2011年07月29日

シフトノブ考

 
本日、みんカラお友達のMega-oyajiさんからお譲り頂いた、ピカピカ未使用のMEGANE RS用シフトノブが到着いたしました。
Mega-oyajiさん、今回はどうもありがとうございました。感謝しております。

さて、丁寧な梱包を開梱し、手に持ってみて「アレ?」っと思ったわけです。取り出したのは重量計。
shiftstitch03.JPG

まずはCLIO RS標準シフトノブ。146グラム。
shiftstitch05.JPG

次に、MEGANE RS標準シフトノブ。やはり!!204グラム。CLIO用より58グラム重い。
shiftstitch06.JPG

最後に横綱、Renault Sportシフトノブ。293グラム。こちらは別格。CLIO用の2倍です。
shiftstitch04.JPG

外形的には同じに見えます。到着するまではステッチの色違いだと思っていました。しかし実際には、ステッチもそうですが、革そのものが違い、何より重量が違います。シフトパターンのフォントも微妙に違います。
shiftstitch07.JPG

細かい差異を設けますね〜。でもその差異は何が目的なんでしょうか?(笑)
posted by FCLIFE at 20:54| Comment(12) | RENAULT Clio RS 20th
この記事へのコメント
おもしろレポありがとうございます。
計算して重量を決めているのだとしたら
すごいことですね!!
50グラムって、卵1個分くらいですよね。
誤差とは考えられない・・・。
Posted by clio3RS at 2011年07月29日 21:14
へぇ〜同じかと思ってたら違うんですね〜
こういう所をキッチリ作ってるルノーだからこそやめられないんですョ、
某社CMみたいに「裏付けを表に出してどうする」的な(笑)

50gの差がフィールにどう影響するのか気になりますね、
僕だったらきっと解らないでしょう(爆)
Posted by Cli-oyaji at 2011年07月29日 21:46
別格=横綱の重さはさておき ... 。

ほぼ外見上同形状のCLIO/LUTECIA 仕様とMEGANE 仕様の50g超の違いは気になります。
素材が異なるのでしょうか!?
Posted by Javel! at 2011年07月29日 22:10
裏付けを表に出しちゃいましたね(笑)

恐らくMEGANEの方がCLIOよりもシフトノブのシャフトが短かく、CLIOより少し重めのノブで結果として同じ程度の操作力になるのではと。

クルマを作っていらっしゃる方からしたら、当たり前のことなのかも知れませんね。
Posted by 永尾 at 2011年07月29日 22:29
こちらには初コメさせて頂きます。

重さが違うのは驚きでした。前車のMINIの時は湘南シフトノブの600gカーボンシフトノブを使用していたので今のRenault Sportのシフトノブでも少し軽いと感じでしまいます。
Posted by Mackey-aic at 2011年07月30日 01:45
Mackey-aicさん、おはようございます。
600g!!すごい重さですね。293gで横綱と表現してしまったので、600gだとどう言えば良いのか(笑) 確かにRSシフトノブでも、実際にシフトしてみると重い感じはしませんよね。
Posted by 永尾 at 2011年07月30日 11:08

各車でレバー比の違いもありますので
ノブ重量の違いはあると思われます〜

好みもありますが、ショートストロークのレバーで
軽量ノブを付けると、ギアがエンゲージし難い
と言う問題もあるのではないでしょうかねぇ。
Posted by A442B at 2011年07月30日 11:12
A442Bさん、そうですよね。梃子の原理ですね。
ウチのトラックドライバーは、お花が入った透明の長いシフトノブを付けています。おしゃれ〜(笑)
Posted by 永尾 at 2011年07月30日 11:29
>シフトノブ考

僕は過去4台の愛車でシフトノブを交換したことは無いのですが、
内装におけるルックス向上以外にシフトフィールの違いって大きいのでしょうか?

重い方が良いのでしょうか?
Posted by ともぞう at 2011年07月30日 12:01
ケースバイケース&個人の好みの問題でしょうね。

次のエントリに書こうと思っていたのですが、RSシフトノブと標準シフトノブのフィールの違いはかなり大きいと言わざるを得ません。戻すと余計によくわかります。一概に重い=良いとは言い切れないと思いますが、各人が一番気持ちよいと思う重さはあるでしょうね。ただしクルマによって梃子の長さが違いますので、いつも300gがよいとか200gが良いという話にはならないと思います。経験的にはメーカー純正が重すぎるっていうパターンはありませんでした。
Posted by 永尾 at 2011年07月30日 12:19
激遅コメントで失礼します。

シフトノブの重さ、純正で形が同じに見えても
重さが違うんですね〜〜??

固有の共振周波数ノイズを打ち消すために
重さも車種によって違うと言う話もあります。


ある程度の重さのシフトノブは
シフトフィールに貢献します
しかし、あまりにも重い物(普通じゃ無い重さ(笑))の物は
ミッションに悪影響があります。


シフトノブの重さによって
ミッションケース内のシフトフォーク(ギアを移動させるパーツ)が
何時も負荷が掛かった状態に(一定方向に押しつけられた状態)になってしまいます。

FFミッションの場合は、
リンゲージや、古い車ならワイヤー等にも負担が掛かり続けます。
FRミッションの場合、直接シフトフォークに影響します。

純正や、純正オプションは
その辺りも考えた重さで制作されていると思われますので、極端に重い物は避けた方が良いかもしれません。


一昔前のレーシングカーが
デルリンやチタンのシフトノブを使っていたのは
こう言うトラブルを予防するためも有ったそうです。
Posted by Wolfey at 2011年08月01日 13:20
Wolfeyさん

さすがお詳しいですね!! 自分の浅知恵を反省する次第です(笑)

確かにシフトノブを換えてみて思ったのですが、例のシフトノブ直下のコントロールボックス(シフトノブの動きをワイヤーの動きに変換する部分)の中でシフト位置を決める支点となっている四角い白い樹脂ブロック(タッピングビスでケースに留められているだけ)に対して、重いシフトノブの慣性力が多少なりとも悪さをしているのではと。最近再び音が出始めているので。

オリジナル品は、何らかの理由があってのオリジナル品なんだなと思いました。でも、あの細いタッピングだけで留められている四角い白い樹脂ブロックは、ノーマルシフトノブでもいずれバカになると思いますが(笑)
Posted by 永尾 at 2011年08月01日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。