2017年11月07日

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団

今日は何年かぶりのボストン交響楽団です。
IMG_20171107_182527.jpg

指揮は音楽監督のアンドリス・ネルソンスさん。
曲目はチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35と
ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調作品103「1905年」です。

人生2回目ですが今日は皇族の展覧演奏でした。
開演直前になってにわかにカメラと照明がRB席に現れ、皇太子様と皇太子妃様がいらっしゃいました(^^)

一曲目のソロヴァイオリンはギル・シャハムさん。サービス精神旺盛でニコニコしてオーケストラとの共演を楽しんでいらっしゃいました。

二曲目のショスタコーヴィチは恥ずかしながら初めて聴きましたが、約1時間の大型交響曲でありながら、まったく時間を感じさせず、壮大なスケールに圧倒されっぱなしでした。

やはり、チケット価格が高いのには理由がありますね、ボストンは素晴らしかったです。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。