2018年12月08日

マリインスキー・バレエ 白鳥の湖

家族でマリインスキー・バレエを鑑賞しました。
20181208_112734.jpg

圧倒的にキレイです。世界最高の美男美女が集結しているのではないかとさえ思うほど。マリインスキー歌劇場管弦楽団、マリインスキーバレエ、そしてチャイコフスキー。こんな至福の時が上野で(^^) 私はクラシックは好き嫌いがあるので誰にもおすすめしませんが、このマリインスキーバレエは誰にでもおすすめできます。音楽目的、バレエ目的、そして美男美女目的(笑)、どれもが必ず満たされます。
20181208_131658.jpg
posted by FCLIFE at 22:35| Comment(0) | 音楽

2018年11月26日

ズービン・メータ指揮 バイエルン放送交響楽団

クリスマスデコレーションが施されたサントリーホール
20181126_183251.jpg

ここ8日間で6回目のコンサートも今日のバイエルン放送交響楽団でひとまず終わり
20181126_183218.jpg

マリス・ヤンソンスさんの降板は残念でしたが、ズービン・メータさんに会えて良かった。

リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 S. 124/R. 455 (ピアノ:エフゲニー・キーシン)
R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 作品40
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月24日

ウィーン・フィルハーモニー・ウィークインジャパン2018オーケストラ公演V

いよいよウィーンフィルハーモニーウィークもフィナーレ。今日はケルンで寝ぼけて4枚チケットを買ってしまったので娘とそのお友達も一緒に。そしてそのお友達がオトコ。お友達?彼氏?聞く勇気はありません(笑)
20181124_121527.jpg

この一週間を通してウィーンフィルの皆さんのおもてなし精神を感じ取ることができました。とても熱のこもった演奏を聴かせて頂いたと思います。次は半年後にウィーンで(^^)

ドヴォルジャーク:序曲『謝肉祭』作品92
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
ワーグナー(ウェルザー=メスト 編曲):舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』〈第3夜〉楽劇「神々の黄昏」より 抜粋
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月23日

ウィーン・フィルハーモニー・ウィークインジャパン2018オーケストラ公演U

ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105(ノヴァーク版)
20181123_154629.jpg

ブルックナーは今年のゴールデンウィークにコンセルトヘボウで交響曲第8番を聴きましたが、どちらかというと私の不得意科目。とにかく長い(笑)
20181123_153201.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月22日

ズービン・メータ指揮 バイエルン放送交響楽団

今年、自身のイスラエル・フィル来日公演を体調不良でキャンセルされたズービン・メータさん
20181122_182633.jpg

同じく体調不良で降板されたマリス・ヤンソンスさんの代役を今回務められているわけですが、2年前のウィーン・フィルのときの面影はなく、すっかり痩せられて歩くのもままならない状態で座って指揮をされました。イスラエル・フィルの公演キャンセルを申し訳なく思う気持ちから今回代役を引き受けられたのだと思います。しかし一旦曲が始まると体力の衰えを感じさせない見事な演奏に感動、そしてアンコールまで(涙) 素晴らしいモーツァルトとマーラーでした。

モーツァルト:交響曲第41番ハ長調「ジュピター」
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

20181122_182505.jpg
20181122_183636.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月20日

ウィーン・フィルハーモニー・ウィークインジャパン2018オーケストラ公演I

第二夜は今回一番人気のプログラム
20181120_183130.jpg

いつかはこの黄金の間でウィーンフィルを聴きたいものです。
20181120_183719.jpg

今日のウィーンフィルには皇太子殿下がお一人でお見えになりました。出だしの魔笛で身震いし、史上最高のブラームス交響曲第2番、アンコールはなんと南国のバラ。リンツ出身のフランツ・ウェルザー=メストによるウィーンらしさ溢れる演奏に大感激。今期一番になるかも。ケルンで午前3時(日本は午前10時)に必死でパソコン叩いてチケットを取った甲斐がありました。席は皇太子殿下のちょうど真向かい。いつもテレビやYouTubeで見ているスター達をオペラグラスなしに識別できるミーハー席(LB2列)でした。
20181120_212824.jpg

モーツァルト:オペラ『魔笛』序曲 K. 620
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月19日

ウィーン・フィルハーモニー・ウィークインジャパン2018オープニング室内楽スペシャル

ウィーンフィルハーモニーウィーク・イン・ジャパン2018 今日から一週間どっぷり浸かります。

20181119_182857.jpg
20181119_182750.jpg

《ウィーン・フィル オペラを謳う》
R. シュトラウス:オペラ『カプリッチョ』より(弦楽六重奏)
ワーグナー:オペラ『ローエングリン』より 前奏曲(ヴァイオリン・アンサンブル)
モーツァルト:ハルモニームジークによるオペラ・メドレー(オペラ『フィガロの結婚』より)(木管アンサンブル)
ワーグナー:『ヴェーゼンドンク歌曲集』より「夢」(管弦楽アンサンブル)
ワーグナー:『ジークフリート牧歌』(管弦楽アンサンブル)
ウェーバー:オペラ『魔弾の射手』より「狩人の合唱」(ホルン四重奏)
バーンスタイン:ミュージカル『ウェストサイド・ストーリー』より シンフォニック・ダンス(打楽器アンサンブル)
ほか
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月11日

サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

2年振りのサンクトペテルブルク・フィルはやはり最高でした。
テミルカーノフさんの降板は残念でしたが、代役で副音楽監督のニコライ・アレクセーエフの指揮はすばらしかった。

【指揮】ユーリ・テミルカーノフ → ニコライ・アレクセーエフ
【ピアノ】ニコライ・ルガンスキー
【管弦楽】サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

演目
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
チャイコフスキー/交響曲第5番

20181111_143211.jpg
posted by FCLIFE at 19:18| Comment(0) | 音楽

2018年11月04日

國學院大學管弦楽団 第56回定期演奏会

目黒パーシモンホールにて

20181104_150029.jpg
20181104_150012.jpg
20181104_154926.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年11月01日

クリスティアン・ティーレマン指揮 ドレスデン国立歌劇場管弦楽団

<シューマン:交響曲全曲演奏会[2夜連続]>
サントリーホール
10月31日
シューマン:交響曲第1番 変ロ長調「春」 Op. 38
シューマン:交響曲第2番 ハ長調 Op. 61
11月1日
シューマン:交響曲第3番 変ホ長調「ライン」 Op. 97
シューマン:交響曲第4番 ニ短調 Op. 120

20181031_182811.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年10月05日

ブルガリア国立歌劇場カルメン

東京文化会館にて
カルメン:ナディア・クラスティヴァ

20181005_180745.jpg
20181005_181035.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年09月29日

Selene Philharmonic Orchestra 特別演奏会

娘がオーボエのトップで客演しました。

指揮:石毛 保彦
Selene Philharmonic Orchestra
(セレーネ・フィルハーモニックオーケストラ)
プログラム
オッフェンバック:「天国と地獄」序曲
チャイコフスキー:スラブ行進曲
チャイコフスキー:交響曲第5番

20180929_133828.jpg
20180929_133856.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽

2018年08月22日

MARCUS BONNA(MB マーカス ボナ)シングルオーボエケース

なかなか生産が少なくて手に入りにくい、マーカス・ボナのシングルオーボエケースをアトランタ近郊の楽器店より取り寄せました。

すごくコンパクトです(^^)
L1000093.JPG
L1000094.JPG

めずらしくブラジルのメーカーなのです。
L1000090.JPG
L1000092.JPG

ジャストフィット!
L1000088.JPG
L1000089.JPG

娘が大喜びです(^^)
posted by FCLIFE at 11:19| Comment(0) | 音楽

2018年04月21日

Gautier Capuçon, Violoncello / Orchestre de Chambre de Paris

仕事でフランクフルト入り。

初日はフランクフルト空港に着陸して2時間でアルテオーパー(旧オペラ座)で行われるパリ室内管弦楽団の公演にやってきました。

パリのオペラ・ガルニエを手本に作ったと言われるALTE OPER
IMG_20180421_195333_769.jpg

少し忙しいかなと思っていたらフランクフルト空港の入国がとてもスムーズでホテルにチェックインしてゆっくり歩いても余裕でした。
IMG_20180421_195415_900.jpg

隣のおじいさんに、2時間前にフランクフルトに着いたところだと話したら、このコンサートのために?とびっくりしていました。さすがにこのためだけには参りません(笑)

演目はチェロを中心とした曲、なかなか聴けない珍しい作曲家の曲もあってとても楽しめました。
IMG_1524337068723.jpg

コンサートが終わって外に出たらALTE OPERはすっかりライトアップされていました。
IMG_20180422_041246_918.jpg

それにしてもコンサートの観客の年齢層が高いこと。どこの国も同じなんですね(^^;)
 
posted by FCLIFE at 22:00| Comment(0) | 音楽

2018年04月02日

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

先週に引き続き、今週もやってきましたトヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
DSC_0047.jpg

サントリーホールは室内楽には少々大きすぎると感じましたが、東京オペラシティコンサートホールはちょうど良いですね。
ウィーンらしさ炸裂で、とても楽しいコンサートでした(^^)

モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492
モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」より “愛の神よ、安らぎをお与えください” *
モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」より “楽しい思い出はどこへ” *
モーツァルト: 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より “あの恩知らずは私を裏切り” *
モーツァルト: 交響曲 第41番 ハ長調 「ジュピター」 K.551
J.シュトラウスU世: 喜歌劇「くるまば草」序曲 Op.468
J.シュトラウスU世: 喜歌劇「こうもり」より “侯爵様、あなたのようなお方は” *
ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ・マズルカ「女心」 Op.166
J.シュトラウスU世: 喜歌劇「こうもり」より チャルダッシュ“ふるさとの調べよ” *
J.シュトラウスU世: ワルツ「南国のバラ」 Op.388
レハール: 喜歌劇「メリー・ウィドウ」より “ヴィリアの歌” *
ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ・シュネル「憂いもなく」 Op.271
posted by FCLIFE at 22:00| Comment(0) | 音楽

2018年03月29日

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

サントリーホールにウィーンの名手達が集いました(^^)
DSC_0021.jpg

演目はさておき、、、

なぜか関係者席に紛れ込んでしまったらしく、豊田章男社長、社長夫人、うちの家内、私、という席の並びになってしまいました(笑)

モーツァルト: 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 ト長調 K.525
モーツァルト: ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216
(ヴァイオリン/フォルクハルト・シュトイデ)
ベートーヴェン: 交響曲 第7番 イ長調 Op.92
posted by FCLIFE at 22:00| Comment(0) | 音楽

2018年03月15日

トゥガン・ソヒエフ指揮 トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団

グリンカ: オペラ「ルスランとリュドミラ」序曲
ハチャトゥリアン: フルート協奏曲 (フルート: エマニュエル・パユ)
チャイコフスキー: バレエ「白鳥の湖」から
DSC_0009.jpg

パユ様、圧巻の演奏でした。
ソヒエフさんの緻密な指揮もすばらしい!
ラテン系の楽団ではよくありますが皆とても楽しそうに演奏しています(^^)
posted by FCLIFE at 22:01| Comment(0) | 音楽

2018年03月08日

東芝グランドコンサート2018 サカリ・オラモ指揮 BBC交響楽団

ミューザ川崎に行ってきました。
DSC_0002.jpg

バイオリンソロのアリーナ・ポゴストキーナさんの目の前の席を確保、前から2列目です。
その美貌(ともちろんバイオリンの調べ)にうっとりしてしまいました。

ブラームスの交響曲第1番がちょっと緩急がつきすぎていて私好みではなかったかな。ロマン派的な演奏でした。
posted by FCLIFE at 23:44| Comment(0) | 音楽

2018年01月15日

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 ニューイヤー・コンサート

行く予定ではなかったのですが会員直前割引で安かったのでワルシャワ・フィルに行ってきました。

到着してすぐにサントリーホールの警備体制がいつもとは違うのに気付き、もしかしてと、、、
開演直前にアナウンスが。「本日は天皇皇后両陛下が鑑賞されます」やっぱり(^^)

あらかじめ座面が下りている席が天皇皇后両陛下のお席。その隣にポーランド大使夫妻と思われる方、一列後ろには自民党の高村副総裁夫妻が座られて、周りをSPで固めていました。またP席(舞台背後の席)は閉鎖されていました。
26734477_1582101808536940_8755069445312053245_n.jpg

皇室の皆様はいつもはRB三角地帯の最前列お二人様席が指定席なのですが、今日はポーランド大使ご夫妻と一緒に鑑賞されるためにC席中央が選ばれたようです。

演目
パデレフスキ:序曲 変ホ長調
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 (ピアノ:ニコライ・ホジャイノフ)
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」

まさにお家芸とも言うべき演奏でした(^^)
26685457_1581917981888656_5830877379127734672_o.jpg
posted by FCLIFE at 23:30| Comment(0) | 音楽

2017年12月10日

ワレリー・ゲルギエフ指揮 マリインスキー歌劇場管弦楽団

いよいよ今年最後のコンサートになりました。
IMG_20171210_124519.jpg

ワレリー・ゲルギエフさんの指揮でマリインスキー歌劇場管弦楽団のオール・ラフマニノフプログラムです。デニス・マツーエフさんによるピアノ協奏曲が昼の部・夜の部を通して一番から四番まで1日のうちに聴くことができます。そしてあの交響曲第二番(^^)

何から何までロシア尽くしで、素晴らしいラフマニノフを聴かせて頂きました。さっそくマリインスキー&ゲルギエフのCDを注文しました。

さて、今年も数多くのコンサートを鑑賞することができました。
来年も良いコンサートをたくさん鑑賞したいと思います。
posted by FCLIFE at 22:05| Comment(2) | 音楽