2010年10月21日

CLIO RS スピーカー交換結果

 
いつものように、すんなりとは終わらないオーディオいじり(笑)

PIONEER/TS-Z132PRSですが、高音はちょっと硬い感じで、キンキンします。中低音は、EosとS40で使っているHERTZのML1600のようなゆったりとした中低音ではなく、スピード感ある歯切れの良い低音。「どの音も漏らさず再生してやるぞ」的な日本的スピーカーなのですが、もうちょっと肩の力が抜けていた方が聴きやすいかな。この辺りは、まだエージング不足ですから、今後変わってくるでしょう。
cliospeakerchange03.JPG

すごいのは低音の音圧。13cmというのがまったく信じられません。このスピーカーでサブウーハーを追加する人が果たしているのだろうか?? 私としては、もうちょっと低音の音圧が少なくても十分な感じ。この低音では、普通の取り付けだと内張がビビること間違いなし。音匠さんのデッドニングは完璧で、ドアが箱として鳴っている感じがわかり、内張もまったくビビる部分がありません。さすがプロです。

が、致命的な問題あり。

(1)RKi8400のプリアウト出力がパワーなさ過ぎ。RKi8400からKS125.2miniにRCAで入力して増幅するのですが、調べてみたら何と今どきプリアウトが1Vの低圧。なのでどうしてもKS125.2miniのゲイン(入力感度)をMAX近くにしなければならず、かつ結構な音量で聴く私の場合は、ソースによってはRKi8400のボリュームも最大近くまで上げなければなりません。音量を求めるとどうしても木目の粗い音になってしまい、かつ増幅されたノイズも気になります。

(2)ステレオ音源では、左側運転席で聴いていると、音が左Aピラーに貼り付きます。また右側助手席では右Aピラーに貼り付きます。モノラル音源では、スピーカーの位置がはっきりとわかってしまいます。これは位相ズレしているときの典型的な聞こえ方。

(1)を解決する手段としては、KS125.2miniがハイレベル入力対応なので、RKi8400のプリアウトではなく、スピーカー出力を入力すれば恐らく大丈夫。ただしこれは試したことがないので音質的にどうなるかは未知数。(2)を解決するには、スピーカー位置を私から左右等距離に置くか、私の頭の位置を常に車両中央に置くかしかなく、これは両方とも無理(笑)

ということで、色々と昨晩寝ながら思考を巡らせましたが、ここは最終兵器、Rockford Fosgate 3SIXTY.2 シグナルプロセッサーの投入を決意。RKi8400のスピーカー出力(RCAではなく)を3SIXTY.2のハイレベル入力に入れて、3SIXTY.2でタイムアライメントをかけて位相ズレを解消し、KS125.2miniにRCAで送って(3SIXTY.2のプリアウトは5V)増幅する算段です。またついでに3SIXTY.2のフィルター機能で、50Hz-24dBくらいで超低音をカットし、パワーありすぎの低音部を調整してやるつもりです。
clio3sixty01.jpgcliospeakerchange06.JPG

3SIXTY.2(ハイレベル入力)+KS125.2miniの組合せは、S40で経験済みなので安心。
今日発注して明日届くというので、今週末にはスッキリしたいです。なので、23日(土)のルノースポールジャンボリー2010は欠場となります(笑)
posted by FCLIFE at 14:28| Comment(16) | RENAULT Clio RS 20th
この記事へのコメント
やはり、ここに行き着いてしまいましたね???

お互い頑張りましょう

只今、中域から低域をちょっと絞っています
エッジが硬い感じがするので、時間を掛けてエージングしてやろうと思っています
低域をガンガン出すと、エージング終わった頃に
低域の締まりが無くなっちゃいますよね??

もうちょっと(時間を掛けて)鳴らしてから、完全に追い込んでみたいと思います。
Posted by Wolfey at 2010年10月21日 16:57
少々やりすぎたようです。
もう少し中途半端なスピーカーなら、3SIXTY不要だったかも知れません(^^;)
Posted by 永尾 at 2010年10月21日 17:19
ちょっと気になったので。
ライン出力というのはパワーアンプに入る前の信号なので、 RKi8400と3sixtyをスピーカー出力でつなぐと、ライン出力に出ているのと全く同じ信号をわざわざRKi8400内のパワーアンプ部で増幅し、3sixty内のHi-Loコンバータ回路で縮小してから使う事になりますが…
Posted by kaishi at 2010年10月21日 17:37
kaishiさん

その通りなのですが、RKi8400の非力なライン出力をできれば使いたくないというのが理由です。3sixtyの入力感度をかなり上げないといけなくなるので。それと、以前S40で、純正デッキで増幅したSPレベルの信号を3sixtyのハイレベルインプットに入力してKS125.2miniに送る組合せをやっていたのですが、それがとても心地よい音だったので、期待感もあります。

とはいえ、一応、ラインで繋ぐ場合とハイレベルで繋ぐ場合とを聞き比べて、どちらにするか決めたいと思います。
Posted by 永尾 at 2010年10月21日 18:01
んー、そもそも1V RMSというのは本来のライン出力の標準電圧なので、それで音量が不足するのはちょっと不思議なんですよね… そもそもRKi8400がおかしいとか?(^^;)

ところでKS125.2miniのゲインは「MAX近く」というかMAXなのですよね? パワーアンプのゲインコントロールはライン入力に対する「抵抗」なので、入ってくるのが標準の1V RMSでしかも音量が大きすぎて困るのではなければ、余計な「抵抗」がかからないMAXで良いはずです。
パワーアンプについているゲイン調整は、ハイアウトプット機器をつないだ時など「音量が大きすぎてプリアンプ側ボリュームで調整しづらい」「入力過大で音が歪む」などの時の調整手段として絞るものです。

そこは問題なくて、それでも音量が足りないとすると、プリアンプでライン出力を増幅させるというのが「電気的には」本来筋ですけど、「電気的な正しさ」と「良い音」はまた違う話なので…(笑)
Posted by kaishi at 2010年10月21日 19:05
電気的に正しいかどうかわかりませんが、アンプのゲインをMax(ちょっと手前でした)にして、更にRKi8400のボリュームを最大近くまで持っていかないと望みの音量(かなり大音量ですが常用する音量です)にならないということは、RKi8400が故障していないという前提だと、残りはスピーカーの能率かと思いました。TS-Z132PRSの能率は86dBですから、けっこう低いです。

基本は、kaishiさんのアドバイス通り、RKi8400の1Vプリアウトをプリアンプ=3SIXTY.2で増幅してアンプに送り込む方法にしたいと思います。それでダメなら、ハイレベルも試してみます。


KS125.2miniのゲイン調整は下記のような方式らしいです。

「通常のパワーアンプのゲイン調整回路は半固定VRに音楽信号を流しますが、MA-125.2/MA-75.4(注:KS125.2miniのOEM品)のゲイン調整回路は半固定VRに音楽信号を流がさず、バッファー回路の帰還部に半固定VRを設け直流電圧を変化させる事でバッファー回路の増幅率をコントロールしています。これにより信号劣化を抑えたゲイン調整が可能になりました。」

このゲイン調整方式の場合は、ゲインを下げた方がノイズが減る(S/Nが良くなる)らしく(私には根拠がわかりません)、ARC AUDIOの取説にも下記のような記述があります。

With the gain up the amp will reach full output at a lower volume setting on the deck. At higher gain settings the amp also becomes more sensitive to noise from the car's electrical system. Try to run the gain at the lowest setting possible for your system.

なので、なるべくゲインは、音が元気を失わない程度に低くした方がよいと思い込んでいました。
Posted by 永尾 at 2010年10月21日 20:55
すみません。NFB量調整型のゲインコントロールだったのですね。
だとすると、確かに下げた方がS/Nが良くなりますし、原理的には調整量によって音質(特性)が変わるはずなので、プリアンプ側のボリューム量と合わせて好みの音の箇所を探すという楽しみもあるかもしれません。違いが判別できれば、ですが(^^;)。

肝心の音量の件ですが、KS125.2miniの仕様上入力上限3.5Vと最近の流行りのハイアウトプット対応なので逆に標準の1Vでは入力ゲインが不足気味になるのかもしれません。
1Vは一応昔からのRCAの標準電圧なので、これを「低圧」と言われてしまうと個人的にはRKi8400がちょっと可哀相な気もします(^^;)。
Posted by kaishi at 2010年10月21日 22:16
その昔、bitoneのヒスノイズ問題で、なるべく高い電圧をbitoneに入力して、bitoneのゲインを低く抑えるということをやった関係で、車載デッキのプリアウト電圧を片っ端から調べました。今では、スタンダードなモデルで2V程度、少し高級なモデルで4V〜5V、ハイエンドだと8Vくらいなので、何かおかしいなと思ってRKi8400の電圧を調べたときに1Vという数字を見て、思わず「ひくっ!」って思っちゃいました。これが標準なんですね(^^;) その昔は、500mVとかも普通にあったみたいですね。
Posted by 永尾 at 2010年10月21日 22:55
またまたすみません。標準って書きましたが確かにRCAライン入出力の電圧は規格がある訳ではないです。その時代に主流なのが「標準」ってことになりますね。

今の家電製品(テレビとかレコーダーとかポータブルオーディオとかPCとか)の多くは1Vrmsなので、一般的に言うRCAラインの標準は1Vrmsだと思います。すごく昔は確かに300mVとか500mVとかが普通でした。
ハイファイオーディオとかカーオーディオの世界だと標準が上がってるんですね。その意味ではRKi8400は「オーディオ品」ではなく「家電品」なのかも(^^;)。
その家電品でも1/2Vrmsに切替えられるものもでてきているようですから、そのうち2Vが標準になるのかもしれません。
Posted by kaishi at 2010年10月21日 23:31
あとは、3sixty(プリアンプ/ラインドライバー的)で1Vを5Vとかまで増幅したときに、ノイズがどうなるかだけが心配です。S40での記憶では、S/Nはかなり良かったはずなので大丈夫と思いますが。
Posted by 永尾 at 2010年10月22日 17:16
3sixtyはデジタルシグナルプロセッサですから、アナログ的に増幅するわけではなく、入力をデジタル化して、加工した後のデジタル信号を(入力とは全く関係なく)最後にD/A変換でアナログ出力にしているので問題ないはずです。(増幅している、というよりデジタルプロセッサの出力がたまたまハイアウトプットだった、という感じ)

それにボリューム調整は3sixtyで行い、RKi8400のボリュームはMAX固定になるので、音量調整されたハイアウトプットデッキの出力より、よっぽどハイボルテージになっているはずです。 え? UNIKA付いてるからステアリングで音量調整したい? ハイアウトプットにこだわる人がそれやっちゃダメです(笑)。
Posted by kaishi at 2010年10月22日 21:18
私の行動を予期した上での、ちょっとしたいじめですね(爆)

確かに、S40のときは純正オーディオのボリュームは固定して、3sixtyのリモコンでひたすら音量調節していました。。。純正オーディオの特定ボリュームで、「デ」イコライジングしているので、他のボリューム位置に変えるとフラットにならない(だろう)という理由でした。

何もハイアウトプットに拘っているわけではなく、拘っているのはむしろRKi8400(とUNIKA)を外さないということです。デッキを、十分なライン出力で、かつプロセッサ内蔵のものに換えるだけで、問題は全て解決しちゃいますからね。3sixtyを買うより安いかも知れないし、投入物量も少なくてエコだし、スペースも使わないし、たぶん音質も良いでしょう。

仰るように、D/A変換された結果がたまたまハイアウトプットであるなら、インプットする電圧は高くなくても良いので、RKi8400にはとても好都合ですね。今回の目的は、RKi8400を使っても自分のよく使う音量に調整したい(かつその時のノイズが満足できる程度に低い)ということですから、3sixty/KS125.2miniとの組み合わせにおいて、その目的が充たされるRKi8400の出力の範囲があれば、RKi8400のボリュームがそのまま使用できてラッキーです。もしRKi8400のボリュームをMaxにしないと目的が達せられないようなら、3sixtyのボリュームを使うようにします。
Posted by 永尾 at 2010年10月22日 22:46
前コメントはもちろん冗談です(^^;)。

それはともかく、3sixty.2の最大出力は5Vrms、KS125.2miniの最大入力が3.5Vrmsなので3sixtyの設定で出力を-3dBすると一応双方の入出力電圧がほぼ揃うことになります。(3sixtyのボリュームつまみMAXで)
3sixyの入力側はLEDを見ながら調整できるんですね。
Posted by kaishi at 2010年10月23日 15:19
kaishiさん、別エントリに書きましたが、今日完成しませんでした(^^;)

ちょっと教えて頂きたいのですが、

@「3sixtyの設定で出力を-3dBする」のは、設定ソフトの出力レベル設定で、-3dBに設定するという意味でしょうか?標準では-10dBになっています。

A3sixtyのボリュームつまみを操作するのと、前記の出力レベルを変えるのとは、何が違うのでしょうか? bitoneでは、リモコンでのボリューム操作は、設定ソフトのマスターボリュームと連動しているのですが、3sixtyでは、各チャンネル毎のレベル調整しかなくて、マスターボリューム的なものはありません。

B3sixtyの入力ゲインは、LEDを見ながらツマミで調整するのですが、RKi8400からのRCAでは、いくらゲインを上げてもCLIPしないので、最大ゲインにしています。これは正しいでしょうか?

いつも教えてもらってばかりですみませんm(_ _)m
Posted by 永尾 at 2010年10月23日 18:34
3sixtyのマニュアルを読んで「普通に考えたらこうだよね」という理解で書いております。ひょっとしたら解釈を間違っているかもしれませんが、こんな感じです。

(1) はい、設定ソフトの出力レベルで-3dBです。0dBで減衰0なので(ボリュームつまみMAXで)仕様である最大出力5Vrmsが出ると理解しています。-3dBでMAXが約3.5VrmsでKS125.2miniの最大入力と同じになります。
-10dBではMAX1.5Vrmsになると思いますが、これがデフォルトなのは受け側(アンプ)の最大入力は判らないのでマージンが取ってあるのではないかと思います。これを-3dBにすればその分KS125.2miniのゲインが絞れるはずです。

(2) 私の理解ではボリュームつまみ操作とソフト設定は「出力レベルを操作する」という点では同じものです。ただ用途としてはソフト設定は(1)で書いたような受け側(アンプ)の最大入力と3sixtyの最大出力のレベル合わせ、ボリュームはいわゆる普通の音量調整だと思います。

(3)SLP LEDがちゃんと点灯しており、音量的にも問題がなければ問題ないと思います。RKi8400はCLP LEDが点くような(ある意味過大な)ライン出力は出せないということですね。後はCDX-M7810→RKi8400の出力と、ipod→RKi8400の出力はゲインが異なるかもしれませんので、ipodを常用するのであれば3sixtyのテストCDをipodにwave取り込みしてそちらで調整してみる、という手はあるかもしれません。

多分大きく外れてはいないと思いますが、絶対ではありません(^^;)。
Posted by kaishi at 2010年10月23日 21:15
kaishiさん、ありがとうございます。
CDX-M7810→RKi8400の出力の方が、ipod→RKi8400の出力よりも大きいようなので、CDXの方で調整してみました。スピーカーラインからの入力では、S40の時にCLIPギリギリで調整したのですが、最大1VのRCAくらいではCLIPしないのでしょうね。
Posted by 永尾 at 2010年10月23日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。