2016年11月14日

SONY Xperia Z Ultra あれこれ

今年の8月頃に「ほぼ新品」で購入した中古のXperia Z Ultra(Wi-Fi専用White)
14976875_1171013222979136_973146066351694498_o.jpg

3ヶ月で液晶の表示がダメになりました(^^;)SONYはこういうケースが多い所感。

しかしこの Z Ultra、6.4インチという非常に珍しい液晶サイズ(老眼に優しい)と6.5mmの薄さで機械としてとっても惹かれるものがあるのです。3年前のモデルなのにいまでもサクサク快適です。

正規品なのでSONYの修理窓口に出すことにしました。ホームページの定額修理では液晶33千円、基板22千円です。出したはいいけど恐らく巨額の修理代になるだろうなと予想し、そんな修理代を払うならと、違うのを買ってしまいました。

Xperia Z Ultra(C6833 SIMフリー海外機 Black)今回も「ほぼ新品」
IMG_20161111_194824.jpg

いわゆる「並行輸入品」で日本で販売していないSIMフリーなので手持ちのSIMが使えます。Wi-Fi専用ではないので、何ならメイン機として持ち歩く勢いで洒落たカバーも買いました。

手持ちのSIMはnanoSIMなので、まずはこれに下駄を履かせてmicroSIM(miniSIM)に変換して挿入したのですが、これがなかなか認識してくれません(汗)もしかして下駄が悪いのかと思い、違う下駄を使ったら認識してくれました。4G(LTE)をしっかり掴んでいます。
IMG_20161112_183447.jpg

androidは確か4.2.2だったのを2時間くらいかけて5.1.1までアップデートしました。
IMG_20161112_183514.jpg

がしかし、このあたりでまた「SIMが入っていません」となり、その後、認識したりしなかったりと不安定。翌日、念のためにdocomoに出向いてSIMをmicroSIM(miniSIM)に有償で交換してもらいましたが、それでも認識しなくなりました。。。返品します。

一方、SONYの修理窓口からTELあり、何と前オーナー様が延長保障に加入していたらしく、ネットで購入した私でもその延長保障を適用してくれると(嬉!)。液晶&基板その他の交換が何と無料となりました。

結局、BlackのSIMフリー版は要らなかったか、、、でもSIMが挿せるのが一度ほしくなったので、もう後戻りできません。。。懲りずに次のものを発注しました。

posted by FCLIFE at 18:48| Comment(0) | モバイル・PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。