2015年07月31日

DENSION Gateway Lite BT

昨日「マルチメディアアダプター」なるものをネタにしたところですが。。。

やっぱりBluetoothハンズフリー機能も欲しいしな〜と思ってググったらこんなのがありました。

DENSION Gateway Lite BT
d2b04fdf29.jpg

PANDAはFIAT500のオーディオ(BLAUPUNKTあるいはBOSCH)と異なり、Continental CD Radioというものらしく、日本でFIAT500用に発売されている各種接続キットは非対応。(Xcar-LINKは試作品あり?)

こんな商品構成でBluetoothは内蔵、マイクも付属しています。
e6852c5877.jpg

デバイスとの接続ケーブルは別売なのでDockケーブルも同時購入。
b6acd7c397.jpg

iPhone6を接続する方法はデジタル(Lightning Adapter LIA1GW0が別途必要)とアナログ(Apple純正のLightning - 30ピンアダプタを使用してDock接続)の2通りありますが、Lightning - 30ピンアダプタでD/A変換してDockに接続すると相性問題がほぼ出ないことがわかってきたので、この方法でiPod ClassicとiPhone6を付け替えながら使おうと思います。

せっかくのマルチメディアアダプターですが、納車後すぐに外すことになりそうです(笑)

因みにBluetoothで接続したハンズフリー機器と有線接続したiPod/iPhone/USBの共存が可能で、着信ミュートやステアリングスイッチでの着信にも対応しています(と書かれています、、、笑)。DENSIONに接続した以外のソースを使用中(ラジオやCD)でもミュートや着信が可能です(ソースボタンでソースをEXTERNALに切り替えると自動着信)。Bluetoothでオーディオストリーミングする場合のみ、有線機器を外す必要があるとのこと。ただこれは私は使わないので関係なし。

キチンと動けば儲けもの(笑)
posted by FCLIFE at 16:18| Comment(0) | FIAT Panda

2015年07月30日

マルチメディアアダプター

日本仕様のpandaには未だにblue&me機能がついていません。
595Cにも付いていませんでしたから付けるつもりがないのかも知れませんね。
互換性とか色々ややこしいので(^^;)

以前乗っていた500(並行車)にはついていて便利に使っていました。

今回は2DINナビをつけませんしオーディオも交換しません。私は今はなきiPod Classicに溜め込んだ音楽を流したいのと、家族はそれぞれ自分のiPhoneに入れた音楽を掛けたい。iPodはDOCK端子でiPhoneはLightning端子。それぞれの充電まで考慮するとUSBで接続するのが一番です。

ということでマルチメディアアダプターなるディーラーオプションを頼みました。
cb79fc53fa.jpg

で、このマルチメディアアダプターをググって取扱説明書&取付説明書を見てみたのですが。。。

対応機種が、

iPod classic (6th generation)
iPod nano (2nd, 3rd, 4th, 5th and 6th generation)
iPod touch (1st, 2nd, 3rd and 4th generation)
iPhone
iPhone 3G
iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S

(汗)

何ごともなくiPhone6がつながることを祈ります(笑)
posted by FCLIFE at 16:13| Comment(0) | FIAT Panda

2015年07月29日

AVIC-MP35の怪

納車待ちのpanda、選んだオプションはポータブルナビ、ETC、マルチメディアアダプター、フロアマットです。

pandaのインパネは特殊形状で2DINはかなり大掛かりなフェイスパネルを買わないと入らず、しかもインパネのテイストがかなり変わってしまいます。

まあ現在地がわかればいいやということなので、ナビゲーションカタログの中で一番コンパクトなAVIC-MP33Uというものを選びました。
eb65c6550c.jpg

PIONEERのサイトで調べるとAVIC-MP33Uはすでに生産終了の2013モデル。でもpanda専用取付キット付なので輸入元には大量に買い込んだ在庫があるんでしょう。地図が古いけどCNSD-A4500というバージョンアップキットが6月に発売になったので、これを入れておけば何年かは行けるだろうという読みでした。(実は先走って購入済み。。。)

しか〜し、ディーラーさんから電話が。

「FCLIFEさん、ナビの型番が変わっていました」
「ほう」
「AVIC-MP33Uではなく新しいAVIC-MP35でした」
「数字が大きくなってるね」
「はい新しいです」
「形は33と同じ?」
「はい、同じです」
「じゃあいいんじゃないの〜」

ということで電話を切ってAVIC-MP35をネットで検索。

まずPIONEERのホームページに載っていません(汗) ヒットするのは輸入車販売会社のホームページばかり。VW、FORD、MINI、FIAT、CITROENなどにオプション設定されているものの、一般販売されていないモデルのようです。

詳細を知りたいのでPIONEERのお客様相談窓口に電話してみました。

「AVIC-MP35の詳細が知りたいんですが」
「しばらくお待ちください」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自動車販売会社専売品のため情報がありません」
「地図のバージョンと将来アップデートできるかが知りたいのですが」
「自動車販売会社へお問い合わせください」

・・・そんなことFIATディーラーに聞いてもわかるわけがありません(爆)

ということで諦めて自分なりに調べてみました。

・外観はまったく同じ
・地図のバージョンは2014年第2版
・バージョンアップはFORDとVWは非対応と明記(MINIは有償対応と書いてあるが怪しい)

ということで、AVIC-MP33Uを2015年版にするほうが良かった。。。
まあ小さな話ですが、中央環状線は大井JCTまでつながっていないのでしょうか(笑)
posted by FCLIFE at 16:05| Comment(0) | FIAT Panda

2015年07月26日

日本にいながら南仏を感じる

南仏と言ってもちょっとマイナー感のあるラングドック・ルシヨン地方を日本にいながら感じられるお店を訪ねて代官山に行ってきました。

こちらが有名な母店、我々が行ったのは隣のカジュアルなビストロ(敢えてリンクは貼りません)。
c6135df419.jpg

いきなりお店の入口にカルカソンヌ(^^) オーナーシェフがモンペリエ生まれのカルカソンヌ育ちだそう。とても気さくでミシュラン☆付きを感じさせないシェフは来月バカンスでカルカソンヌに里帰りするそうです。

カルカソンヌといえばカスレ。このカスレは現地で食べるそのものの味でした(^^)
483b2b2389.jpg

もちろんロゼをいただきます。カルカソンヌとナルボンヌの間くらいのラングドック産です。
9f42857db1.jpg

母店の方は少々お高そうですが、併設ビストロはとてもリーズナブル&カジュアル。ボトルワインも良いですが、グラスワインは10種類以上あるワインの中から選んで自分で樽からグラスに好きな量を注いでOK、もちろんすり切れギリギリまで注ぎましたよ(笑)

とても良い店で、これはリピート確実です(^^)
日本で現地と違わぬカスレを食することが出来るお店は超希少です。

お腹いっぱいになって外に出たら何と37度、ということで、近くの公園にあるカフェのオープンテラスで更にビールをたくさんいただいて帰ってきました。それにしても今日は暑かったですね〜
a7d6e792da.jpg
posted by FCLIFE at 21:52| Comment(0) | 酒・グルメ

2015年07月24日

ブラングラシエは難しい〜

ずいぶん前に息子がルーテシアでオカマを掘ってしまったのは既報の通り。
フロントリインフォースメンバーとバンパーを交換をしたのですが、どうもバンパーとその他の部分の白の色味が違う(^^;)

ブラングラシエ=氷の白です。氷の白ですから少し青みがかった白なのですが、新車のブラングラシエではこの青みはほとんど感じられません。

一方で交換部品をメーカー指定のブラングラシエで塗ると、この青みが強く出てしまい、新車塗装の部分と色味が合いません。

3回塗り直してもらいました(爆)
64c97b4106.jpg

やっと合いました。

ブラングラシエの部分塗装には十分気をつけましょう!
posted by FCLIFE at 23:32| Comment(0) | RENAULT Lutecia MT

2015年07月20日

呼吸するシート2

先日オートバックスで取り急ぎ購入した「BONFORM 快適エアークールクッション」は、足元から吸った空気を座面や背もたれから身体に向かって排出する所謂ベンチレーションシート的な商品です。
841c00e8fa.jpg

対して今回購入したものは、工場や工事現場で大活躍の「空調服」のクルマ版、「クールクッション」。こちらは足元から吸った空気を座面や背もたれから排出せず肩部の排気口から排出します。
7f8bbbb545.jpg

まったく考え方の違う両者を早速比べてみました、、、
50a87db45b.jpg

結果、空調服の圧勝でした!!

空調服は元ソニーの技術者が壮年起業した会社としてテレビ等のメディアで取り上げられているので興味を持っていました(^^)

ファン部分やケーブルパーツが部品単品供給されているので長く使えそうです。
1497e828c9.jpg

これで夏でも何とか乗れそうです(^^)
posted by FCLIFE at 22:08| Comment(0) | CATERHAM Super 7

空調服 車用空調シート クールクッション

工場や工事現場で大活躍の「空調服」のクルマ版、「クールクッション」を導入しました。先日オートバックスで購入した「BONFORM 快適エアークールクッション」は足元から吸った空気を座面や背もたれから排出しますが、「空調服クールクッション」は足元から吸った空気を座面や背もたれから排出せず、肩部の排気口から排出します。空気はクッションの中を流れるだけ。まったく考え方が違う両者ですが、効果は空調服の圧勝。セブンではこちらを使うことにしました。シガライタによる12V/24V供給ですが、USB端子があるので二口USBソケットを利用すればシガライタ1個で運転席・助手席同時使用できます。

p1.jpgp2.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | CATERHAM Super 7

2015年07月12日

呼吸するシート

昨日はオーセンティックさんに誘っていただき、とても楽しいオフ会に参加してまいりました。
ビートル&ゴルフ族の皆さまとはお初でしたが気さくな方ばかりで楽しかったです。
そのオフ会の詳細はこちらへ(爆)

さて、そのオフ会に参加するために我がセブンに新装備したアイテムが、、、、
BONFORM快適エアークールクッションです。

土曜日が30度超えするという予報を見て、金曜日に急遽近所のオートバックスで買い求めました。
炎天下でセブンの湯桶地獄に耐えられる自信はありません。

セブンのシートにジャストフィット、もちろんサンシェイドもつけて日陰を作ります。
841c00e8fa.jpg

オンオフと風量調整は手元のコントローラで。でも常時オン常時最大です(^^;)
a3acd43f11.jpg

さて、炎天下のセブンと言えば背中〜お尻が汗でびっしょりが基本なのですが、
決して炎天下で「涼しい」とは言えないものの汗で衣類がびっしょりにはなりませんでした(^^)

ただ一つ問題が。セブン乗りの方ならご存知のように、セブンの運転席足元はエンジンの熱気を帯びた空気が自然とわき出る設計になっています(^^;) その暖かい空気をBONFORM快適エアークールクッションが足元で吸い込んでお尻と背中のクッションへ送風する場合があります。なので吸気ファンにダクトを取り付けて足元以外から吸気するようにすると更に良いかもしれません。

以下の写真はすべて盗用ですからお気を付けください(爆)

大好きな角度です(^^)
86167c78f6.jpg

欧州フォード製で間違いありません!
ce9db1f67b.jpg

このオッサンがまさかBONFORM快適エアークールクッションを敷いて運転しているなんて、
誰にもバレることはないでしょう〜
68e2bc6097.jpg

またお誘いください〜(^^)
posted by FCLIFE at 10:18| Comment(0) | CATERHAM Super 7

2015年07月11日

BONFORM 快適エアークールクッション

真夏のオープンカーの過酷な環境ではこれがあれば絶対にすごく涼しいわけではありません。でもこれを使えば結果として背中やお尻が汗でびしょびしょになることはありません。ベンチレーションがいかに効果的かがわかります。スーパーセブンのシートにドンピシャのサイズです。夏のセブンには必須でしょう。180日の保証があります。

注)セブンの場合、足元からエンジンの熱気を帯びた空気がでてくるので、それを吸ってクッションから吐き出すことがあります。吸気温度を下げる工夫(ダクトを作るとか)するとより良いかも。後日購入した空調服シートクッションの方が高性能でした。

p1.jpgp2.jpg
posted by FCLIFE at 00:00| Comment(0) | CATERHAM Super 7

2015年07月04日

電気自動車・PHEV検討終了

短距離シティコミューターのsmart EDに加えて中長距離用のEVあるいはPHEVを何にするか、ここ半月ほど色々検討してきましたが、一応の終結を見ました。

結論 : 今は買わない(笑)

日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表
2a7e99dc23.jpg


同じ体積で充電容量を2倍〜3倍にする技術も実験室段階から実用段階にすでに入っていますし、株主総会で発表した日産自動車だけでなく、同等の技術を使ったものは三菱自動車や海外メーカーからも数年内に出てくると思われるので、次世代電気自動車を待ってみることにしました。噂では次期リーフの登場は2017年と言われています。

本当にガソリン車と同等の航続距離(そこまでは無理だとしてもガソリン車の半分程度の航続距離が実用できるなら=つまり200km〜250kmの実用走行距離=JC08で400km程度)、しかも充電時間が画期的に短くなるなら、ガソリンを中途半端に使うPHEVではなくEVで十分です。

とりあえずは次期リーフの登場を心待ちにしています。

ガンバレ!日産!
posted by FCLIFE at 10:33| Comment(0) | SMART electric drive