2009年10月30日

PARAVISOR 完成だ!

 
日本広しといえども、PARAVISORで4つもエントリを書くのは私くらいかと。今回で終わりです(笑)

前回貼り付けた塩ビ製粘着シートですが、エッジのところでカットしてしまったので、今回は裏側に「縁返し」処理をするために貼り直しました。

塩ビ製のシートを貼るのに、自信のようなものが湧いてくる私。ドライヤーで暖めて引っ張りながら縁返します。家族は半笑い。
paravisor11.JPGparavisor12.JPG

色んなものに貼りたくなるシートです。この質感なら内装などにも使えそう。この面積を木目にしてしまうのはえげつないですが、お好みに応じて本革調シートを貼ってみたり、ヒョウ柄をあしらったり、ポケモンシールを貼ったりと色々と楽しめるファッショアイテムです。
posted by FCLIFE at 18:54| Comment(6) | VW Eos

2009年10月29日

まだまだPARAVISOR

 
まだPARAVISORで遊んでまして。ちょいカットしたPARAVISORですが、やはりコウモリの模様(BAT-KUNといいます。。笑)が許せなくて、マットブラックの塩ビ製粘着シートを買ってきて貼り付けました(笑)

(貼付前)
paravisor06.JPG

(貼付後)
paravisor08.JPGparavisor09.JPGparavisor10.JPG


バット君とおさらばです。アホです。
posted by FCLIFE at 22:35| Comment(2) | VW Eos

一番欲しいセダンが、より魅力的に

 
以前、一番欲しいセダンとしてご紹介したシトロエンC5に、HDDナビゲーションが標準搭載されました。ボルボとフランス車は以前からナビの装着で悩むことが多いのですが、C5についてはこれで完璧だと思います。因みにボルボのXC60には、ALPINEのナビが標準装着されたのですが、リモコンで操作するそうです(^^;) 非常に評判が悪いです。

C5NAVI.jpg

ナビの画像を見ると、どうも楽ナビのオンダッシュモデル「AVIC-HRV200」が埋め込まれた模様。地上デジタルTVチューナー(フロント4アンテナ)、VICSビーコン、ETC、タッチパネル、ステアリングスイッチ操作、音声入力など、フル装備。40GBのハードディスクにCDから録音することができるので、AVIC-HRV200の外部音声出力を純正オーディオのAUXに入れておけばAVシステムは完成。DVDはナビ側で再生可。CDは純正オーディオでもナビでも再生できます。オプションの携帯電話BluetoothユニットND-BT1を接続すれば、ハンズフリー通話やスマートループにも対応するはず。もちろんバックカメラも接続可。唯一、AVIC-HRV200はiPod/USB非対応が残念。これは純正オーディオ側で対応するしかありません。

AVIC-HRV200の前モデルのAVIC-HRV002をS40で使用していますが、現在の楽ナビにはほぼ死角がありません。2.0で20万円、3.0で15万円の値上がりですが、このナビ標準装着でC5の買いやすさは一段とアップしたのではないでしょうか。
posted by FCLIFE at 18:10| Comment(3) | 分類できない話題

2009年10月28日

PARAVISOR ちょいカット

 
PARAVISORの、ナビ横部分が下側に大きすぎると思ったので、ちょいカットしてみました。この部分は、よほどナビ画面が上向きでない限り要らないと思います。見た目スッキリするのと、PARAVISORのロゴ部分が消えるので、右ハンドル用黒無地タイプの方は、黒一色になって、よりスッキリすると思います。

(カット後)
paravisor07.JPGparavisor06.JPG

(カット前)
paravisor05.JPG

ところで、突然PARAVISORの価格が1,800円から2,600円にアップしていました(笑)
posted by FCLIFE at 23:03| Comment(8) | VW Eos

New ホイール&タイヤ装着

 
ちょっと時間ができたので、New ホイール&タイヤをタイヤ館で装着&窒素充填してきました。

タイヤ館に到着。ガラスコーティングでボディがヌルヌルツヤツヤ。今週末も重ね塗りするぞ!
Donington01.JPG

リフトに乗って交換。ホイールは結局表4回、裏3回ガラスコーティングしました。錆びたローターがいやだなぁ。
Donington02.JPGDonington03.JPG

完成!
Donington04.JPG

このホイールは、日本仕様のシロッコTSI(1.4Lモデル)に標準装着されている「Donington(ドニントン)」という17インチホイールです。本国ではオプションとなります。OEM製造元はRONAL社。
Donington08.jpgDonington09.jpg

シロッコに一目惚れしてTSIを購入された女性が、納車前にディーラーで社外ホイール&タイヤに交換され、この純正ホイール&タイヤが余りました。それを私がヤフオクでゲット。フォルクスワ−ゲン Center 岡山から丁寧に梱包されて送られてきました(笑) タイヤはブリジストンの RE050A 235/45R17 97Wで、EOSやPASSATと共通のXLタイヤ。この純正タイヤは4本で14〜15万円くらいすると思うのですが、今回はホイール込みで10万円そこそこ。しかもホイールもタイヤも新品ピカピカです。

今回は、最終目標としているホイール&タイヤに到達するまでの繋ぎですが、まぁ繋ぎとしては上々の結果かなと思います。車高を前後とも1cmくらい下げようかな。
Donington05.JPG


さてご存じの通り、EOS/PASSAT系とSCIROCCO/PASSAT CC系のアルミはサイズが異なります。

       EOS/PASSAT系  SCIROCCO/PASSAT CC系
17インチ   7.5J ET47     8J ET41
18インチ   8J ET44      8J ET41

235/45R17タイヤの標準リム幅は8Jですから、シロッコの17インチホイールは理想的なリム幅なのですが、オフセットが+41と17インチ同士で6mm、18インチ同士で3mmも外に出ています。

さて、どうなのか?タイヤ館の人は微妙ですねーって言って笑っていました。
Donington06.JPGDonington07.JPG

タイヤ館からの帰り道、摩耗した18インチタイヤと比べても仕方がないことですが、やはり17インチは乗り心地が良いなぁと思いました。音はまだタイヤの皮が剥けていないからなのか、ゴーーとロードノイズが聞こえます。あるいはRE050Aの特徴? PASSAT VARIANT以来の久しぶりのRE050Aをしばらく楽しんでみたいと思います。


《EOSホイール&タイヤ遍歴》

・【純正】「Le Mans」 7.5Jx17 ET47 - 235/45R17 97V ContiSportContact2 (納車前に交換)
IMG_2998.JPG

・【純正】「Milwaukee」 7Jx16 ET45 - 215/55R16 97V MICHLIN PILOT PRIMACY
1eos.JPG

・【非純正】BORBET TYPE LS 8Jx18 ET45 - 235/40ZR18 95Y YOKOHAMA ADVAN SPORT
velos01.JPG

・【純正】「Velos」 8Jx18 ET44 - 235/40R18 95Y YOKOHAMA ADVAN SPORT
velos04.JPG

・【純正】「Donington」 8Jx17 ET41 - 235/45R17 97W BRIDGESTONE POTENZA RE050A
Donington04.JPG
posted by FCLIFE at 21:48| Comment(10) | VW Eos

2009年10月27日

WENGER COMMAND SOLDIER

 
WENGER COMMAND SOLDIER
SSケース
強化プラスチック風防
ケース径 38mm
ムーブメント 手巻42時間パワーリザーブ
100m防水

wenger.jpg

持っていた記憶が全くないので、一応アルバム作製のための記録のみ。
ヤフオク売却歴で所有判明。手巻が欲しかったのか。。。
posted by FCLIFE at 18:38| Comment(2) | 腕時計

2009年10月26日

OMEGA SPEEDMASTER AUTOMATIC

 
私が時計趣味に走った第1号の時計が、このOMEGA SPEEDMASTER AUTOMATICです。腕時計そのものにほとんど関心がなかったのですが、近所のディスカウントショップの広告に載っていたこの時計に目が留まり、開店と共にゲットしました。確か78,000円だったと思います。社会人1年目の22歳でした。この時計は、あの有名な手巻きのOMEGA SPEEDMASTER PROFESSIONAL ref.3570-50のデザインを縮小して、ムーブメントにはETAベースの自動巻を搭載した、いわゆる「なんちゃってスピードマスター」。その頃手巻きのPROFESSIONALを買うお金はなく、PROFESSIONALと同デザインのお手軽版に走ったのでした。

OMEGA SPEEDMASTER AUTOMATIC
Ref.3510.50(ST175.0032)
SSケース
強化プラスチック風防
ケース径 39mm
ケース厚 12mm
ムーブメント ETA系自動巻
クロノグラフ
タキメーター
日常生活用防水
ステンレスストラップ

speedmaster01.jpgspeedmaster02.jpg

当時はまだ機械式時計専門誌もなく、今ほど一般に時計趣味が浸透していなかったので、この時計をしていると、安物とはわからずに、「格好良い時計ね」などと言われたものです。しかし問題がありまして、一つは強化プラスチック風防。思いっきり傷が付きます。2回新品交換しました。二つめは防水性。風防の内側に結露し、そのうち不動になってオーバーホールを2回行いました。今でも手に入りますが、今度買うなら手巻きPROFESSIONALですね。

改めてスピードマスターについて調べてみたら、時計ファンとは別の「スピマスファン」が存在するのですね。スピマスの年代別・モデル別の差異などが事細かに説明されたサイトなどもあります。それだけ人を惹きつける力を持った時計ということでしょうか。
posted by FCLIFE at 17:58| Comment(4) | 腕時計

2009年10月25日

Service Now!

 
36000キロか。結構走ってしまいましたね。目指せ10万キロ!
servicenow36000.JPG

コレを消すついでにVAG-COMでエラーチェックをしたら、いつもエラーが出ているInfotainment、Radio(この二つは純正オーディオを外していると必ず出るエラー)、Auto roof(これも出ない方が珍しい)以外に、レインライトセンサーの通信異常が出ていました。そういえば最近、トンネルに入って出てもライトが消えないことがたまにあるんですよねー。
posted by FCLIFE at 20:54| Comment(6) | VW Eos

久しぶりに本国アクセサリーカタログ

 
ずいぶん久しぶりに本国のアクセサリーカタログを見てみました。
http://www.volkswagen-zubehoer.de/prospekte_fahrzeugspezifisch.html

その中で目についたのが、
Volkswagen Genuine 「V Protector」
ボディ保護のためのカット済み透明フィルムで、バンパー、ミラーカバー、ドアハンドル、ドアエッジ、トランクに貼り付けて使用するようです。私の場合、マットシルバーに塗装したグリルの塗装が弱くて、石などが当たると剥げてくるので、こういうのを貼っておくと良いかも。もう手遅れですが。219ユーロ。
vprotector.JPG

次に、
Volkswagen Genuine 「Decorative trim set」
ドア用2枚、センター用1枚、ステアリング両脇2枚、グローブボックス上部1枚の計6枚セットのトリムで、カーボン調、アルミ調、ピアノブラック調があります。全部あるいは一部が貼付装着のようです。各199ユーロ。
carbonlook.JPGAluminiumlook.JPGPianolacquerlook.JPG


ホイール&タイヤ専用カタログが充実していました。標準装着ホイールが載っていないので、すべて網羅されているわけではありませんが、かなり参考になりますね。
http://www.volkswagen-zubehoer.de/fileadmin/pdf/prospekte/englisch/raeder/SKR_2009_engl_low.pdf
http://www.volkswagen-zubehoer.de/fileadmin/pdf/prospekte/englisch/Katalog_engl_190609.pdf

デイタイムランニングライト設定専用カタログもできていました。VAG-COMがあれば設定できちゃいますが、ヘッドライト流用なので日本では使いにくいですね。
posted by FCLIFE at 19:33| Comment(0) | VW Eos

クリスタルガード・プロ施工(3回目)

 
私が最も信頼しているボディコーティング剤が「クリスタルガード・プロ」です。

2008年10月13日(1回目)
2008年10月17日(2回目)

施工して1年ですが、ボディのツヤにほとんど変化はありません。疎水性(撥水性ではありません)は主にボンネットがやれてきた感じですが、全体としてはまだまだいけてます。メーカー曰くの「10年以上の耐久性」は大袈裟だとしても、DIYで行うコーティングとしては素晴らしいのではないでしょうか。

ということで、今回1年ぶりに3回目のコーティングを実施します。用意するものは、
・クリスタルガードプロセット
カリフォルニアウォーターブレード
吸水Jワイパー
crystalguardpro03.JPG

メーカーの推奨手順(プロ施工)は下記の通り。
・洗車
・ウォッシュワンによる洗車
・拭き上げ
・クリスタルガードプロ塗り込み
・30分〜2時間以上放置
・水洗いによりクリスタルガード成分の除去
・拭き上げ

1回目、2回目は説明書通りの方法でやりましたが、今回はこちらの方のサイトを参考に乾式施工します。
・洗車
・ウォッシュワンによる洗車
・拭き上げ
・クリスタルガードプロ塗り込み
・30分〜放置
・水洗いせずに拭き取り

いつものことながら、ヌルヌルした界面活性剤のようなウォッシュワンは、水に溶いてマイクロファイバータオルに含ませて優しくボディをなでるだけで、ウォータースポットをいとも簡単に消してくれます。拭き取りもカリフォルニアウォーターブレード&吸水Jワイパーの黄金コンビで楽々。

クリスタルガードの塗り込みまで終わったので、後は拭き取るのみ。一週間後に4回目の施工をして完了です。

【追記】乾式の拭き取りは結構骨の折れる仕事でした。1.5時間くらい放置していたので、成分が結構硬くなっていて力のいる仕事でした。それでも拭き取るそばからツヤが出てくるのは楽しい作業です。乾式の場合は30分〜1時間以内に拭き取る方が良さそうです。
posted by FCLIFE at 16:35| Comment(0) | VW Eos

2009年10月24日

New ホイール&タイヤ到着

 
新しいホイール&タイヤが本日到着しました。
newtirewheel01.JPG

いつものように脱脂し、クリスタルガード・ホイールアーマーを2本使って、表4回裏2回のコーティングを行います。
newtirewheel02.JPG

しばらくの間、我が家の和室をタイヤ4本が占拠します。
恥ずかしがって裏側しか見せてくれません(笑)
newtirewheel03.JPG

【追記】
はなまるさんご名答!ということで表の写真を追加しました。
newtirewheel04.JPG
posted by FCLIFE at 22:34| Comment(22) | VW Eos

日除けは強し! PARAVISOR

 
PARAVISOR(パラバイザー)が到着したので着けてみました。

案外ちゃんとしたパッケージ(笑。。。失礼!)
paravisor01.JPG

装着方法は2種類。付属の面ファスナーで貼り付ける方法と、カーナビ本体とトリムの隙間に差し込む方法。面ファスナーだと、装着していないときにファスナーの片割れが残ってしまいますので、当然隙間に差し込む装着法を選びます。隙間の大きさによって、薄手タイプと厚手タイプのクッションシート(手持ち)を、PARAVISORの差し込み部分に貼り付けました。EOSはオープンカーですから、風で飛ばないように隙間にしっかりとフィットさせた方が良いでしょう。また横方向の差し込み部分が長かったので少しカットしました。

さていよいよ実験です。PARAVISORを装着しないとこんな感じ。
paravisor02.JPG

全く同じ日照条件ですぐにPARAVISORを差し込みました。もちろん屋根は開けています。
運転席側からの映り込みがありますが、視認性は飛躍的にアップします。
paravisor03.JPG

真ん中からの見え方と、助手席からの見え方。助手席からは全くナビ画面が見えなくなります。運転席からみる分には、PARAVISORの存在感は大きくありません。
paravisor04.JPGparavisor05.JPG

結論は「コレはEOSオーナー必須」です。買って損はないと思います。真似して作っても良いかも知れませんが、価格も高くないので買った方が得でしょう。ただし左ハンドル用は、ご覧の通りコウモリの変な模様が入っているものしかないのが重ね重ね残念です(右ハンドル用を買って反対向けに折り曲げるのは無理そうです)。右ハンドル用なら無地があるので決まりでしょう。

基本は着けっぱなしになりそうです。ナビ画面はもちろんですが、バックカメラの画像がオープン時でも良く見えるのが良いです。
posted by FCLIFE at 13:09| Comment(4) | VW Eos

2009年10月23日

痛い車

 
昨日、秋葉原に用事で出かけたときに「痛車」というのを見ました。
オーナーさんごめんなさい。

CARF35P07.JPG

写真は後ろからしか撮れなかったのですが、横から見るともっとすごいです。
posted by FCLIFE at 14:10| Comment(4) | 分類できない話題

2009年10月22日

液晶の反射防止シート結論

 
今日、サンワサプライの液晶保護フィルムCAR-F70P(SANYO GORILLA NV-SD730DT用)と、エレコムのEF-FL7WHGを、EOSのナビ ALPINE VIE-X07 に貼ってみました。
CARF35P05.JPG

結論から言うと、エレコムのEF-FL7WHGは光沢がありすぎて一瞬でボツ。テカテカして余計に見えにくくなります。あくまでも室内用のOAフィルターのようです。またサイズもW152×H92mmと、VIE-X07のW156×H79mmに比べて横方向は寸足らず、縦はカットする必要があり、使い勝手は良くありません。

次に、サンワサプライのCAR-F70Pですが、サイズはW156×H82mmと横方向は完璧、縦方向は3mm大きいのですが、液晶を囲っているトリムの内側に挿して貼り込めばカットの必要もなし。シートの端がトリムの内側に隠れるのでスマートです。車載用を考慮しており、また「光沢」とも唱っていないので、エレコムに比べるとテカりは少ない仕様です。

さて肝心の視認性ですが「貼っていないよりは少しマシ」レベル(笑) 抜本的解決には程遠いです。しかし副次的効果があって、画面がすっごく綺麗に見えます。立体的というか、浮き上がってくるようなというか。よく、メーカー物の市販PCに付属している液晶(スーパーシャイン液晶?)のような感じです。これがちょっと嬉しい誤算。結局、CAR-F70Pで行くことにしました。

写真では表現できませんが、艶やかです。
CARF35P06.JPG

後は、発注済みのコレに期待。
posted by FCLIFE at 20:00| Comment(2) | VW Eos

2009年10月20日

冒険家の方へ!GOLF6 MFSW


GOLF6用マルチファンクションステアリングです。
冒険家の方へ!!特にRNS510搭載の方!
でも、パドルがないかも。。。エアバッグは適合???

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/128777197
posted by FCLIFE at 13:00| Comment(8) | VW Eos

2009年10月19日

微妙ですが。。。液晶シート

 
今日は日差しも強く絶好の実験日和。実はMM-1に貼った3.5インチ液晶保護シートは、貼り付けに繰り返し失敗していまして。小さな気泡や埃を噛んだりして、やっているうちに妥協できなくなり、誠にアホですが5枚目で何とか妥協しました。それでも5枚目が最善の結果ではなく、3枚目くらいが一番キレイだったかなとか思い始めると際限がなく、5枚でやめたという感じです。PC DEPOTの複数の店から一気にCAR-F35Pの在庫がなくなりました(笑)

ということで、手元に貼付失敗したCAR-F35Pが4枚も残っていたので、そのうち一番綺麗なモノをナビに貼り付けてみました。

画面全体が白く乱反射して見にくい状態でも、シートを貼った部分だけは多少見えます。
CARF35P03.JPG

しかし、もっと画面全体が眩しく光るような照り返しでは、ほぼ効果ゼロです。
CARF35P04.JPG


色んな状態でどのような見え方をするか確認しましたが、

(1)強烈な日射を直接ナビ画面に受けるようなケースでは効果なし
(2)ナビ画面全体が白っぽく乱反射するような状態では効果あり
(3)上記(2)未満の乱反射の場合は画面をよりキレイに見せる効果あり

ということで、恐らく貼らないよりは貼った方が見えるケースは増えそうです。
posted by FCLIFE at 17:55| Comment(11) | VW Eos

2009年10月18日

最強のアンチグレアシート

 
以前から、ミラーメディアMM-1の液晶部がルーフオープン時にほとんど見えないので、傘を付けたりアンチグレアシートを貼ったりしてきました。しかし傘は見栄えが悪く、アンチグレアシートは画面が白く乱反射して、結局全部ボツ。なかなか満足できる商品に出会うことができません。

そんな中、自宅近くにできたPC DEPOTをウロウロしていて発見したのが、サンワサプライの液晶保護フィルムCAR-F35P。SONY NAV-U(NV-U3C) 3.5V型液晶用シートです。
CARF35P01.JPGCARF35P02.JPG

このフィルムが良いのは、製品型番でもわかるように車載専用であること。サンワサプライには他にもPC・PDAやポータブルDVD用の液晶保護シートがありますが、それらとはフィルムそのものの厚さや機能が異なる様子。驚いたのは液晶の光を94.7%通す一方で、外光の反射は1.1%しかないこと。驚くべき低反射率です。なのにフィルムそのものはOverLay Plusのようなザラザラで磨りガラスのようなタイプではなく無色透明です。

早速貼ってみましたが、大きさはMM-1の3.5型に完璧フィット。シートが透明なのでモニターオフ時にはバックミラーとして違和感なし。モニター使用時には外光の映り込みを抑え、画面をよりくっきり見せてくれます。装着したのが夕方だったので、最も条件の悪い状態でのテストはできなかったのですが、今まで買ったアンチグレアシートの中で最強であることは間違いなさそう。明日天気が良さそうなので、晴天オープン時の視認性改善効果を確認したいと思います。

気をよくして、全く同じシートを使用した7型ワイド用CAR-F70Pも発注。SANYO GORILLA NV-SD730DT 用でW156.0×H82mm。私のALPINE VIE-X07の液晶はW156×H79mmなので少しカットが必要ですが、CAR-F70Pはフリーカット対応なのでOK。オープン時のナビの視認性が改善したら嬉しいけど、どうでしょうか。
posted by FCLIFE at 19:28| Comment(9) | VW Eos

EOSワイパーブレード交換2

 
EOSを購入してから2回目のワイパー交換。私は物ぐさなのでブレード毎交換です。

BOSCH ボッシュ エアロツインワイパー 商品番号 3397118979(979S)
因みに右ハンドル用は左右の長さが違うので品番が異なり 3397118980(980S) です。
どちらも送料・税を含めて約5千円、左ハンドル用も普通に日本で手に入ります。
wiper06.JPGwiper07.JPG

イグニッションをONした後にOFFし、ワイパーレバーを下方向に操作するとサービスポジションで止まるので、ブレード固定部のボタンを押しながら引き抜いて、新しいのを挿すだけ。交換数秒です。
wiper08.JPGwiper09.JPG

納車が2007年4月(ポルトガルの工場ラインオフが2006年12月末)で、1回目の交換が2008年4月、2回目の交換が2009年10月。雨の日は極力乗らないようにしている前提で、私の場合の交換サイクルは約1年半毎となります。
posted by FCLIFE at 11:14| Comment(0) | VW Eos

2009年10月13日

ルーテシアRS やっと登場

 
ルーテシア(CLIO)ルノースポールがやっと日本で発売されました。日本ではマイナーチェンジ後のクリオ顔で初登場ですが、現地ではマイチェン前からありました。私は外見普通で中身がちょっと違うというのが好きなので、見た目はマイチェン前が圧倒的に好きです。マイチェン後のRSはちょっと厳つすぎますね。
ClioRS.jpg

同時にトゥインゴRSも日本初登場
TwingoRS.jpg

まだ日本では売り出されていない新型メガーヌRS
MeganeRS.jpg

乗り比べた〜い!フランスに住むしかないか(笑)
posted by FCLIFE at 23:07| Comment(9) | RENAULT Clio RS 20th

2009年10月12日

小ネタ OSIR ZERO SQUARE for the Square Key

 
小ネタシリーズも今回が最終回。純正リモコンキーのスイッチ部と交換装着するOSIR ZERO SQUARE for the Square Key を購入してみました。maniacsさんで販売しているOSIR ZERO SQUARE には2種類あって、Set-A がクロームとダーククローム、Set-B がシルバーとダーククロームのスイッチ部装飾カバーが同梱されています。買ってから気が付いたのですが、装飾カバーは2種類入っていますが、肝心のスイッチ部が1個しか入っていないので、2個のキーに2種類のカバーを装着することはできません。メインキーとサブキー両方に装着する場合を考慮してスイッチパーツを2個入れてくれても良いのでは?と強く思います。あるいは、3色カバー+スイッチパーツ2個or3個のセットがあれば完璧です。

ということで、私の場合メイン、サブともにスイッチ部を交換したかったことと、3色全部を手にとってみたかったので、仕方なくSet-A とSet-B の両方を購入しました。スイッチパーツx2、シルバーx1、クロームx1、ダーククロームx2の構成です。交換は純正のスイッチ部(ゴム製)を剥がして、OSIR ZERO SQUAREをはめるだけ。
zero201.JPGzero202.JPGzero203.JPG

「はめるだけ」と書きましたが、私の場合、純正リモコンキー2個ともに、OSIR ZERO SQUAREの装飾カバーをはめるのに結構な労力を使いました。というのも、私の指の力では装飾カバーがうまく最後まではまりきらないで、どうしても少し浮いてしまうのです。カバーが浮いていると相対的にスイッチが奥まってしまい、うまく押すことができません。なので、まず装飾カバーを指で力一杯押し込んだ状態で、マスキングテープを装飾カバーの上からグルグル巻き付けました。更に在庫で持っている市販のクッションシート(5mm厚くらい)を巻き付けました。そして、刃の部分をビニールテープでグルグルに養生したペンチで装飾カバー部分を挟んで力を入れて押し込みました。ペンチで挟んではクッションシートやマスキングテープを一度はがして装飾カバーの入り具合をチェックし、また巻いて挟んでの繰り返し。最終的にはほぼツライチまで押し込むことができましたが、涙ぐましい努力でした。これはキースイッチ部の個体差なのか、私の指の力が弱いのか。。。なおこの方法はペンチで装飾カバーを傷つけることのないようにと考えた方法ですが、それでも傷が付かないとは限りませんのでご注意を。

左:シルバー  中央:クローム  右:ダーククローム
zero204.JPGzero205.JPGzero206.JPG

横から見た装飾カバーの盛り上がり。クロームとダーククロームは写真では違いの再現が難しいです。
zero207.JPGzero208.JPG

最終的に一番のお気に入りは文句なしにダーククローム(メインキーに)、次点がクローム(サブキーに)でした。でもなんか両方ともすぐ傷つきそうですね。シルバーが一番傷には強そうでしたが、ちょっとインパクトが足りないかな。
posted by FCLIFE at 22:29| Comment(7) | VW Eos