2010年06月29日

CLIO RS 納車準備

 
まだ納車日は決まっていないのですが、準備は着々と進めて頂いています。

並行輸入車の場合、汎用ナンバープレートステイを装着するケースが多いのですが、純正大好きな私は、日本仕様の純正ナンバープレートステイを無理言って取り寄せて頂きました。ルノーの場合、フロントはともかく、リアについて日本市場向け配慮がないのが常です。天地が足りないので斜めに装着します。
clionumber01.jpgclionumber02.jpg

そしてリアシート。現行型CLIO RSのリアシートは2名掛けです。ヘッドレスト1個&シートベルト1本分の軽量化でしょうか。
cliorearseat01.jpg

しかし、私の家族は5人構成。二世帯同居の爺婆まで含めると7人になるので、定員は1名でも多い方が、いざというときに助かります。中央にヘッドレスト(左右ヘッドレストと同じもの)とシートベルト(5人乗りのルーテシア用)を取り付けて、定員5名で登録となります。中央席のシートベルトは色が違うのですが、普段は天井に格納されているので見えません。Eosは家族全員で乗れないのですが、これでCLIOは家族でお出かけも可(そんなことはまずないのですが。。。笑)。
cliorearseat02.jpgcliorearseat03.jpg
posted by FCLIFE at 18:23| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月28日

SANYO NV-SB570DTの地図

 
前回のエントリにて、SANYOゴリラNV-SB570DTの地図はエアーナビよりも見にくいと評価しましたが、改めて地図設定を見直したところ、PIONEERの地図に迫る見やすいデザインの地図が表示できることがわかりました。

sb570dt08.JPG

地図設定には、ノーマル・パステル・カラフル・レトロ・モダンの各デザインと、道路メイン1、道路メイン2、文字メインの各モードがあります。私はてっきり、デザインを選んでから、更に表示モードを選ぶのだと思いこんでいたのですが、デザインとモード(私が勝手に思いこみで付けた名前)は同列で、つまり8種類の地図デザインが選べるというものでした。私が少々見にくいと思っていたのは、この中のノーマル・パステル・カラフル・レトロのことでした。

私の感覚に一番ぴったり合ったのは「道路メイン1」で、この地図にすると、カラフルな地図背景の塗り分けがなくなってグレー色になり、PIONEERの地図にとても良く似たイメージになります。見やすさも負けず劣らす。道路幅もキチンと地図に反映していて、とても見やすいです。

更に、以下のような設定をしました。
・ランドマークを表示しない(例えば駐車場「P」マーク)。
・施設アイコンを何も表示しない(例えばGSやコンビニなど)。
・VICSの駐車場空満情報を表示しない。
・交差点の吹き出し名称を表示しない。
・盗難多発地点マークを表示しない。
・事故多発地点マークを表示しない。
・方面看板を表示しない。

上記実施により、5.2インチの小画面でも、とても見やすい地図になりました。評価アップです。
posted by FCLIFE at 11:50| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月27日

RENAULT Aix-en-Provence


グランセニックで使っているブルボンキーホルダー。味わいがあって耐久性もあって、かなり気に入っています。
bourbon4.JPGbourbon1.JPG

CLIO RSのキーにも付けようとネットで物色していたら、ブルボンキーホルダーではなく、ディーラーの販促用キーホルダーを見つけてゲットしました。
renault_aix01.JPG

何の変哲もない金属製のプレート型キーホルダーなのですが、裏面を見ると Aix-en-Provence のディーラーのものらしい。Aix-en-Provence(エクサンプロバンス)は5年ほど前に女房と訪れて、とても気に入った思い出の街。思わずゲットしました。
renault_aix02.JPGrenault_aix03.JPG
posted by FCLIFE at 18:39| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月26日

SANYO GORILLA NV-SB570DT

 
続々入荷中のCLIO RSに取り付けるグッズですが、今日はナビをゲットしました。ポータブルナビを徹底研究して選んだのが、三洋電機のGORILLA NV-SB570DTです。

最終的な選定条件は以下の通り。
@FM-VICS内蔵&VICSフィルムアンテナ対応
Aワンセグ内蔵&ワンセグフィルムアンテナ対応
B自律航行機能(ジャイロ)+GPS(外部アンテナ対応)
C外付ユニットが不要(全ての機能を内蔵)
D画面は5インチ前後
E本体にハードキーがないこと
FSDカード対応(MicroSD不可)
Gワイヤレスリモコン対応

最後まで競ったのはPIONEERの新型エアーナビAVIC-T07でしたが、D(5.8インチで外寸が大きい)E(ハードキーが3つある)F(MicroSD対応)G(リモコン非対応)でNV-SB570DTに負けました。

さて、買ってきたNV-SB570DTをS40に取り付けます。CLIO RSが納車されるまではS40に装着して、使い勝手を見てみます。
sb570dt01.JPG

NV-SB570DTに同梱されているFM-VICSアンテナは、装着の容易さを優先して、フロントガラスにケーブルクランプを使って貼り付ける簡易タイプ。これは見栄えがいただけませんね。CLIOではオプションのVICSフィルムアンテナを使うので、この簡易タイプはS40に貼り付けてしまいました。VICSの受信能力はとても高く、すぐに渋滞情報を地図に表示してくれました。渋滞情報は、種別毎に表示・非表示を選ぶことができ、点灯・点滅も設定できます。
sb570dt02.JPGsb570dt03.JPG

電源コードには、パーキングブレーキ信号線をアースしてくれるアダプター(サードパーティー製)を使用しました。
sb570dt04.JPG

細街路は黄色で、通常のルートはピンク色でルート表示してくれます(ルート色は変更可能)。
sb570dt05.JPG

ワンセグは短い内蔵アンテナだけでも十分に受信します。多摩ニュータウンは地デジ環境があまり良くないのですが、それでもバッチリ。これは驚きの性能です。画面が5.2インチと小さいので、ワンセグの粗さはあまり気になりません。
sb570dt06.JPG


さて、ひとしきり使ってみての評価ですが、「とても良い」ですね。90点です。-10点は地図の見やすさ。これはエアーナビに負けています。ただ思っていたほど酷くはありませんでした。

高評価のポイントは以下の通りです。
・自車位置捕捉がとても速い(クイックGPS機能)
・自車位置精度がとても高い。ホントずれません。これなら車速パルスなんていりません。
・画面が明るくてきれい(LEDバックライト液晶)
・液晶保護シートを貼ってもタッチパネルの反応がとても速い
・メニュー操作その他の動作がサクサク速い
・ワンセグ受信能力が高い
・FM-VICS受信能力が高い
・HDDナビと同等の多機能だが、機能整理の仕方がこなれている
・取扱説明書はほぼ要らないわかりやすさ
・付属スタンドでナビが全く揺れない

一方でバツな点は以下の通りです。
・地図の見やすさは他メーカーに一歩譲る(ZENRINらしい地図です)が、これは好みの問題か。
・FMトランスミッターは全く使い物にならない(車両側のFM受信能力があまり高くないのもあるが)。
・付属のFM-VICSアンテナは見栄えが悪くて使えない。


ということで、買って間違いないナビでした。5.2インチという画面も、他のクルマで使っている7インチに比べると小さいですが、十分実用に耐えます。

オプションのワイヤレスリモコン。ロータリーコマンダー&ALCONにコードを記憶させるために買いました。タッチパネルでは2タッチ、3タッチになる操作でも、リモコンならワンタッチで動作できる機能が多数あって便利です。
sb570dt07.JPG
posted by FCLIFE at 21:49| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月24日

UKから到着

 
http://www.dsldevelopments.com/に発注していたCLIO LHD用PROCLIPと、http://www.expansys.com/に発注していたPARROT製品が到着しました。今回はどちらも輸入消費税ゼロ。ラッキー!!いつもは http://www.expansys.jp/(香港)を使うのですが、今の為替では英国サイトにポンドで発注した方がかなり安いです。英国サイトに発注しても、日本からの受注はexpansys社内で香港サイトに移管され、ポンド通貨のまま、各種連絡は香港から発信され、商品も香港から届きます。
clioparrot.JPG

PROCLIPは、いつものHERBERT RICHTERの携帯電話ホルダーを取り付けて使用する予定。

Parrot RKi8400は純正CDデッキと交換、UNIKAはRKi8400のオーディオ/Bluetoothハンズフリー操作を、ステアリングコラムのサテライトスイッチで可能にするアダプターです。まだ実車の確認が出来ていないので何とも言えませんが、車両側が普通のISOコネクターなら装着はとても簡単です。
unika_rki.jpg

このRKi8400ですが、かなり多彩なソースに対応しています。
・iPod/iPhone(フェイスパネルの裏側に収納)
・USBメモリ(フェイスパネルの裏側に収納)
・SDカード(フェイスパネル側面にスロット)
・Bluetoothオーディオ(無線)
・背面のRCA外部入力
・前面のステレオミニプラグ外部入力
・ラジオ(日本では周波数が合わないはず)

デザイン(フェイスパネル)がCLIOのインダッシュにフィットするか(入るか)どうか、資料がないので未知数ですが、同じフランスメーカー同士なのでなんとかなるでしょう。
posted by FCLIFE at 21:20| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月23日

江戸川区球場でナイター

 
昨日ですが、都立篠崎高校からのお誘いで、江戸川区球場でナイター練習試合。
江戸川区球場は、昨夏、4回戦で早稲田高校に負けた因縁の球場。
今夏も第一戦に勝つとここで試合することになります。

2010062301.JPG

2010062302.JPG2010062303.JPG2010062304.JPG2010062305.JPG

しかし、何と9回ノーヒット、0−7で負けました。。。ウチの息子は3エラー(笑)
公式戦でなくて良かった(爆)
posted by FCLIFE at 21:29| Comment(2) | 野球

2010年06月21日

いま想い出す懐かしのクルマ

 
CLIO RSの納車待ち期間中に頻繁に想い出すクルマがあります。
それは、日産プリメーラ20V(いろんなサイトから写真お借りしていますm(_ _)m)

20v01.jpg

前の会社に勤めていた時に社用車として購入しました。8年くらい前でしょうか。このクルマにした理由は「外から見て、チューンドカーに見えないから」(笑) 普通のプリメーラとの識別点は、17インチの純正アルミと、ヘッドライト内部がブラック処理されているだけですから、まず誰もが普通のプリメーラだと思い、何も疑いません。これ見よがしなエアロパーツやリアウィングなどが装着されていないプレーンなスタイルに惚れました。

内装も同じく地味(笑) 識別点はシフトノブが6MTであることと、タコメーターが4000回転以上の視認性を重視した目盛り刻みになっているだけです。
20v02.jpg20v03.jpg
20v09.jpg20v08.jpg

そして、このクルマの最も特徴的な部分がエンジン。
SR20VE(NEO VVL)
2L DOHC N.A.
204ps/7200rpm
21.0kgm/5200rpm
圧縮比11.0
20v11.jpg

すでにこの時点で、プリメーラのエンジンはQR型に世代交代していたにもかかわらず、この20V(とワゴンタイプのW20V)にだけ、SR型エンジンが搭載されました。高回転型のチューニングエンジンですが、回り方はあまりスムーズな感じではなく、グォーと豪快に上げていくタイプです。

このSR20VE型エンジンのスペックが、CLIO RSのF4型エンジンととてもよく似ています。

F4 (日本仕様の表記スペック)
2L DOHC N.A.
202ps/7100rpm
21.9kgm/5400rpm
圧縮比11.5

SR20VEは86×86のスクエア、F4は82.7×93のロングストロークと、少し違いますが、数字上のスペックや、設計が古めのエンジンをチューンしたところなど、とても近いものがあります。なので、頭の中の記憶でしかないSR20VEと、これから体験するF4が、どのように違うのか或いは似ているのか、とても楽しみです。

このクルマが好ましかったのは、外観と同様に、サスもガチガチではなく程よく固められていて、乗り心地も確保していたこと。シャシースポールの考え方と似ています。このサスにブリジストンのPOTENZA RE-01を履かせて楽しんでいました。

考えてみれば、このプリメーラ以降、日本車で「外見は普通だが、中身は結構すごい」というクルマは一台も発売されていないような気がします。やはり、ボンネットに穴を開けたり、大きな尾翼やエアロパーツを付けたりしないと、日本では売れないのでしょうか。ミニバンにも翼が生えているのが普通の国ですから、しかたないんでしょうね。このプリメーラ20Vも、たった800台を売っただけで、すぐにカタログから落ちてしまいました。かく言う私も、約2年弱乗ったところで部下に譲って(部下の間で争奪戦が繰り広げられました)、QR25のCVTプリメーラに替えてしまいましたが(爆)

余談ですが、20Vには「ITナビパッケージ」というオプションを装着していまして、DVDナビ、ハンズフリーフォン&ステアリングスイッチ、バックカメラなどがついていました。
20v04.jpg
20v05.jpg20v06.jpg20v07.jpg

このころはまだBluetooth接続ではなく有線接続でしたが、ルームランプ部にマイクが埋め込まれ、その手前のスイッチを押すと、自動的にコンパスリンクに電話が繋がり、お姉さんが色々とお世話をしてくれました。また、到着した電子メールや最新ニュースを音声(ロボットボイス)で読み上げてくれたりしました。設計の古いエンジンと6MTに、最新の情報技術が組み合わされた、なかなか得にくいクルマだったなぁと、今でも思います。
posted by FCLIFE at 13:22| Comment(12) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月20日

Clio RS 20th Anniversary 実車確認

 
本日、はやる気持ちを抑えながら、カーボックス横浜さんに到着したClio RS 20th Anniversary(イタリア仕様) を確認してきました。5月13日に発注して約1ヶ月。並行物が1ヶ月少々で手に入るなんてラッキーです。ショールームの中に大切に格納して頂いてました。

まずは外装。背が高いクルマなので、ブラックルーフがあまり目立ちませんが、パールホワイトとグロスブラックの取り合わせ、なかなか気に入りました。フロントグリルのヒゲの部分はアンスラサイトです。
cliojissha01.JPGcliojissha02.JPGcliojissha03.JPGcliojissha04.JPG

バッジ類。フロントはR.S.バッジ付き。リアは簡略版(笑)。この辺りは、20thでなくても最近の入船分はこのようになっている様子。加えてピラーに20thのオーナメントが貼ってあります。
cliojissha05.JPGcliojissha06.JPGcliojissha07.JPG

ホイールは、17インチのBEPOPダイヤモンド。ディスク面はダイヤカット、内側はグレー塗装、これはガリ傷を付けたらほぼ修復不可能です。タイヤは、コンチネンタル SportContact3 215/45R17で予定通り。
cliojissha08.JPGcliojissha09.JPG

リアスポイラーは、こちらのエントリでも記載した「さり気なく後ろに伸びているスポイラー」が付いていました。良かった。
cliojissha10.JPGcliojissha11.JPG

ドアミラーカバーはアンスラサイト、フロントフェンダー後部のエアアウトレットはシルバー、リアデフューザーはグロスブラックです。
cliojissha12.JPGcliojissha13.JPGcliojissha14.JPG

次は内装の確認。派手でもなく豪華でもない、ごく普通の内装が好ましいです。ダークカーボン色のデコラティブパネルに細かい模様が入っているのですが、これは日本仕様と同じなのかどうなのか記憶にありません。
cliojissha15.JPGcliojissha16.JPGcliojissha17.JPG

エアコン吹出口は、マットクローム色です。ダッシュには白いステッチが入っています。
cliojissha18.JPGcliojissha19.JPG

アルミペダル標準。左足用のデッドペダルも標準装備です。スカッフプレートは20thも普通のRSも同じもの。限定販売でもないのにシリアルプレートが。ディエップ/フランスの印字が、ちょっとうれしい感じ。148台目ということでしょうか。
cliojissha20.JPGcliojissha21.JPGcliojissha22.JPG

TOMTOMナビ。う〜ん、どうしよう。。。(笑) 指紋が付いていますが、タッチパネルではありません(爆)
cliojissha23.JPGcliojissha24.JPGcliojissha25.JPG

グローブボックスは結構広いので、色々使えそう。。。
cliojissha26.JPG

最後に、残念ながらステアリングコラムは日本仕様と同様にテレスコピック調整なしでした。それにしても、このレバーは剛性感なさ過ぎですね。フランス車らしいですが。
cliojissha27.JPG

納車は7月頭頃になりそうです。あと2週間くらいの辛抱かな。
posted by FCLIFE at 00:09| Comment(9) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月18日

Peugeot RCZ


現在、絶賛?予約受付中のPeugeot RCZ
rcz01.JPG

もはや目新しい話題ではありませんが、このクルマの男らしいところは、LHD 6MTという現地仕様に近いモデルを勇猛果敢に日本で用意したこと。そして、RHD 6ATモデルとLHD 6MTモデルのエンジンチューニングが全然違うということに、私のような変態はピッタリはまってしまいます。

RHD 6AT : 156ps(6000rpm) 240Nm(1400-3500rpm)
LHD 6MT : 200ps(5800rpm) 275Nm(1700-4500rpm)

エンジンは両方とも例のBMW MINI共用1.6Lツインスクロールターボです。

それにしても、これは差を付けすぎでしょう。実用上の差はあまりないのかも知れませんが、ATが欲しい人はちょっと残念な感じがするでしょうね。しかし1.6Lターボから、200ps 275Nmは結構絞り出しています。技術の進歩は素晴らしい!!

さて、そんなことでピッタリはまっているRCZですが、買うか?といえばノー。というのも、どうもこのクルマ、真横から見たときの前後のバランスがデザイン的にしっくり来ないんです。実際にネット上にも真横から写した写真がとても少ないです。キャビンが前の方に寄りすぎだと思うのですが。。。。斜め前や斜め後ろから見ると、とても格好良いのに。。。
rcz02.JPG

まあ、308CCも写真で見るのと実車を見るのとでは、実車の方が数倍格好良くて官能的なので、RCZもそんな感じなのかも知れません。

p.s.
Clio RSが販売店に到着しました!日曜日に実車確認です。
posted by FCLIFE at 19:28| Comment(15) | PEUGEOT 307CC

2010年06月14日

べた褒め

 
ちょっと古いインプレッション記事ですが、この記事は私が読んだ中で一番のべた褒め記事です。

ルノー トゥインゴ & ルーテシア 試乗レポート

コレを読むと、とても買いたくなりますね(笑)
posted by FCLIFE at 18:33| Comment(2) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月13日

夏の大会抽選会

 
昨日、長男(高三)の夏の大会の抽選会がありました。
そして、今朝の朝日新聞東京版に、息子と仲間達の写真が(笑)
これは記念になりますねー、真ん中がウチの息子です。

2010061301.JPG2010061302.JPG

まったく親バカですみません。

7月14日、駒沢球場にて都立深沢高校との2回戦が初戦。
2回勝ったら神宮で試合が出来ます。
posted by FCLIFE at 16:38| Comment(4) | 野球

ラバーシールのメンテナンス

 
関東地方梅雨入り目前の今日、ラバーシールのメンテを実施しました。
これからの梅雨の季節は、ほぼEosに乗らないので、潤滑剤を塗ってラバーに馴染ませるには一番です。

今回使うのは、ボトル半分残っていた純正Lubricant G052172A1。
G052172A103.JPG

smartTOP装着姿勢で、リア周りのラバーシールから指で塗り込んでいきます。
G052172A104.JPG

ここしばらくは、雨の可能性があれば乗らないというルールを厳格に適用してきたので、ラバーシールのしっとり感は保持されている感じでした(唯一洗車するときのみ水がかかりますが)。
約2.5時間かけて、丁寧に丁寧に塗り込んで完了。骨の折れる作業ですが、雨漏り&ガタピシ音対策の為には必須のメンテです。


<シールメンテ履歴>
2007/4 納車
2007/12 ラバーシールメンテ実施(WAKO'S フッソオイル105)
2008/11 ニトフロンテープ施工
2009/4 ラバーシールメンテ実施(純正Lubricant G052172A1)
2010/5 ニトフロンテープ再施工
2010/6 ラバーシールメンテ実施(純正Lubricant G052172A1)
posted by FCLIFE at 16:18| Comment(0) | VW Eos

2010年06月10日

入船の連絡!

 
Clio RSを積んだ船が、明日入船するとの連絡がありました。
思ったより早い入船でラッキー。

頼んでいた、Bluetooth & iPodコネクションは、やはり新車発注時のメーカーオプションのため、入手できないとの回答。残念! カップホルダー前部にあるフルサイズのRCA端子で接続するのは、見栄えも悪いし、ステアリングスイッチでの操作も効かないし、充電手段も別途必要なので、実質使えない。。。MP3のCD焼いてお茶を濁すか。

前後ナンバープレートは、汎用品ではなく日本仕様で使っている正規部品を使って取り付けてもらうように依頼しました。

ぎりぎり6月納車が間に合うかどうか。
posted by FCLIFE at 18:24| Comment(7) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月09日

ポータブルナビ考

 
CLIO RSに付けるナビで色々妄想しています。
勝手についてくるTOMTOMナビは、日本では無用に大きな外気温計&時計&オーディオ状態表示モニターに過ぎないので、やはり別にナビを取り付けなければなりません。

照準はポータブルナビとかメモリーナビと呼ばれているもの。そもそもCLIOにはナビ取付に適したスペースが乏しいこと、ナビにAV機能を求めないこと、ポータブルナビの進化が昨今激しいことなどから、本格的なHDDナビは要らないかなと。


<ポータブルナビ選定条件>

第1条件 : 渋滞表示機能
もはやナビに渋滞情報が表示されるのが当たり前なので、この機能がないとちと辛い。ビーコンまで対応していなくても良いが、FM-VICS(フィルムアンテナタイプ)は必須。SMART LOOPのみは不可。この時点で海外製のナビを含めて大半のポータブルナビが脱落。

第2条件 : ワンセグ&ワンセグフィルムアンテナ対応
朝の通勤時に、テレビ朝日の堂真理子アナが見られないとダメなので(笑) そして、内蔵ロッド式アンテナを室内で伸ばすのは美観的にNG。

第3条件 : 自律航行機能(ジャイロ)内蔵
トンネルや高架下で自車位置が止まってしまうと寂しいので。

第4条件 : 外部GPSアンテナオプションあり
電波遮断ガラスだった場合に必要(並行車なので一応考慮)


第1〜第4条件を満たすポータブルナビ

カロッツェリア エアーナビ AVIC-T07
AVIC-T07.jpg

パナソニック ポータブルSDカーナビステーションのFM-VICS内蔵モデル
SDNAVI.jpg

サンヨー ゴリラのFM-VICS内蔵モデル
sb570001.jpg

ソニー NV-U75V+VICSオプション
nv-u75v.jpg


更に絞り込みます。

第5条件 : 外付けのユニットが不要(全ての機能を内蔵)
この時点で、VICSが外付けになるSONYと、FM-VICSチューナーを吸盤スタンドに内蔵しているパナソニックが脱落。

第6条件 : 軽量コンパクトで、画面は5インチ前後
エアーナビ AVIC-T07 5.8インチ 本体寸法 178mm(W)×99mm(H)×35.8mm(D) 質量 約500g
ゴリラ NV-SB570DT 5.2インチ 本体寸法 139mm(W)×86mm(H)×21.5mm(D) 質量 約260g

AVIC-T07は、使い慣れたPIONEERの地図(しかも地図圧縮技術でHDD同等データ+毎月更新3年無料!)、FM-VICS+SMART LOOP、VGAモニター等々魅力満載なのですが、5.8型というモニターサイズもあって本体がデカ厚すぎます。4.8型のAVIC-T05もありますが、こちらはFM-VICS/外部GPSアンテナ/ワンセグフィルムアンテナなどすべて非対応で、本体も他社と比較するとデカ厚。今回のエアーナビ新商品は、Bluetoothを省いてしまったことや、小型化に気を使っていない点がちょっと??です。

ということで暫定王者は、ゴリラ NV-SB570DT
img570large.jpg

今まで正直、サンヨーのナビに注目したことはなかったのですが、今回色々調べてみると、かなり実力ありそう。タッチパネルのポータブルナビにしては珍しく赤外線リモコン対応なので、早速いつものやつも発注しました。
posted by FCLIFE at 14:35| Comment(4) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月08日

シーズンイン

 
毎年、大田スタジアム借り切り練習が夏の本大会のシーズンイン。
息子にとって最後の高校野球シーズン、親(親バカ)も熱くなるシーズンの到来です。
野球はできても、高校野球は今しかできません。息子の夏が一日でも長く続きますように。

2010060701.JPG2010060702.JPG
posted by FCLIFE at 21:52| Comment(2) | 野球

北野白梅町交差点より

 
京都オフの話題もだんだん落ち着いてきたところですが、当日ウチの嫁が持っていたカメラから、Eosの画像が出てきましたのでアップします。ウチの嫁と娘は、北野白梅町交差点で我々Eosの隊列を待ち伏せしていたのでした。

こんなクルマが何台も来たら目立ちますね〜
kitanohakubaicho01.JPGkitanohakubaicho02.JPG

いかつい二台も左折して行きます。
kitanohakubaicho03.JPG

名誉会長が左折していかれます。ホイールが格好良い!!
kitanohakubaicho04.JPG

またどこかで隊列を組みたいですね!!
posted by FCLIFE at 00:04| Comment(7) | VW Eos

2010年06月07日

並行輸入車お買い得

 
ホント、ユーロが安くて複雑な気持ちです。

私がEosを並行輸入したときが1ユーロ165円、今日は108円台。35%値下がりしてまっせ(^^;) 今の為替で計算すると、正規輸入のEosとほぼ同額で買える計算。差額でCLIO RSがほとんど買えてしまいます。

で、本題は現在納車待ちの並行CLIO RS 20th Anniversaryの価格。
2010Clio20th11.jpg

正規輸入ルーテシアRSとの仕様差はざっと以下の通り(フランス語はわからないのでUKサイトで確認)。

・Left-hand Drive  0ポンド
・Carminat TomTom  460ポンド(日本で使えない純正ナビ!?)
・Rear spoiler  200ポンド(付いていてくれ!頼む!)
・Pearl White paint  1,225ポンド
・Deep Black Roof  405ポンド
・Option Alloy Wheels  180ポンド
・Anthracite Exterior  155ポンド(F-1風ヒレ&ドアミラーのみ)

総計およそ2600ポンド(35万円弱)ほどになります。日本仕様に標準の電動折りたたみ式サイドミラーやフルオートエアコンは、20thにも標準装備です。

で、価格は、ジョンシリウスM/ベールアリエンMの両オプションカラーを纏ったルーテシアRSと同等でした(日本ではそこから値引があるのでしょうね)。

為替のお陰か?それも大いにあるでしょうが、そもそも20thは「お買い得車」的位置づけの企画車なので、ベース価格の設定が安い!!のが効いているようです。Eosと違って、CLIOはいいときに買ったかな(^^)/
posted by FCLIFE at 15:06| Comment(3) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月03日

CLIO ダッシュマウント

 
クルマのダッシュ形状に合わせた専用マウントで一番有名なのは、BroditPROCLIPでしょうか。

アタッチメントを追加することによって、携帯にもiPodにもポータブルナビにも使える可能性があるので、取り敢えず1個発注しておきました。

Brodit ProClip for Renault Clio III 2010 - Angled mount
£15.99 Item Number : 853799(LHD用)
broditclio3.jpg

右ハンドル用のItem Number : 653799はこちらです。

PROCLIPはS40でも使っているのですが、CLIO用は苦労して設定した感があり、ステーが丸見えで、あまりエレガントではありません。まあエアコン吹出口を覆ってしまわないので良しとします。因みにエアコン吹出口を完全に覆ってしまうこちらのバージョンもあります。

VW EOSでまとめ買いして頒布した、DashmountにもCLIO用があります。
dashmountclio.JPG

形状はシンプルで好ましいのですが、PROCLIPに比べてちょっと設置場所が低いでしょうか。ダッシュパネルが浮いたまま撮影しているのはご愛敬。残念ながら右ハンドル用しかないのでボツです。

Brodit(のUKディーラー)もDashmountも、イギリスの通販サイトらしく、愛想もくそもありません。自動返信のメールが1通来るだけで、納期も発送連絡もありません。でも忘れた頃に届きます(笑)
posted by FCLIFE at 22:17| Comment(3) | RENAULT Clio RS 20th

2010年06月02日

記念撮影

 
usedforsale.JPG

会社の幟旗を新調したので記念撮影(笑)
最近はCLIO RSネタばかりですが、Eosへの愛情も衰えず。
絶対に売りません。CLIO、屋根開かないし(笑)
posted by FCLIFE at 16:22| Comment(4) | VW Eos

2010年06月01日

CLIO リアスポイラー考

納車を待ってネットを徘徊していると、色んなことを調べたくなるもので。。。
とみのむしさんのblogで話題に上がったリアスポイラーを調べてみました。
もし既知の事実ならすみませんm(_ _)m

まず、こちらは日本仕様のハイマウントストップランプ付きリアスポイラー。というより、殆ど張り出しがないので、リアエンドというべきでしょうか。
rearspoiler00.jpgrearspoiler01.jpg

そしてClio RSの写真を検索すると、結構な割合で出てくるハイマウントストップランプ付きリアスポイラー。さり気なく上品に後ろに伸びています。
rearspoiler02.jpg

探した結果、恐らくコレではないかと。Rear Spoiler £340.00 新車発注時には Spoiler-rear'GT' £200.00 として用意されているものだと思われます。しかしこのスポイラー、海外画像での装着率が高すぎるので、てっきり標準装備だと勘違いしていました。
rearspoiler03.jpg

そして、ハイマウントストップランプ無しの貼り付けタイプ。
日本でも 77112-30487 \29,400でオプション設定されています。
rearspoiler05.jpgrearspoiler06.jpg

最後は定番のコレ。Cup Spoiler £395.00 コレは説明不要ですね。
rearspoiler04.jpg


私の好みは上から二番目でしょうか。現地で船に乗る前の写真を、穴が開くほど見ましたが、写りが悪くてスポイラーが付いているのか付いていないのか判別できません。20thはコレが付いている画像ばかりなのですが、国によって仕様差があるので、私のイタリア仕様に付いているのかどうかは現時点では不明です。
posted by FCLIFE at 21:06| Comment(6) | RENAULT Clio RS 20th