2011年07月30日

MEGANE RSシフトノブ装着

 
昨日重さを量り比べたシフトノブたち
予定通り、イエローステッチ入りのMEGANE RS標準シフトノブを装着しました。

互換性問題ありません。
shiftstitch04.JPG

むかし懐かしい標準シフトノブの感触が戻ってきました(笑) やはり予想通り、RSシフトノブの気持ち良い操作感とは比べるべくもありません。が、CLIO RS用とも違います。Cli-oyajiさん、わかりますよ「58グラム」の違い(笑) 私がそうあってほしいと思う気持ちが脳内で化学反応を起こさせている可能性は高いですが(爆)


さて、何かモディファイをすると何かを壊す私ですが。。。RSシフトノブは丸くてツルツルなので、一度装着すると抜くのに凄い力が要るのです。運転席あるいは助手席に腰掛けたままではまず抜くことができません。進行方向に対して後ろ向きにシフトレバーの真上にまたがって、渾身の力で引き抜きます。引き抜けることをあらかじめ知っていなければ、決して引き抜こうとしない固さです。

引き抜く瞬間、気をつけないと頭を天井に思いっきりぶつけると注意されておきながら、ぶつけてしまいました。ぶつけただけなら良いのですが、たまたまPARROT ASTEROIDのハンズフリーマイクを装着している部分にぶつかり、マイクステーがポキッと折れてしまいました(^^;)

ショック!!
shiftstitch05.JPG

折れた部分を瞬間接着剤でくっつけるか、新品マイクに付け替えるか一晩逡巡した結果、新品に付け替えることに。新品マイクの在庫はウチに2セットあり。ただマイクは途中にコネクタがなく、オーディオ裏から天井の装着場所まで1本ケーブル。しかも、ETCやGPSレーダーの配線とともに丁寧にTESAテープで養生し、多くの場所でクランプされています。

朝っぱらからバラバラにして配線を引き直し、会社に3時間遅刻しました(笑)
shiftstitch06.JPG

まあこういうのも弄くりの醍醐味ですね(^^;)
posted by FCLIFE at 15:09| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

CLIO ステアリング完成

 
前回のステアリング巻き直しに満足できず、もう一度注文し直した品が完成しました。
やり直しということで価格的にご配慮頂いたディーラーの方に感謝です。

今回完成した品
steeringstripe07.JPG

比較
steeringstripe08.jpg


1回目と今回の違いは下記の通りです。

・ステッチを、縫い目にゴツゴツ感の出る「千鳥」から「一目とびかがり(ヨーロピアン)」に変更
・思い切ってステッチをイエローに変更
・ディンプル以外の部分を、滑りやすいと感じた「ハイクラス革」から「標準革」に変更
・スポーク部分にはステッチを回さずに裏側接着式に変更


今回のやり直しで、一番気になっていたステッチのゴツゴツ感がなくなりスッキリしました。スポーク部分のステッチの止め際の処理も秀逸です。全体的な質感は工業製品であるオリジナルに対して手作り製品的になってしまいますが、これは巻き直しの宿命。あと、NARDI革に比べると巻き直した革が少し滑りやすく感じる点、ディンプルのピッチがもう少し細かい方が格好良いと思う点などありますが、そのあたりは欲しがりだすとキリがありません。上部に2本ラインを入れるという目的を、十分な品質で達成できて大満足です。やり直しに快くご協力いただいたルノーディーラーの方と宮内産業の方に、とても感謝しています。

同時にホーンボタンをルノーボタンからオリジナルのNARDIに戻し、ホーンリング&ボルトを新品に交換しました。先日ホーンリングを付け直した際に、六角レンチがすべって傷を付けてしまったので(^^;)
こういう部品をキットで供給してくれるアフター用品メーカーは素晴らしい!!
steeringstripe06.JPG
posted by FCLIFE at 14:24| Comment(0) | RENAULT Clio RS 20th