2016年07月21日

スペイン国立管弦楽団

サントリーホールへスペイン国立管弦楽団を聴きに行ってきました。

IMG_20160721_184059.jpg

いきなり会場で演目変更を伝えられ、流石スペイン流!と思いきや、予定4演目に加えてピアノアンコール2曲、ギターアンコール2曲、オーケストラアンコール3曲の大サービス。演奏もすばらしく、なかでも「ボレロ」の十八番感が半端ではありませんでした。「アランフェス協奏曲」とアンコールの「アルハンブラの思い出」のギターには泣けました。

今回はRB三角地帯の6列、一番内側(一階席へ張り出している側)でしたが、ステージの見え方、音の届き方、出入りのしやすさ、何をとってもやはりサントリーホール最善のブロックではないでしょうか。
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。