2011年07月26日

ドアヒンジナット点検

 
Wolfeyさんのblogでこの箇所の緩みがレポートされていましたので、念のためにチェック。

マークがありますので、目視で緩んでいないことを確認。運転席、助手席とも、まったく緩んでいる形跡はありませんでした。

整備マニュアルによると、この部分は21Nmで締め付けとなっています。

hinge01.JPGhinge02.JPG

ついでにヒンジ部に高粘度潤滑スプレーを施工しておきました。


追記:Wolfeyさんの緩んでいた部分は、こちらではなかったと。相変わらずおっちょこちょい(笑)

Wolfeyさん

こちらじゃなくて、
hinge03.JPG

こちらでしょうか?
hinge04.JPG
posted by FCLIFE at 14:00| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th
この記事へのコメント
永尾さん
こっちじゃ無いよ〜〜〜

ヒンジ取付
ボディー側ボルトです
めっちゃ確認しづらいかも??
Posted by Wolfey at 2011年07月26日 18:56
えっ??
このナットじゃなくて、フェンダーの中にあるボルトの方ですか?
Posted by 永尾 at 2011年07月26日 19:02
2,の方です(笑)

以前調整したのは「1」の方でドアの位置を調整し、
例のモールがちぎれないようにしました。


今回ドアが下がったのは
「2」のボルトの緩みです(爆)
Posted by Wolfey at 2011年07月26日 19:26
連投失礼m(__)m

「2」のボルト
下側のヒンジボルトが、緩んではいなかったんですが、結果的にヒンジがズレていたようです。

「2」で固定してある、下側ヒンジが
フロント(進行方向)よりにずれていた為
ドアが締まる状態で、1.5cmほど下がっていました。
Posted by Wolfey at 2011年07月26日 19:29
「2」の方は確認するのがやっかいですね。フェンダーを外せば簡単ですが、それが面倒。
Posted by 永尾 at 2011年07月27日 08:24
こ、こんなところが・・・!
コレは、確認困難ですね〜。
Posted by くまろう at 2011年07月27日 18:07
これは、ことが起こってから対処ですね(笑)
Posted by 永尾 at 2011年07月27日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。