2018年11月22日

ズービン・メータ指揮 バイエルン放送交響楽団

今年、自身のイスラエル・フィル来日公演を体調不良でキャンセルされたズービン・メータさん
20181122_182633.jpg

同じく体調不良で降板されたマリス・ヤンソンスさんの代役を今回務められているわけですが、2年前のウィーン・フィルのときの面影はなく、すっかり痩せられて歩くのもままならない状態で座って指揮をされました。イスラエル・フィルの公演キャンセルを申し訳なく思う気持ちから今回代役を引き受けられたのだと思います。しかし一旦曲が始まると体力の衰えを感じさせない見事な演奏に感動、そしてアンコールまで(涙) 素晴らしいモーツァルトとマーラーでした。

モーツァルト:交響曲第41番ハ長調「ジュピター」
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

20181122_182505.jpg
20181122_183636.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。