2008年10月29日

EOS R-Line 完結

 
せっかくフロントグリルをR-Line風にしたので、バッジ類も統一して「なんちゃってR-Line化」を推し進めるために色々集めました。

ステアリングバッジをR-Lineマーク入りの「1K0 419 685M 44U アルミニウムブラッシュド」に交換。アルミヘアラインの中にRマークがあるタイプ。
emblem14.JPGemblem15.JPG


PASSAT R36 リアエンブレムを購入。ついでに2.0FSIは2.0TSIに進化します(笑)
emblem01.JPG

リアエンブレムはエンブレム剥がし剤を使うとあっけないほど綺麗に跡形なく剥がせます。剥がす前にマスキングテープで位置を記しておきます。
emblem02.JPGemblem03.JPG

PASSAT R36エンブレムはRの部分だけ使用して「EOS R」になりました(笑)2.0FSIはFとSのみ張り替えれば2.0TSIになるのですが、せっかくの新品なので全部交換しました。
emblem04.JPGemblem05.JPGemblem06.JPG


フロントエンブレムもPASSAT R36用を購入。こちらもR部分だけを使用したいので、36の部分をホットナイフで切り落とします。
emblem07.JPGemblem08.JPG

フロントエンブレムの背面には、グリルの縦桟に挟み込むためのツメが付いているのですが、このツメはEOSのグリルには全く適用できません。よってツメはバッサリ切り落として背面を平らにし、自宅にあったあり合わせの金属を曲げてステーに加工し、外装用超強力両面テープでグリルの横桟に貼り付けています。
emblem09.JPGemblem10.JPGemblem11.JPG

なんちゃってR-Line完成!
emblem12.JPGemblem13.JPG
posted by FCLIFE at 18:52| Comment(4) | VW Eos

2008年10月27日

BEST AUDIOPHILE VOICES


IWANOFU爺さんがPitNAGAOにお土産で持って来て下さったBEST AUDIOPHILE VOICESがあまりにも良くて、シリーズ4枚全てそろえました。Wを除けば全て私の大好物の女性ボーカル。XRCD2という高音質CD(あくまでマスタリングからカッティングまでの手法であってCDとしては普通のCD)で本当に素晴らしい音です。EOSのオーディオが完結したので、しばらくこの4枚を聴き込みます。IWANOFU爺さんありがとうございましたm(_ _)m

bestaudiophlievoices.JPG
posted by FCLIFE at 22:39| Comment(4) | 音楽

2008年10月26日

EOS R-Line !??

 
maniacsさんの試作ドアミラーカバー(マットシルバー)を購入した時点で次の悪巧みのアイディアが浮上、それはEOSのR-Line化(笑) R-Lineはゴルフやトゥーランやパサートなどに現地で用意されている仕様で、所謂なんちゃってR仕様です。maniacsさんを初めとしたVWモディファイ店ではR-Lineグリルやバンパーサイドベントを品揃えされていますが、これはR-Lineの純正パーツを輸入されたもの。しかしEOSにはR-Lineが存在しないので、塗るしかありません(笑)

手持ちの2.0T用グリル(ヤフオク出品中!)を塗ろうかと最初は思ったのですが、いっそのこと完全を期そうとV6用クロームルーバー付きグリルとロウアーグリルを新品で発注、クロームメッキ部分を全てマットシルバーに塗装して納品して頂きました。

今回発注した部品
(1)1Q0 853 651 R WAD ラジエターグリル
   国内正規部品は日本用ナンバープレートホルダーとセンターのVWマークが装着済みなので安心
(2)1Q0 853 677 9B9 クーリングエアグリル(センター)
(3)1Q0 853 101 2ZZ デコラティブフレーム(センター)

(1)はEOS V6用のルーバーにクロームメッキ加飾があるタイプ。(2)はロウアーグリル本体。(3)はロウアーグリルを囲むクロームメッキされた加飾パーツ。(1)と(3)のクロームメッキ部分を全てマットシルバーに塗装します。

到着した部品
rlinegrill01.JPGrlinegrill02.JPGrlinegrill03.JPG

塗装品質、文句なしに最高です。ミラーカバーのマットシルバーと全く同一カラー。メッキの上から塗装するのは相当難しくて一発勝負だと聞いていたのですが、失敗した痕跡はどこにもなく完璧。恐れ入りましたm(_ _)m この鈍い光り方が良いんです。

装着は、お馴染みクリスタルガード・プロを施工してから。早く施工したいのに4時間くらいよい子で待ちます。今回は塗ったクリスタルガードプロの成分を水で洗い流す方法ではなく、そのまま拭き上げる乾式施工をしました。

さてまずはロウアーグリルから。ロウアーグリルは外すときにはフロントバンパーカバーを外さないと難しいのですが、装着は前からまっすぐ嵌め込むだけでOK。なにせ爪が沢山あるので、「カチッ」という音がしなくなるまで色んなところを押します。
rlinegrill04.JPG

メインのグリルも装着し、完成の図。
rlinegrill05.JPGrlinegrill06.JPGrlinegrill07.JPG

マットシルバードアミラーカバーの時もそうだったのですが、ホイートベージュメタリックのボディカラーと色感が近いので派手な感じは全くなし。逆に地味になりました(笑) 塗装を依頼するとき、GOLF R32やPASSAT R36の本物Rグリルのように中央のVWマークの台座部分も塗るか塗らないかで迷ったのですが、R-Lineシリーズのグリルは塗られていなかったので、なんちゃってR-Line(なんちゃってのなんちゃって)を目指すEOSとしては塗らないことに決定。まずこのグリルを見て後から塗装したモディファイとは誰も思わないほど自然(地味)です。

でも横に並べてみたらその差は歴然。これで撮影している自分が映り込むことはありません(笑) 以前はルーバー部に貼り付けるin-proのクロームパーツを装着していましたが、今回は素なのでロウアーグリルは黒いままです。
rlinegrill08.JPG

私の車体色との組み合わせでは地味ですが、その地味さが逆に功を奏して、どう見ても純正にしか見えないところが気に入りました。あとはバッジで少し遊んで、なんちゃってR-Line化を完結したいと思います。
posted by FCLIFE at 16:50| Comment(16) | VW Eos

EOS オーディオモディファイ終了

 
本日のリアスピーカー取付を以てEOSのオーディオモディファイが完了しました。夏から秋にかけて4ヶ月楽しく遊ぶことができました。現在のシステムをこれから何年も掛けて聴き込んで行きたいと思います。色々とご助言、ご協力を頂きました皆様に感謝致します。

リア右側スピーカー。鬼目ナットで強固に固定しています。
rearhertz01.JPGrearhertz02.JPG

純正のスポンジを元通り装着して、音漏れ防止のためにエプトシーラーをスピーカーの周りに装着します。これが内張と密着する仕組み。
rearhertz03.JPGrearhertz04.JPG

リア左スピーカー
rearhertz05.JPGrearhertz06.JPGrearhertz07.JPGrearhertz08.JPG

これで4スピーカーがHERTZのML1600に統一できました。まだ配線切り欠き部のコーキングが完全に固まっていないので、本格的な試聴はしていませんが、素人の私には夢のように良い音に聞こえます。低音から高音まで解像度が高くて自然でクリアな音です。もちろんこの4ヶ月の間につぎ込んだ労力がそう聞こえさせるという効果はあるでしょうが、やっと満足できるシステムに辿り着くことができました。楽しかった。
posted by FCLIFE at 17:35| Comment(0) | VW Eos

ピット永尾 IWANOFU爺さんステアリング交換

 
ピット永尾への3台目のお客様はIWANOFU爺さんです。
前々から狙っていらっしゃったEOS INDIVIDUAL用ステアリングの輸入代行をさせて頂き、本日取付の運びとなりました。IWANOFU爺さん、「勝手にアルデンテ」と「BEST AUDIOPHILE VOICES」のお土産ありがとうございましたm(_ _)m

このステアリングは、やはり品があるというか格好良いですね。グリップの太さも絶妙です。IWANOFU爺さんもお気に召された様子です。
iwanofu01.JPG

IWANOFU爺さん車は純正オーディオ付きなので、左側マルチファンクションボタンも使えます。ボリュームUP/DOWNとミュート機能が使用可能(電話ボタンは当然ながら稼働しません)。
iwanofu02.JPGiwanofu03.JPG

右側マルチファンクションボタンは、ワイパーレバースイッチと同等の動きをします。ワイパーレバースイッチも継続使用可能。但し他の方と同じく、メニューボタンは取付直後は動作しませんでした。IWANOFU爺さん、お宅に着かれるまでにメニューボタンは動くようになりましたでしょうか?

さて頂戴した「BEST AUDIOPHILE VOICES」があまりにも素晴らしいので調査したところ、第4弾まで出ていました。Extended Resolution Compact Disc (XRCD) というモノらしく、非常に高音質なCDのようです。今日頂いたものも含めて第1弾〜第4弾まで全て発注してしまいました(笑)

今日は遠いところピット永尾までご足労頂きありがとうございましたm(_ _)m
posted by FCLIFE at 16:04| Comment(27) | オフ会・ツーリング

2008年10月23日

笑うほど強固 EOSリアバッフル

 
既に到着していたEOSリア用ワンオフバッフルを取り付けました。
思わぬところに微妙な干渉があって、棒ヤスリでほんの少し削ったりしましたが(これがまた硬い!)、無事装着完了。車体鉄板との間に隙間が発生することはありませんが、念のためにコーキング材をたっぷり充填し、オリジナルのスピーカーマウントを留めていた4本のボルトとナットで固定。穴位置も完璧で、笑うほど強固です。

右側バッフル新旧比較。スピーカーの装着位置もほぼ純正と同じ位置にして頂いています。
rearbaffle17.JPGcable07.JPG

ボルトナット部は木材を挟むので、力が分散して均等に掛かるように、車体ボルト側に1枚、ナット側に径の異なる2枚のワッシャーを使って締め込んでいます。鬼目ナットはサウンドウェーブメイワさんに打ち込んで頂きました。
rearbaffle18.JPGrearbaffle19.JPG

左側バッフル。右側とは完全に左右対称な造りで、削った箇所も完全に左右対称。サウンドウェーブメイワさんのバッフル造りの精度には驚かされます。スピーカーケーブルは、バッフルのベース部に作って頂いた配線通し用切り欠き(車体配線もこの切り欠きを通しています)を通してバッフル内に導入。スピーカー取付後に、ケーブルをバッフルの外から少し引っ張ってバッフル内で余分なケーブルが遊ばないようにしてから切り欠き部をコーキングで塞ぎます。
rearbaffle20.JPGrearbaffle21.JPG

スピーカーはコーキングが完全に乾いてから、はみ出した部分をカッターで除去後に装着します。

6月28日の Phase MODEL 254mmT パワーアンプ装着から始まったオーディオ最終モディファイも残すところあと一日。
posted by FCLIFE at 12:11| Comment(1) | VW Eos

2008年10月20日

最早高級家具!リア用ワンオフバッフル到着

 
サウンドウェーブメイワさんから、EOSのリア用ワンオフバッフルとHERTZのML1600が到着しました。
rearbaffle09.JPG

その出来は私のような素人が言うのも失礼ですが、最早高級家具か伝統工芸品の域です。フロントバッフルにも感動しましたが、リア用は色んな難しい条件をクリアして頂いた上での美しさで神々しさすら感じます。サウンドウェーブメイワの相川さん、本当にありがとうございました。実物を見ると、あの金額でも全然合わないのでは?と思ってしまいます。

このバッフルは車体鉄板に溶接されている4本のボルトをバッフル底面4箇所の穴に通してナットで固定します。工具が基本的に正面からしか当てられないので、それを考慮した造形を工夫して頂いています。
rearbaffle10.JPGrearbaffle11.JPGrearbaffle12.JPGrearbaffle16.JPG

このバッフルで、オリジナルの樹脂製スピーカーマウントを完全に代替します。
rearbaffle13.JPGrearbaffle14.JPG

特性バッフルはアピトン積層合板8枚重ね。オリジナル樹脂製マウントと違ってズッシリとした重みがあります。内張との隙間を小さくするために、オリジナルのマウントよりも高く作ってあります。またオリジナルはスピーカーが軽く下にスラントしているのですが、特注バッフルは水平です。
rearbaffle15.JPG

今週末の取付が本当に楽しみです。全スピーカーの交換が完了し、オーディオいじり完結の予定。回り道しましたが終わりです。
posted by FCLIFE at 22:37| Comment(0) | VW Eos

2008年10月19日

Volkswagen Fest 2008 in Fuji Speedway

 
Volkswagen Fest 2008 in Fuji Speedwayに参加してきました。
8時にはゲートに到着していたkaishiさんから、既にたくさんのVW車が並んでいるという情報が入る中、途中赤BORAさんのEOSを御殿場のマクドナルドで発見したりしながら、少し飛ばして9時少し前に到着。無事メインスタンド前に駐車することができました。

参加したプログラムはエコドライブトレーニング、ドライビングスクール、パレードランの3種類。

最初のエコドライブトレーニングは2時間半の長丁場でしたが、座学の前と後で約20%の燃費向上となりました。ただし燃費が20%向上したとはいえ、エコドライビングはエンジン回転を2000以下に抑え(私の場合、平均エンジン回転数1220回転だった)、Nレンジによる惰性運転やアクセルオフによる燃料カットを極端に利用した結果であり、普段実施するには(私には)少々無理がある内容でした。怒られるかも知れませんが、我慢に我慢を重ねた運転でたった2割の改善では、ストレスに見合わないかと。。。あとトレーニング車のGOLF GT TSIが極低速域の挙動にDSG特有のギクシャク感があったり、トルクが唐突に盛り上がる感があったり、私にとってはNGでした。。。あとモータージャーナリストの清水和夫さんがこのエコドライブトレーニングに関わってらっしゃるとのことで会場にいらっしゃいましたので、ミーハーにも握手してもらいました(笑)

次のドライビングスクールは、富士スピードウェイのショートサーキットを走るプログラムです。サーキットを走ったのは初めてだったのですが、2速でレッドの始まる6500回転までフルに使い切り、フルブレーキングしてコーナーに突入する快感にアドレナリン噴出。病み付きになりそうです。それにしてもEOSはオープンカーであるにもかかわらず、サーキットでも十分GTIと張り合えます。素人同士ではありますが(^^;) ショートサーキットのストレートは大変短いのですが、7周くらい走って3台をパス(ストレートのみで追い抜き可)。レーサー気分満点で、このプログラムは是非来年も参加したいと思います。

最後にkaishiさん(助手席)と一緒にパレードラン。これは富士スピードウェイの本コースを1周するプログラムですが、数珠繋ぎで走るだけなのでちょっと微妙。。。来年こそはスポーツドライビングに当選したい。。。

パレードランに入る直前の風景(なぜか自分の車をカットに含めるのを忘れた)
TS3E0018.JPG

3つのプログラムに参加したり、maniacsの山下店長さんや大谷工房長さんにご挨拶したり、2009年モデルのEOSを観察したり、まだ発売されていないPASSAT CCを眺めたり、とても忙しくてあっという間の一日でした。マタさんのl-c-tのブースト圧が出せなかったのが残念。マタさん、お力になれなくて恐縮でした。

来年もし開催されるなら、スポーツドライビングとドライビングスクールの二つに応募してみたいと思います。kaishiさん、今日は色々とお付き合い頂きありがとうございました。

追記----------------------------------------------------

kaishiさんに撮影して頂いた写真を追加掲載させて頂きました。
kaishiさん、ありがとうございましたm(_ _)m デジカメ忘れていったので、良い記念になりました。特にエアコン吹出口と、バックミラーに私の帽子が写っている写真がEOSと私を識別できるので大変気に入りました。

PA190010.jpgPA190006.jpg
posted by FCLIFE at 21:57| Comment(4) | オフ会・ツーリング

2008年10月17日

Daytime Running Light 設定

 
VAG-COMでEOSにDaytime Running Light設定をすることができます。
設定は2種類。ひとつは「スカンジナビアン」設定、ひとつが「北米」設定です。

スカンジナビアン設定では、ライトスイッチがオフ位置にあっても強制的にヘッドライトが点灯します。
北米設定では、ライトスイッチがオフ位置にあって、サイドブレーキがOFFの状態でヘッドライトが点灯します。サイドブレーキを引くとライトは消えます。

ということで、どちらの設定も日本ではちょっと使えませんね。
因みにDaytime Running Light点灯時のヘッドライトの光量は、普通点灯時のヘットライドの光量と変わりません。
posted by FCLIFE at 18:37| Comment(2) | VW Eos

クリスタルガード・プロ2回目&革シートメンテ

 
4日前に施工したクリスタルガード・プロ施工2回目完了。恐ろしい水はじきです。玉になるのではなく、水の膜のようになって流れていってしまいます。ツヤも更に乗った感じで、こんなに施工するのが楽しいコーティング剤は初めてです。あとはどれくらい保つか。。。

クリスタルガード・プロは塗って数時間おいてから拭き取りますので、その合間に革シートのメンテナンス。いつものようにAUTOGLYM Leather Cleanerで洗浄後、AUTOGLYM Leather Care Creamを塗り込みます。洗浄−水拭き−塗り込み−乾拭きと結構手間が掛かりますが、施工後のしっとり感がたまりません。

crystalautoglym.JPG

コーティングと革シートメンテで一日がかり。我ながらよくやります。
posted by FCLIFE at 18:31| Comment(0) | VW Eos

レインライトセンサー交換

 
オートワイパーが晴れているのに動いてしまうというトラブルが発生したため、maniacsさんにレインセンサー1K0 955 559 AF を発注していました。最近maniacsさんの国内純正部品の納期は異常に早くて、2〜3日程度で着いてしまいます。

細部が微妙に異なる旧センサー1K0 955 559 AB と新センサー1K0 955 559 AF 。新品部品はシリコン部分が保護材で覆われています。
rls01.JPGrls02.JPG

因みに旧センサーをバラすとこんな感じ。
rls03.JPG

センサー部分のガラスを丹念に脱脂して綺麗にします。
rls04.JPG

そこに新センサーのシリコン部分を空気が入らないように押しつけて、配線やミラーを元に戻します。
rls05.JPGrls07.JPG

外から見て綺麗にセンサー部分がガラスに密着していればOK。
rls06.JPG

早速試してみたら、ワイパーの誤作動はなくなりました。やはりセンサー本体が原因でした。オートライトの動作も確認し、ミラーステーにカバーを付ければ完了。気分スッキリ。
posted by FCLIFE at 15:52| Comment(16) | VW Eos

2008年10月14日

S40 全窓撥水コーティング実施

 
S40の雨の夜の運転が非常に怖い(窓やドアミラーに雨が張り付いて視界が非常に悪い)ので「G'ZOXガラスコート」を全窓とドアミラーに施してみました。施工店はこちら。下地処理を含めて施工時間は3〜4時間程度です。代車を借りてお客さんのところに営業に行っているうちに完成。

早速今日は雨。できれば施工してから数日は乾かしたかった(お店の方は全然大丈夫とのことですが)のですが、仕方がないですね。効果は、サイドウィンドウとドアミラーがスッキリしたので雨の夜の視認性も確保できました。ただ驚くほどの撥水ではなく、水滴はまだたくさん残っていますので、ちょっと期待はずれか。。。
posted by FCLIFE at 20:57| Comment(0) | VOLVO S40

2008年10月13日

続 クリスタルガード・プロ

 
最初はドアミラーカバーのみ施工するつもりが、勢い余ってボディー全体に施工しました。

(1)水を流しながらタオルでボディーの汚れを除去
(2)同梱されているクリスタルガード ウォッシュ・ワンとマイクロファイバータオルで洗車
(3)マイクロファイバークロスで水分を拭き取り
(4)濡らしたスポンジにクリスタルガード・プロを2〜3プッシュしてボディーに塗り込み(鉄板・樹脂・ライトなどガラス以外全部)
(5)そのまま30分〜2時間以上放置(私の場合は4時間放置)
(6)水を流しながらマイクロファイバータオルで浮いた成分を拭き取り
(7)マイクロファイバークロスで水分を拭き取り

さすがにボディー全体に施工すると丸一日作業ですが、自分で丁寧に洗っていると愛着が湧いてきますね。丸一日とはいえ、洗車も塗り込みも拭き取りも、とにかく「力を入れるな」と説明書に書いてあるので、それほどの重労働感はありません。水は大量に消費しますが。

肝心の仕上がりですが、私としては想像以上の艶で驚きました。プロショップにコーティングを頼んで完成した直後の艶と言えば言い過ぎでしょうが、それに匹敵するくらいの完成度があります。従来品のクリスタルガード・ワンとは次元が違います。

あと驚いたのが、サイドウィンドウの下のクロームメッキされたモールの雨染みが見事に消えてしまっていることです。ウォッシュ・ワンはカーシャンプーと言うよりはヌルヌルした界面活性剤(泡立ちません)だったので、これで洗ったときに取れたのだと思います。それにしても、特にモールを意識して洗ったわけではなく、「力を入れるな」に従って殆ど力も入れていないのにこんなに落ちるなんて驚きです。

艶がわかるように頑張って撮った写真
crystalguardpro01.JPGcrystalguardpro02.JPG

面倒ですが、やった甲斐がある商品だと思います。ガラス皮膜は施工後24時間で完全に硬化するらしいので、また来週末に同じ工程で皮膜を育てたいと思います。あと2回くらいは施工できる残量があります。
posted by FCLIFE at 17:14| Comment(3) | VW Eos

2008年10月12日

クリスタルガード・プロ

 
知らないうちにクリスタルガードシリーズに「プロ」が出ていたようなので早速購入して施工してみました。
crystalguardpro.JPG

クリスタルガードシリーズは従来品のクリスタルガード・ワンやホイールコーティング用のクリスタルガード・ホイールアーマーを使用したことがあり、繰り返し施工すればするほど施工面がツルツルになって汚れが付きにくく落としやすくなることを経験済みで、私の中では信頼感あるブランド。「プロ」にも期待が膨らみます。パッケージの謳い文句は何と「10年以上の耐久力!」。クリスタルガード・ワン5回分の効果!!ちょっと謳い過ぎか(笑)

今回施工するのは、新調したドアミラーカバーのみ。ボディーはガラスコーティング済みなので施工しません。施工方法は、まず綺麗に洗った上で、濡れたスポンジにクリスタルガード・プロを施工面の大きさに応じて2〜3プッシュし、塗りつけます。このまま30分〜2時間待ってから、たっぷりの水とマイクロファイバーでクリスタルガード・プロの成分を力を入れずに洗い落とします。あとは水を拭けば完了。24時間程度でガラス皮膜が固まるそうです。繰り返し施工する場合は24時間以上間隔を開けます。こんなにあっけなく簡単な施工で10年も保つのだろか。。。。

posted by FCLIFE at 16:39| Comment(0) | VW Eos

EOS リア用ワンオフバッフル途中経過

 
サウンドウェーブメイワさんから、お願いしているリア用ワンオフバッフルの作業途中経過写真が来ました。今回はさすがに形状が複雑なので何回もメールのやり取りをし、電話で打合せをし、元々付いている樹脂製スピーカーマウントも送ったりして、手間と時間が掛かっています。

アピトン積層合板8枚重ね。見るからに重量ありそうです。まだまだこれから様々なカットが入って最終的な形にした後で塗装工程に入りますから、私の手元に届くにはまだ3週間くらいかかるでしょうか。
meiwabuffle01.jpgmeiwabuffle03.jpgmeiwabuffle04.jpg
posted by FCLIFE at 01:20| Comment(0) | VW Eos

2008年10月10日

続 EOSワイパー不調

 
kaishiさんのアドバイスでレインライトセンサー(部品名「レインセンサー」)の取付具合を見てみました。朝まで待てませんでした(笑)

結論から言いますと、レインライトセンサーは恐ろしくしっかりとガラス面に張り付いていまして、取り外すのに非常に苦労しました。ほとんど力ずくです。取り外したあとの再利用はできません。レインライトセンサーへのアクセスはこちらに詳しく書いています。

さて取り外した部品を見ると、1K0 955 559 AB 。現在は 1K0 955 559 AF に代替されています。
rlsdamage01.JPG

センサー面にはシリコンのような質感のパッドが装着されていて、このパッドがガラスに密着する仕組みなのですが、見ると大小の気泡跡がたくさんあります。またパッドの中には小さな白いツブツブが。恐らく気泡は装着時にできたもの(一度ガラス交換していますのでその時でしょう)だと思うのですが、シリコンの中のツブツブは明らかに表面ではなくシリコンの中に埋まっています。この気泡やツブツブにレインセンサーが反応していたと見て間違いないでしょう。
rlsdamage02.JPG

Bentleyのリペアマニュアルにも「レインライトセンサーのパッドとガラスの間に気泡があってはいけない」と書いてあるので、不具合の原因はこれだと思います。

現在maniacsさんに最新のレインセンサーのスペシャルオーダー問い合わせ中。
posted by FCLIFE at 22:34| Comment(1) | VW Eos

EOS ワイパー不調

 
ここのところ、ワイパーのオートポジションでの動きが不調で、全然雨が降っていないのに頻繁に動いてしまいます。昼夜問わずです。

どなたか、同じ様な症状が出た方はいらっしゃいませんでしょうか?どの部品を交換したらよいのか特定できないので、もしいらっしゃれば教えて頂ければ幸甚です。十中八九レインライトセンサーだとは思っているのですが、オートライトの動作には全く問題ありません。

sensornew.JPG
posted by FCLIFE at 12:39| Comment(7) | VW Eos

2008年10月08日

宣伝 Yahooオークション出品中

 
誰も欲しい方はいらっしゃらないかとは思ったのですが、一応出品してみました。

フォルクスワーゲンEOSイオス用HIDヘッドライド左右セット 完売御礼
フォルクスワーゲンEOSイオス用フロントグリル

よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
フロントグリルは先日ヘッドライトと一緒についでに買ったのですが、使わないので。。。
 
posted by FCLIFE at 23:06| Comment(5) | VW Eos

マットシルバー ドアミラーカバー

 
ことの発端は、私がmaniacsさんに「ドアミラーカバーをアルミヘアライン調に塗装できますか?」と問い掛けをしたことです。以前からクロスポロのドアミラーのようなマットな金属調のカバーがないかなぁと探していたのですが、既製品として販売しているのはクロームメッキ、カーボン調、サテンブラックのみでマットな金属調はありません。残念ながらクロスポロと違ってクロスゴルフのドアミラーカバーはボディー同色なので、純正部品でも存在しません。

どうせ塗るならヘアライン調でホンモノのアルミに見えるようにと考えたのですが、maniacsさんからの回答はいつもながら親切丁寧で、ドアミラーカバーの塗装は非常に高額で、しかもアルミヘアラインは手作業での模様付けになるので一体いくら掛かるのか見当が付かない(もちろん見積取得は可能)と。。。。ただし、maniacsさんにGOLF R32フロントグリルのマットシルバーをイメージして塗装した試作品があり(あまりに高額な塗装代の請求が来たため製品化には至らず)、それならばお譲りできるという提案でした。

価格は試作品ということで相当ご配慮頂いた価格でしたが、それでも既製品と比べるとすごく高価です。でも、以前から探していたし、maniacsさんが外注されている塗装業者さんは、blog等で拝見する限り高品質な塗装をされるようなので即決して購入しました(正確には購入前に送って下さり、現物を見て購入を即決しました)。

ドアミラーカバーの交換手順はこちらに詳しいですね。
r32mirrorcover01.JPGr32mirrorcover02.JPG

装着後の写真
r32mirrorcover03.JPGr32mirrorcover04.JPGr32mirrorcover05.JPG

塗装品質は非常によいです。しかし、私の車体色ホイートベージュメタリックとマットシルバーの組み合わせなので、同じ淡色系で色味が近く、光の具合によっては交換したことに全く気が付きません(笑) まあ、わかる人にだけわかるモディファイということで。。。でもこれ、日本で売っているEOSの色の中で、シルバーだけ除いてそれ以外の色なら非常に映えると思いますよ。
posted by FCLIFE at 16:03| Comment(3) | VW Eos