2014年09月10日

新車初回点検〜とんだ勘違い

最近は新車初回点検を設けているメーカー・ディーラーも少なくなって来ました。
昨今のクルマは初期の段階で不具合が出たりオイルが汚れたりすることもないのでしょう。

ここ数年内に新車で買ったクルマでは、シトロエンとスマートは無し、ロータスとケータハムとアバルトは有り。これは何らかの傾向を表すのでしょうか(笑)

とはいえ、595Cに気になる不具合は何もなし。懸案だったドライビングポジションも、レカロの座面をできるところまで高く設置し、足は少し窮屈ですがなるべく前方にスライドしてアップライトに座ることにより、何とかペダルを踏む角度やステアリングアプローチに妥協できる点を見いだしました。最善ではありませんが何とかなりそうです。

c52fdac11c.jpg

新車初回点検にあわせてエンジンオイルとミッションオイルを交換。リコール作業(ステアリングシャフトとアクセルハーネスが接触しないように固定)もついでにやっていただきました。

4c8e0c1ff9.jpg

さて1.5時間ほどで点検は終わり、洗車もしてもらってカラフルなディーラーさんをあとに。久しぶりに湿度が下がって気持ちの良い陽気だったのでルーフ全開でドライブ。

しばらくして、「ずいぶん勇ましい音のマフラー付けたクルマが追いかけてくるな〜」と思い、注意してサイドミラーを確認するも(オープン時はたたんだ幌で後ろが見られないので)、ヤンキー車は見当たらず。不思議だな〜などと思いしばらく走っていましたが、ようやく気がつきました。自分のクルマのマフラー音でした(^^;)

梅雨や酷暑、その後の天候不順で屋根を開けて走る機会がなく、自分のクルマの排気音をストレートに聞いたことがなかったのでした。また、その音がクルマの可愛らしさや小さなエンジンとは不釣り合いに野太い音なので、にわかに自分のクルマとは結びつかず(^^;)

この子供っぽい音の演出に少々恥ずかしくなって大人しく走って帰ってきましたが、この辺もこのクルマのオモチャ感の醸成に一役買っているのかも知れません。いちおうノーマルマフラーなんですけど(^^;)

(備忘)
新車初回点検 2991km
・SELENIA ABARTH 10W50(純正エンジンオイル) 3.5L
・オイルフィルター
・ドレンシール
・トランスミッションオイル 2L
・リコール作業
posted by FCLIFE at 14:37| Comment(0) | ABARTH 595C Turismo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。