2017年10月14日

ウラディーミル・ユロフスキ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

今日はミューザ川崎でロンドン・フィル。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(ピアノ辻井伸行氏)とチャイコフスキー交響曲第6番悲愴という心に残る旋律オンパレードな組み合わせ。
IMG_20171014_165612.jpg

辻井氏のピアノということで満員御礼です。アンコールにリストのラカンパネラはちょっと得した気分。

圧巻だったのはチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」
IMG_20171014_215010.jpg

ロシア生まれのウラディーミル・ユロフスキ氏、タクトの先まで神経が通っているかのような繊細な振り。放っておくとロシアの交響楽団よりあっさりしがちであろうロンドンフィルを見事にロシアの楽団に生まれ変わらせていました。やっぱりオーケストラは指揮者が大事ということを再認識する、見事な悲愴でした(^^)
posted by FCLIFE at 22:27| Comment(0) | 音楽

2017年10月08日

ミュンヘン・バッハ管弦楽団

今日は娘と家内と三人でミュンヘン・バッハ管弦楽団のオールバッハプログラムを聴きに東京オペラシティーにやってきました。
IMG_20171008_111909~01~01.jpg

何と東京公演のみプログラムAとプログラムBをダブルヘッダーしてくれるのです。
IMG_20171008_111920~01.jpg

オルガンあり、チェンバロあり、フルートあり、 オーボエありの素晴らしいコンサートでした(^^)
posted by FCLIFE at 19:54| Comment(0) | 音楽

2017年10月07日

リッカルド・シャイー指揮 ルツェルン祝祭管弦楽団

半年以上の時間を掛けてリニューアルされたサントリーホールに行ってきました。
IMG_20171007_160607.jpg

祝サントリーホールリニューアル落成
IMG_20171007_163731.jpg

新設当初と同じ素材を使ってのリニューアルなので以前とまったく見分けが付かないのがさすがです。

今日の演目は
R.シュトラウス: 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24
R.シュトラウス: 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28

アンコールが
R.シュトラウス: 楽劇「サロメ」から「サロメの踊り」

リヒャルト・シュトラウス三昧なコンサート。
楽曲も演奏も素晴らしすぎるほど素晴らしいのですが、35000円という高額チケット故か
座席が半分程度しか埋まっておらず、それがとても残念なコンサートでした。
posted by FCLIFE at 21:21| Comment(0) | 音楽

2017年10月01日

チェコ・フィルの「わが祖国」

チェコ・フィルの「わが祖国」
ペトル・アルトリヒテル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
IMG_20171001_142228.jpg

まさにお家芸、本来指揮される予定だった故イルジー・ビエロフラーヴェク氏追悼ということもあり、とても気迫にあふれた演奏でした。
IMG_20171001_142457.jpg
posted by FCLIFE at 19:00| Comment(0) | 音楽

2017年07月17日

スラットキン指揮デトロイト管弦楽団

今日はモータウンからやってきたデトロイト交響楽団のオールアメリカンプログラム。
久しぶりに文京シビックホールです。
IMG_20170717_142228~01.jpg

GM、FORD、TOYOTA、アイシン、デンソーなどが協賛、さすがモータウンの管弦楽団(^^)
IMG_20170717_171336~01.jpg

クラシックコンサート夏枯れ時期の正直お気楽モードで行ったのですがスラットキン×小曽根のラプソディーインブルーは圧巻でした。

そして、文京シビックホールの音響はとてもいいですね!
posted by FCLIFE at 18:44| Comment(0) | 音楽

2017年07月02日

ドレスデン・フィルハーモニー

ドレスデン・シュターツカペレではないドレスデン・フィルハーモニーのコンサートに行ってきました。

「王道のドイツ・プログラム」
ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」(ソリスト:小川典子)
ブラームス交響曲第1番 ハ短調 作品68

コンサートの前にクレープで腹ごしらえ
IMG_20170702_134721.jpgIMG_20170702_141103.jpgIMG_20170702_141059-621dc.jpg

直前割引でお得に鑑賞しました。超メジャーでないとチケットが売れないのが日本の現状ですね。
IMG_20170702_144645.jpg
posted by FCLIFE at 12:35| Comment(0) | 音楽

2017年05月21日

エサ=ペッカ・サロネン指揮 フィルハーモニア管弦楽団

久々にみなとみらいホールに行ってきました。
IMG_20170521_132849.jpg

横浜は行きにくいので、どうしてもサントリーホールとミューザ川崎は主になりますが、たまには横浜も良いものです。
IMG_20170521_133716.jpg

<オール・ベートーヴェン・プログラム>ということでベートーヴェン好きには楽しいプログラム。
最初の、序曲「命名祝日」ハ長調 Op. 115はちょっと元気ないな〜と思いましたが、
最後の、華やかな交響曲第7番 イ長調 Op. 92は元気いっぱい力のこもった演奏でした。

今回、チョ・ソンジンさんのピアノを初めて聞きました。ショパンコンクール優勝者がベートーヴェンをどう弾くのか興味がありましたが、とても正確に古典派らしい演奏でしたよ(^^)
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2017年05月04日

ロイヤル・コンセルトヘボウ(Philharmonie de Paris)

私が子供の頃に初めて買ったレコードがアムステルダム・コンセルトヘボウ(現ロイヤル・コンセルトヘボウ)管弦楽団のベートーベン/交響曲第6番 田園でした。

今回のフランス旅行の期間中に何とロイヤル・コンセルトヘボウが一日だけパリで公演することがわかり、サイトでチケットを買ったら残席2席、われわれが買ったらSOLDOUTになりました(笑)

ということでやってきましたPhilharmonie de Paris(^^)
IMG_20170504_200516.jpg

事前に写真では見ていましたが、それにしても何という建物なんでしょう!
IMG_20170504_200423.jpg

Philharmonie de Parisの隣は有名なコンセルバトワールです(のだめカンタービレで有名らしい)。
IMG_20170504_195824.jpg

そして、残2席はあいにく隣同士の席ではなかったので家内と別れ、私の座った席は何と!!

コンサートマスターの目の前(^^)/
IMG_20170504_213256.jpg

ブラームスのバイオリン協奏曲とベートーベンの交響曲第3番「英雄」をたっぷり堪能いたしました。

さすがオランダの楽団だけあって、第1バイオリンと第2バイオリンの各10名のうち女性が各7名もいます。世界で5本の指に入ると言われる楽団のなかで女性団員の比率が圧倒的に高いです。それでもパワーや瞬発力は素晴らしく、アムステルダムのサウンドを力強く聴かせてくれました。来日公演だと3万円〜4万円するチケットもこちらだとカテゴリ1で90ユーロ。うらやましい限りです。

また、PHILHARMONIE DE PARISの座席配置ですが、座席番号1が中央で、その右が2、1の左が3、2の右が4、3の左が5と進んでいきます。つまり数字が小さいほど中央に近く、偶数なら中央より右、奇数なら中央より左とわかります。フランス人ならではかどうかわかりませんが合理的だと思いました。ただし、このルールを全く知らないと自分の席がどこなのか彷徨うことになります(笑)
IMG_20170505_002850.jpg

次にロイヤル・コンセルトヘボウと合うのは11月の日本公演です(^^)/
 
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 音楽

2017年05月02日

グレゴリオ聖歌と中世の音楽(ノートルダム大聖堂)

ノートルダム大聖堂の中で行われたグレゴリオ聖歌と中世の音楽のコンサートに行ってきました。
IMG_20170502_194522.jpg

男性のみのコーラスでとても素晴らしいのですが、いかんせん子守歌に最適なもので、時差による眠気と戦うことで精一杯でした(^^;)
IMG_20170502_200404.jpg
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 音楽

2017年04月17日

トヨタ・マスター・プレーヤーズ,ウィーン 2017

今シーズン最初のコンサートに行ってきました。

トヨタ・マスター・プレーヤーズ,ウィーン 2017(東京オペラシティ)
IMG_20170417_181558.jpg

ウィーンフィルやウィーン国立歌劇場管弦楽団などの精鋭メンバーだけで構成された少楽団。
指揮者のいない構成でしたが、適度に遊びながらも肝心なところで息が合っているというすばらしいものでした。

特にモーツアルトのハフナーは子供の頃から大好きな曲で感激。
そしてアンコールが何とあの「美しき青きドナウ」(^^)

主催のトヨタ自動車さんのお陰でとても安価に最高の演奏を楽しむことができました。
posted by FCLIFE at 23:00| Comment(0) | 音楽

2017年01月05日

ヘン・ライスさんのCD

昨年、サントリーホールでウィーンフィルとの共演を拝見し、その超絶技巧と歌声(と美貌)に感銘を受けたヘン・ライスさんのアルバムをゲット。できればBlu-rayがよかったのですが(^^;)

15826045_1229452360468555_5355963671348843826_n.jpg
posted by FCLIFE at 21:10| Comment(0) | 音楽

2016年12月27日

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮・N響第九

今年最後の、そしてサントリーホール改修工事前最後になるであろうコンサートに行ってきました。

つい先日、NHK交響楽団の桂冠指揮者に就任されたヘルベルト・ブロムシュテットさん指揮の第九です。
IMG_20161227_183945.jpg

今年はウィーンフィルとN響で第九を聴きました。

サントリーホールでのプレミアムモルツともしばらくのお別れです。
IMG_20161227_184233.jpg
posted by FCLIFE at 23:00| Comment(0) | 音楽

2016年12月04日

ランラン

まずはいつものRandyで腹ごしらえ。
IMG_20161204_124916.jpg

テラスも暖房でポカポカ
IMG_20161204_124923.jpg

石川ひとみさんと南こうせつさんが食事されていました。南こうせつさんに握手していただきましたよ(^-^)

腹ごしらえが終わり、すぐ隣のサントリーホールに向かう途中でザッケローニ元監督とすれ違いました。今日は有名人に会う日です。

ランランさんのコンサート。まるでアイドルのコンサートのようでしたよ(笑)
IMG_20161204_132208.jpg
posted by FCLIFE at 23:00| Comment(0) | 音楽

2016年12月01日

パリ〜バイエルン〜バイエルン

11月25日(金)
ダニエル・ハーディング指揮 パリ管弦楽団
東京芸術劇場 コンサートホール
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64(ヴァイオリン: ジョシュア・ベル)
マーラー: 交響曲第5番 嬰ハ短調
IMG_20161125_184058.jpg

11月26日(土)
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団
ミューザ川崎
ハイドン:交響曲第100番「軍隊」
R.シュトラウス:アルプス交響曲
IMG_20161126_172703.jpg

11月28日(月)
マリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団
サントリーホール
ヴァイオリン協奏曲ニ長調)ギル・シャハム(vl)
ストラヴィンスキー(組曲「火の鳥」
IMG_20161128_172947.jpg

特にサントリーホールはP席(オーケストラ背後の席)の最前列だったので、オーケストラの椅子の軋み、楽譜をめくる音まで聞こえ、ヤンソンスさんの指揮も存分に楽しむことができました。
posted by FCLIFE at 13:55| Comment(0) | 音楽

2016年11月24日

ザルツブルク・イースター音楽祭 in JAPAN ティーレマン&シュターツカペレ・ドレスデン

初めてドレスデン・シュターツカペレの公演に行ってきました。
IMG_20161123_161503.jpg

ピアノのイェフィム・ブロンフマンさんが健康上の理由により出演不可能となり、代わってキット・アームストロングさんが代役として演奏されることに。そのお詫びかどうかわかりませんが、ティーレマンさんの意向により、予定になかったベートーベン唯一のオペラ「フィデリオ」序曲が冒頭で演奏されました。

この序曲からすでに身震いするような感動を伴う演奏で、次のベートーベンの「皇帝」に突入。チャイコフスキーの幻想序曲『ロメオとジュリエット』、リストの交響詩『前奏曲』、アンコールはワーグナーのローエングリン第三幕前奏曲。

今年はベルリンフィルもウィーンフィルも聴いていますが、それに勝るとも劣らない演奏だったと思います。このクラスになると優劣ではなく「違い」でしかないですね。
posted by FCLIFE at 12:26| Comment(0) | 音楽

2016年11月15日

ウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」

リッカルド・ムーティ指揮、ウィーン国立歌劇場の「フィガロの結婚」を見てきました。
IMG_20161115_143413.jpg

全館ほぼ満席
IMG_20161115_143548.jpg

序曲の時点でやられてしまいました(笑)
素晴らしかったです。
IMG_20161115_143654.jpg
posted by FCLIFE at 22:08| Comment(0) | 音楽

2016年10月24日

レ・ヴァン・フランセ

今日はジャパン・アーツの会員特典でコンサートへ。
inf_det_image_450.jpg

スーパースター、エマニュエル・パユのフルート(ベルリンフィル主席)やフランソワ・ルルーのオーボエをしっかり堪能しました。
IMG_20161024_195909.jpg

パユのフルートは5月のベルリンフィルの田園以来。終演後、ロビーにはサイン会の長蛇の列、しかも女子高生がほとんど。アイドルみたいでした。
posted by FCLIFE at 23:00| Comment(0) | 音楽

2016年10月12日

ウィーン・フィル リンツ&第九

今シーズン、最も楽しみにしていたコンサート。
IMG_20161012_181234.jpg

まずは息子の運転でサントリーホールへ(^^)
IMG_20161012_170826.jpg

席はサントリーホールメンバーズ先行発売で奇跡的に取れたRB2列9-10番。
天皇皇后両陛下がお見えになるときに必ずお座りになる席です。

演奏は、、、ヤバかったです(笑)
IMG_20161012_212957.jpg

今年はベルリン・フィルにも行っていますが、このレベルになると優劣ではなく単なる「違い」に過ぎないと思いました。家内は隣でずっと涙していました、私も実はグッとくる場面が多々あったのですが(笑)

語弊があることを承知で申しますと、、、最高ではないものに数を行くより、最高のものを1回見る方がいい、、、これが悲しいかな結論です。。。すばらしい。
posted by FCLIFE at 23:51| Comment(0) | 音楽

2016年10月02日

サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート

半年前から楽しみにしていたサントリーホール30周年記念ガラ・コンサートに行って来ました。
IMG_20161002_150522.jpg

「正装コンサート」です(汗)
IMG_20161002_150441.jpg

初めてのウィーン・フィル、期待に胸が躍ります。
IMG_20161002_154008.jpg

やっぱりウィーン・フィルは ヨハン・シュトラウス、第3部が最も良かったです。
アンコールの最後は小澤征爾とズービン・メータが二人で指揮、スタンディングオベーション。

コンサートが終わり、RANDYでヒューガルデン生を飲みながら感想を言い合うのがまた楽しいのです。
IMG_20161002_193942.jpg
posted by FCLIFE at 23:00| Comment(0) | 音楽

2016年08月07日

サマーミューザ川崎

真夏はクラシックコンサートが減る季節ですが、そんな夏枯れ対策、真夏の川崎に行ってきました。
IMG_20160807_143637.jpg

川崎駅にこんなものがあるとは今まで知りませんでした。川崎市とザルツブルク市は友好都市なんですね。
IMG_20160807_143656.jpg

フェスタ・サマーミューザKAWASAKI
IMG_20160807_144210.jpg

ソナチネでおなじみのクーラウが書いたピアノ協奏曲、日本初演だったそうです。
仲道郁代先生のFacebookの写真に私たちが写り込んでいました(^^)
13891989_575632059228762_861900863363622387_n.jpg
posted by FCLIFE at 18:41| Comment(0) | 音楽