2017年05月07日

フランス旅行2017(クルマ関連編)

今回のフランス旅行のクルマ関連編
まずはLUTECIA乗りの聖地、パリの古名LUTECEゆかりの地へ

LUTECE時代の円形闘技場です。
IMG_1971.JPGIMG_1970.JPG

LUTECE時代の古代風呂跡
IMG_2171.JPG

サンミッシェルにあるLE LUTECEでカフェを
IMG_2172.JPGIMG_2173.JPG

ルノーゆかりのRUE LEPICへ
IMG_1986.JPG

LEPIC通りのクレープ屋さんで食事
IMG_1990.JPG

フランスに来るといくらフランスの小型車好きでもさすがに不感症になります(笑)
車の写真はあまり撮らなかったのですが、

ソルボンヌでみつけたシュペールサンク
IMG_2299.JPG

パリから40km郊外のオーベル・シュル・オワーズでシュペールサンクを2台
IMG_2412.JPGIMG_2430.JPG

結局サンクはシュペールを4台見ましたが初代サンクを見ることはできませんでした。

コルマールで見たラグナクーペ。ラグナはたくさん走っていますがクーペはこの1台しか見ませんでした。
IMG_2068.JPG

ストラスブールのアルザス文化センター前にキレイなトゥインゴ発見。初代トゥインゴはまだまだたくさん見ることができます。
IMG_2146.JPG

オーベル・シュル・オワーズの邸宅と新型C3。C3を見るとカクタスは間延びして見えてしまいます。
IMG_2370.JPG

同じくオーベル・シュル・オワーズで2CV、似合いますね〜
IMG_2373.JPG

田舎のルノーディーラー。こじんまりしています。
IMG_2368.JPG

パリから電車で20分、CHATOUで見かけたキャプチャー。石畳が似合います。
IMG_2304.JPG

ブリュッセルで充電中のZOE。ZOEはとてもたくさん走っています。
IMG_20170505_113944.jpg

今回感じたのは、車はその国の風景に似合うように作ってあるということ。
日本でフランス小型車好きを気取っていますが、何となくそれでいいのか?と考えさせられました。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。