2011年07月31日

早朝のドライブ

 
今朝4時前に起きた地震で目が覚めてしまいました。ちょうど良かったので身支度をして出発。
新しくなったステアリング、MEGANE RSシフトノブ、洗って保革クリームを塗り込んだグローブの手応えを確認します。

参考コースは、EOS仲間のpanFさんが先日ドライブされたコース。市街地の下道をカットするために、国立府中IC〜日ノ出ICまでは高速利用。

梅ヶ谷峠から軍畑で多摩川を渡り、成木街道から名栗に入り、ちょっと道をそれて正丸峠でひと休み。雨が強くて外に出られません。
2011073101.JPG

ステアリング、MEGANE RSシフトノブ、グローブともに最高の操作性で、ドライブが楽しくてしかたありません。本当にCLIOは楽しいクルマです。

ちょっと、道の駅果樹公園あしがくぼでトイレ休憩。うしろに可愛いCCが映っています。
2011073102.JPG

国道299号から秩父で国道140号に乗り換え。秩父に来たのなんて何年ぶりだろう。いま浪人生の長男が1歳か2歳の時に、負ぶって三峰山に登っているので、17年ぶりくらいでしょうか。あの頃は自分も若かった。。。

懐かしの三峰口駅に寄ってみました。
2011073103.JPG

さて、ここから雁坂トンネルに向かう国道140号には三つのルートがあります。酷道ファン入門者心得の私としては、看板が案内しない方へしない方へ(秩父往還と呼ぶらしい)と向かいます(笑)
2011073105.JPG

秩父湖ドライブインの先にある、離合不可能なトンネル。しかもその中で三峰方面への分岐。二瀬ダムの上を走って三峰山頂まで車で行くことができます。
2011073104.JPG

更にその先で秩父湖沿いのルートと「上」ルートに分岐します。この「上」ルート、距離は短いですが気軽に酷道気分を味わうことができる国道。急な斜面を開墾した畑と集落は、先日お邪魔した下栗の里とも共通性あり。
2011073106.JPG2011073107.JPG

ちょっと酷道気分を味わった後は、人生初雁坂トンネル。平成10年開通。ほんと、よく繋げてくれました。
2011073108.JPG2011073109.JPG

ちょっとしたワープ気分で山梨県へ。西沢渓谷のきれいな水の流れを眺めた後、国道140号を早々に離れてフルーツラインを勝沼へ、そのまま中央道を帰ってきました。10時前には帰還。

今回のルート、国道140号の酷道区間を除けばセンターラインのある良路ばかりなので、のんびりツーリングには良いかも。ドライだったら結構楽しめる山道もふんだんにありました。道の駅や駐車場、トイレなども多いので、オフ会ツーリングに良いかも知れません。
posted by FCLIFE at 11:46| Comment(12) | オフ会・ツーリング

2011年07月30日

MEGANE RSシフトノブ装着

 
昨日重さを量り比べたシフトノブたち
予定通り、イエローステッチ入りのMEGANE RS標準シフトノブを装着しました。

互換性問題ありません。
shiftstitch04.JPG

むかし懐かしい標準シフトノブの感触が戻ってきました(笑) やはり予想通り、RSシフトノブの気持ち良い操作感とは比べるべくもありません。が、CLIO RS用とも違います。Cli-oyajiさん、わかりますよ「58グラム」の違い(笑) 私がそうあってほしいと思う気持ちが脳内で化学反応を起こさせている可能性は高いですが(爆)


さて、何かモディファイをすると何かを壊す私ですが。。。RSシフトノブは丸くてツルツルなので、一度装着すると抜くのに凄い力が要るのです。運転席あるいは助手席に腰掛けたままではまず抜くことができません。進行方向に対して後ろ向きにシフトレバーの真上にまたがって、渾身の力で引き抜きます。引き抜けることをあらかじめ知っていなければ、決して引き抜こうとしない固さです。

引き抜く瞬間、気をつけないと頭を天井に思いっきりぶつけると注意されておきながら、ぶつけてしまいました。ぶつけただけなら良いのですが、たまたまPARROT ASTEROIDのハンズフリーマイクを装着している部分にぶつかり、マイクステーがポキッと折れてしまいました(^^;)

ショック!!
shiftstitch05.JPG

折れた部分を瞬間接着剤でくっつけるか、新品マイクに付け替えるか一晩逡巡した結果、新品に付け替えることに。新品マイクの在庫はウチに2セットあり。ただマイクは途中にコネクタがなく、オーディオ裏から天井の装着場所まで1本ケーブル。しかも、ETCやGPSレーダーの配線とともに丁寧にTESAテープで養生し、多くの場所でクランプされています。

朝っぱらからバラバラにして配線を引き直し、会社に3時間遅刻しました(笑)
shiftstitch06.JPG

まあこういうのも弄くりの醍醐味ですね(^^;)
posted by FCLIFE at 15:09| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

CLIO ステアリング完成

 
前回のステアリング巻き直しに満足できず、もう一度注文し直した品が完成しました。
やり直しということで価格的にご配慮頂いたディーラーの方に感謝です。

今回完成した品
steeringstripe07.JPG

比較
steeringstripe08.jpg


1回目と今回の違いは下記の通りです。

・ステッチを、縫い目にゴツゴツ感の出る「千鳥」から「一目とびかがり(ヨーロピアン)」に変更
・思い切ってステッチをイエローに変更
・ディンプル以外の部分を、滑りやすいと感じた「ハイクラス革」から「標準革」に変更
・スポーク部分にはステッチを回さずに裏側接着式に変更


今回のやり直しで、一番気になっていたステッチのゴツゴツ感がなくなりスッキリしました。スポーク部分のステッチの止め際の処理も秀逸です。全体的な質感は工業製品であるオリジナルに対して手作り製品的になってしまいますが、これは巻き直しの宿命。あと、NARDI革に比べると巻き直した革が少し滑りやすく感じる点、ディンプルのピッチがもう少し細かい方が格好良いと思う点などありますが、そのあたりは欲しがりだすとキリがありません。上部に2本ラインを入れるという目的を、十分な品質で達成できて大満足です。やり直しに快くご協力いただいたルノーディーラーの方と宮内産業の方に、とても感謝しています。

同時にホーンボタンをルノーボタンからオリジナルのNARDIに戻し、ホーンリング&ボルトを新品に交換しました。先日ホーンリングを付け直した際に、六角レンチがすべって傷を付けてしまったので(^^;)
こういう部品をキットで供給してくれるアフター用品メーカーは素晴らしい!!
steeringstripe06.JPG
posted by FCLIFE at 14:24| Comment(0) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月29日

シフトノブ考

 
本日、みんカラお友達のMega-oyajiさんからお譲り頂いた、ピカピカ未使用のMEGANE RS用シフトノブが到着いたしました。
Mega-oyajiさん、今回はどうもありがとうございました。感謝しております。

さて、丁寧な梱包を開梱し、手に持ってみて「アレ?」っと思ったわけです。取り出したのは重量計。
shiftstitch03.JPG

まずはCLIO RS標準シフトノブ。146グラム。
shiftstitch05.JPG

次に、MEGANE RS標準シフトノブ。やはり!!204グラム。CLIO用より58グラム重い。
shiftstitch06.JPG

最後に横綱、Renault Sportシフトノブ。293グラム。こちらは別格。CLIO用の2倍です。
shiftstitch04.JPG

外形的には同じに見えます。到着するまではステッチの色違いだと思っていました。しかし実際には、ステッチもそうですが、革そのものが違い、何より重量が違います。シフトパターンのフォントも微妙に違います。
shiftstitch07.JPG

細かい差異を設けますね〜。でもその差異は何が目的なんでしょうか?(笑)
posted by FCLIFE at 20:54| Comment(12) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月28日

たまにはVOLVOも

 
CLIO RS 購入以降、会社に置き去りにされたS40。そんなS40に1回目の車検が巡ってきました。
車検自体は会社の総務にお任せなのですが、やってきた代車をちょっと駆り出して昼食です。

今回やってきたのはC30。S40/V50とベースは同じ。お隣は以前私が乗っていたMEGANEです。
c3001.JPG

乗り出してすぐに、ルームミラーに何かが表示されていることに気がつきました。どうも方角らしい。でも方角を表示するためだけに、わざわざディスプレイを内蔵するはずがないと思って操作ボタンを探りましたが特になし。調べてみると、やはり「コンパス」でした(爆)
c3003.JPG

素晴らしいのは包み込むような革シートの座り心地。これは紛れもなくVOLVOの革シートです。以前V70に乗っていたときも、この革シートの座り心地は一番のチャームポイントでした。
c3002.JPG

何気なく運転していて感心したのが、ミッションがトルコンATなのか「POWERSHIFT」と名付けられたツインクラッチなのか全然わからない点。正直判断がつかなかったのでマニュアルモードにしました。6速に入ったのでツインクラッチに間違いありません(トルコンなら5AT)。初期モデルではこのツインクラッチに試乗してあまり感心しなかったのですが、きっちり進化しています。感心感心。ただ依然としてステアリングは無意味に重い。女性には少々きついです。
c3004.JPG

エンジンは4気筒2.0LのNAで、ちょっと踏んだだけでは簡単にエンジン回転を上げないVOLVO流のアクセルマッピングと相俟って、ドーピング済み2.4LのS40に比べるとやはり非力です。踏んでも踏んでもっていう感じ。5気筒の独特なビート感ももちろんありません。ただVOLVOも最早1.6Lの小排気量ターボがメインですから、4気筒2.0Lや5気筒2.4L/2.5Lの古いエンジンを評価しても無意味。S60/V60の売り込みが激しいので、いっちょ小排気量ターボ+ツインクラッチのDRIVeを試乗しようかなと、興味が湧きました。
posted by FCLIFE at 13:13| Comment(2) | VOLVO S40

2011年07月27日

シフトノブ!!

 
シフト関係のネタが続きますが(笑)
シフトパターンが同じなので買ってみた有名な品。
なかなかの重みと質感です。

6mtkeyholder01.JPG

ちょっと長いのでチェーンを短縮し、違うキーリングを使って装着しました。
posted by FCLIFE at 13:10| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月26日

MEGANE RS 標準シフトノブ

 
CLIO RSのシフトブーツには標準でシルバーのステッチが入っています。

車室内部分黄色化の一環で黄色に染めたのですが、ステッチは前側に施されているので見えません。奥ゆかしい仕様です。
shiftstitch03.JPG

ちょっと思いつきで、クルッと前後ひっくり返してみました(っていうほど簡単ではありませんが)。
shiftstitch01.JPG

さて、そこでムシの良いお願いなのですが、私が装着している Renault Sport シフトノブ(無傷)と、MEGANE RS 標準シフトノブ(黄色ステッチ入り)を、どなたか物々交換して頂けないでしょうか??この部品は MEGANE / CLIO 共用ですので互換性に問題はありません。純正シフトパターンシール新品を1枚お付けします。一応、無傷・汚損なしの品が前提です。
shiftstitch02.jpg

また、もしお家で余っている MEGANE RS 標準シフトノブがご不要の方がいらっしゃれば、有価で譲って下さいませ!!
よろしくお願い申し上げますm(_ _)m


シフトフィールより、ファッション重視(^^;)

追記:おかげさまで、みんカラお友達の Mega-oyajiさまから未使用品をお譲り頂けることになりました。
    感激です。ありがとうございますm(_ _)m
posted by FCLIFE at 17:51| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

ドアヒンジナット点検

 
Wolfeyさんのblogでこの箇所の緩みがレポートされていましたので、念のためにチェック。

マークがありますので、目視で緩んでいないことを確認。運転席、助手席とも、まったく緩んでいる形跡はありませんでした。

整備マニュアルによると、この部分は21Nmで締め付けとなっています。

hinge01.JPGhinge02.JPG

ついでにヒンジ部に高粘度潤滑スプレーを施工しておきました。


追記:Wolfeyさんの緩んでいた部分は、こちらではなかったと。相変わらずおっちょこちょい(笑)

Wolfeyさん

こちらじゃなくて、
hinge03.JPG

こちらでしょうか?
hinge04.JPG
posted by FCLIFE at 14:00| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

準々決勝 完敗

 
ある意味これが正常な姿なのですが、応援団にも本人達にも欲が出ていたかも知れません。
相手はとても鍛えられた素晴らしいチームでした。試合できただけでも幸せでしょう。

2011072601.JPG2011072602.JPG

2年生が二人しかいないので、秋の新人戦からは1年生中心のチームになります。
まだまだ楽しめるぞ〜
posted by FCLIFE at 12:26| Comment(8) | 野球

2011年07月25日

明日はいよいよ

 
明日はいよいよ西東京準々決勝!!

佼成学園 - 穎明館 (明治神宮第二球場)
日大三 - 堀越 (明治神宮野球場)
日大鶴ヶ丘 - 早大学院 (八王子市民球場)
国学院久我山 - 早稲田実 (明治神宮野球場)

神宮本球場はテレビ中継あるんだよな〜東京MXで。アンラッキー。

ベスト8の中では、早大学院と頴明館が甲子園経験ありませんが、他は名だたる強豪校。名前があるのが変な感じ(笑)
実は堀越と頴明館は経営が同じ。頴明館中学高校の中に「堀越球場」と呼ばれる立派な専用球場があるのですが、頴明館は基本的に使わせてもらえません。今回ベスト8に入って、やっと1日だけ練習させてもらったらしい。兄弟校同士の練習試合もしてくれません。でも同じベスト8。なんか誇らしいです。

明日は無欲で悔いのない試合を!!
posted by FCLIFE at 18:53| Comment(2) | 野球

2011年07月24日

EOSがRLS感度調整にご来店

 
商売でやっているわけではないのですが(笑)

今日はEOSのレインライトセンサー(RLS)の感度調整でtakuro氏がご来店。いつものように、ライト透明度12%、レイン透明度35%で調整いたしました。お好みにより、Highway Light ON / Rain Light OFF / Rain Closing ON に設定。これでAUTOに入れっぱなしでスイッチに触る必要はなくなると思います(特にライトスイッチ)。

2011072401.JPG

ルノー車もこんな感じで感度調整ができれば、日本人の感覚に近づけることができるのですが。前のMEGANEのときは感度や動作がまったく自分の感覚と合わなかったので、ほとんどOFFにしていました。いま所有しているGRANDSCENICもCLIOもかなり改善されていて、私の場合はライトもワイパーもAUTOに入れっぱなしです。EOSも菱形のRLSになってから劇的に感度が改善されましたが、このあたりはパーツの供給元が限られるので、同じようにルノー車も進化したのかも。

takuro氏は、先日装着したiSweepサスがかなりお気に入りのよう。硬め好みでF=7/R=7の設定には驚きましたが(笑)
私の方のCLIOのサス計画の話などしながら、夕方のひとときを楽しくすごさせて頂きました。

2011072402.JPG
posted by FCLIFE at 18:24| Comment(4) | オフ会・ツーリング

RSL ペッカリー・ドライビンググローブ洗濯

 
昨年の11月から使っているRSL ペッカリー・ドライビンググローブ

この南米産のイノシシの一種であるペッカリーの皮革を使ったグローブは、歴代使用してきたどのグローブとも比較にならないほど使い心地が良く、とても満足しています。「お札を数えることができる」とありますが、お札は目で数えられるほどの枚数しか持っていません(笑) 薄くてとても柔軟な皮革のお陰ですが、装着していても電装系の各種スイッチやタッチパネル、携帯電話の操作にも大きな支障はありません。そして吸い付くようなフィット感がたまりません。

さて、かなりの頻度で半年使っているので、ちょっとステアリングに対する滑りや、皮革端部の硬化、そして臭いなどが気になってきました。手入れしながら10年以上使用できるとのことなので、このあたりで一度洗濯します。

基本は水洗いですが、ウール用洗剤を使用することもできます。ちょっと汚れがひどそうに見えたので、ウール用洗剤を使ってみました。皮革の色が落ちるのはもちろんですが、汚れも落ちて水が真っ黒。洗って水を絞った後は、手に填めて型を付けて室内の日陰に干しておきます。

rsl03.JPG

染色が良い具合に落ちて革の風合いが増しました。説明書では2〜3日乾燥となっていますが、この季節ならもう少し早く乾くかな。

長持ちさせるなら、2セット持って交互に使うなどを考えた方が良いかもと、同じサイトのこちらのペッカリー革が欲しい欲しい病です。

乾燥後、これはある種賭ですが、EOSのシートに使っているオートグリムのレザーケアクリームを塗り込んでみました。
これであと数日乾燥させたら完成です。

rsl04.JPG
posted by FCLIFE at 10:17| Comment(7) | VW Eos

2011年07月23日

ASTEROID やっと英語化

 
kaishiさんから、「ASTEROIDの英語ファームが出たよ」と情報を頂いたので、早速UPDATEしてみました。

フランス語のメニューで、どれがUPDATEのメニューなのかは山勘です(笑)なんとかなりました。
asteroid_en01.JPGasteroid_en04.JPG

ご挨拶も英語に。これはちょっと情緒がなくなったか。
asteroid_en02.JPGasteroid_en06.JPG

iPodの日本語表示機能もちゃんと維持されていました。メニュー類も当たり前ですが英語に。
asteroid_en03.JPGasteroid_en05.JPG

リリースノートによると、インターネット接続、ソース管理、メニューの使い勝手、全体的なシステムの安定性などが改善されているようなので、期待です。
posted by FCLIFE at 17:47| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

未塗装樹脂用・耐久コート剤 SUPER HARD


Wolfeyさんがみんカラで紹介されていた、WAKO'S 未塗装樹脂用・耐久コート剤 SUPER HARDを施工してみました。
Wolfeyさん、情報ありがとうございますm(_ _)m

superhard01.JPG

付属のスポンジ片に少量付けて塗り、5分後に乾いたタオルで拭き取るだけの簡単施工。これなら半年〜1年に一度やってもよいなと思わせる手軽さです。ただし、塗布後24時間は水がかかってはいけないということと、完全硬化に1週間弱かかるので、天気が安定した季節の施工が望まれます。

まだ白褪せていたわけではないので、施工前・施工後の違いは極少(左:施工前 右:施工後)。
superhard02.JPGsuperhard03.JPG

むき出しの樹脂部分は、フロントウィンドウ両サイドの樹脂モール、フロントウィンドウ下端の雨樋部、ドアミラー部、アンテナ基台、前後ルノーロゴマークの中央、リアワイパーアームでした。
posted by FCLIFE at 17:17| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月22日

4回戦勝利!!西東京ベスト8に!!

 
コールドさえされなければ、それなりに達成感があるのではないかと思っていました。事実、試合前のノックを見ても実力の差は歴然。相手の4番は振ったらホームランというスラッガー。勝てる気がしません。

桜美林は12番の先発投手を初めとして、控えナンバーの野手が数名の戦力温存モード。12番が打ち込まれても、エースではなく10番が登板。常に試合をリードする展開だったので、いつエースが??いつレギュラー野手が??と思って見ていたのですが、出てくる気配なし。7回まで進んで、「あれっ、これって勝てるのかな?本当に?いいの?」っていう感じで応援団にも欲が出てきました。結局最後までエースナンバーは姿を現さず(故障か?)、レギュラーナンバーでベンチにいた野手も、最後の方に代打で一人出ただけで、そのまま勝ってしまいました。奇跡です。

うちの息子は1年生で、ベンチには入っていますが(ベンチ入りできない部員は2名しかいません)出場機会はありません。がんばってバットやボールを運んでいます。それでもメンバーはメンバー、息子のチームが西東京ベスト8なんて何か夢みたい。本当に子供たちから夢と興奮を今年も分けて頂きました。

次の準々決勝は、本当に当たって砕けろの相手でしょう。悔いを残さない全力プレーをまた見させて頂きます。

2011072201.png

SN3K0185.jpg
posted by FCLIFE at 10:01| Comment(5) | 野球

2011年07月18日

3回戦 延長で制す

 
今朝の"なでしこジャパン"はすごかったですね!!
その興奮も冷めないうちに次男の第3回戦を観戦しました。

5回サヨナラではなく(当たり前ですが)、15回サヨナラです。
早朝のなでしこに引き続き、こちらも延長戦。
2011071803.JPG

サヨナラの瞬間
2011071801.JPG2011071802.JPG


相手は投手3人、こちらは1人のエースが投げ抜きました。
セレクションのない普通の高校生同士だからこそ、トーナメントの下の方でもこういう試合を見ることができます。

3回勝って西東京ベスト16。
次はやっと神宮(第二)で試合ができます。相手は強豪桜美林高校。
もうこれから先はセレクション高校しかありません。当たって砕けろです。
posted by FCLIFE at 17:58| Comment(4) | 野球

ステアリングの2本ストライプ

 
GORDINIからパクリの2本ラインは、やはりステアリングの2本ラインで完結します。

普段使いのNARDIステアリングに、2本ラインを追加してもらいました。
いつもお世話になっているルノーディーラーさん経由で宮内産業さんに出してもらってたった1週間。
仕事が速いですね〜!!「もうできたんですか?」って聞いちゃいました。

元々のNARDIのイメージを極力崩さずに2本ストライプを入れるため、できれば既存の革を使用しての部分加工を希望したのですが、それは不可とのことで全周巻き直しとなってしまいました。

左:巻き直し後  右:巻き直し前
steeringstripe03.JPGnardione07.JPG

元のNARDIでディンプル革部分は同じくディンプル革で、普通の革部分はハイクラスというスムース革で巻き直し。表面のツヤの違いやディンプル型押しのピッチの違いで、やはり元のNARDIの通りとは行きません。最も大きな違いはステッチ。NARDIは貼付方式なのでステッチがありませんが、宮内産業の場合はどうしてもステッチができてしまいます。このステッチに比較的太い糸が使用されているので、どうしてもゴツゴツ(デコボコ)感と「巻いちゃった感」が出てしまいます。良く言えばスポーティーとか手作り感とも言えるのですが、見た目の質感としてはちょっと残念でした。革の厚みでグリップが少し太くなりましたが、これはむしろ歓迎で、普段使いにちょうど良い太さです。
steeringstripe05.JPG

2本ラインは室内側をこれ以上派手にしたくないのと、ガンメタ(ボンネット)とホワイト(ルーフ)のストライプとマッチするようにグレーを選択。何種類かのグレーの中から見本を見て選びました。名前をハッキリと思い出せないのですが、チタニウムグレー的なネーミングだったと思います。ストライプの位置とサイズはJavel!さんにわざわざ計測して頂きましたm(_ _)m 本物は外周部で15mm - 15mm(中央の間隔) - 15mm ですが、NARDIは少し小径なので、12mm - 15mm(中央の間隔) - 12mm で施工。
steeringstripe04.JPG


念願の外から見た画像。なかなか光の反射で写真に撮るのが難しかったので、レンズの前にTALEXのTRUEVIEWをあてて撮影しました。
外から見たイメージはまったく想像の通りで大満足。白っぽくも見えるし灰色にも見えるので、ガンメタに対してもホワイトに対しても違和感はありません。
steeringstripe02.JPG

ほんと、元々何仕様だったのかぜんぜんわからないクルマになりました。
posted by FCLIFE at 09:19| Comment(18) | RENAULT Clio RS 20th

2011年07月17日

夜ですが

 
夜で見にくいですが、嬉しくて写真に撮ってみました。

steeringstripe01.JPG
posted by FCLIFE at 20:40| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

増設ハザードスイッチ点灯A

 
今朝早くにkaishiさんから頂いたアドバイス通りに配線をし直しました。

車両側のイルミ線と点滅信号線を一緒にして増設ハザード側のイルミ・点滅信号線に入れてしまうと、何かいけないことが起こってしまいそうな気がしてやっていませんでしたが、ダイオードで逆流を防げば大丈夫なんですね!!

使った部品一式

AXISハザード増設キット AX-HZ05VW
axishazard07.JPGaxishazard08.JPG

・エーモン 調光ユニット
axishazard04.jpg

・エーモン 整流ダイオード(1A/2個入)
axishazard06.JPG

<配線備忘>

(車両ハザードスイッチ側)    (増設ハザードスイッチ側)
橙黒:ハザードスイッチ線 → 青:スイッチ線
薄紫:点滅信号 →(整流ダイオード)→ 橙:イルミ・点滅信号線
薄青:イルミ信号 → 赤:調光ユニット/黄:調光ユニット→(整流ダイオード)→ 橙:イルミ・点滅信号線

(アース)
黒:増設ハザードスイッチ → 黒:調光ユニットの出力(−)
黒:調光ユニットのアース → 黒白:車両ハザードスイッチのアース

axishazard05.JPG

このやり方で、イルミオフ時は普通に点滅、イルミオン時は暗→明→暗→明で点滅し、かつイルミ時の明るさを自由に設定できるようになりました(点滅は明るさmax固定)。ただし明るくすればするほどイルミオン時に点滅に見えなくなるので、防眩も兼ねてなるべく暗めに設定した方が良いです。

古いコンデジで撮った動画です。

動作は、
1.増設ハザードスイッチでオンオフ
2.純正ハザードスイッチでオンオフ
3.ライト点灯(増設ハザードスイッチ暗点灯)
4.増設ハザードスイッチでオンオフ
5.ライト消灯



ちょっとステアリングコラムの下側カバーをいじりすぎまして生傷がいっぱい(笑) 養生しないでいじくるもので。。。。
部品を発注して入れ替えたいと思います。

kaishiさん、今回もアドバイスありがとうございました!!


夜の動画をアップしました。光量は実際より明るく映ってしまいます。
こんなつまらないモディファイでも、何か嬉しくなってしまうものです。
posted by FCLIFE at 15:31| Comment(8) | RENAULT Clio RS 20th

グランセニック タイヤ交換

 
久々にグランセニック登場。3年半、走行20,670kmで初タイヤ交換です。
純正装着は、ミシュラン エナジー 205/60R16 92H。
製造から5年経過したタイヤは、ひび割れが目立ち、少しずつ空気も抜けている様子でした。

今回はタイヤセレクト西東京さんでタイヤ交換。接客も含めて素晴らしく丁寧なお店で、作業も素早かったです。
DUNLOPを買うならオススメのお店。
sceniclm70401.JPG

今回の選択は、DUNLOPから今年発売された Le Mans 4(LM704)。もちろん純正サイズです。
sceniclm70402.JPGsceniclm70403.JPG

交換してすぐに、あまりの違いに驚きました。比較対象が古い純正タイヤなのもありますが、当たりが柔らかで空飛ぶ絨毯感覚。タイヤからの音が聞こえないので変な感じ(笑) 隣の家内も驚いています。EOSもこれにしておけば良かった。。。コンフォート&静音ならこの選択はアリですね。加えて燃費性能も向上しているそうですが、もしそうならグランセニックは燃費がすごい悪いので助かります。
posted by FCLIFE at 13:51| Comment(4) | RENAULT Grand Scenic