2011年06月22日

オーディオ調整

 
こんなことばっかりやっているわけですが。ちょっと前回カリカリに調整しすぎたので緩和措置。

ASTEROIDのボリュームを45/60から41/60に落として、3Sixty.2のゲインを調整し、更にKS125.2miniのゲインをハーフウェイ−α に落とし、3Sixty.2の出力レベルを-10から-8に上げたところで落ち着きました。

20110622.JPG

あとは気楽に流すのみ。
posted by FCLIFE at 10:34| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th
この記事へのコメント
永尾さん、こんばんは。
オーディオのことを私は何もわかっていないのですが、永尾さんのブログで時々このような画像を拝見します。

これはいったい何をしているところなのでしょうか?
Posted by おぶすくら at 2011年06月23日 00:45
あら、飛んで火に入る夏の虫的ご質問ですね(笑)

私のクルマでは、ヘッドユニット(ASTEROID)からのラインアウトを3Sixty.2というオーディオプロセッサーに入力して、加工してからアンプ(KS125.2mini)で増幅してスピーカーを鳴らしています。この画面は、3Sixty.2をBluetoothでPCと接続し、PCから各種調整をしているところです。

3Sixty.2でできることは多数あるのですが、私が使っているのはスピーカーディレイ(タイムアライメント)とハイパスフィルター(設定した周波数以下の音を減衰させる機能)です。中級以上のデッキやAVナビでは、これらの機能が内蔵されていることが多いので、3Sixty.2は必要ありませんし、これらの調整機能がそもそも必要ない方には、全く要らない機械です。
Posted by 永尾 at 2011年06月23日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。