2018年11月20日

ウィーン・フィルハーモニー・ウィークインジャパン2018オーケストラ公演I

第二夜は今回一番人気のプログラム
20181120_183130.jpg

いつかはこの黄金の間でウィーンフィルを聴きたいものです。
20181120_183719.jpg

今日のウィーンフィルには皇太子殿下がお一人でお見えになりました。出だしの魔笛で身震いし、史上最高のブラームス交響曲第2番、アンコールはなんと南国のバラ。リンツ出身のフランツ・ウェルザー=メストによるウィーンらしさ溢れる演奏に大感激。今期一番になるかも。ケルンで午前3時(日本は午前10時)に必死でパソコン叩いてチケットを取った甲斐がありました。席は皇太子殿下のちょうど真向かい。いつもテレビやYouTubeで見ているスター達をオペラグラスなしに識別できるミーハー席(LB2列)でした。
20181120_212824.jpg

モーツァルト:オペラ『魔笛』序曲 K. 620
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。