2016年12月23日

iPod Classic 160GBとのお別れ

その大容量と車との親和性ゆえに長らく使ってきたiPod Classic 160GBととうとうお別れしました。

これが後継機です。
MicroSDXCカード SanDisk Ultra 200GB Premium Edition 90MB/s Class10 UHS-1 SDSDQUAN-200G-G4A
IMG_20161223_174728.jpg

スマートフォンF-01Jで動作確認済みのmicroSDカードの中でSAMSUNGの256GBに次いで大容量なカードです。現時点でおおよそ9千円、200GBのメモリーカードが9,000円ですよ!!(SAMSUNGの256GBはまだ2.5万円くらいします)

さっそくF-01Jにマウントしてフォーマット、183GBと認識されています。

Screenshot_20161223-175206.png

この183GBに、iTunesでPCに取り込み済みの音楽ファイル147GBをコピーします。スタートして5時間近くコピーしていますが、あと1時間以内には終わりそうです。かなり転送速度の速いカードです。

iTunesで取り込んだ音楽ファイルは、アーティスト名⇒アルバム名⇒曲というフォルダ構成になっています。それをそのままスマートフォンのSDカードにコピーしていますから、それを再生するプレイヤーはフォルダー再生に特化したものが望ましいということで、こんなアプリを見つけました。

Lisna
Screenshot_20161223-211724.png

不要な機能は盛り込まず、必要な機能はすべてあるフォルダ型音楽プレイヤーです。まさに神アプリ!

iPod Classicは各車に繋げっぱなしで使っていたので3台あったのですが、ヤフオクに出品したら1時間で3台とも即決落札されました。今でもとても人気があるんですね。

これからはスマホで音楽を再生して、それをBluetoothで車に送って聴くことになります。

追記:約6時間でmicroSDカードへの音楽転送完了、151GBになりました。
Screenshot_20161224-001124.png

早速イヤホンで聴いてみましたが、すべてが一台で済むのはとても楽です。
posted by FCLIFE at 22:55| Comment(0) | モバイル・PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。