2011年08月13日

四国の旅1日目「ルーツ探し」

 
自分の記録&アルバムとして、今回の旅について記事にしておきたいと思います。

8/9 22時過ぎに東京神保町を出発。
首都高〜東名〜名神〜京滋バイパス〜名神〜中国道を経由して、阪神高速経由で白川パーキングにて仮眠。テンション高く50分で目覚め、そのまま明石海峡大橋/大鳴門橋を渡って徳島入り。大鳴門橋の下、たくさんの漁船が渦潮をかすめて操業している迫力に感動。
2011081001.JPG2011081003.JPG

高松道板野で降りて、藍住から美馬まで徳島道を利用。ルーツ探しのために貞光へやってきました。
まずは吉野川から貞光の全景ショット。家に帰ってから、赤丸が親父の生家だとわかりました。斜面集落の一番上の家でした。
2011081004.JPG

次に徳島線の貞光駅へ。たまたま大好きなディーゼル特急がやって来ました。
2011081006.JPG2011081007.JPG

次に貞光のメインストリート「二重うだつの町並み」へ。惜しむらくは電柱&電線。
2011081012.JPG2011081013.JPG

いよいよ斜面集落へ。集落毎に「お堂」があり、昔から様々な「祭り」に使われていたそうです。右のお堂の灯籠の横に置いてある丸い二つの石。これは昔、男衆の力比べに使われていた石で、まだここにこのようにして置いてあることに親父も驚いていました。
2011081014.JPG2011081015.JPG

親父の生家があった「引地」集落に到着。「引地」という集落は日本中あちこちにありますが、要は「引きこもった土地」という意味。集落には人家が10軒ほどしかありません。ほとんどが「永尾」さんです。生まれて初めて、こんなに永尾さんがいる場所を訪ねました。人がいそうなお宅にお邪魔したら、親父のやんちゃだった幼い頃のことをよく知る方でした。「一夫さんの子かね」ということで、上がり込んでお茶を頂きながら昔の話をたくさん伺うことができました。前川さん、どうもありがとうございました。感謝感激です。

今は廃墟となった親父の生家。親父の頃は藁葺き屋根だったそうです。右の小屋は煙草の葉の乾燥小屋。煙草と麦を作って生計を立てていたそうです。祖谷の斜面集落と同じです。
2011081018.JPG2011081019.JPG

自分のルーツを確認した後は、同じく斜面集落にある叔母の家を訪問、穴吹駅前の日の出本店で定番のぶどう饅頭を購入、学駅で入学券を浪人中の息子のために購入、山から下りて川島にある本家を訪問と盛りだくさん。地元の美味しいぶどうと、米30kgをゲットしました(笑)

次に、rx93hideさんからご紹介頂いたルノーネクストワン徳島さんを訪問。販売中のほぼすべての車種の試乗車を用意されているそうです。素晴らしい!!
2011081023.JPG2011081024.JPG

ここでサプライズ。久保社長に「貞光の山にある親父の生家を見に来た」と話をしたところ、「自分の高校の同級生で、むかし貞光の山に住んでいて、いまは山を下りて学に住んでいるのがいる」と。名前は「永尾」だと(笑) 下の名前を伺って本家の従兄弟と判明(爆) しかもその従兄弟が1時間前までお店でだべっていた(核爆) ニアミスでした。その頃私は本家でぶどうを頂いていたので入れ違い。。。

お二人いらっしゃる久保さんと色んなお話しをさせて頂き、明日のルート取りのアドバイスまで頂いて店を後にしました。突然の訪問、かつお盆休み前の慌ただしいときにも関わらず、お相手をして下さり、どうもありがとうございました。

最後に、市内に向かって混み合うR192を逸れて、眉山パークウェイから山頂へ。見事な徳島市街の景色を堪能しました。
2011081025.JPG

末筆ですが、徳島の見所を極めて実践的にアドバイス頂いたrx93hideさんに感謝しておりますm(_ _)m 徳島ラーメンとても美味しかったです。
仮眠50分がたたって、二日後の本番にそなえて各所で行われている阿波踊りの練習風景も見ることなく、深い眠りに就きました。
posted by FCLIFE at 23:56| Comment(12) | オフ会・ツーリング
この記事へのコメント
お褒めに預かり光栄至極です。

実は今回のルート、ほとんどが車はなく自転車で回ってた寄り道ルートです。
自転車で快適なルートは、道幅さえしっかり確保されたルートであれば車でも快適だろうと思いお勧めしてみました。

長旅でお疲れになったと思いますが、充実した旅になってよかったです!
Posted by rx93hide at 2011年08月14日 23:17
長旅お疲れさまでした。

永尾家縁の地巡りも恙無くコンプリート!
従兄弟さんのお話 ... 血は争えませんネ (笑)

沢山のルノー車の画像も去る事 ...
四国色のキハ183系?に心躍ります♪
ご当地も、ディーゼル王国ですよネ!

二日目も楽しみにしております。
Posted by Javel! at 2011年08月14日 23:19
とても素晴らしい旅でしたね。

自分のルーツを探す旅・・・
その響きだけでもなにやら遠い記憶をなぞるようで、素敵です。

お疲れさまでした。
Posted by えーちゃん at 2011年08月14日 23:29
今回の一人旅は、本当にたくさんの方と「話す」一人旅でした。
なんか、一人で旅したような感じではなく、ずっと誰かと話していたような気がします。
ルーツは私だけでなく、私が撮ってきた写真を涙ぐみながら見てくれた親父にとって良かったと思います。
Posted by 永尾 at 2011年08月15日 01:09
お父様との二人旅だったんですね。きっと。
Posted by kake at 2011年08月15日 04:34
そうかも知れません。
この日は親父が行きたいだろうなというところ訪ねたように思います。
Posted by 永尾 at 2011年08月15日 09:21
うだつの町並み、美濃市のそれとの双璧をなしますよね。
Posted by peugeot-VW-inakichi at 2011年08月15日 15:00
ヨーロッパって電線は地中の共同溝の中なんですよね。
日本も地上から電線を無くせば景観がかなり改善されると思います。
Posted by 永尾 at 2011年08月15日 20:57
今更ですが、良い旅をされましたね。
『ルーツ探し』という視点が無かった私には新たな目標を教えていただいたようで、とても参考になりました(人見知りの激しい私は現地でのコミュニケーションは期待できないんですが…)。
実は12日〜14日、京都へ行ってきました。観光もしましたが一番の目的は母と初盆で帰って来ている(と思われる)父を連れて浄土宗の総本山の知恩院へ行くことでした。
両親とも三門前は何度も通ったことが有ったそうですが、御影堂に上がったのは初めてとのことでたいそう喜んでくれて、親孝行の真似事が出来て良かったと思いました。
写真を涙ぐみながらご覧になられたというお父様への表現が有り、スルー出来ない思いでつい書き込んでしまいました。
Posted by はなまる at 2011年08月17日 11:16
はなまるさん、コメントありがとうございます。

はなまるさんの名字だと、ルーツ探しは宇治拾遺物語や今昔物語の時代まで遡るでしょうか?(笑)
御影堂、あの一段一段が高い階段を上まで登られたのですか?お元気ですね。

ウチの親父は、まだまだピンピンしておりますので、来春息子の受験が首尾良く終われば、親子三代でもう一度山に登りたいと思っています。息子にも、自分の先祖が住んでいた場所を見せておきたいので。

今回実は、何代くらい前からあの山のてっぺんに住んでいたのか?ということを調べるのを忘れたので、それが次回の宿題です。
Posted by 永尾 at 2011年08月17日 18:18
今頃ですが、とても充実した四国の旅だったんですね。

私も楽しい事がある前はテンションが高くて眠れません。時間を1時間早く間違えることもしばしば。

木曜からワイフの友人がKangooが欲しいと言うことでネクストワン徳島さんへ行ってきます。

淡路島から、しまなみ海道を抜けるルートです。

Posted by cliotak at 2011年09月26日 20:44
ルーツを探る旅でした。そして数々の偶然が(笑)
久保様によろしくお伝えください。
Posted by 永尾 at 2011年09月26日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。