2009年01月31日

WBC座席確保

 
wbc01.JPGwbc03.JPG

来る3月5日〜9日に開催される、WBC東京ラウンドのチケット一般販売が今朝10時から開始。3月5日の日本vs中国、3月6日の韓国vs台湾の敗者同士、勝者同士の2試合が行われる3月7日(土)のチケットをゲットすることができました。この3月7日は2試合共通チケットで、時間と根気が許せば4チーム全部が見れて、順当に行けば日本vs韓国の熱い戦いが見られる可能性があります。

チケットは特設電話と電子チケットぴあ、e+、ローソンチケット、および窓口で販売。サイトは大混雑でしたが、何とか電子チケットぴあ専売のバルコニー席を4+1席確保できました。4+1席というのは、1回の購入手続で買えるのが4席までで、あと1席はもう一度購入チャレンジしなければいけなかったので(明日からは1回の購入で8枚までですが、既にほぼ完売です)。1席だけだと結構買えたりするのですが、最初の4席から離れた席を指定されるので、粘り強く何回もチャレンジ。6回後くらいに、最初に買った4枚の直前の席を取ることができました。

席はバルコニー席と言っても結構外野寄り(写真赤丸部分)。普段の巨人戦ではシーズンシートなので、なかなか入る機会がないバルコニー席から生まれて初めての観戦です。

wbc02.JPG
posted by FCLIFE at 13:01| Comment(4) | 野球

2009年01月30日

フォルクスワーゲン東京10台限定

 
へぇ〜と思ったので掲載します。
フォルクスワーゲン東京で10台限定ですが、18インチアルミ"Interlagos" 235/40R18タイヤを履いたPASSAT CC V6 4MOTIONが買えるようです。まだ在庫が残っているかどうかわかりませんが。

VOLKSWAGEN東京のサイトでは情報を見つけられませんでした
interlagos.jpg

"Interlagos"(色はスターリングシルバー)は、日本ではオプション設定すらされないのに、色んな広告媒体で代表的ホイールのように扱われているので、あれがほしいな〜と思っている方も多かったのではないでしょうか。ボディカラーはディープブラックパールエフェクト、内装はブラックレザーに限定されるので、その内外装でOKな方は掴んでおいた方がいいかもしれませんね。お値段は通常モデルと同じ602万円ですが、10台限定だけに値引きで調整?(笑)
posted by FCLIFE at 22:40| Comment(9) | VW Eos

2009年01月25日

S40 スピーカー取付完了(最終回)

 
サウンドウェーブメイワさんから届いたS40用特注インナーバッフルを使って、HERTZ MLK165を取り付けます。

まずは室内で合わせてみます。スピーカー現物合わせで作っていますから、芸術的にフィットしていて惚れ惚れします。バッフル越しに頭を出すマグネットがやはり巨大(^^;)
mlk16519.JPGmlk16520.JPG

バッフルを車に付けても、穴位置といい造形といい申し分ありません。型紙で作った微妙なカーブ通りの仕上がりで、車体鉄板側の障害物をミリ単位で避けています。
mlk16521.JPGmlk16522.JPG

鬼目ナットの位置も現物合わせですから完璧。ML165のネジ穴は鬼目ナットのM5が通らないので、M6のタッピングでいつも通り広げました。1700グラムの重量級スピーカーですが、バッフルと鬼目ナットでガッチリ固定してビクともしません。念のためコーキングでバッフルと鉄板の間を埋めるのもいつも通り。今回は内張とスピーカーとの隙間が数ミリしかありませんので、厚さ1cmくらいの薄いエプトシーラーをエッジの外部分に貼り付けて、内張の中への音漏れを防止しています。
mlk16523.JPGmlk16524.JPGMLK16526.JPG

ツイーターとネットワークをインストールしたドア内張を戻すと、完全にストック状態なので社用車としての使用も問題なし(笑) MLK165はツイーターの取付寸法といい、ネットワークの大きさといい、ミッドバスML165の寸法及び重量といい、S40に取り付ける限界スレスレのスピーカーでした。
mlk16509.JPGmlk16514.JPGmlk16525.JPG

さて肝心の音出しですが、一聴して「EOSの中低音と同じだ!」と感じました。中低音の鮮明さというか、切れの良さというか、音離れの良さが、純正スピーカーおよび最初に取り付けたJBL P662Sと全く次元が違います。サブウーハーの必要性を感じさせない量感たっぷりの低音もEOSのML1600と同じ。まだ少し音が出きっていない感じはしますが、これはエージングによって解決するでしょう。純正アンプで鳴らすことに少し不安はありましたが特に問題ないようです。純正2Ωのミッドバスを4Ωのミッドバスに付け替えるのも少々賭けでしたが、逆に低音過多が収まった感じがしています。ツイーターはさすがにELACの様な広い指向特性がありませんから、どこで鳴っているかがわかる感じはしますが、この価格帯でこれ以上求めても仕方がないでしょう。

MLK165は、HERTZ MILLEシリーズ共通の独特なV型コーンで、ミッドバスのオフアクシス(スピーカー正面からズレた聴位置)での音圧低下を極力少なくし、非常にクリアな中低音を聴かせてくれます。また丁寧に作り込まれたネットワークや、28mmにしてはコンパクトでインストールしやすいツイーターを付属するなど、どなたにも自信を持ってオススメできる一押しのスピーカーだと思います。価格は定価77,700円(実際の購入価格は6万円を切っています)と中級クラスですが、この価格でより上級のML1600とさほど変わらない音を出してくれるとすれば、非常にコストパフォーマンスが高いと言えるのではないでしょうか。

楽しかったS40でのスピーカー交換もこれにて終了。普段圧倒的に乗る時間が多いS40でこの音が得られて大満足です。MLK165システムの試聴は、S40乗りの方に限らずいつでも受け付けていますので、お気軽にお声掛け下さい。
posted by FCLIFE at 12:37| Comment(6) | VOLVO S40

2009年01月24日

S40 スピーカー&バッフル到着

 
S40用に注文していたインナーバッフルとHERTZ ML165ミッドバスがサウンドウェーブメイワさんから到着しました。

ML165はHERTZ MILLEシリーズのMLK165 2wayセットに含まれるミッドバスでユニット単品販売はありません。EOSに装着しているML1600との違いはコーンの色&素材とマグネットのみで、あとはそっくり同じです。実際にML165を手に持ってみると、今まで買ったことのあるカー用スピーカーの中でも超弩級の重さ、約1700グラム。S40のドア鉄板でこの重さを受け止められるのか少々心配になってきました(笑) マグネットも半端じゃない大きさです。
mlk16516.JPGmlk16517.JPGmlk16518.JPG

インナーバッフルはアピトン18mm×2層仕様。いつものことながら丁寧な作り込みで、非常に綺麗な仕上がりです。比較的小さなS40の純正スピーカー取付部に大型スピーカーを取り付けるので、ベース部は型紙を利用して、ドア鉄板上の障害物ギリギリまで大きくしています。自分で鬼目ナットを打ち込むと割れが発生すること必至ですが、今回は打込み後に納品して頂きましたので完璧です。
mlk165baffle02.JPGmlk165baffle03.JPGmlk165baffle04.JPG

明日は寒いが晴れるようなので、取付決行し、S40のスピーカー交換を終わりにしたい(笑)です。
posted by FCLIFE at 21:42| Comment(4) | VOLVO S40

EOS ライトスイッチ下の収納新調

 
ライトスイッチ下の小物入れを新調しました。左ハンドル用なので日本では購入できず、海外からの取り寄せです。

1K1 857 919 D 95T
drawer01.JPG

この部分には、以前色んなものを付けていたので配線などを通す穴だらけでした。撤去後は穴が丸見え。

switch.JPGetcmove04.JPG

上から吊り下げているETCユニットを逃がすためにカット。実はこのカットを以前失敗(知らないうちにフロントのパネルをホットナイフで溶かしてしまった・・笑)して、今回来た小物入れは2回目の取り寄せ(笑)相変わらずドジです。

drawer02.JPGdrawer03.JPGdrawer04.JPG

今回は失敗せずに無事完了。念のためプチプチで養生しながらやりました。
posted by FCLIFE at 20:39| Comment(5) | VW Eos

2009年01月19日

EOS "Black Style"

 
ドイツ本国サイトをしばらく見ぬ間に、EOSで"Black Style"なる外装パッケージが買えるようになってたんですね。

black-style.jpg

Candy-Weiß / Schwarz
Salsa Red / Schwarz
Berylliumgrau Metallic / Schwarz
Dark Maroon Metallic / Schwarz
Eismeerblau Metallic / Schwarz
Mitternachtsblau Metallic / Schwarz
Opalsilber Metallic / Schwarz
Reflexsilber Metallic / Schwarz
Shadow Blue Metallic / Schwarz

黒系を除く全ての色で、結構な暗色系の色まで含めて"Black Style"が選べるのはすごいというか、そんな需要あるんですか?って感じがなきにしもあらず。売っている今のウチに、変態な組み合わせを掴んでおくチャンスかも(笑) 私はこの部分だけ黒にすることに全く興味がないのですが、掲載されている写真のホイールがvelosなのでちょっと嬉しいです(笑)よく見たら「Solitude」 7.5Jx 17 ET47 - 235/45R17 でした。
posted by FCLIFE at 16:18| Comment(8) | VW Eos

2009年01月18日

S40 スピーカー取付 挫折と妥協

 
HERTZ MLK165のネットワーク実物を見てから、俄然バイアンプ接続したくなってきました。純正4chアンプのフロント2chをフロントツイーターへ、リア2chをフロントミッドバスに入力し、リアスピーカーは完全に殺してしまいます。こうすれば、純正オーディオのフェーダーでフロントツイーターとミッドバスのバランスを簡単に調整することができるので非常に便利です。またバイアンプ接続の音にも興味がありました。

しかしバイアンプ接続するためには、

・フロント2chのスピーカーラインをネットワークへ入力する
・リア2chのスピーカーラインをネットワークへ入力する
・ネットワークからツイーターへ出力する
・ネットワークからミッドバスへ出力する

ネットワークを何処に置くにしても、少なくとも片側1ペアのケーブルをフロントドアに新たに引き込まなければなりません。しかし、S40のフロントドアヒンジの配線部は室内側から全く手が届かず、ダッシュボードを外さないとアクセスできません。配線通しツールを使えば何とかなりそうな気もしましたが、この時点で私の中の悪魔は「楽をしろ、楽をしろ、S40だろ」と囁いています。なのであっさり挫折(笑)、方針変更して当初予定通りドア内にネットワークを設置する簡単取付で妥協しました。

まずはツイーターの取付。純正ツイーター部にMLK165のツイーターML28をインストールします。ML28はスモールチャンバーを装着して奥行を抑えています。カタログではスモールチャンバー装着時の奥行は9mmでしたが、実測すると7〜8mm程度です。純正ツイーター取付部の奥行は一番浅い部分で9mmですからバッチリ入ります。また、純正ツイーター取付穴の内径が40mmに対してML28の外径が38.5mmなのでこちらもバッチリ。瞬間接着剤を点付けして穴に入れると、ものの数秒でガッチリ固定されてしまいました。それだけでは心許ないので一応コーキングで固めました。なお、ML28のシルバーのグリルは、装着したままだと純正のツイーターカバーに当たってしまうので取り外しました。それにしてもこのML28は、まさにS40のこの部分のために作られたかのようなツイーターで、難しい条件をクリアして、見た目ストック状態での取付が実現できました。28mm口径のツイーターの中ではコンパクトで希少な存在です。
s40tweeter13.jpgs40tweeter06.JPGs40tweeter08.JPG
mlk16508.JPGmlk16509.JPGmlk16510.JPG

さて次にネットワークの取付です。私の腕ではフロントドアに新たなスピーカーケーブルを通すことが不可能だったので、ドア内にネットワークを設置する必要があります。しかしMLK165のネットワークMLCX20は縦18.5cm、横12.5cm、高さ4.5cmと大柄で、狭いS40のドア内にはうまい設置場所が見つかりません。仕方がないのでケースを分解して基盤のみをインストールすることにしました。場所はドア後部の下部で、ドア広しといえどもここしか空間がありません。しかもインナーパネル側に平らな場所は全くなく、内張側に固定するしかありませんでした。エポキシ樹脂の接着パテで基盤の四隅をしっかり固定し、残りはコーキングで固めます。運転席側のHFCはON、助手席側はOFF、レベルは左右ともメーカー推奨の-3dBとしました。追記:ネットワーク(インラインネットワーク等の超小型ネットワークを除く)をS40のフロントドア内に装着する場合、私が装着したこの場所しかないと思います。その際、ネットワークの厚みは30mmまでが許容範囲です。
mlk16505.JPGmlk16511.JPGmlk16512.JPG

内張側にネットワークを付けたので、同じく内張側に付いているツイーターにはスピーカーケーブルを直結し、スピーカーラインからの入力とミッドバスへの出力は、4極カプラーを買ってきてワンタッチで着脱できるようにしました。
mlk16513.JPGmlk16514.JPGmlk16515.JPG

少し手こずりましたが、あとはサウンドウェーブメイワさんからインナーバッフルとミッドバスが届いたら完成です。
posted by FCLIFE at 18:07| Comment(2) | VOLVO S40

2009年01月17日

S40 HERTZ MLK165ネットワーク&ツイーター装着

 
サウンドウェーブメイワさんに、MLK165のネットワークとツイーターのみ先に発送して頂きました。
mlk16501.JPG

一見して「ネットワークがでかい!」と思いました。このネットワークMLCX20ですが、私が探した限りネット上にサイズの情報がありません。スピーカーと一緒に写っている写真で大きいことはわかっていたのですが、実物は想像以上に大きく且つ重いです。作りは丁寧な感じで、この価格帯のシステム付属ネットワークとしては、なかなか良いものを奢っているのではないでしょうか。ツイーターレベル(0.0、-1.5、-3.0、-4.5dB 4段階調整)、モノアンプとバイアンプの切替、HFC (High Frequency Contour)機能のON/OFFは全て取っ手の付いた太いピンを差し替えて行います。
mlk16502.JPGmlk16503.JPG

サイズは実測で縦18.5cm、横12.5cm、高さ4.5cmといったところです。
mlk16505.JPGmlk16506.JPGmlk16507.JPG

大きいのは大きいのですが、無理すればドア内張の中に装着することも可能だと思います。が、このなかなかやってくれそうなネットワークを見て、ドア内張の中に装着するのは少々もったいない感じがしてきました。明日S40を分解してみて可能であれば、純正ヘッドの少ない調整機能が有効に使えるように、このネットワークの特長を活かしたインストールにチャレンジしてみたいと思います。

ツイーターはスモールチャンバーとビッグチャンバーが付属。ビッグチャンバーの場合は穴をくり抜いてサーフェスマウントしないとダメそうですが、スモールチャンバーなら何とか純正位置には収まりそうな気がします。
mlk16504.JPG
posted by FCLIFE at 21:39| Comment(0) | VOLVO S40

2009年01月16日

S40 HERTZ ML165用バッフル途中経過

 
サウンドウェーブメイワさんから、HERTZ MLK165のミッドバスML165用インナーバッフルの途中経過写真が来ました。やっぱり、このスピーカーはでかい!!

ml165baffle01.jpg

あとは鬼目ナット打ち込みと塗装&乾燥のみ。写真で気づいたのですが、ML165のV型コーンはEOSに付けたML1600とは色が違うよう(シルバー)。本国ページで調べると「The cone fiber made from cellulose」と書いてあるので、ML1600の「Water repellent pressed paper」とは違うようです。まあいいか。

それよりも心配は、MLK165のツイーターとネットワークが、それぞれキチンとドア内に収まってくれるかどうか。収まってくれないと大掛かりな工事が必要になるので気が重い。。。
posted by FCLIFE at 17:32| Comment(0) | VOLVO S40

2009年01月13日

EOS 5連スイッチ版 灰皿代わりのダストボックス

 
実は昨年末に到着していたのですが。EOS 2009年モデルやGOLF6から採用されている5連スイッチ版灰皿代わりのダストボックスです。一番右は現在装着している4連スイッチ版。
5ren01.JPG5ren02.JPGIMG_0063.JPG

スイッチが4連から5連に変わったことによって、周辺トリムの形状もスイッチ1個分幅が広がっています。フタ部のトリムは4連でも5連でも共通です。しかし折角なので周辺トリムとフタ部のトリムを同時に海外から取り寄せたところ、見事に色味の違うものが到着(笑)。46X NUTTREE色はこれがあるので困ります。写真左に少し写っているのが海外から来た古いバージョンの46Xで少し黄色がかっています。右が国内部品で調達し直した46Xで、赤みの強い全体的に暗い色調です(周辺トリムは海外から来たもの)。
5ren03.JPG

スイッチそのものについては4連版も5連版も互換性があります。スイッチ一つ一つの幅は変わっていません。中央のスイッチ部と中央から一つ左のスイッチは部は切り欠きパターンが同じです。スイッチはDCCスイッチが到着済み、PARK PILOT とPARK ASSISTスイッチが到着待ち。到着したらkaishiさんに特製回路を製作して頂く予定。kaishiさん、その時はよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
dccswitch.JPG

5連スイッチ版 灰皿代わりのダストボックス 5K0857961A 9B9
フタ部トリムNUTTREE 1K0857351A 46X
5連スイッチ版 周辺トリム NUTTREE 1Q0863487 46X
DCCボタン 1K0927124B REH
posted by FCLIFE at 22:29| Comment(10) | VW Eos

2009年01月10日

S40スピーカー交換準備

 
S40に装着したJBL P662Sが今ひとつ気に入らないので悶々としていましたが、結局交換を決意。全く我慢が足りない自分が情けない。。。

すっかりJBL P662Sを取り外して元通り(笑)いつものようにコーキングを全て取り去るのに四苦八苦(笑) 今回は大きなスピーカーを取り付けるので、事情が許す限り大きなインナーバッフルにしたいということで、真面目に型を取りました。サウンドウェーブメイワさん、またまた宜しくお願い致します。左右の型紙は1枚を裏表にしただけで、完全に左右対称です。
s40newbaffle01.JPGs40newbaffle02.JPGs40newbaffle03.JPG

次に純正ツイーター部の詳細調査。ツイーターカバーはグリル部分が出っ張っている独特のデザイン。カバーを取り去るとツイーターのお出ましです。ボンド等で固定されているわけでなく、複数のツメで止まっているだけなので、細いマイナスドライバーでツメを押して外します。
s40tweeter13.jpgs40tweeter06.JPGs40tweeter07.JPG

純正ツイーターはこんな感じです。このコンデンサだと、どのくらいの周波数でローカットしていることになるんですかね?
s40tweeter11.JPGs40tweeter12.JPG

ツイーター取付ホールの直径は40mm。しかしツイーターのすぐ奥にサイドベンチレーション用ダクトが通っていて、一番余裕のない場所で奥行9mmしかありません。
s40tweeter08.JPGs40tweeter09.JPGs40tweeter10.JPG


さて今回選択したスピーカーは、HERTZのMLK165 2way System、MILLEシリーズの中でもコストパフォーマンスを重視したシステムです。日本語ページはこちら
ml_165.jpg

HERTZ/MLK165
定価(1ペア) 77,700円
スピーカータイプ 2Way ML28+ML165+MLCX20
再生周波数帯域 35Hz〜25kHz
定格入力 150w
入力インピーダンス 4Ω
出力音圧レベル 92.0dB
クロスオーバー周波数 2.5KHz:12/12dB/oct
ウーハー取付穴口径 144mm
ウーハー取付奥行 76mm
ツイーター取付穴口径 38.5mm
ツイーター取付奥行 17mm(big chamber) 9mm(small chamber)

コストパフォーマンス重視とは言っても、ミッドバスML165のV型コーンは、EOSに装着しているML1600のコーンと全く同じもの。ML165のV型コーンはEOSに付けたML1600とは色が違う(シルバー)。本国ページで調べるとML165は「The cone fiber made from cellulose」と書いてあり、ML1600の「Water repellent pressed paper」とは違うよう。アルミダイキャストフレーム全く同じで、唯一マグネットがML1600のネオジウムに対してフェライトになっているだけ。そのせいで、ユニット重量はML1600の1220gに対して1700gと超弩級です。ツイーターML28は、コットンとシルクをある割合で混ぜた素材の28mmドーム。スモールチャンバーとビッグチャンバーを付属し、1kHz前後から再生可能なワイドレンジツイーター。クロスオーバーも2.5kHzと相当低めです。ネットワークはバイアンプに対応し、上下とも12/12dB/octでカットする本格的なもの。面白いのは、HERTZ特有のHFC(High Frequency Contour)という機能。リスナー側スピーカーとリスナーとの間の角度(近い方のスピーカーは自分に対する角度が大きくなるので、特に高音域が減衰する)による音の減衰を補正してくれるようです。S40は私一人で乗ることが殆どで、尚かつ細かな調整機能を持たない純正ヘッドを使うので、この機能による効果が非常に楽しみです。更にHERTZのハイエンドMLK2やMLK3に付属する巨大ネットワークになると、TAD (Time Alignment Device)というタイムアライメント補正機能までついているのですが、このMLK165システムにはありません。何れにしても、このMLK165システムのコストパフォーマンスは非常に高いのではと思います(同等内容のFOCALなら10万円弱)。

さてS40にこんな大柄なスピーカーを取り付けて大丈夫か?ということですが、たぶん大丈夫です。

ミッドバス(バッフルはアピトン×2層 36mm)
☆ドア内部側クリアランス(45mm→今日測ったら50mmくらいはありそう)
  76mm(ML165取付奥行)-36mm(バッフル厚)=40mm<45mm
☆内張側クリアランス(47mm)
  36mm(バッフル厚)+80mm(ML165全長)-76mm(ML165取付奥行)=40mm<47mm
☆スピーカー取付穴径(140mm)
  車体側スピーカーホールが140mmに対してML165の外径は144mmだが、バッフルで嵩上げする分、外径が小さくなるので140mmのホールでも収まる。

ツイーター
☆純正ツイーターホール 40mm>38.5mm(ML28取付穴口径)
☆ツイーター奥行クリアランス 9mm=9mm(ML28 small chamber)
奥行が少し微妙なのと、ML28のグリルが純正ツイーターカバーの内側に当たらないかどうかはやってみないとわかりません。

スピーカーはサウンドウェーブメイワさんに発注済み。今日作成した型紙を元に再度MLK165と現物合わせでバッフルを作成して頂きます。
posted by FCLIFE at 18:14| Comment(2) | VOLVO S40

2009年01月08日

【宣伝】 メガーヌ用スタッドレス&ホイール出品中

 
私の手を離れて社長のセカンドカーになっていたメガーヌですが、この度社員に安く払い下げることになりました。その社員がスタッドレス&アルミが不要ということで、現在ヤフオクに私が出品しております(もし落札されても代金は社員の手に渡ります)。

ルノーメガーヌにピッタリ!中古スタッドレス&アルミ4本セット

meganestudless01.jpgmeganestudless02.jpgmeganestudless03.jpg

ルノーメガーヌ(現行型)2.0プレミアムグラスルーフ用に2006年にルノーディーラーから購入したスタッドレスタイヤ&ホイールセットです。

スタッドレスタイヤ : ダンロップ デジタイヤDSX 205/55R16 89Q
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/syouhin/dsx/index.shtml

アルミホイール : ブリジストン VAGGIO SS6 16インチ リム幅 6.5J オフセット+48
商品コード 31102598 P.C.D. 100×4穴・5穴マルチ対応
http://www.bs-awh.ne.jp/bso/vag.html

2シーズン使用しましたが、使用頻度が低いため程度は良いと思います。スタッドレスも7〜8分山といったところでしょうか。バランスもディーラーで完璧にとってもらいましたし、純正のハブにピッタリ合うハブリングもついています。ボルトは純正をそのまま使用します。わかっている範囲での適合は、メガーヌ(ハッチバック・グラスルーフカブリオレ・ワゴンどれでも可)です。グランセニックはホイールは適合しますが、タイヤサイズは異なります(205/60R16です)。
megane1.jpgmegane.JPGmeganetouring.jpg

他にも絶対に落札されないEOSパーツや、OQO用品、多数のフォークリフトを出品しております。どなたか中古フォーク、1台いかがですか?(笑)
posted by FCLIFE at 19:30| Comment(4) | RENAULT Megane

2009年01月04日

S40 スピーカー発注

 
今日はEOSのミニオフ会に朝から参加。帰宅後、S40に装着したJBL P662Sの一人試聴会を行ったところ、聞けば聞くほどしっくり来ません。主な原因はボワ〜ンと鳴っている中低音域と、中低音域との繋がりが悪い高音域。またやってしまったか。。。安物買いの銭失い(笑) 全く同じ曲をEOSと聞き比べたのですが、違う曲のように聞こえてしまうのに愕然。JBLのP662Sは80数ドルから売っているスピーカーですから仕方がないですね。

ということでキッパリとP662Sを諦め、新スピーカー候補を物色。条件は、

S40の車体側スピーカー取付穴径が140mm弱なので極力取付穴径が小さいもの
・更に倹約のためにP662S用特注バッフルが流用できる取付穴径130mm未満のもの
・取付奥行60mm未満のもの(ガラスとの干渉を避けるため)
・今回は2Ωには拘らない(ヌボーとした低音を締めたいので)
・コアキシャルではなく2wayセパレートにする(ツイーター重視)
・価格はP662Sほど安くなくて良いが、かといって高いものは不可

殆どの16.5cmクラスのミッドバスは取付穴径が140mm前後で不適合(JBLのP662Sの取付穴径128.6mmは異例に小さい)。かといって13cmクラスだと逆に小さすぎ。国産メーカーが多く出している16cmクラスがジャストフィット。ALPINEのDDL-R16Sあたりで良いかなとも思ったのですが、何となく冒険がなくてつまらない。ということで選んだスピーカーは、

FOCAL 160V2
希望小売価格(1ペア)税込 47,250円(実売35,400円〜)
スピーカータイプ 160Mid/TN47Tw 2way slim-woofer
再生周波数帯域 75Hz〜20kHz
定格入力 60w
入力インピーダンス 4Ω
出力音圧レベル 91.0dB(2.8V/1m)
取付穴口径 125.5mm
取付奥行 55mm
160V201.jpg160v202.jpg

取付穴径といい奥行といい条件にピッタリ。もしかしたら鬼目ナットの位置もピッタリ合うかも。このスピーカーはアルファオーディオが日本限定モデルとしてFOCALに作らせた商品ということで、160mmトレードインというFOCALとしては特殊な仕様となっています。FOCALは比較的低音がズンドコしない中高音重視のスピーカーということで、この160V2は更に口径が小さくなっているぶん低音のレンジは広くありません。付属ネットワークのクロスオーバー周波数は3200Hzと低く、結構広い領域を逆ドームツイーターでカバーするのは私好みかも。最大の懸案事項はこのツイーターをどうやって付けるか。勝算がないわけではありませんが、ちょっと行き当たりばったり気味の発注です。
posted by FCLIFE at 22:49| Comment(5) | VOLVO S40

2009年01月02日

思わずレンタル 薬師丸ひろ子

 
皆様、明けましておめでとうございます。もう2日になってしまいましたが、今年も元気に参りましょう!!

さて、実は中学時代、薬師丸ひろ子の大ファンでして。。。
竹内まりやの「元気を出して」の一番最後のコーラスで聴ける薬師丸ひろ子の澄んだ歌声に、「やっぱりいいなぁー」なんて思っていました。昨日の元日、息子につきあってTSUTAYAに行って、なにげなくCDを見ていたら、ありました。。「薬師丸ひろ子 Golden Best」(笑)

yakushi01.JPG

早速コンパクトフラッシュにコピーしてEOSで聴いてみました。さすがに古いので録音も演奏もひどいのですが、薬師丸ひろ子の澄んだ天使のような声は堪能できます。もう少しエコーが少なかったら最高なのですが、それでも十分癒やされます(笑) ドライブの楽しみが増えました。でも、オープンで薬師丸ひろ子をガンガンかけて信号待ちするのはチョット恥ずかしいかな。。。
posted by FCLIFE at 00:34| Comment(9) | 音楽