2009年05月31日

EOSサス減衰力調整ドライブ

 
先日、EOSのフロントスプリングのプリロードを変更し、リアのスタビリンクを交換したことによって、以前の減衰力設定ではやや硬く感じるようになりました。iSWEEP Suspension System 「Comfort Street」は前後とも24段の減衰力調整機構を備えていますが、今までの設定はフロント10、リア11(どちらも硬い方から数えた段階数)と、やや高速寄りの設定です。これを今日、まずはフロントを10から11に変更し、F11/R11でドライブスタート。実は自分で減衰力調整するのは初めて(笑)

フロント(左)/リア(右)の各減衰力調整つまみ(拝借写真)
gensui05.jpggensui06.jpg

一般道で多摩ニュータウン〜橋本〜津久井を抜けて宮が瀬に到着。フロントを1段柔らかくしたことはすぐに体感できましたが、リアの硬さが少し際立った感じ。

宮が瀬の吊り橋
gensui01.JPG

因みにオープン時とクローズ時の車高。クローズ時でフロント655mm、リア660mm(冷間空気圧2.4k時)に調整してあります。純正スポーツサスの場合、フロント・リアともに660mm程度なので、フロントのみ、たった5mm下げているに過ぎません。
gensui02.JPGgensui03.JPG

さて、フロントに対してリアが硬いなぁという印象だったので、宮が瀬の駐車場にてリアを11から12に変更し、F11/R12に設定。走り出してすぐに膝を叩くほど印象激変。まさにドンピシャでした。路面の凹凸のいなし方が非常に上品になり、前後の硬さのバランスも完璧。マイベストの発見です。ワインディングでの姿勢変化がほんの少し大きくなりますが十分許容範囲。ハイペースでミズスマシのように走ります。

宮が瀬の定番でお食事。食べる前のお料理の撮影はできませんでした(笑)
gensui04.JPG

帰りは相模湖インターから八王子バス停で高速テスト。合格。雨が強く降り出す前に無事帰宅。マイベストの発見がとても嬉しいドライブでした。
posted by FCLIFE at 14:37| Comment(10) | VW Eos

2009年05月30日

FORGE MOTORSPORT リサーキュレーションバルブ装着

 
イシカワさんにて FORGE MOTORSPORT リサーキュレーションバルブを装着しました。
forge01.JPG

「リサーキュレーションバルブ」というのは、ターボ車で、アクセルをオフにしたときに残った圧縮空気を一旦逃がして再循環させる装置らしいのですが、私は不勉強のためよくわかりません(笑)

純正リサーキュレーションバルブでは、ゴム製のダイヤフラム(下の写真のオレンジっぽい部分)が破れて過給不良を起こす事例があるということなので、ECUチューンでブースト圧が上がっている私のEOSに予防的に装着しておくことにしました。因みに純正バルブのダイヤフラムは破けていませんでした。
forge03.JPG

「過給圧の素早い過給の立ち上がりと過給圧力の安定、ターボラグを最小限に抑えます。」という効果があるということですが、恐らくその効果は非常に微細なものなのか、私の感じ取る能力が低いのか、明らかな違いは感じ取れません。それよりもブーストアップに対してゴムの部分が破けないという安心感の方が大きいですね。保険のようなものです。

装着前/装着後(ちょっとよく見えませんが)
forge02.JPGforge04.JPG

ブースト計がちょっと欲しかったりするのですが、問題はどこにつけるか。。。
posted by FCLIFE at 14:26| Comment(0) | VW Eos

太田なわのれん

 
生まれて初めて牛鍋というものを食べました。味噌仕立てでうまい。でも肉片を2〜3個食べたらもうお腹いっぱい。脂の多い霜降り肉がだんだん苦手になってくると歳を感じます。

nawanoren01.JPGnawanoren02.JPG
posted by FCLIFE at 13:37| Comment(9) | 酒・グルメ

2009年05月29日

NEUSPEED REAR SWAY-BAR LINK 装着

 
イシカワさんにてNEUSPEED REAR SWAY-BAR LINKを装着しました。

装着前/装着後
rearsway01.JPGrearsway02.JPG

純正のスタビリンクを触ってみるとよくわかるのですが、サスとの接合部分の根元がゴムなので、振動は吸収するもののサスの動きをスタビに伝えるのに遊びが存在します。NEUSPEED REAR SWAY-BAR LINKはその遊びを極力なくして、スタビに最大限仕事をさせようというもの。以前V70をモディファイしていたときも同様のものを装着していました。

NEUSPEED REAR SWAY-BAR LINKと純正リンクの比較
rearsway03.JPGrearsway04.JPG

REDHEADさんのお車を試乗させてもらうことが多いのですが、同じサスを同じセッティングで使用しているのに、RED先輩のEOSの「一つの頑丈な箱のような感じ」に対して、私のEOSにはヤワな感じ(あくまでも比較して)がありました。それが、このNEUSPEED REAR SWAY-BAR LINKで見事に解消しました。

スタビ自体は純正のままでリンクのみをこれに交換しただけで、「一つの頑丈な箱のような感じ」になります。全く言語能力の限界でうまく表現できませんが、人車一体感のようなものが高まりました。乗り心地には大きなネガはありません。リアの剛性感が増したな、という感じです。

サス交換後2000km以上走って馴染んでいるのと、新たにNEUSPEED REAR SWAY-BAR LINKを装着した関係で再度サスのセッティングを実行。サスの馴染みによってリアが2〜3ミリ下がっていましたが、逆にSWAY-BAR LINKを装着したことによって少し上がったので、一から調整。最終的にフロント655mm/リア660mmの私の中の基準値に合わせて頂きました。減衰力はフロント10/リア11(最も固い方からの戻し数)、フロントスプリングのプリロードを新たに発見された最適値に変更して完了です。

ワインディングに行きたくて、ウズウズ。
posted by FCLIFE at 12:39| Comment(2) | VW Eos

NEUSPEED ENGINE TORQUE ROD BUSHINGS 装着

 
イシカワさんにてNEUSPEED ENGINE TORQUE ROD BUSHINGS を装着。
こちらは取り付けていらっしゃる方も多いので簡単に。要はエンジンの前後の揺れを少なくするブッシュです。取り付けるとエンジンの前後の揺れが非常に少なくなっていることが体感でき、発進時や、キックダウンしてアクセルを踏み込むときのダイレクト感が増しています。またMTの私のEOSの場合、ギアチェンジがスムーズになりました。その分エンジンの振動がキャビンに伝わりやすいそうですが、私の場合まったく感じません。新しいエンジンはエンジンの発する振動そのものが昔のエンジンのように大きくありませんからね。ただしバック時に感じるエンジン振動は大きくなりました。費用対効果に大満足なモディファイでした。

TORQUEROD01.JPGTORQUEROD02.JPGTORQUEROD03.JPGTORQUEROD04.JPG

なお、2008年モデルまでと2009年モデルではブッシュの形状が異なるようです。
posted by FCLIFE at 00:59| Comment(2) | VW Eos

2009年05月28日

【記録】EOSオイル交換 28,680km


0000km 2007年 4月 6日 【納車】
2000km 2007年 5月26日 【オイル交換】 Castrol EDGE 5W-40&フィルター交換
8071km 2007年11月 8日 【警告灯点灯〜オイル交換】 Castrol EDGE 0W-40&フィルター交換
14000km 2008年 5月 4日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 Castrol EDGE 0W-40 注ぎ足し 1L
18655km 2008年 8月 7日 【警告灯点灯〜オイル交換】 MOTUL 8100 X-LITE 0W-30&フィルター交換
23561km 2009年 2月 6日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 MOTUL 8100 X-LITE 0W-30注ぎ足し 500ml +添加剤400ml
28000km 2009年 5月 2日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 ENEOS GRAN-TOURING 5W-40盛岡のスタンドにて急遽注ぎ足し 1L
28680km 2009年 5月28日 【オイル交換】 FUCHS TITAN GT1 LonglifeV 5W-30&フィルター交換

本日、イシカワさんにて持ち込みオイルでオイル交換。VW 504 00 / 507 00 認証のFUCHS TITAN GT1 LonglifeV 5W-30を6リッター持ち込んで、1.2リッターをお持ち帰りしました。乗り込んでまず、静かさを感じ、その後ウルトラスムースな回転フィーリングを体感しました。いつものことながらオイル交換は散髪に似た気持ちよさです。VWロングライフ対応オイルなので2回くらい注ぎ足しでしのごうかなと思います。

fuchslonglife03.JPGfuchslonglife04.JPG
posted by FCLIFE at 23:58| Comment(0) | VW Eos

2009年05月27日

S40 エラー消し

 
先日CESARさんから、BSR PPCでECUのエラーが消せるということを教えて頂きました。EOSはVAG-COMがあるのでエラー内容を見ながら消すことができますが、S40用のそのようなツールは持ち合わせていません。BSR PPCでECUにチューンドプログラムを書き込むときに非常にたくさんのECUエラーが出ることはEOSで経験済みなので、S40のエラーも消しておこうと実行。

erace01.JPGerace02.JPG

時間を計るのを忘れましたが10数秒くらいで完了。エラーの中身も見えませんし、果たして本当に消えたのかどうかも確認できませんが、おそらく消えたのでしょう。その後のCESARさんの調査で、現時点ではエラー消し機能は有効でないことが確認できました。

さて、BSR PPCでチューンしたS40ですが、調子良すぎです。ノンターボ車であるにもかかわらず、チューン前とチューン後ではトルク感に大きな違いあり。調子良すぎてアクアラインで税金を払ったのは実はS40でございました(笑) 国産車ならスピードリミッターが掛かる速度でもスムーズに加速を続け、柔らかいのに案外しっかりした足回りでビシッと安定し、ステアリングへの無用なキックバックもなく、不安感が全くありません。さすがマツダと共用のシャーシです(笑) 意外とワインディングでも、この足回りは踏ん張ります。感覚としてはフランス車ほど柔らかくなく、ドイツ車ほど固くないという感じですが、コーナリングはフランス車の猫足の上をいっている感じ。一方で燃費は市街地8キロ台後半、高速10キロ超で、2400ccのトルコン5ATとしては期待以上。なるべく安価で目立たない車ということで選んだS40ですが、お気に入り度がグングンアップしています。EOSほど手をかけていないオーディオシステムも力が抜けていて程よい感じなんですよね。
posted by FCLIFE at 18:33| Comment(4) | VOLVO S40

2009年05月26日

これで決まり! FUCHS TITAN GT1 LonglifeV

 
皆様にアドバイス頂いた次回交換オイルが到着しました。
CESARさんにご紹介頂いた「FUCHS TITAN GT1 LonglifeV」です。
fuchslonglife01.JPG

VW 504 00 / 507 00 認証の5W-30オイルです。メーカー説明によると、「VW 直噴エンジン(FSI)用に開発されたオイルです。LowSAPS技術(硫黄灰分、リン、硫黄含有量を極力少なくする)により、触媒を守ります。」だそう。ロングライフ認証なので、安心して注ぎ足し注ぎ足し使用できそうです。フィルター交換時のオイル容量は4.6Lなので、注ぎ足し用も含めて6本購入しました。
fuchslonglife02.JPG

このFUCHSというドイツのメーカーのオイルを使用するのは今回生まれて初めてなのでとても楽しみです。1L=2,250円でした(送料は10本まで1,000円)。
posted by FCLIFE at 22:57| Comment(0) | VW Eos

2009年05月25日

EOS R-Line専用キーホルダー

 
自称EOS R-Lineに乗る私としては、maniacsさんで売り出されたR-Line Leather Key Chainを買わない手はありません。

ということで到着したR-Line Leather Key Chainですが、ちょっと私にはレザー部分が大きくて嵩張ります。
rkey01.JPG

ちょうど手元にあったVOLVO用のシンプルなキーホルダーのレザー部分を流用してみました。私にはこちらの方が好み。
rkey02.JPGrkey03.JPG

ところで、今日仕事帰りのアクアラインで税金を払いました。。。しばらく大人しくしなくては。。。
posted by FCLIFE at 23:31| Comment(12) | VW Eos

2009年05月24日

たった5W+5Wでも幸せな音

 
今日はオフ会も雨天中止になり暇を持て余したので、ぶらっと近くのケーズデンキへ。何も買う気はなかったのですが、オーディオコーナー(といってもミニコンポ+α)を見ているうちに試聴したくなり、店員さんから借りたクレイジーケンバンドのCDを手に片っ端から聴いてみました。安物ばかりなので大体似たり寄ったりなのですが、その中でひときわ耳を引く音があり。ONKYOのCBX-Z20Xというモデル。どう聞いても同じような価格帯(表示値で44,800円)の他のものとはレベルの違う良い音が出ています。家内が自宅で開いているトールペインティング教室のBGM用にステレオが欲しいというのを思い出して(言い訳にして・・笑)32,000円に値切って衝動買い。帰ってきて調べたらネット最安値は3万円を切っていますので、少し値切り方が足りなかったか(笑)

早速家に帰ってテレビの前に仮置き。
cbxz20x.JPG

あまり耳が肥えている私ではありませんが、安物ステレオの域を遙かに超えた音が出てきます。たった5W+5Wのパワーとは到底思えません。さすがに左右に広がるスケール感はないので、部屋で音に包まれたいという方には向きませんが、CDやiPodを高音質かつお手軽に再生したいという方にはスペースも取らないのでピッタリだと思います。家内もその音質に驚いていました。「車もこれで良いんじゃないの?」ということです。
posted by FCLIFE at 16:36| Comment(10) | 分類できない話題

2009年05月21日

首都高で髑髏の人に追われる件

 
今日、S40で首都高を走っていたら(もちろん仕事)、クリーム色の綺麗なニュービートルと遭遇。「ビートルも日本専用バンパーなんだ」などと思いながら何となくパス。すると、このビートルが妙に私のVOLVOを追いかけて来るんです。挙げ句の果てに私の前に強引に入ろうとしたり。。。見るとサングラスを掛けたたいそう怖そうな人が運転しています。私は恐ろしくなって首都高の流れに乗じて、そのビートルを巻いてしまいました。

しばらくして、皆さんご存知の髑髏の方から私の携帯にTEL着信。「永尾さん、いま首都高走ってませんでした?相模ナンバーの1149のVOLVOなんて永尾さんしかいないからすぐにわかりましたよ!」そうか髑髏さんはいまEOSの代車でビートルなんだ!手も振って頂いていたということでしたが、私の方は恐れおののいていたので、それに全然気が付かず逃げるのに必死(笑)
大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m
posted by FCLIFE at 21:12| Comment(15) | VW Eos

2009年05月19日

お奨めオイルってありますか?

 
今までのオイル遍歴

0000km 2007年 4月 6日 【納車】
2000km 2007年 5月26日 【オイル交換】 Castrol EDGE 5W-40&フィルター交換
8071km 2007年11月 8日 【警告灯点灯〜オイル交換】 Castrol EDGE 0W-40&フィルター交換
14000km 2008年 5月 4日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 Castrol EDGE 0W-40 注ぎ足し 1L
18655km 2008年 8月 7日 【警告灯点灯〜オイル交換】 MOTUL 8100 X-LITE 0W-30&フィルター交換
23561km 2009年 2月 6日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 MOTUL 8100 X-LITE 0W-30注ぎ足し 500ml +添加剤400ml
28000km 2009年 5月 2日 【警告灯点灯〜注ぎ足し】 ENEOS GRAN-TOURING 5W-40盛岡のスタンドにて急遽注ぎ足し 1L

納車1ヶ月の初回交換以来、ほぼ4000km台後半〜6000km程度でオイルレベル警告灯が点灯する度に、注ぎ足し或いは交換をしてきています。1回目の点灯で注ぎ足しを行い、2回目の点灯でオイル&フィルター交換をしようと思っているのですが、直近はゴールデンウィークに旅先の盛岡で点灯し、気持ち悪いので急遽スタンドで注ぎ足したままになっています。

今までのデータによると、大体5000km毎に1Lほど消費すると考えて良さそうです。1回のオイル&フィルター交換で、4.5〜4.6L使うので、4L缶×3缶=12Lでオイル交換2回(9L+α)+注ぎ足し2回(2L)がまかなえる計算です。

ということで、石油王のCESARさんを初めとした識者の皆様に、ズバリお奨めオイルをお尋ねしたいと思うのですがいかがでしょうか。私はこのオイルを使っていて調子よいですよ!とか、こんなマニアックなオイルがありますよ!とか、このオイルだと原理的に減りにくいですよ!などなど。アドバイス頂ければ幸甚です。
posted by FCLIFE at 13:20| Comment(13) | VW Eos

2009年05月17日

逆チルトナビ KENWOOD HDV-909DT


以前から、KENWOODだけが採用している「逆チルト機能」のことが気になっているのですが、その最新モデルHDV-909DTが6月に発売されます。

navi_image08.jpg

高精細モニターではないので偏光サングラスを掛けたときの視認性が心配ではありますが、その他の機能面では最低限は押さえているかなと。

何よりもこの「逆チルト機能」がナビの視認性に問題のある(特にオープン時)EOSにぴったりで、この機能だけでも私的には買う理由になります。ただし逆チルトの角度が一段階しかないので、その角度で視認性がどうかは賭ですが。オーディオの音質も前モデルからAVナビの中では完全に抜けていると評判でしたが、更に進化した模様。なかなか気になる存在です。
posted by FCLIFE at 19:29| Comment(15) | VW Eos

洗車グッズ

 
いつもはスタンド任せの洗車なのですが、自分でクリスタルガード・プロを施工してからは、たまに自分で洗車してみたくなります。

今回は、maniacsさんお奨めのカリフォルニアウォーターブレード(プラチナブレード)を入手したので、悪天候が予想されるにもかかわらず洗車敢行。先日RED先輩からお裾分けして頂いたJワイパーも併用します(まるでmaniacsさんの回し者みたいですが・・笑)
calblade01.JPG

まずはいつものようにタップリの水で洗車。その後、このブレードで水を飛ばします。いつもの洗車では、この水を拭き上げるのに時間が掛かるし、何回も吸水タオルを絞って掌が痛くなるのですが、このブレードを使うと気持ちよいくらい水が飛びます。ボディーが傷つく心配もありません。もちろん細かい水分は残るのですが、拭き取る前にこれだけ水分が飛んでくれれば、すっごく時間短縮になります。また拭き取る前に乾燥してしまってスポットになることもありません。
calblade02.JPG

あとはJワイパーで残った水分の拭き取りと細かい部分を仕上げをします。このJワイパーの吸水力も半端じゃなくスゴイです。

カリフォルニアウォーターブレード(プラチナブレード)とJワイパーのセット、今まで使ってきた洗車用品の中でも時短効果抜群です。あとはブレードの寿命がどれくらいか。結構高価な物なので。パッケージには英語で「繰り返しいつまでも使える」と書いてありますが、1回使ったところブレード面が摩擦で多少減ったような気がします。
posted by FCLIFE at 14:06| Comment(6) | VW Eos

2009年05月16日

夜の道志道

 
昨日は会社帰りに夜の道志道を走ってきました。

週末は多少混む(午前中の下り山中湖方面)道志道ですが、さすがに平日の夜ともなると激空きです。相模原から山中湖までの間に遅い車に前を塞がれたのは2回くらい。その2台もスペースのある場所で先に行かせてくれたので、全線に亘ってかなり調子よく走ることが出来ました。お陰でサスの調子も存分に確認。ホント乗り心地が良くてオンザレール。車体の前後左右の揺すられ感が非常に少ないのでハンドルを回すことに集中でき、かつ楽しすぎ。小さなショックを非常に旨くいなしてくれるのに対して、大きなショック(路面に段差があるようなショック)はガツンと来ることもありますが、これは好みで減衰力を調整すれば解決するでしょう。私は普段が超フラットな方がよいので、今のフロント10、リア11という標準の12より少し硬めの設定です。

さて、山中湖畔に到着して入ったのは、このルートをドライブするときいつも立ち寄るキャンティ・コモさんです。山中湖畔の一番賑やかなところにあるので皆さんご存じのお店だと思いますが、平日の夜は混んでいないのでお奨めです(週末は結構混んでいます)。
nightdoushi01.JPG

写真は「名物料理ソフトシェルクラブのピアディーナ巻き」です。
オリーブオイルで揚げたソフトシェルクラブと野菜およびタレを北京ダックの皮(のようなもの)に巻いてかぶりつきます。イタリア版北京ダックといった感じで絶品でした。kaishiさん、食べる前に写真を撮ったのでコメント下さい(笑) あまり上手く撮れていないのですが。
nightdoushi02.JPG

あとは「ギリシャのスパゲティ」と「きのこのリゾット」を頂いたのですが、こちらはいつものように食べる前に写真を撮るのを忘れました(笑) 今回は食べなかったのですが「真夜中のスパゲティ」という少し辛口のパスタもお奨めです。

腹を満たして、帰りは富士五湖道路〜中央道の高速ルート。大月から八王子の間にある下り高速カーブを楽しんで無事帰宅しました。
posted by FCLIFE at 12:30| Comment(6) | オフ会・ツーリング

2009年05月13日

京都班別行動地図

 
自分の子供が自分の生まれ故郷である京都に修学旅行に行く歳になりました。といっても長男は数年前に行っていて、今回は中2の次男。学校から「京都班別行動地図」(市販品)なるものを渡され、班別に行き先を決めて学習する模様。

その地図を見ながら、「北白川の天下一品本店で『こってり』を食べなさい」とか、「三条大橋で餃子券をもらって、そのまま餃子の王将三条店(学生だった私の行きつけ)に行って餃子券2枚で天津飯を頼みなさい」とか冗談を言いながら、ふと気づいたのが、私は京都の観光名所にほとんど行ったことがない!!21年も住んでいたのに。。。

班別行動地図を見ていると、改めて京都は観光名所だらけです。なのに、私は金閣寺も仁和寺も太秦映画村も二条城も本能寺も行ったことがない。辛うじて行ったことがある銀閣寺、清水寺、嵯峨野(化野念仏寺〜渡月橋)も、東京に出て社会人になってから今の女房と行ったもの(笑)

目の前にあるときは、いつでも行けると思って行かないものですね。同じ様な後悔に「大学のときに勉強しなかった」ことがあります。今になって勉強しておけば良かったと思っても後悔先に立たず。。。

8speed.netのオグラさんのように、京都イノダまでEOSで飛ばしたくなってきました。
posted by FCLIFE at 19:54| Comment(15) | 分類できない話題

2009年05月10日

首都高4号線代々木パーキング

 
首都高4号線の上りにある代々木パーキングは、駐車台数が少ないのと、出口の合流車線が超短いのとで、今までたった1回しか立ち寄ったことがありません。でも1年前にリニューアルしてから非常に綺麗になったようで、気になる存在でした。

今日、たまたま息子の野球の応援に行く用事があったので、ついでに代々木パーキングに立ち寄ってみました。日曜の朝7時半は、さすがの代々木パーキングもガラガラ。ドトールのアイスコーヒーを飲みながら、上下車線を行き交う車を眺めているだけで結構な時間を過ごせそうです。車好きにはある意味絶景ポイント。天気がよいのでオープンカー率も高し。
yoyogi01.JPG

私のEOSも上から見えます。
yoyogi02.JPG

混んでいない休日の朝がお勧めです。
posted by FCLIFE at 14:50| Comment(3) | オフ会・ツーリング

2009年05月09日

エクスターナルメディアコントローラー「KOS-A300」

 
少し前になりますが、KENWOODからエクスターナルメディアコントローラー「KOS-A300」なるものが発売されました。
KOSA30001.jpg

簡単に言うと、純正オーディオやiPod/USB接続機能のないヘッドユニットのままでiPod/USB接続機能を実現できるということなのですが、私が注目したのは下記の機能。

(1)WAV(Linear-PCM)ファイル再生対応!!

(2)小型&スリムなディスプレイ部
KOSA30003.jpg

(3)ブラインドタッチ可能な小型操作部
KOSA30002.jpg

(4)Bluetoothハンズフリー&オーディオにオプション対応


既に販売中のALPINE eX-10の「ディスプレイ部・リモコンが大きい」という弱点を見事に消して、eX-10にはないUSBメモリに(更にUSBカードリーダにも)対応(しかもWAVファイルまで)してきました。これはやる気を感じます。但しeX-10に対して価格が高めなのと、iPod接続ケーブル(定価2,100円)やBluetooth機能がオプションなのがチョット×ですが、必要な人だけ買ってくれというのも潔いかと。

このKOS-A300を車載オーディオに接続する方法は、ラインアウトとFMモジュレータ。eX-10にあるFMトランスミッタ機能は搭載されていませんが、音質や安定性を考慮するとFMモジュレータやFMトランスミッタを使用するのは論外なので、実質的にはラインアウトしかありません(さすがにWAV対応とはいえデジタル出力には対応してきませんでした)。なので車載オーディオにAUX-INが設けられない場合は自動的にボツとなります。

さてここからはわかりやすいようにIWANOFUさんのシステムを例に、その利点を説明すると、

・IWANOFUさんのシステムは純正デッキのスピーカーラインをRockfordFosgate 3sixty.1に入力してプロセッシングしてからアンプに送り込んでいるが、この3sixty.1にはAUX-IN端子の空きが一つある。
・このAUX-INにKOS-A300を接続すると、KOS-A300の信号は純正デッキを通ることなく3sixty.1からアンプMODEL254mmTに送られるので純正デッキの音質に全く依存しない。
・KOS-A300のラインアウトはフラットなので3sixty.1でイコライジングをフラットに戻す必要がない(音質劣化が少なくて済む)。
・iPodにWAVで楽曲を取り込むか、あるいはUSBメモリにWAVで楽曲を書き込むことによって、CDと同等(かそれ以上)の音質を楽しむことができる。
・純正デッキとKOS-A300とのソース切替は3sixty.1付属の外部コントローラのスイッチを押すだけ。
 3sixtycontroller09.JPG
・EOS純正デッキのiPodコントロール機能は、フォルダやプレイリストが使えない(曲の送りと戻ししかできない)ので非常に使いづらいが、KOS-A300ならディスプレイに表示される日本語表示とブラインドタッチ可能なリモコンでiPodライクに選曲ができる。
・ディスプレイは小さくて薄いので上の写真のようにインパネにスマートに設置可能。
・アルバムや曲名などが日本語で表示されるのでiPodはグローブBOXの中に隠してしまうことができる(Dash Mountには携帯が置ける)。
・KOS-A300のリモコンは、例えばハンドルポスト側面などに目立たないように設置可能(私のEOSのロータリーコマンダーのように)。
・将来的にBluetoothハンズフリーを使いたい場合にもオプションで即対応。

などなど、良いことずくめなんです。

IWANOFUさんも、IWANOFUさん以外の純正デッキをご使用の方にも、AUX-INさえ用意できれば非常にお勧め度の高い機器です。因みにmaniacsさんオリジナルの「純正デッキAUX入力ドングル(GOLF5系用)」を使用すれば純正デッキにAUX-INを設けることができますが、この場合は純正デッキの音質に依存します。

エクスターナルメディアコントローラー KOS-A300 税込 42,000円
iPod接続ケーブル KCA-iP101 税込 2,100円

私は安いと思いますが、いかがでしょうか?
posted by FCLIFE at 23:22| Comment(22) | VW Eos

今日のピット作業

 
最近、自分の車はネタがなくて。。。他の方の車ばかりいじっています。
今日は、午前中は埼玉の三郷でお客様の中古車販売会にフォークリフトを何台か出品。午前中だけ売り子をして後は社員に任せ、午後から急いでピットに戻ってきました。

まずは、tompapaさんのDash Mount装着から。tompapaさんはダッシュパネルを黒に塗っていらっしゃいますが、なかなかこれも新鮮な感じで良いですね。エアコン吹出口のクローム加飾も黒にされたいそうです(写真はtompapaさんのblogから借用しました)。akiさんからもDash Mountの予約を頂いていますので、在庫残り1個です。
pitn02.jpg


次に今日のメインイベント、IWANOFU爺さんのスピーカー最終調整です。最終的に下記のようなシステムになりました。IWANOFUさんにもご満足頂けたようで、安心しました。

フロントツイーター HERTZ SPACE K6L.1 のツイーター"SPACE1"
space101.JPGspace102.JPG

フロントミッドバス HERTZ MLK165のミッドバス"ML165"(Pioneerインナーバッフル UD-K507使用)
iwanofu27s.JPG

フロントネットワーク MACROM EXT-X235 2wayパッシブネットワーク(ツイーターレベル 0dB)
iwanofu25s.JPG

リアミッドバス HERTZ SPACE K6L.1 のミッドバス"SPACE6L"
spacek6l02.JPG

リアネットワーク HERTZ SPACE K6L.1 のネットワーク"CX2W"
spacek6l03.JPG

リアツイーター 使用せず

アンプ 第一フェーズ MODEL254mmT 25W x 4 パワーアンプ(電源バッ直)
iwanofu17s.JPG

プロセッサー RockfordFosgate 3sixty.1
iwanofu14s.JPG

ポップノイズ防止装置 第一フェーズ RM-5
iwanofu29s.JPG

blogを読み返してみると、3月20日に取りかかって完成まで50日。大変お待たせ致しました。ポップノイズで悩んだり、フロントのツイーター選びで失敗したり、前後のネットワークを交換したり、フロントツイーターレベルを上げてみたりと色々回り道をしましたが、純正デッキを交換しないでオーディオのグレードアップを図るという試みを通じて色々と勉強させて頂きました。最新の設定では、フロントのネットワークをHERTZからMACROMに戻してレベルを中間(0dB)とし、3Sixtyにてフロントの低音およびリアの高音をカットして、ツイーター+ミッドバス+バスの3way的な使い方をしています。なかなか良いところまで持って来れたと思います。更なる高音質を望むとすれば、、、、あと一つ提案がありますが、これは別エントリで(笑)


以上のピット作業の他、tompapaさんのMB Quartを試聴。非常に良く鳴るツイーターという印象を持ちました。難易度は相当高いのですが、ツイーターとミッドバスを外部アンプでマルチ駆動して、それぞれでレベル調整できれば完璧だという印象を持ちました。音質自体は正確かつ繊細で好感が持てます。このスピーカーはカタログ値で87dBと低めの能率ですから、できるだけ駆動力のあるアンプで鳴らしてやるとミッドバスの真価が発揮されるでしょう。それが難しいとすれば、REDHEAD師匠からのご指導通りツイーターのレベルをネットワークで下げて、全体のボリュームを上げて聴いてみた方が良いと思います。あとは最終手段としてAVナビのイコライザーで調整でしょうか。頑張って下さい!

次にBSR PPCでパワーアップしたCESAR号の試乗。私のEOSも同じECUチューンなのですが、DSGで乗るとまたひと味違います。ノーマル2.0Tとは明らかに次元の違うトルク感ですが、その出方は極めてリニアで好感を持ちました。

最後に、サスのセッティングを更に極めたというREDHEAD号に試乗。フロントスプリングのプリロードを少し変えただけで、こんなに違うか!という感じ。「サスペンションの存在感が全くない」という表現しか思い浮かびません。私もこのセッティングに追従する予定です。


今日は非常に暑い日にもかかわらず、pitN尾に8台のEOSが集まり、色んな話題で盛り上がることができました。皆様、お疲れ様でした。(写真はtompapaさんのblogから借用)
pitn01.jpg
posted by FCLIFE at 21:28| Comment(8) | オフ会・ツーリング