしです。
posted by FCLIFE at 15:24| Comment(2) | 音楽

2010年12月26日

今日の拡充

 
今日はTSUTAYA DISCASから仕入

reference09.jpg

Sarah Vaughan − Crazy and Mixed Up(XRCD24)

またまたTSUTAYAからXRCD24盤をゲット。
先日借りたSarah Vaughanのベスト版は、年代なりのS/Nで今ひとつだったのですが、こちらはかなり頑張っています。ところどころ、鳥肌が立つようなSarah Vaughanのボーカルに唸ってしまいました。
posted by FCLIFE at 14:57| Comment(0) | 音楽

2010年12月25日

今日の拡充

 
今日はAMAZONからL.A.4が3枚。

reference08.JPG

L.A.4 − 家路(Going Home)
L.A.4 − Watch What Happens
L.A.4 − Live at Montreux - Summer 1979

家路は新品同様の中古CDをゲット。あとの2枚はTwo By Fourという名前で安くセット販売されているものをゲット。これで、Pavane Pour Une Infante Defunte(亡き王女のためのパヴァーヌ)/Just Friends(XRCD24)と合わせて5枚手にしたのですが、ハズレは1枚もなし。ただしTwo By Fourの2枚は、他のアルバムに比べると「普通」かも知れません。他のがすごすぎるのですが。
posted by FCLIFE at 19:15| Comment(5) | 音楽

2010年12月22日

今日の拡充

 
今日の拡充はTSUTAYA DISCASから2枚。

reference07.JPG

L.A.4 − Just Friends(XRCD24)
Seawind − REUNION(Blu-spec CD)

今回、色々と集めている良質音源の中で、私が気に入ったのは、
・L.A.4
・Ann Sally
・Marcus Miller
・Corinne Bailey Rae
で、中でもL.A.4はダントツでストライクゾーンど真ん中。

とういことで、Pavane Pour Une Infante Défunte(亡き王女のためのパヴァーヌ)に続く第二弾は、Just Friends。しかも、XRCD24盤がTSUTAYA DISCASでレンタルしていました。AMAZONでこのXRCD24盤を検索すると新品も中古品も35000円くらいの値が付いていてビックリ。返却したくない(笑) 通常盤を持っていないので比較はできませんが、中身はPavane Pour Une Infante Défunteにも匹敵するものです。L.A.4、もっと早く知っておけばよかった。Wolfey先輩のお陰です。取り敢えず、L.A.4のいま買えるCDは全部発注しました。

SEAWINDは、Blu-spec CDという文字に惹かれてレンタル。これも普通のCDを持っていないので違いがわかりません(笑)
posted by FCLIFE at 22:47| Comment(3) | 音楽

2010年12月20日

今日の拡充

 
TSUTAYA DISCASからまだまだ入荷中。

今日の仕入
reference06.jpg

Donald Fagen − Nightfly
Donald Fagen − Morph The Cat
どちらも音が良いですねー。特に新しめのMorph The Cat。ただ、私にはNightflyの方が気楽で聴きやすいです。
posted by FCLIFE at 21:35| Comment(8) | 音楽

2010年12月18日

これはすごい!!

 
とんでもない高音質DISCが送られてきました(爆)m(_ _)m

reference06.jpg


The L.A.4 − Pavane Pour Une Infante Defunte(亡き王女のためのパヴァーヌ)

これは今まで聴いたどのCDよりも高音質、文句なしに過去最高。アナログ盤はCDよりももっとすごいそうですが、CDでも十分とんでもなく高音質。このCDを聴いた後に、普通の高音質CDを聴くと差がわかってしまう。。。そんなCDです。このCDは他のCDと一緒のエントリに入れてはいけないと思い、単独エントリと致しました。Wolfeyさん、ありがとうございます!!
posted by FCLIFE at 20:32| Comment(7) | 音楽

今日の拡充

 
今日の拡充はAMAZONから1枚、TSUTAYA DISCASから2枚。

reference05.jpg

George Benson & Al Jarreau − Givin' It Up
この二人は、仲が良さそうです。楽しそう。ただ、マービン・ゲイの線を更に細くしたようなアル・ジャロウのボーカルは、ちょっと好みじゃないかも。基本、だみ声が好き。

David Sanborn − Pearls
とても心地よいサックスです。Try A Little Tendernessという曲が入っているのですが、私にとっての Try A Little Tenderness は何と行ってもOtis Redding。昔、Otis Reddingの全てのレコード、CD、レーザーディスク(笑)、VHS、DVDを集めました。中でも最も好きだったのがこの曲。黒っぽさを少し抑えめにして欧州人ウケを狙ったか?と思わせる出だしが、最後の方は完全にOtisのノリになってしまってました。

Diane Birch − Bible Belt
ポップロック調やR&B調などバライエティ豊かな曲が入っています。声も魅力的。私にはちょっとポップすぎるかな。
posted by FCLIFE at 19:58| Comment(0) | 音楽

2010年12月16日

今日の拡充

 
アル・ジャロウ(Al Jarreau)。
当時の私は、本当に黒っぽい黒しか採用していなかったので、全米ポップチャートに入ってくる黒人音楽は完全にスルー状態だったのですが、それでも天才の名をほしいままに活躍していたアル・ジャロウのことはよく憶えています。そういえばアルバムで聴いたことがなかったので、取り敢えず大昔のアルバムを2枚ゲット。

今日の仕入
reference04.jpg

Al Jarreau − This Time
Al Jarreau − Breakin Away
1980年/81年ということで、第一次ディスコブーム後半の作で、その時代の香りがプンプンします。懐かしいです。個人的にはアース・ウィンド&ファイアーに似たイメージを感じ、この時代の黒人のコンテンポラリーなR&Bだなと思いました。録音レベルが少し低いようで、他のディスクよりボリュームをかなり上げるのと、ボーカルが引っ込み気味(アル・ジャロウの歌い方が軽くて囁くようなのもあって)なのが気になりますが、天気の良い日に軽快にドライブすると気持ちよいと思います。
posted by FCLIFE at 18:46| Comment(5) | 音楽

2010年12月13日

今日の拡充

 
そろそろ、聴ききれなくなってきた(笑)

今日の仕入
reference03.JPG

George Benson − Songs & Stories
評判通り素晴らしい音質です。落ち着いた曲が多いので仕事帰りにリラックスして聴きたい感じ。

Corinne Bailey Rae − Corinne Bailey Rae
太くてハスキーな歌声の女性ボーカルが多い中で、この人は珍しくチャーミングな歌声です。楽器少なく、歌声良く、録音良しで、当たり!

今日の仕入は2枚とも当たりですが、まだここのところの拡充を全部聴き込めてないので、ちょっと消化不良。
posted by FCLIFE at 21:20| Comment(3) | 音楽

2010年12月12日

まだまだ拡充

 
音質の良いディスクを求めてまだまだ拡充中。

問題は「好きな音楽」ではなく「良い音質」だというところにありますが、音質の良くないディスクを再生すると、どうしてもノイズや解像度の低さが耳に付いてしまうので楽しめなくて。むかしバイト代の殆どを注ぎ込んでアナログ盤を集めていた1960年代後半のサザンソウル(特にゴスペル上がりのソウル)が大好きなのですが、iPodには少し入れているものの聴くことは滅多にありません。

今日の仕入
reference02.jpg

Diana Krall − Girl in the Other Room
Diana KrallだったらこっちですよとWolfeyさんから教えて頂いたディスク。TSUTAYA DISCASになかったので珍しくAmazonで購入。で結果は、こっちでした(笑) 女性ボーカルでジャズボーカルと私の好みの分野でもあり、尚かつこの録音。目の前で唱っているような実在感が素晴らしいですね。これは手にして大正解でした。Wolfeyさん、また色々教えて下さい!!

Marcus Miller − FREE
先日借りたBEST盤やM2より、こっちが上。システムチェックは、このFREEだけで足りると思います。ボーカルも入ってるし。音楽分野的には私には未知の世界でよくわかりませんが、ベース大好きな人には良いのではないでしょうか。

純名りさ − Misty Moon
むかし、NHKのドラマに出演したときに「きれいな人だな」と思っていたのですが、CDを出しているということで借りてみることに。元宝塚のスターなので歌唱力はあると想像していましたが、透き通るような声がとても素晴らしいです。でも、楽器の音がせっかくのボーカルの前に出て被さって、しかも全体的にオブラートに包んだような音質。。。とてももったいない。
posted by FCLIFE at 18:13| Comment(9) | 音楽

2010年12月10日

ドンドン拡充

 
Ann Sallyに完全にはまってしまっている私。中でもアルバム「kokorouta」に収録されている「おまえが生まれた日」は、一人でクルマで聴いていても泣けるし、嫁と一緒に聴いていたら嫁がわんわん泣きはじめるし、もう大変です。

さて、オーディオが完成すると録音の良い音源を求めて借りまくります。まずはベスト版を借りてみて、気に入れば個々のアルバムを集めることが多いです。

references01.jpg


Diana Krall − The Very Best of Diana Krall
オーディオ雑誌で女性ボーカルのリファレンスになっていることが多いDiana Krallですが、録音そのものには特に感銘を受けず。ベスト版だからでしょうか。でも、うまいのはうまいです。

Eric Clapton − Unplugged
誰もが知るこのライブですが、評判通り文句なしの高音質。言葉で表しきれない感動がありますね。これは必携だと思います。使えます。

Marcus Miller − M2 / The Best Of Marcus Miller
はっきり言って好みの音楽ではありませんが、オーディオリファレンスには最高です。低音成分がすごく多いので、しっかりと最低域の音階まで再生できるシステムでないと、鳴らすのは辛いでしょう。すごい音なので、最も評判の良い「フリー」というアルバムもレンタル注文しました。

Michael Buble − It's Time
白人の唱うスタンダードなジャズ。以上です(笑)

Sarah Vaughan − The Best of Sarah Vaughan
年代的に録音云々よりも味わいたいですね。聴けば聴くほど美味しい汁が出てきます。ベスト版だけでも何十枚もあるのがすごい(笑)


今回の当たりは、Eric ClaptonとMarcus Millerでした。
posted by FCLIFE at 22:45| Comment(6) | 音楽

2010年12月06日

聴くもの拡充

 
CLIOのオーディオも一段落したので、いつも同じリファレンスを聴くのはもう終わり。
これからどんどんソース拡充します。

そんな中で、昨日なにげなく借りたこの人が大当たり。Ann Sally という日本人らしからぬお名前なのですが正真正銘の日本人。紅白歌合戦にも応援出演したことがあるそうなので有名な方なのでしょうが、私は全然知りませんでした。お医者様で2児の母、そしてこの素晴らしい歌声。とても多才な方です。

6枚のアルバムと1枚のベストアルバムがリリースされています。

annsally01.JPG


アコースティックな女性ボーカルものがお好きな方にはたまらないと思います。録音もグッド!
しばらくこれでいけます。
posted by FCLIFE at 21:11| Comment(6) | 音楽

2010年01月20日

Baritone saxophone

 
しばらく前にTSUTAYAで偶然借りたNIGHT LIGHTS / GERRY MULLIGAN のバリトンサックスの音にやられてしまい、CESARさんオススメのCOOL STRUTTIN'をAMAZONで買うついでに、何枚か買ってみました。

amazon201001.JPG

COOL STRUTTIN' / SONNY CLARK
WHAT IS THERE TO SAY? / THE GERRY MULLIGAN QUARTET
CARNEGIE HALL CONCERT / GERRY MULLIGAN & CHET BAKER
SAXOPHONE COLOSSUS / SONNY ROLLINS
WHEN I LOOK IN YOUR EYES / DIANA KRALL (DVD AUDIO)

COOL STRUTTIN'はCESARさんのオススメで、ジャズ喫茶全盛時に、これが掛からない日・店はなかったと言われるくらいの有名盤だそうです。ジャズ喫茶全盛時ってわたし生まれてたかな?

GERRY MULLIGAN の2枚ですが、やはりバリトンサックスの音にしびれてしまいます。買って間違いなし。特にピアノの入らない THE GERRY MULLIGAN QUARTETの演奏がよいですね。スピーカーを通したピアノの音が、今ひとつピンと来ないわたしに最適で、ものすごく癒やされます。また、バリトンサックスの厚みのある低音や、かすれ音は、システムを試すのに最適だと思います。

SONNY ROLLINS という人の素性は全然知らないのですが、AMAZONの「これを買った人はこれも買っている」というのにだまされて買ってみました。が、これが大正解。テナーサックス、泣けます。

最後のDIANA KRALLは女性ジャズボーカルで、DVD AUDIO盤だったら何でもいいやと買ってみたのですが、これは失敗かな。。あまり語るべき特長なし。
posted by FCLIFE at 18:18| Comment(7) | 音楽

2009年12月12日

カーオーディオ パーフェクトセオリーブック2

 
「パーフェクト セオリーブック」などと恥ずかしげもなく書かれると、天の邪鬼な人は買いたくなくなるでしょうが、素直な私は読み物として試しに買ってみました。

まだ全部は読んでいませんが、「あーなるほど」と思わせられる目から鱗のノウハウも所々にちりばめられており、何となくセッティングが決まらない人には良いと思います。但し書いてあることを実践するには、かなり優秀な耳が必要です(これがないから困っているのですが。。。笑)。

soundtuningmaster01.JPGsoundtuningmaster02.JPG

嬉しい誤算が調整用CD。便利です。ナレーターの声で「これから○○の音声が流れます。△△が××から聞こえれば、●●の配線は正常です」などと言ってくれるので非常に分かりやすいです。様々なテスト用トーンも収録されています。ステージの奥行き感や横の広がりのテストが面白かったです。正相・逆相のチェックなどもできます。DIYの方は一枚持っておくと良いと思います。
posted by FCLIFE at 18:26| Comment(9) | 音楽

2009年04月03日

Woody Creek 第8弾 smile

 
スピーカーに対して意地悪な音を提供し続ける Woody Creekレーベルの第8弾、「smile」がリリースされました。

smile01.JPG

今回はWoody Creek初のジャズボーカル。Autumn Nocturneのようなシビアすぎる箇所はなくて安心して聴くことができますが、ボーカルレベルの上下差が大きく、レベルが大きい箇所ではスピーカーやアンプのゲイン設定によっては音が割れるかも。低音から高音まで満遍なく試すことができるソフトです。
posted by FCLIFE at 15:04| Comment(4) | 音楽

2009年01月02日

思わずレンタル 薬師丸ひろ子

 
皆様、明けましておめでとうございます。もう2日になってしまいましたが、今年も元気に参りましょう!!

さて、実は中学時代、薬師丸ひろ子の大ファンでして。。。
竹内まりやの「元気を出して」の一番最後のコーラスで聴ける薬師丸ひろ子の澄んだ歌声に、「やっぱりいいなぁー」なんて思っていました。昨日の元日、息子につきあってTSUTAYAに行って、なにげなくCDを見ていたら、ありました。。「薬師丸ひろ子 Golden Best」(笑)

yakushi01.JPG

早速コンパクトフラッシュにコピーしてEOSで聴いてみました。さすがに古いので録音も演奏もひどいのですが、薬師丸ひろ子の澄んだ天使のような声は堪能できます。もう少しエコーが少なかったら最高なのですが、それでも十分癒やされます(笑) ドライブの楽しみが増えました。でも、オープンで薬師丸ひろ子をガンガンかけて信号待ちするのはチョット恥ずかしいかな。。。
posted by FCLIFE at 00:34| Comment(9) | 音楽

2008年12月10日

Woody Creek


最近、好きな音楽というよりはリファレンスCDばかり買っています(^^;)
今回は、Woody Creekというレーベルの7枚。「オーディオ評論家 小林貢氏がプロデュースした独自レーベル。リミッターやコンプレッサー、ローカット・フィルターなどを一切使わず、不用意に音量を上げるとアンプの保護回路が働くこともあるという硬派な仕様だが、それも『ナマの音』を追い求め、高音質を突きつめた結果なのだ。」そうです(笑)

WoodyCreek.JPG

このCD群、なかなか手強いです。グランセニックの純正オーディオはもちろんのこと、S40のHigh Performance Audio Systemでも完全に持て余し、低音は割れるは内張は鳴くはで大変。中身は全てJAZZで私好み。ピアノあり、トロンボーンテュオあり、ギターあり、サックスありで盛りだくさん。楽しめると同時に癒やされます。ボーカルは一切なし。色んな生音がそのまま録音されているので、スピーカーシステムを試すには最高の7枚です。ミラーメディア用のコンパクトフラッシュが届かないので、まだEOSでは楽しんでいないのですが、恐らくEOSでもDIYのボロがでるのではないかと予想されます。
posted by FCLIFE at 19:52| Comment(13) | 音楽

2008年10月27日

BEST AUDIOPHILE VOICES


IWANOFU爺さんがPitNAGAOにお土産で持って来て下さったBEST AUDIOPHILE VOICESがあまりにも良くて、シリーズ4枚全てそろえました。Wを除けば全て私の大好物の女性ボーカル。XRCD2という高音質CD(あくまでマスタリングからカッティングまでの手法であってCDとしては普通のCD)で本当に素晴らしい音です。EOSのオーディオが完結したので、しばらくこの4枚を聴き込みます。IWANOFU爺さんありがとうございましたm(_ _)m

bestaudiophlievoices.JPG
posted by FCLIFE at 22:39| Comment(4) | 音楽

2008年02月19日

本田雅人コレクション

 
以前購入した、日本カーエレクトロニクス協会なる団体が販売しているReference CD(リファレンス ディスク)の中に、本田雅人なる人物のJIAO !!!という曲が入っていました。ジャズというかフュージョンというか、そんな感じです。サックスがメインです。

曲もなかなかさることながら、その録音が非常に気に入ってしまい、全てのアルバムを大人買い(大人借り含む)してみました。私の車のスピーカーとも相性がよく、ほとんどの曲で素晴らしい録音が楽しめます。スピーカーを試すのに好適な曲のオンパレードといった感じです。

honda.JPG

・THE BEST AND MORE II  2008.01.23 (TSUYAYAでレンタル)
・本田雅人with VOICE OF ELEMENTS  2006.07.26 (購入)
・フォー・オブ・ア・カインド II  2004.10.21 (TSUYAYAでレンタル)
・ASSEMBLE A CREW  2004.07.21 (TSUYAYAでレンタル)
・CROWDED COLORS  2003.05.21 (購入)
・ライヴ・アット・ブルーノート  2002.08.21 (ライブなのでパス)
・THE BEST AND MORE  2002.03.21 (TSUYAYAでレンタル)
・イントロデューシング・フォー・オブ・ア・カインド  2002.01.30 (TSUYAYAでレンタル)
・フォー・オブ・ア・カインド  2002.01.23 (TSUYAYAでレンタル)
・CROSS HEARTS  2001.10.24 (購入)
・WHAT IS FUSION  2001.04.21 (購入してからライブと判明)
・REAL-FUSION  2000.08.23 (購入)
・ILLUSION  2000.01.21 (購入)
・CARRY OUT  1999.07.23 (購入)
・GROWIN'  1998.11.21 (購入)

すべてiPodにWAVフォーマットで取り込み、重複している曲を削除して全120曲。まだ聴き込んでいませんが、FUSIONよりもJAZZの方が好みでILLUSIONというアルバムが一番のオススメです。
posted by FCLIFE at 22:47| Comment(2) | 音楽