2017年10月22日

ノートe-POWERのインテリジェントクルーズコントロール

高速道路で試してみました。とっても便利です(^^)





車線逸脱警報のアラームとともにインテリジェントLIで引き戻し側にトルクが掛かる場面もあります。車間は短・中・長から選べますが、短は短すぎで、都市高速では中〜長、都市間高速では長が良いでしょう。

それとクルーズコントロールとは関係ありませんが、このインテリジェントルームミラーがとても見やすくて気に入りました。
IMG_20171022_121106.jpg
IMG_20171022_122026.jpg
posted by FCLIFE at 14:39| Comment(0) | NISSAN Note e-POWER

2017年10月21日

NOTE e-POWER 納車

日産ノート e-POWERが、そぼ降る雨の中、日産の完成検査をすり抜けて納車されました(笑)

ルーフやドアミラー、アウトサイドドアハンドルをブラック化し、ダークメタリック塗装のアルミを履いた「ブラックアロー」という仕様です。内装も黒基調で落ち着いています。
201710211417.jpg

この二台はモーターで走るところが共通(^^)
201710211418.jpg

メインドライバーの親父がたいそう喜んでくれました。
IMG_3830.JPG

このシフトレバーはちょっと老人にはわかりにくいですね(汗
IMG_20171021_132405.jpg

ノートe-POWERは自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを装備し、経済産業省が推しすすめる「サポカーS-ワイド」に該当します。また、インテリジェントアラウンドビューモニターやインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、インテリジェントクルーズコントロールを装備。だから100%安全なわけではもちろんありませんが、何も予防安全装置が付いていない車を年老いた親に運転させるより、子としては100倍安心です。これを機に親父には行動範囲を拡げてほしいものです。
posted by FCLIFE at 14:55| Comment(2) | NISSAN Note e-POWER

2017年10月19日

MEGANE Grand Coupé

今年の6月から検討していたMEGANE Grand Coupéを本日発注しました。

images.jpg

最初は日本仕様のMEGANEハッチバックを買う気マンマンでしたが私が欲しい仕様では輸入してくれないので、やむを得ず並行輸入します。

どうせ並行輸入するなら社用車でもあるので日本に輸入されないセダンがいいなと。右ハンドルは必須ですが、メガーヌセダン輸出国約30ヶ国のうち左側通行国はオーストラリア、シンガポール、アイルランドの3ヶ国のみ。最初はオーストラリアからの輸入を検討しましたが、オーストラリア車をそのまま日本で登録することはできないためハードルが高く、結局EU加盟国で日本での登録も簡単なアイルランドから輸入することにしました。アイルランドではdCi110とdCi130の二種類のディーゼルしかラインナップにはなく、110はMTとEDC、130はMTのみです。dCi110はカングーやルーテシアなどに搭載されている2000年くらいに登場した古いエンジン、dCi130はセニックやエスパス、タリスマンなどに搭載される2010年以降に登場した新しいエンジン。本当はクラッチレスが良かったのですが、エンジンの新しさを優先して6MTとなりました。

MEGANE Grand Coupé

SIGNATURE NAV dCi130 Diesel
RIGHT HAND DRIVE
MANUAL 6 SPEED
Titanium Grey (KPN)

OPTIONS
Metallic paint
Panoramic sunroof
Parking Pack Premium
Adaptive cruise control
Front heating seats

実際に手元に来るのは来春以降でしょうか。
posted by FCLIFE at 19:20| Comment(4) | RENAULT Megane Grand Coupé

2017年10月14日

ウラディーミル・ユロフスキ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

今日はミューザ川崎でロンドン・フィル。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(ピアノ辻井伸行氏)とチャイコフスキー交響曲第6番悲愴という心に残る旋律オンパレードな組み合わせ。
IMG_20171014_165612.jpg

辻井氏のピアノということで満員御礼です。アンコールにリストのラカンパネラはちょっと得した気分。

圧巻だったのはチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」
IMG_20171014_215010.jpg

ロシア生まれのウラディーミル・ユロフスキ氏、タクトの先まで神経が通っているかのような繊細な振り。放っておくとロシアの交響楽団よりあっさりしがちであろうロンドンフィルを見事にロシアの楽団に生まれ変わらせていました。やっぱりオーケストラは指揮者が大事ということを再認識する、見事な悲愴でした(^^)
posted by FCLIFE at 22:27| Comment(0) | 音楽

2017年10月12日

moto360 Sport

写真右のmoto360 2ndを普段使いにもフィットネストラッキングにも使っていたらベルトが汗でとても香しくなってしまいました(^^;)

そこでベルトを新調(HIRSCH/PAUL)し普段使い専用に、フィットネス用に写真左のmoto360 Sportを新調。
IMG_20171011_232702.jpg

この二つ実は中身は同じですが、Sportは丸洗いできるウレタンベルト、単体で位置を検出できるGPS、日光下の視認性の良い半透過型液晶とカラー液晶のハイブリッドなど、moto360 2ndに機能がプラスされています。
IMG_20171011_232656.jpg

早速Android wear2.0にアップグレードしがてら初期設定。Android wearは1台のAndroidスマホに複数台同時接続できるので、特に切り替えなくどちらを持ち出してもOK。フィットネストラッキング(moto body)も両方のAndroid wearのデータを勝手に通算してくれるのでとても便利です。

しかし、Motorolaはもうスマートウォッチを開発しないということなので、いつまで故障せずに使えるのか(故障しても直す手段はなし)不安です(^^;)
posted by FCLIFE at 00:20| Comment(0) | 腕時計

2017年10月08日

ミュンヘン・バッハ管弦楽団

今日は娘と家内と三人でミュンヘン・バッハ管弦楽団のオールバッハプログラムを聴きに東京オペラシティーにやってきました。
IMG_20171008_111909~01~01.jpg

何と東京公演のみプログラムAとプログラムBをダブルヘッダーしてくれるのです。
IMG_20171008_111920~01.jpg

オルガンあり、チェンバロあり、フルートあり、 オーボエありの素晴らしいコンサートでした(^^)
posted by FCLIFE at 19:54| Comment(0) | 音楽

2017年10月07日

リッカルド・シャイー指揮 ルツェルン祝祭管弦楽団

半年以上の時間を掛けてリニューアルされたサントリーホールに行ってきました。
IMG_20171007_160607.jpg

祝サントリーホールリニューアル落成
IMG_20171007_163731.jpg

新設当初と同じ素材を使ってのリニューアルなので以前とまったく見分けが付かないのがさすがです。

今日の演目は
R.シュトラウス: 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30
R.シュトラウス: 交響詩「死と変容」op.24
R.シュトラウス: 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」op.28

アンコールが
R.シュトラウス: 楽劇「サロメ」から「サロメの踊り」

リヒャルト・シュトラウス三昧なコンサート。
楽曲も演奏も素晴らしすぎるほど素晴らしいのですが、35000円という高額チケット故か
座席が半分程度しか埋まっておらず、それがとても残念なコンサートでした。
posted by FCLIFE at 21:21| Comment(0) | 音楽

2017年10月01日

チェコ・フィルの「わが祖国」

チェコ・フィルの「わが祖国」
ペトル・アルトリヒテル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
IMG_20171001_142228.jpg

まさにお家芸、本来指揮される予定だった故イルジー・ビエロフラーヴェク氏追悼ということもあり、とても気迫にあふれた演奏でした。
IMG_20171001_142457.jpg
posted by FCLIFE at 19:00| Comment(0) | 音楽