2009年07月27日

街中プリウスとインサイト

 
ほんと、街中にプリウスとインサイトが溢れかえっています。
今日など、首都高を走っていたら4台の全く互いに関係なさそうなプリウス(3台は旧型1台は新型)が連なって走っていました。

プリウス(旧型)は、地方出張に行くたびにトヨタレンタカーで借りていたのでよく乗っていたのですが、プライベイトで乗りたいという種類の車ではありませんでした。

それにしても、プリウスに乗っている人で結構飛ばす&車間距離を詰めて来る&追い越し車線を走り続ける人の多いこと。私だけが感じているのかと思って社員と話してみたら、うちの社員もそう感じているらしい。「プリウスとハイエースは飛ばす」これ間違いなし!!

ハイブリッドはたぶん買わないと思いますが、完全な電気自動車は非常に興味あり。家内の買い物車など電気自動車で十分です。

p.s.もう一つ。街中にハリアーの何と多いこと。カローラより多い(笑)
posted by FCLIFE at 15:06| Comment(5) | 分類できない話題

2009年07月26日

なぜ今更?EOSエッジプロテクター

 
私にもなぜ今なのかよくわからないのですが、右手が勝手にG-FUNCTIONさんに発注してしまいました。純正アクセサリーのエッジプロテクター 1Q0 071 360 です。G-FUNCTIONさんの在庫品で、純正定価の約2割引です。

商品構成は、エッジプロテクター本体、取付説明書、脱脂剤です。部品ではなくアクセサリーなので取付説明書が付きます。曲がって癖がつくとマズイので、商品は長細い箱の中で固定されています。
edgeprotector01.JPG

まずは貼付部分とその周辺を洗車して、乾いてから付属の脱脂剤で脱脂します。5分待ってエッジプロテクターを貼り付けていきます。裏側に接着剤がついているので簡単ですが、左右の余白を均等にして、リッド下ラインから2mm上のところに正確に貼るには多少の慎重さが必要です。

取付前、取付後。ハッキリ言ってボディーカラーが濃色系ではないので、あまり目立ちません。それでもちょっとしたアクセントにはなるかと。
edgeprotector02.JPGedgeprotector03.JPG

クローム色のシートの上に透明な樹脂がぼってり盛ってある構造です。
edgeprotector04.JPG
posted by FCLIFE at 13:07| Comment(2) | VW Eos

The 朝練!

 
kaishiさんの朝練予告に反応して、朝5時前にちゃんと目が覚めました(笑)
東名青葉から大井松田へ向けて爆走します。といっても反省中の私はこの程度のスピードしか出しません。
asaren01.jpgasaren02.jpg

道の駅「ふじおやま」でkaishiさんと合流。予想通りkaishiさん(と私)しかいません(笑) 7時に朝練へ出発です。
asaren03.JPG

遅い車に行く手を阻まれたので、しばし路上で時間つぶししてから再出発。悪天続きだったせいか今日は車の量が多く、朝練できる区間は長く続きません。また、三国峠手前から霧が発生しており、フォグライトを付けながらの朝練となりました。kaishiさんのペースに付いていくのが精一杯です。
asaren04.JPG

峠を越えて山中湖側に出た途端に霧が晴れてこの景色。見事としか言いようがありません。本当にこのルートから見る富士山と山中湖は絶景ですね。オープンで音楽をオフにし、風を受けての朝練の何と気持ち良いこと。
asaren05.JPGasaren06.JPG

その後、道志みちへ入り、道の駅「どうし」で8時に休憩。やはり誰も合流しません(笑) 駐車場にはコペン、ボクスター、ミニコンバーティブルとEOS2台でオープン比率高し。ここで先導を交代し、宮が瀬のカフェレストラン「オレンジツリー」へ。その途中で練習中に私の帽子が風で飛んでkaishiさんに拾って頂くハプニング。危うくE.O.S.の帽子をなくすところでした。お店に到着したのは9時前。玄関にはカギが掛かっていましたが、ご主人が出てきてくれて、午前10時の開店にもかかわらず、お店に入れて頂き、とても美味しい朝食を頂きました。野菜たっぷりバジルのパスタです。
asaren08.JPGasaren07.JPG

しばし歓談後、解散。もう既にオープンにできる外気温ではありませんでしたので、今度は音楽をかけながらゆったりと帰宅の途に就きました。kaishiさん、今日はどうもありがとうございました。
posted by FCLIFE at 12:38| Comment(5) | オフ会・ツーリング

2009年07月25日

EOS RediCAP 使用感

 
先日、maniacsさんからRediCAPを購入して装着しました。が、その後の天候不順によりEOSに乗る機会が少なく、やっと今日初めての給油を行いました。

オレンジの部分から給油ノズルを差し込みます。問題なく奥まで入ります。ちょっとやばいですか?この写真?(笑)
redicap04.JPGredicap05.JPGredicap06.JPG

セルフスタンドのノズルは問題なく大丈夫だと思いますが、セルフではないスタンドのスプリング付きノズルが入るかどうかはわかりません。オートストップは問題ありませんでした。引き抜き時にキャップが抜けそうな感じも全くなく、これは継続して使用できると思います。
一手間減って楽チンです。
posted by FCLIFE at 23:20| Comment(1) | VW Eos

2009年07月23日

audison bitone 値上げ!

 
なぜだかこの時期、私がEOSで使用中のデジタルシグナルプロセッサーaudison bitone(総販売元:株式会社アルファ)が、8月1日より89,250円から99,750円(税込)に値上げされるようです。
bitone06.JPG

株式会社アルファのホームページには、「2009年7月8日 bitone シグナルプロセッサーの価格を改定いたいたしました(注:「いたいたしました」は原文通り)」と書いてあるだけで、仕様が変わったのか価格改定のみなのか、何も書かれていません。まあ説明不足と不親切はこの会社の常ですが。もしヒスノイズ対策がなされているようなら買う手もあるのですが。。。随分以前にbitoneのPHONE IN端子の仕様を訊いて、「対応するハンズフリーキットを電話で回答する」という返事をもらってから数ヶ月。まだ調査中でしょうか(笑)さっさと自分で解決してしまいましたが。未だに商品ページには堂々と「携帯電話ハンズフリーキット用のPHONE INを用意」と書いてあるのに、PHONE IN端子の仕様や、どんなハンズフリーキットが対応するのかは未だに非公開を貫いております。ヒスノイズの件についても、存在そのものを認めていません。(注:決してbitoneが気に入っていないのではなく、この会社の対応が気に入らないだけ。bitoneは本当に便利な商品で、ヒスノイズも光デジタル接続では盛大だが、同軸デジタル接続では気にしなければ聞こえない程度、アナログ接続ではほぼゼロです。)

複数のオーディオショップのblogで、中身は何も変わっていないので旧価格で早期購入を!と宣伝されています。相変わらず大人気で品薄なbitoneですが、売れすぎて値上げでしょうか?(笑)
posted by FCLIFE at 21:45| Comment(0) | VW Eos

2009年07月20日

4回戦敗退

 
息子のチームが4回戦で敗退しました。しかし、東東京ベスト32は誇って良い成績だと思います。息子のお陰で、我を忘れて興奮し、楽しい思いをさせてもらいました。まだ2年生です。来年もあります。1年間しっかりと体力作りをして、最後の夏こそベスト8目指してがんばれ!!

前試合はノーエラーの引き締まった試合でしたが、今日は一転して序盤にエラーが続出し、しかもそれが全て得点に結びつく最悪の出だし。エラーの差がそのまま得点差となりました。
IMG_1599.JPG

高校野球(の下位チームの試合)を見ていて思うのは、エラーをせず、ピッチャーがフォアボールを出さなければ、そこそこのところまで勝ち上がれるということ。逆に言うと敗因はエラーとフォアボールが多いです。変化球など投げなくても、ストライクを投げていれば打ち損じる確率の方が高く、それをエラーせずにアウトにしてやれば下位チームの中では勝てます。でも、エラーをしないでフォアボールを出さないのがとっても難しいんでしょうね。

息子の捕球〜送球を連写してみました(親バカ写真)
shubi.PNG

応援メッセージを下さった皆様、どうもありがとうございましたm(_ _)m
posted by FCLIFE at 16:43| Comment(5) | 野球

2009年07月19日

ややこしい天気の恩恵

 
全く、オープンにしていたらパラパラと降ってくるし、屋根を閉めると日が差してくるし、今日はとてもややこしい天気だったのですが、夕方に降った天気雨のお陰で素晴らしい虹をみることができました。

手持ちのカメラでは虹全景が入りません。虹が二重になっています。
niji01.PNG

無理矢理繋げるとこんな感じ。
niji02.PNG

女房曰く、生まれてから一番キレイな虹だったそうです。
posted by FCLIFE at 22:15| Comment(0) | 分類できない話題

念願のドッ君ゲット!

 
今日も朝5時台から起き出して朝練へ。最近暑くて鬱陶しい日が続くので、なるべく気温の低いところを目的地にします。

東名青葉インターから小田原厚木道路を経て、湯本の手前、三枚橋を左に曲がり、旧東海道の畑宿経由で箱根へ。下界はオープンで快適に走行して来たものの、甘酒茶屋の峠付近から濃い霧と風雨で敢えなくクローズ。さすがに涼しいです。濃い霧なのでバックフォグまで点けて走行中。フロントフォグは今まで数回使用実績がありますが、バックフォグを使うのは初めてです。
dokn01.JPG

結局、箱根は終始濃霧状態だったので全く朝練にはならず。御殿場から東名に乗って上り鮎沢PAに向かいます。目的は先日時間が早すぎて逃してしまった名物アメリカンドッ君。到着したときは、まだ在庫として用意されていませんでしたが、その場で揚げてくれました。ケチャップとマスタードを付けてから気が付いて写真撮り(笑) ドッ君、ごめんなさい。ドッ君は3人兄弟のようです。
dokn03.JPGdokn02.JPG

ドッ君は、普通のアメリカンドックよりもソーセージが太く、衣もお店で手作りで付けていてふっくらしています。美味しいですから、是非皆様もご賞味下さい。3本入りのお土産(冷凍)を2袋買って帰りました。

ドッ君を食べ終わり、セルフサービスのレストランの前を通過したときに目に入ったのが、『ラーメンバトル2009入賞のWスープ系排骨麺』という宣伝。自分の食欲に怖くなりながら注文。確かにサービスエリアで出すラーメンとしては本格的で結構美味しかったです。これも箸で一混ぜしてから、アッと気付いて写真撮りしました(笑)
dokn04.JPG

帰宅後調べたら、『ラーメンバトル』は高速SA/PA限定のバトルでした。
http://www.c-exis.co.jp/recommend/index_090313.html
posted by FCLIFE at 13:24| Comment(5) | オフ会・ツーリング

2009年07月18日

3回戦突破!

 
延長10回まで0対0の息の詰まるような投手戦。
両チームともエラーゼロの好試合でした。
息子から感動をもらいました。感謝感謝。

次は20日(月)の12:30〜江戸川球場にて対早稲田高校戦です。

勝利の瞬間
sakuramachi01.jpg

戦績
sakuramachi02.PNG
posted by FCLIFE at 13:49| Comment(3) | 野球

2009年07月16日

EOS タイヤ&ホイール

 
皆様に色々と頂いたアドバイスを元に検討を重ねてきたタイヤ&ホイール選択ですが、結局は当初の「乗り心地・静音性重視」の考えをほぼ180度変更し(笑)、走行性能&見栄え重視な路線を選択することにしました。

ホイールの選択は最終的に下記の条件を満たすものとしました。
・軽量な鍛造アルミワンピースであること。
・ハブリングを使用しないで装着できること(純正ハブ対応)。
・純正ボルトを使用して装着できること。
・純正ホイールセンターキャップ(VWマーク)が無加工で装着できること。

上記の条件を満たすホイールがこれでした。
8.0J 18インチ 5穴 PCD112 ET48 ハブ径57 重量8.45kg
18インチで8.45kgは異例の軽さです。純正ホイールセンターキャップ 3B7 601 171 BXF(64mm)が装着可能です。
eurocross01.jpgeurocross02.jpgeurocross03.jpg


タイヤは 235/40R18 95Y の純正同スペックにしました。
ps2.jpg


発注は、もし免許が召し上げられるようなら出所後、赤紙が来ないようなら近々の予定です。葉書が来ないかどうかドキドキの毎日です(笑)。
posted by FCLIFE at 23:30| Comment(15) | VW Eos

2009年07月15日

EOS RediCAP

 
maniacsさんから、RediCAPがレギュラー商品として販売されていたので1個ゲットしてみました。

ドイツ製ということなのですが、見た目の品質はかなりラフです。
redicap01.JPGredicap02.JPG

以前使用したことのあるMecorm EasyCapは、給油終了後ノズルを抜くときにガボッと一緒に抜けてしまうことが多かったのでボツになったのですが、今回のRediCAPはネジ式でかなりガッチリと給油口に固定されます。ちょっと引っ張ったくらいでは全然抜ける気配がありません。
redicap03.JPG

デザイン的には見るべきものがない(できれば文字は不要で、シャッター部分はクロームメッキ等のパーツが望ましい。全体的に品質感は低い)のですが、機能部品なので実際に給油してみて、使用感を追記したいと思います。
posted by FCLIFE at 16:42| Comment(2) | VW Eos

2009年07月14日

初戦突破

 
夏の初戦だけあって、硬さが目立つ試合でしたが何とかコールド勝ちで突破しました。
前半エラー連発で、要らぬ点を与えてしまいましたが、これで緊張も取れたでしょう。
それにしても、こんなグラウンドで野球できるなんてうらやましい。
うちの息子はサードを守っています。

20090714jingu01.JPG20090714jingu02.JPG
posted by FCLIFE at 12:38| Comment(9) | 野球

2009年07月11日

開幕!!

 
開幕!!がんばれ!!応援行くぞ!!

natsutai01.JPGnatsutai02.JPG
posted by FCLIFE at 10:33| Comment(2) | 野球

2009年07月09日

EOS ホイール&タイヤの悩み

 
今日、仕事中にBBSのRG-Hを履いたロードスターを見て、また色々と妄想。

RG-HでEOSに装着できそうなホイールは2種類。
・RG-H 411 17×7.5 ET40 5/112.0
・RG-H 412 17×7.5 ET50 5/112.0
要はオフセットが40か50かの違い。

一方でEOSの純正ホイール&タイヤは下記のサイズ。

5穴 x PCD 112.0 x ハブ径 57.0
・16インチ 16×7 ET45 - 215/55R16 LI=97
・17インチ 17×7.5 ET47 - 235/45R17 LI=97
・18インチ 18×8 ET44 - 235/40R18 LI=95

先日、矢東タイヤさんから見積を取った際に、「RG-HのET40を選んで純正サイズの235/45R17タイヤを履かせると、ホイールリムは純正18インチよりも2.35mm車両側に引っ込むが、逆にタイヤは純正18インチより外にはみ出てしまう可能性が高いので、純正17インチのET47より3ミリ内側に引っ込んでしまうが、ET50の方をお勧めする」と言われてしまいました。ホイールが2.35mmも奥に引っ込むのに、なぜ逆にタイヤだけが外に出てくるのか、私にはよくわからないんですが、合ってますかね?? 矢東タイヤさんがおっしゃるとおり、純正17インチより3ミリも奥に引っ込んでしまうET50を選択するのは面白くないです。かといって微調整でスペーサーをかませるのにも抵抗があります。

などと色々考えているうちに、そうだ225にしようと思いつきました。元々7.5Jのリムに235タイヤは対応リムの下限ギリギリです。225なら7.5Jが標準リムなので無理がありません。235を225にすることは乗り心地にも燃費にもプラスに働くはずです。ただしタイヤ外径が10〜11mm小さくなること(メーター誤差が増えます)と、純正のロードインデックス(LI)をクリアすることができなくなることに注意が必要です。その辺りは確信犯で行くしかないですね。

ということでタイヤ候補選び。

(1)MICHELIN PRIMACY HP 225/45 R17 94W XL
これは以前PASSAT VARIANTとEOSを16インチにインチダウンしているときに履いていたPILOT PRIMACYの後継タイヤです。現在私のS40に純正装着されていて、PASSAT、EOS、S40での経験から、その乗り心地には絶大なる信頼を寄せています。エクストラロード(XL)でLI=94と、純正18インチの95に1足りないだけなのも高ポイント。現在最右翼です。但し静粛性はそこそこ(うるさくはない)です。

(2)TOYO PROXES C1S 225/45R17 94W XL
今年発売されたばかりのTOYOの最新プレミアムコンフォートタイヤ。静かさと高速スタビリティー、燃費性能が売りのようです。最新の設計で評判もよいので惹かれています。こちらもXL規格でLI=94。

(3)YOKOHAMA ADVAN dB 225/45R17 91W
これは今月発売されるYOKOHAMAの「最高峰コンフォートタイヤ」だそうです。静粛性と運動性能の両立に挑戦した最新タイヤということで非常に興味がありますが、残念ながらXL規格ではなくLI=91になってしまいます。

上記以外ではBRIDGESTONE GR9000DUNLOP VEUROというプレミアムコンフォートタイヤがありますが、どちらもLI値で見るべきものがなく、目新しさもないので除外。MICHELIN Pilot Preceda PP2Pirelli PZero Rossoにもちょっと惹かれますが、今回は純粋なコンフォートタイヤからのチョイスなので除外。

RG-H 411 17×7.5 ET40 5/112.0 と 225/45R17の組み合わせで行くことは決まりましたが、さてどうなることやら。
posted by FCLIFE at 00:26| Comment(27) | VW Eos

2009年07月05日

EOS 三国峠〜山中湖〜道志みち

 
今日の息子の野球は9時半から日野台高校で練習試合。その前にひとっ走りします。東京近郊に20年以上住んでいるのですが、恥ずかしながら、ここ最近複数の方のブログに三国峠から山中湖へ下りるルートが紹介されているのを拝見するまで、このルートの存在を全く知りませんでした。

まずは自宅を出て横浜青葉ICから東名へ。途中鮎沢パーキングで、「アメリカンドッ君」でお馴染みの名物アメリカンドックを食べようと思ったら「8時からなんです」。まだ7時台でした。初ドッ君は次回にお預け。因みに鮎沢パーキングは大井松田から御殿場までの「左ルート」上にありますので、右ルートに入ってしまうとアメリカンドッ君と会うことはできません。
prod_image01.jpg

御殿場まで、オートクルーズを100キロに設定して超安全運転(笑) 途中、こんな車に会いましたよ。格好良い!!370PS/51.0kgmの化け物。綺麗なグリーンでした。前モデルはATとMT両方あったのに、新型はATしかなくなったのが残念。(写真はネットより)
b3cabrio.JPG

御殿場ICから、富士スピードウェイの東門付近を通って三国峠に向かうルートへ。少し走るとあっけなく三国峠に到着。山中湖への下りでは、左に富士山、正面に山中湖とまさに絶景。大きなカメラを抱えた方も多数シャッターチャンスを狙ってらっしゃいます。気持ちの良い道ですねー。富士スピードウェイから山中湖がこんなに近いとは知りませんでした。

あまりに短かったので、東富士五湖道路に乗る予定を急遽変更して道志みちへ。朝の上りの道志みちは、いつも通り空いていて非常に気持ちよく走れます。現在EOSのサスセッティングはマイベスト状態(iSWEEP Comfort StreetNEUSPEED REAR SWAY-BAR LINK)。まさにミズスマシのように道志みちをヒラリヒラリと駆け抜けます。トルクの太くなったエンジンと相俟って楽しいことこの上なし。1.6tもあるオープンカーとは思えない身のこなしで、私程度の腕ではタイヤを鳴らすことすらできません。思わず顔がニヤニヤ。静音重視に傾きかけているけど、やっぱり運動性能の良いタイヤも楽しいナーー。

道志みちを途中で左折して藤野方面へ。相模湖ICから中央道で八王子ICに戻り、急いで日野台高校へ。夏の大会に向けての最後の練習試合は既に始まっていました。

試合終了後、TSUTAYAへ。最近車で聴く音楽が固定化していて、どうもサックスばかり聴いています。サックスを聴いていると非常に落ち着くというか、ちょうどスピーカーが得意な中音付近なので心地良いんですね。ということで更にサックスばかり6枚借りてきて、MM-1用にCFカードにコピーし、S40用にiPodにも取り込みました。これでしばらく飽きずに楽しめます。

ChittlinShout.jpgDippin.jpgSoulStation.jpg
SomethinElse.jpgGerryMulligan.jpgJackieMcLean.jpg
posted by FCLIFE at 17:05| Comment(9) | オフ会・ツーリング

2009年07月04日

EOS CANM8-TALK取付

 
NOKIA の CK-7W および Parrot の CK-3000 Bluetoothハンズフリーカーキットのコントロールを、純正マルチファンクションステアリングスイッチで可能にするキットがイギリスNCS-SYSTEMS社のCANM8-TALKです。仕事中にCESARさんから悪魔のメールが来て、ついつい発注してしまいました(^^;) AUDI、VW、Mercedes、BMWの幅広いモデルに対応しているようです。因みにEOSは適合リストに載っていませんが、GOLF Vがいけるのでまず大丈夫だろうという見込み発注です。

事前の準備と配線要領はこちら。助手席側のAピラーライニング(一番下の足下のトリム)を留めるクランプ 3C0 864 247 がいつの間にかなくなっていたので、maniacsさんで調達して、ついでに装着。
cantalk04.JPGcantalk05.JPG

既にCK-7Wがインストール済みなので、CANM8-TALKの追加インストールは楽勝。助手席前方のカーペットの下へ、CK-7Wのメインユニットとともに設置しました。CAN+-はオーディオ裏から分岐して引っ張りました。仮配線で試運転して動作確認後、CK-7Wの有線リモコンを撤去。

このリモコンがなくなりました。スッキリです。
ck7wbitone06.JPG

リモコンの代わりにステアリング上のボタンが機能します。
★電話ボタン(シングルクリック)・・・受話/終話
★電話ボタン(ダブルクリック)・・・リダイヤル
★ボリュームUPボタン・・・受話音量UP
★ボリュームDOWNボタン・・・受話音量DOWN

最終的に下図のリモコンアサインメントが完成しました。
RemoteAssignment.jpg

CESARさん、かなり快適です。どうぞ発注して下さい。
posted by FCLIFE at 19:11| Comment(2) | VW Eos

EOS トランク床下の防音

 
RED先輩やtompapaさんが施工されているのを見て、私もトランク床下の防音をやってみることにしました。材料は、RED先輩から頂いたシンサレートとエプトシーラー。費用ゼロ。いつもありがとうございますm(_ _)m
Thinsulate01.JPG

まずはトランクの内張を全部はがして、エプトシーラーを貼り込みました。アンプの部分は避けています。ここの鉄板を叩いてみればわかりますが、かなり薄そうです。万全を期すならレジェトレックスなどの制振材を貼った方が良いかも知れません。
Thinsulate02.JPGThinsulate03.JPG

そして内張を戻し、スペアタイヤスペースにシンサレートを敷いてから発泡スチロールのパンク修理キットケースを戻しました(正規輸入EOSはテンパータイヤが入っています)。この上からトランク床板を置けば完了。シンサレートは保温性能も高いので、アンプ部は避けました。
Thinsulate04.JPG

防音効果の確認を兼ねて、息子の野球の練習試合応援に埼玉県北本市へ(遠い!)。確かにリアからの低級音が減っているのを確認することができました。こうなると気になってくるのがタイヤの走行音。普段仕事で乗っているS40からEOSに乗り換えて一番気になるのがロードノイズです。逆にロードノイズを抑えることができたら相当気持ちよくなるはず。ということで、次回のタイヤ選びは「静音」優先で決定!!年内には換え時が来るので、17インチに戻すことも含めて、今から色々と研究したいと思います。息子は5打数3安打(全て適時打)1四球と大当たり。もうすぐ始まる夏の大会が楽しみです。
posted by FCLIFE at 18:23| Comment(5) | VW Eos

2009年07月01日

イギリスからの届き物 CANM8-TALK

 
イギリスのNCS-SYSTEMS社から、無事にCANM8-TALKが届きました。CANM8-TALKは、現在EOSで使用しているBluetoothハンズフリーキット「NOKIA CK-7W」を、純正マルチファンクションステアリングスイッチの電話ボタンとボリュームUP/DOWNボタンで操作する為のサードパーティー製ツールです。このツールを使用すれば、NOKIA CK-7Wに付属の有線コントローラーをインストールする必要はありません。本体139.95+送料7.5=147.45ポンド。少々お高いです。こんなツールがあるくらいですから、NOKIA CK-7Wは欧州では余程メジャーなBluetoothハンズフリーなんですね。

さて、届いたCANM8-TALKです。
cantalk01.JPG

届いて説明書を読んでみて初めてわかったのですが、CANM8-TALKはNOKIA CK-7WとParrot CK-3000の両メジャーハンズフリーキットに対応すべく、両方にコンパチブルなハーネスが付属しています。
cantalk02.JPG

コンパチブルハーネスのうち、Parrot CK-3000にしか使用しない部分は邪魔なので外します。
cantalk03.JPG

さて、配線要領ですが、

@付属ハーネスの12PコネクタをCANM8-TALKに差し込む

A付属ハーネスから出ているCK-7Wコントローラジャック(RJ)をCK-7Wのコントローラ端子に差し込む

B付属ハーネスの下記リード線を結線する
 (1)赤:常時電源へ
 (2)黒:アースへ
 (3)青:CAN+へ
 (4)白:CAN−へ
 (5)黄:オーディオ等のミュート端子へ

C付属ハーネスから出ている4ピンコネクタをCK-7Wのパワー端子に差し込む。CK-7Wへは付属ハーネスから常時電源、ACC電源、アース、ミュートが供給されるので、CK-7W側では何の結線も必要なし。面白いのはACC電源で、上記Bの通りCANM8-TALKには車体からACC電源を供給しないが、CANM8-TALKが自分でCAN信号からACC信号(Max 1A)を取り出してCK-7Wに供給してくれる。また今回使用しないが車速信号の取り出しラインも付属。残念ながらイルミ信号やリバース信号の取り出しはないので、CAN-BUSアダプタの完全な代わりにはならない。
DCANM8-TALKはCK-7Wの音声出力には介在しないので、音声スピーカーはCK-7Wと直接繋げる。

車体への取付は、できれば今週末を予定。
posted by FCLIFE at 23:18| Comment(3) | VW Eos