2015年06月26日

完治しました(^^)

先日、主治医のもとで運転席足元(LHDです)からの異音が確認できたCLIO RS、無事完治して帰ってまいりました。
5000193856.jpg

@ミッションマウントのボルト2本が仮締めのまま締め込まれておらず、発進時に前後に最大1cm程度動く状態でした(写真上)。これが「軽い振動を伴う異音」の直接原因です。
Aこれは異音とは関係ありませんがミッションを降ろす際に必ず外すABSハーネスが所定の位置に固定されていませんでした(写真下)。
47611bc027.jpg

Bこれは異音と関係するかどうかわかりませんがミッションを固定するブラケットのナットが全く締め込まれていませんでした(手でクルクルまわして入れたあとに締め忘れた感じ)。
a99082f967.jpg

ということで、クラッチ交換する際に分解するすべての箇所を主治医によって総点検され、退院となりました。CLIOからの異音は「やばいから治してくれ〜」という叫びだったのです(笑)

ミッションがキチンと固定され(ミッションマウントは新品に交換)、何ともカッチリしたシフトフィールが戻ったCLIO RS。代わりに乗っていたルーテシア・エクスプレッションMTの良い意味でゆる〜いシフトフィールとは好対照です。ミッションマウントが固定されてないとエンジンの揺れも大きくなるので、なんだか走りそのものがキリリとした感じ。コレです!!このクルマ、このままPHEVにならないものか(笑)

教訓 : 主治医(ディーラーさん)以外での整備にはリスクが伴う(^^;)
posted by FCLIFE at 15:13| Comment(0) | RENAULT Clio Gordini RS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。