2017年05月03日

世界ふれあい街歩き「ストラスブール」を辿る旅

NHKの「世界ふれあい街歩き」の街歩きコースを辿る旅、5月3日コルマールに引き続きストラスブールに行ってきました。

コルマールからストラスブールへTGVで戻ること30分、巨大なUFOのようなストラスブール駅に到着
1.JPG2.JPG

イル川にかかるヴォーバン橋まで歩いてきました。この左側にシラク、オランド、マクロンなどを輩出したフランス国立行政学院があります。
3.JPG4.JPG

橋の上から眺めるストラスブール旧市街方面は溜め息の出る眺めです。
5.JPG

世界遺産の旧市街に入り、以前は人力の跳ね橋だった回転橋へ
6.JPG

この橋を渡ると美しいコロンバージュの家並み
7.JPG

Place Benjamin ZixでアルザスのビールFISCHERとリースリングワインで一息
IMG_20170503_144518.jpg

旧市街を離れるとトラムが走ります。
8.JPG

ドイツ帝国時代に作られた共和国広場(旧皇帝広場)
9.JPG

ドイツ時代に建てられた建物は前庭付きが特徴
10.JPG

母校ストラスブール大学へやってきました(笑) 大学宮殿と呼ばれる建物です。
11.JPG

学生劇団が練習していた中庭
12.JPG

子供にドイツ語を教えていたアルザス文化センターです。
13.JPG

キリンの頭のオブジェはストラスブール装飾芸術学校
14.JPG

子供写真教室が開かれていた広場です。
15.JPG

この一角だけとても鮮やかなコロンバージュは、芸術家や職人が集まるアトリエ
16.JPG

ダンスサークル「ストラスブールのコウノトリたち」が踊っていた広場
17.JPG

アルザス文化センターで出会った老夫婦が向かったオペラ座のカフェ
18.JPG

ストラスブール大聖堂と時を刻み続ける大時計
19.jpg20.JPG

ストラスブールは比較的大きな街なので、世界ふれあい街歩き完全トレースには半分くらい自転車を使用しても6時間を要しました。

最後は念願のお食事&酒

まずは「タルトフランベ」をアルザスのKronenbourgで流します。
21.JPGIMG_20170503_181009.jpg

そして名物「ベックオフ」(パン屋の窯という意味だそうです)をアルザスの甘めのゲヴュルツトラミネールワインでいただきます。豚と羊と鳥が入った煮込み料理です。
22.JPGIMG_2168.JPG

ストラスブール駅からパリ東駅はTGVで1時間45分ほど。
22時過ぎにパリに帰着、さすがに帰路は爆睡していました(^^)
posted by FCLIFE at 02:00| Comment(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。