2014年07月25日

フィアット/アバルト500シリーズ純正部品?!

いや〜、暑が夏いですね〜

そんな猛暑の中、助手席着座センサーのやり直し。助手席に誰が座っても検知してくれないのです(笑) どんなロジックで助手席エアバッグが開くのかわからない以上、この辺りの動きは純正と同一にしておかなければいけません。大汗かきながら椅子を外して座面を外して革を剥いで。。。

位置をお尻寄りに変更したら無事検知するようになりました(^^)
ce6ff36f98.jpg

次に595C最後のお仕事、シートベルトが引き出しにくい問題の解決。
こんな感じでとっても引き出しにくいのです。
d6ef5448ea.jpg

詳しくはパーツレビューに書きましたがジムニー用アフターパーツの登場(^^)
ea4f947ca5.jpg

これをドライヤーでまっすぐに修正し(私の車体とシートの組み合わせの場合)、カラーがちょうど入るように穴径を20mmに拡げました。穴を拡げずにカラーと内装の間に挟んでしまうこともできますがベルトがスムーズに戻るためにはこの部分が動くことが大事です。
44c51fd5de.jpg

ベルト中継部もサポートもカラーにより自由に動きます。
00c680bc1e.jpg

運転席側@
e49fc08ab7.jpg

運転席側A
c6c0edec6c.jpg

助手席側@
bddadaa7d0.jpg

助手席側A
e697fad45d.jpg

肩の部分がねじれるのでバックルを反転し、そうすると腰部のベルトがねじれるので先人の皆様のお知恵を拝借して車体アンカー部を反転してねじれを解消しています。写真の赤部分をサンダーで削る方法です。
3709ff6242.jpg

ということで完成(^^)
2192c34f09.jpg

いや〜、500用純正部品?って思うほどの適合性だと思います。ねじれもなくなってとても快適(^^)
多少の加工は必要ですが難しくないのでRECARO等お使いの方にオススメです。

末筆ですが車体アンカー部反転テクニックをみんカラに公開いただいた先人の皆様に感謝申しあげますm(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:27| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。