2008年06月28日

EOS Phase MODEL 254mmT 4chパワーアンプ装着

 
以前からナビ内蔵アンプではなくて外部アンプでa/d/sのウーハーやELACのツイーターを聴いてみたいと思っていましたが、大きなアンプをトランクに装着するのがいやで、シート下に装着できる小型のアンプを探していました。

しかし、EOSは左右の座席下スペースの広さが異なっており、私の場合広い方の運転席下(左座席下)には既に地デジチューナーが鎮座しています。
left_tuner1.JPG

従って狭い方の助手席下(右座席下)に収まるものでなくてはいけません。配線スペースを含めて、奥行き20センチ、幅23センチしかありません。
right_backslided.JPGright_middleslided.JPG

そもそも広い方の左座席下(奥行き20センチ×幅27センチ)でも収まるアンプはなかなかないのに、更に狭い右座席下では到底無理ということで半ば諦めていました。

そんな折り、かのPhaseさんがやってくれました!
1DIN SIZE 4CHANNEL HIGH FIDELITY POWER AMPLIFIER 「MODEL 254mmT」!!サイズは178(W)×50(H)×140(D)mm 右座席下に十分入ります。「コンパクトなハイエンドシステム」。この小ささで4チャンネル!もう買うしかないでしょう。

MODEL 254mmT 製品紹介ページ
http://www.d-phase.co.jp/model254/model254_top.htm
http://www.d-phase.co.jp/model254/254shiyou.htm

今までも右座席下に入るアンプが全くなかったわけではありませんが、どれも製品仕様が詳細に公表されていなかったり、ノンブランド品だったりして手を出す事ができませんでした。しかし今回は、あのMODEL5.116cmフルレンジ・スピーカーLS-1625Fでカーオーディオ雑誌にも頻繁に取り上げられているPhaseさんの製品ということで心配どころか期待は膨らみ後先考えずポチッと。。。

こんなblogも後押ししてくれました。
サウンドガイア(ここで買いました)
サウンドライジング

季刊オートサウンドの2008SUMMER Vol.66にも試聴評価が掲載されていますが、べた褒めです。一番心配していたのは「定格」25Wの出力で大丈夫かどうか。ALPINEナビの内蔵アンプは「最大」45Wです。しかしblogや雑誌での評価では問題なさそう。爆音で聴くわけでもないし。


ということで取付です。商品は今日宅急便で届く予定だったので昨日のうちに各種ケーブルや端子類の購入は済ませておきました。

いつものように解体ショー
amp01.JPG

今回は「バッ直」に挑戦!バッテリーから直接電源を引きます。エンジンルームから室内へのケーブル引き込みは行き当たりばったり(笑) ワイパーが取り付けられているプラスチックをめくると見える穴(グロメットが嵌っています)が車内に通じていそう。予め買っておいたエーモン工業の「配線ガイド」で探るとグローブボックス裏に通じていたので決定。
amp02.JPG

バッ直配線には同じくエーモン工業の「大容量電源取り出しコード」を使用しました。今回はアンプだけでなく、ついでにALPINEナビもバッ直するので容量の大きなケーブルにしました。
amp03.JPGamp04.JPG

電源の取り回しも終わり、アンプから各スピーカーへのケーブルやナビからアンプへのRCAケーブル・リモート信号線などの取り回しが一通り終わった頃にタイミングよくMODEL 254mmTが到着!小さいですが何とも高級感があります。端子類にもキチンとコストがかかっています。
amp05.JPGamp06.JPGamp07.JPGamp08.JPG

あとは引き回した配線とMODEL 254mmTを接続して完了です。小さいので本当に収まりがよいです。
amp09.JPGamp10.JPGamp11.JPG


さてさて肝心の音ですが、まだ聞き込みをしていないので第一印象になりますが、非常に素直で加工されていない音だと感じます。ALPINEの内蔵アンプも悪くなかったので劇的な変化ではありませんが、感覚的な言い方をすると、より音が立体的になって粒立ちが良くなったという感じです。楽器の位置関係は本当に良くわかります。スピーカーの特性かアンプの特性かわかりませんが、シャカシャカした音楽は、よりシャカシャカします(笑) ジャズやボーカルはもう最高です!!

それと今回のポイントとして、ナビからフロント出力・リア出力に加えてサブウーハー出力もMODEL 254mmTまで引いてきています。フロント出力はMODEL 254mmTにつなぎっぱなしですが、リア出力とサブウーハー出力はRCAピンプラグを差し替えることによって好きな方を接続することができます。フロント出力・リア出力を接続したときには普通の4スピーカーシステム(クロスオーバー設定なし)。後部座席に人が乗るときや、サラウンド的に聴きたい時に使います。普段一人あるいは二人で乗るときはサブウーハー出力を接続し、リアスピーカーをサブウーハーとして利用します。この場合、ナビのクロスオーバーを後席サブウーハーパターン(フロントのハイパス設定・サブウーハーのローパス設定をします)にすればリアスピーカーからは低音しか出ません。今のところハイパス・ローパスともに125Hzくらいで様子を見ています。スロープは18dBでこちらも様子見。この後席サブウーハーパターンが非常に良くて、以前は聞こえにくかった低音も聞こえますし、レベル調整も単独でできて非常に便利。スピーカー自体がサブウーハー用ではないので限界はありますが、恐らく普段はこのモードを多用すると思います。
posted by FCLIFE at 19:16| Comment(53) | VW Eos

2008年06月23日

maniacsさんのサマープレゼントキャンペーン

 
maniacsさんのこの種のイベントには必ず参加することにしています(笑)今回のサマープレゼントキャンペーンはレギュラー商品1点購入につきプレゼントを1点先着順で選べるという企画。ちょうど欲しいレギュラー商品が1個あったので土曜日の10時まで発注を我慢しました。

購入したレギュラー商品は珍しくもないモノなのでそのうちレポートするとして、選択したプレゼントは「ナンバープレートピンズ」。非売品ですがヤフオクなどで1200円くらいで落札できますし、正規輸入車にお乗りならディーラーからもらえるモノではないかと思います。ナンバープレートのボルトに取り付ける飾り物です。

numberpins.JPG

今回、私の観察ではこの「ナンバープレートピンズ」(9個用意されていました)が一番人気だったらしく、私が発注し、カード決済まで終わった10時1分〜2分には既に9個とも完売していました(笑)maniacsさんのショッピングカートの仕組みとして、カートに入れても注文確定するまでは在庫は押さえられませんから、いかに早くレギュラー商品とプレゼント品をカートに入れて注文確定するかが勝負。お陰様でmaniacsさんへの発注は体が憶えていますので超スピーディー。無事獲得できました。
posted by FCLIFE at 21:37| Comment(6) | VW Eos

2008年06月22日

グランセニックの収納

 
グランセニックの各種装備・特長を紹介するシリーズは恐らく今回の収納特集で最後です(ナビ類の取付方法が特殊なのでこれは別途紹介予定)。

グランセニックの収納は使い勝手は別にしてなかなか容量があります。以前紹介したセンターコンソールボックス荷室以外の収納をご紹介します。

左右フロントドアに蓋付きモノ入れとドアポケットがあります。蓋付きモノ入れは、文字通りフタが付いているのと、なかなかの容量を確保しているので重宝します。他のメガーヌシリーズと共通の装備です。なおリアドアには蓋付きモノ入れもドアポケットもありません。
sceshunou7.JPGsceshunou6.JPG

カップホルダーとインパネシフト下のお皿のような収納です。カップホルダーは簡単に取り外し可能。冷気はあたりませんが場所的には問題ありません。ただし底が浅いのでそのままでは細缶は安定しません。私の場合iCupを差し込んでバッチリ。お皿のような場所は一体何に使うのでしょうか?手が届かない中途半端な位置にある収納です。
sceshunou1.jpg

運転席・助手席の下にある引き出しです。容量、使い勝手共に文句なし。私の場合、ナビや電装品などの各種取説・車検証・整備記録簿などを入れています。
sceshunou2.jpg

運転席・助手席床下収納です。床のカーペット下にあるのでまず使いません。ドライビングシューズでも入れておくのでしょうか?カーペットは床下収納のフタが開けやすいように工夫されたカッティングが施されています。メガーヌにもありますが使ったことがありません(笑)
sceshunou3.jpg

おまけにグランセニックには左右後部座席足下にも床下収納を用意!結構な大きさと深さです。漬け物でも漬けましょうか(笑) 冗談はさておき、子供が脱いだ靴などを入れておくのに良いかも知れませんし、一時的なゴミ箱としての使用も可能かと思います。
sceshunou4.jpg

最後にグローブボックス。容量はさほど大きくありませんが、車検証や整備記録簿などが座席下引き出しに入っているので基本的に入れるモノがありません。PANAナビのiPod接続ケーブルとETC装置を設置していますが、ガランとしていますね。
sceshunou5.jpg

グランセニックの収納はご紹介したように色んなところに色んなものがあるのですが、欲を言えば手の届くところに携帯電話やタバコ&ライターなどの小物が置ける場所があれば文句なしですね。一つ一つの収納が大きくて逆に小物の置き場所がないという感じです。
posted by FCLIFE at 10:16| Comment(3) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月21日

グランセニックのレーダー探知機

 
グランセニックにはユピテルCR920Siを装着しています。
私のグランセニックのフロントガラスはGPSやレーダーの電波を通さないのでアンテナ本体分離型が必須です。CR920Siは分離型で、SDカードによるデータ更新可能なGPSレーダー探知機です。

さて先日最新データがアップされたのでダウンロードしてSDカードにコピーし、CR920Siに差し込んだところ不具合発生。全く動かなくなりました。これはおかしいと購入店経由で補償修理へ。結果は、「SDカードを逆さまに差し込んだためカード挿入部が壊れています。有償修理です。」とのこと。実はCR920Siと互換性のあるCR970Si(EOSのレーダー)のデータを突っ込んでいた(笑)のであまり強く出ることもできず、有償修理も面倒なので同じものを買い直しました(電源やアンテナを使い回してポン付け交換するため)。結構な出費。トホホ。。。

壊れる前の装着位置
scesteering1.JPG
この位置では少し下の方にありすぎるのと外光の影響で見にくかったので、買い直しを契機に位置変更しました。

現在位置
scenic920si2.JPGscenic920si1.JPG
普通の位置に付属の台座で装着。やっぱり普通に付けるのが一番見やすいです。アンテナはミラー奥(以前からの流用)でここだけ電波を通します。なおアンテナは防水タイプではないので屋根等には装着できません。

で、本当なら早速CR970Siのデータを突っ込みたいところなのですが、今度はキチンとCR920Siでユピテルとデータ更新契約をしてから突っ込もう(コンプライアンス重視の姿勢)ということでおあずけです。でもちょっと突っ込むのが怖いです。。。
posted by FCLIFE at 18:21| Comment(4) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月20日

EOSラバーストップで失敗

 
サスがフルにバンプしてしまうのを防ぐ「ラバーストップ」、バンプラバーの方が一般的な呼び方でしょうか。

さてEOSの場合、部品を調べると以下の通り。

・フロント用(価格は1個の値段)
 1K0 412 303 F 55mm 2625円
 1K0 412 303 B 70mm 3255円

・リア用(同じく価格は1個の値段)
 3C0 511 359 F 118mm 4935円
 1K0 511 353 N 118mm 3465円
 1K0 511 353 M 133mm 3465円

フロント用は2種類の長さで価格が異なります。不思議なことにリア用は118mmの3C0(現行パサート部品)が高く、1K0(現行ゴルフ部品)は長さが違っても価格が同じです。

さて、

(1)ラバーストップに2種類の長さが存在する
(2)16〜17インチホイールが工場装着されている車輌に18インチホイールをオプション装着する場合は 000 071 501 スプリングトラベルリミッター(実測12mm)を取り付けろという指示が本国アクセサリーカタログに明記されている

という二つのことから、

「18インチホイールが工場装着されている車輌には70mmと133mmの長い方のラバーストップが装着されていて、17インチ以下のホイールが工場装着されている車輌には55mmと118mmのラバーストップが装着されている」

と考えるのが自然ですよね?また長い方にも短い方にも日本円の価格が設定されているということは、日本仕様に両方が存在するという傍証にもなります。

で、私の場合17インチ工場装着車輌だったので18インチにインチアップする際に 000 071 501 スプリングトラベルリミッター(実測12mm)を律儀にも取り付けました。しかし何事も純正チックでないと満足できない私は、更に1K0 412 303 B 70mm と1K0 511 353 M 133mm の長い方のラバーストップをmaniacsさんから購入し、本日イシカワエンジニアリングさんに持ち込んだのでした。

写真です(^^;)
rubberstop1.JPGrubberstop2.JPG

全く同じものでした(大爆笑)

ラバーストップを交換するにはサスを外さないといけませんが、外したラバーストップは私が持ち込んだ長いバージョンそのもの。。。何故、何故に。。。

結局、ラバーストップが新品になっただけでした。。。
スプリングトラベルリミッターは外しました。。。

もしかしたら私のEOSには元々18インチが工場装着されていたのか???
日本仕様のラバーストップはどうなっているのだろう???

実はラバーストップを交換しようと思ったのは、先日純正スポーツサスに換えてから、どうも足下から「キュッキュ」という音が聞こえており(オーディオのボリュームを絞って窓を開けて初めて聞こえる程度の音)、この原因を探るためでもありましたが、ラバーストップを新品に換えてスプリングトラベルリミッターを外しても異音に何の変化もありませんでした(苦笑)

ラバーストップ代、サス脱着&アライメント調整代、スプリングトラベルリミッター代、しめて5万円。。。何をしてるんだろうか。
posted by FCLIFE at 19:27| Comment(15) | VW Eos

浜名湖合同オフの思い出

 
sunzamyeos8.JPG

当日は喋るのに忙しくてあまり写真を撮らなかったのですが、中でも特に自分の車は全然撮っていない!と思っておりました。そんな折り、はるるんさんとexcelsiorさんが当日の写真をサイトにアップして頂き、その中に自分の車の写真があり、しかも自分で撮るより遙かにキレイに撮れているということで、思い出にブログにアップさせて頂きます。

はるるんさん撮影:私のようなカメラ素人には撮れない構図と効果で撮られていて感心しきりです(上の大きな写真もはるるんさん撮影)
 
sunzamyeos7.JPGsunzamyeos2.JPGsunzamyeos3.JPGsunzamyeos6.JPG
ステアリングバッジはアイスシルバーです。

sunzamyeos4.JPGsunzamyeos5.JPG
すごいレンズで車体が長〜く見えます。

sunzamyeos1.JPG
サイドバックビューカメラです。


excelsiorさん撮影:ロテル・ド・寸座の看板が入っているので証拠写真で使えます(笑)

sunzamyeos11.JPGsunzamyeos12.JPG

sunzamyeos13.JPGsunzamyeos14.JPG
VAG-COMはこんな感じで車体のOBD2ポートにPCを繋げて使います。
私の太い親指と対照的に小さなOQO01+にインストールしています。
OQO01+は半透過型液晶なので炎天下でも画面の視認性はバッチリ。

はるるんさん、excelsiorさん、写真どうもありがとうございましたm(_ _)m
posted by FCLIFE at 16:32| Comment(3) | オフ会・ツーリング

さくらのブログ不調

 
最近、Blogへのコメントがすぐに画面に反映しない状態になっているようです。

どうもさくらのブログはこの種の異常が多い。でも安いから変えない(笑)

ということで投稿頂いてもすぐに画面表示されないことがありますのでご承知おき下さい。
私がブログの再構築(色んなものの反映操作)をすると画面表示されます。
posted by FCLIFE at 11:19| Comment(0) | 分類できない話題

2008年06月19日

EOS右だけアウトバーンミラー装着

 
メガーヌ、グランセニックで愛用しているアウトバーンミラー(AUTBAHNミラー)をEOSにも装着してみました。とはいえ、EOSのドアミラーは運転席側に自動防眩機能が備わっており、これを無駄にするのは忍びないので、助手席側(私の場合は右側)のみの装着です。通常アルファプログレスさんでは片側だけの販売は行っていませんが、そこは既に2台装着の実績から、無理言って片側だけ半額で販売してもらいました(笑)

eosautbahn1.JPG

EOSの適合は型番「GL08」です。GOLF5/3C PASSAT用と共通です。選んだ色はもちろん「シルバー」純正色です。
いつものようにミラーの裏側に付属の両面テープを貼り付けます。ミラーのギリギリまで貼ってしまうとはみ出ることがありますから、少し内側に貼り付けます。両面テープは水分を含むとゴム状に変化する外装用テープなので脱落等の心配はありません。逆に一度取り付けると綺麗に外すことはまず不可能でしょう。私の場合は一度もないですが、あまり強い力で押しつけると割れる可能性もあるので注意が必要です。力を入れて押さなくとも強力に接着します。

eosautbahn2.jpgeosautbahn3.JPG

張り直しがきかないので、いつものことですがかなり緊張しながら貼り付けます。
さて、装着前装着後の比較ですが、元々のミラー面積が小さくないので視野の広がり効果も大きいです。左右方向にも確実に広がっていますが縦方向への広がりが大きく、今まで見えなかったものが見えています。EOSはそもそもクーペ形状であることや、ルーフ収納スペースの必要性からリアに行くに従ってウエストラインがかなり上がっているので、助手席側後方視界が狭くて気を使います。日本ではどうしても右側に合流・車線変更する機会が多いので、左ハンドルの私のEOSでは結構怖い思いをしました。現在は助手席側サイドバックビューカメラ&モニターを装着しているので合流・車線変更が非常に楽になりましたが、アウトバーンミラーは更にミラー自体の視界を広げてくれるので安心感が高まります。

eosautbahn4.JPG

バックする際に助手席側ミラーが自動的に下を向く機能(私の場合は2007年モデルなのでsmartTOPの機能で実現)を使っているのですが、ミラーが下を向いてしまうと後ろ方向が見えないので、自分の頭を下げて後ろ方向を見たりしていました。しかしアウトバーンミラーを付けると縦方向の視界がかなり広がるので、ミラーは下に向いていても後ろ方向を見ることができます。これは結構便利ですよ。
posted by FCLIFE at 11:26| Comment(0) | VW Eos

2008年06月17日

グランセニックのエンジンルーム

 
しばらくEOSばかり運転してグランセニックをたまに運転すると、その圧倒的な非力感を改めて感じてしまいますが、それでも全くイヤにならない不思議さというか、ホワ〜ンとした感じを持っていますね、グランセニックは。

今日はエンジンルームの紹介です。

ボンネッドオープナーはフランス車の常で右ハンドルでも左側のまま(笑)
sceenginehood1.jpg

リリースレバーはボンネットフードの隙間ではなく、こんなところにあります。まず取扱説明書なしに解除するのは不可能でしょう(笑)グリルの隙間からレバーを引くなんて。。。
sceenginehood4.jpg

ミニバンなのでフロントウィンドウが前進している分エンジンルームの開口部は非常に狭いです。メンテするのが結構大変そうですね。自分ではしないので大丈夫ですが(笑)
sceenginehood3.jpg

因みにエンジンは、ルノー車でお馴染みのF4型。
 排気量 (L) 1,998cc
 ボア X ストローク(mm) 82.7 X 93.0
 最高出力(kW(PS) / rpm) 98(133)/5,500
 最大トルク(N・m(kgm) / rpm) 191(19.5)/3,750

2リッターの極々普通のエンジンでパワーもトルクも月並みです。VWのTSIの様なエンジンが望まれますが、フランスではディーゼルが主流なのでガソリンエンジンの進化は遅々として進みません(笑)プレミアムガソリン指定で燃費は7〜10km程度でしょうか。決して燃費の良いエンジンではありません。数字よりも低速トルク感が悪くなく、回してもそこそこ元気がよいので、家族車としてはギリギリOKでしょうか。本国に存在するターボエンジンが導入されればよいのですが、あれはマニュアルのみ。。。そういえば、フランス車の新しめのエンジンはプジョー207/308が採用している1.6リッターBMW製ガソリン(&ターボ)エンジンのみ。他は2リッターも3リッターも1.4リッターも古すぎます。ルノーに3.5リッターがありますが、これは日産製エンジン。ちょっと真面目にガソリンエンジンを開発しないとマズイですね、フランス車たちは。。。
posted by FCLIFE at 16:18| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月15日

EOSの会 第1回東西合同オフ会報告

 
zenkei.JPG

皆様お疲れ様でした。
総勢21台22台のEOSが浜名湖畔に集結した過去最大台数でのオフ会でした。色々とアレンジ下さったexcelsiorさん、ありがとうございましたm(_ _)mそしてお疲れ様でした。

さて詳細報告はexcelsiorさんのブログkaishiさんのブログの記事に委ねるとして(笑)、当日の会場風景などの写真をアップ致します。

私はkaishiさんと中井PAで7:30に落ち合い、互いにクルマを交換。途中由比で休憩中、茨城県古河市から掛川へ向かわれる消防自治団の方々(平均年齢70歳以上)にEOSのルーフ開閉実演などをしながら浜松手前の遠州豊田PAまでの間、ずっとV6を運転させて頂きました。お陰で往きは退屈することなくあっという間に現地到着。

kaishiさんによる、ひーさんのsmartTOP取付ショー(めちゃくちゃ手際がよいです)やビュッフェ形式の昼食の後、自分の車の前で自己紹介。kaishiさんのブログの写真でkaishiさんが抜けていましたのでアップしておきます(笑)
kaishi.JPG

その後maniacsさんから頂いたグッズや皆さん持ち寄りグッズのジャンケン大会開催。

maniacsさんありがとう!
maniacs.JPG

プレゼントに群がる人々
present.JPG


21組の方々それぞれEOSとの付き合い方が異なっていて面白かったのですが、比較的いじってらっしゃらない方が多い中で、2台のEOSが皆さんの注目を集めていましたので掲載させて頂きます(写真がまずければコメント下さい。削除します。)。

chibitaさんのEOS
chibita1.JPGchibita2.JPGchibita3.JPG

EOSは完全にモディファイのベース車として購入されたということで、オールペンされたフェラーリのレッド(パプリカレッドではありません)やバンパーの造作、マフラー、レカロシートなどが目を引きます。


$ugarさんのEOS
$ugar1.JPG$ugar2.JPG$ugar3.JPG

遠路はるばる山口からショップの社長さんと共に参加された$ugarさんのEOSは、とにかく車高が低い!ホイールは20インチ!オーディオにも手が入っていて、左右ドア純正MID位置に2.5インチくらいの液晶モニターが埋め込まれていたのが印象的でした。モディファイの過程でAir-Bag警告灯が消えなくなったということで、VAG-COMでスキャンしたところ、出るは出るはエラーの嵐。嵐というか台風。全てのエラーは消去しましたが、恐らく継続的にエラーは出ると思われます(放っておいても問題ないエラー)。ついでにレインライトセンサーをレイン35%、ライト12%に調整しました。


あと2台ご紹介。

ひとさんのEOS
hito.JPG

ひとさんとは一番たくさんお話しさせて頂きましたでしょうか。すごく気さくなひとさんのEOSです。某大陸製VW純正似の18インチホイールに赤BORAさんと同じくKONI FSDとNEUSPEEDスプリングを装着して車高を上品に落としていらっしゃいます。また私と同じステンレスメッシュブレーキホースとiSWEEPのIS1500改パッドを装着済み。すべてイシカワエンジニアリングさんから単品購入して、地元(名古屋)の知り合いの車屋さんで装着されているそうです。因みに私が持っていったトヨタフォークリフトのラジコンは、ひとさんがゲットされました。ひとさんもレイン35%、ライト12%に調整しました。


SinnaさんのEOS
Sinna.JPG

フロントトリプルモニターのSinnaさんのEOSです。右上の3.5インチモニターのケーブルはエアコン吹出口から内部に配線されているように見えますが、実は「突っ込んであるだけ」だそうです。なので映りません(大爆笑)。モニターの数で誰にも負けることのないよう頑張って下さい。


その後我々宿泊組はホテルで夕食。フレンチのコースに生ビール&ワイン。強い日差しでたくさん汗をかいていましたので、ビールがうまいの何の。結局11時くらいまで色んなお話を皆さんとさせて頂き、大変楽しい思い出ができました。

今朝は5時半に目が覚めたので、そのまま着替えてチェックアウト。浜名湖SAで土産などを買ってam7時に出発。am9時には自宅近くのスタンドで手洗い洗車をしてもらっていました(笑)帰りの燃費は8.9km/l(^^;)

また参加させて下さい。皆様お疲れ様でした。
posted by FCLIFE at 16:03| Comment(15) | オフ会・ツーリング

2008年06月13日

Panasonic 新型 Strada Fクラス

 
いやーちょっと古いネタではありますが出ちゃいました。新型 Strada Fクラス。

グランセニックにはディーラーオプションのCN-HDS965TDがついているわけですが、ディーラーオプションの設定も早晩この新型 Strada FクラスCN-HX1000Dに替わってしまうんでしょうね。納車時期的にCN-HDS965TDを選択せざるを得なかったのですが、これは悔しい。。。

cnhx1000d.jpg


なぜ悔しいかというと、CN-HX1000Dは

・CN-HDS965TDで別体だった4チューナー×4アンテナ 地デジ/ワンセグチューナーを本体に内蔵(但しB-CASリーダーは外付け)。
・CN-HDS965TDでフロント/リア各2chだった地デジアンテナがフロントのみ4chに。
・CN-HDS965TDでオプションだったiPod接続ケーブルが付属(正確にはiPod中継ケーブルが付属し、そこにiPodに付属しているUSB-Dockケーブルを接続する)
・CN-HDS965TDでオプションだったBluetoothユニットを本体に内蔵。
・Bluetooth対応の携帯電話を最大5台まで登録可能(従来は1台)。
・Bluetooth Audio対応機器を最大5台まで登録可能。iPodとBluetooth Audioが併存可能に。
・Bluetooth対応携帯を利用してCN-HX1000Dから自宅のネットワークAVや家電に接続してコントロール可(これはいらんが)。
・その他ソフトウェアやビジュアルも地図を含めてかなりの変更。
・アナログTVはなくなったが、その分アンテナがスッキリ。
・デザインもそこはかとなく高級に。
・そしてiPod/Bluetooth標準にもかかわらず価格据置。

CN-HDS965TDで最大の問題であったiPodとBluetoothの同時接続不可と、Bluetoothに登録できる携帯がなぜか1台に限られていたという2点が完全に解決されているではないですか!さすがPanasonic。たった2ヶ月弱の差で旧モデルを掴んでしまった。。。残念無念。
posted by FCLIFE at 10:05| Comment(7) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月11日

グランセニックの足下

 
グランセニックの運転席足下ですが、オートマということもあってフランス車にありがちな右ハンドル化によるペダル配置の違和感はありません。左足用のフットレスト周辺も広々としていて問題なし。ペダル自体は何の変哲もない樹脂製ですが、各ペダルのタッチは適切で軽過ぎもせず重過ぎもせず。一番嬉しいのはブレーキのタッチ。マイナーチェンジ前のメガーヌはブレーキの操作が難しく、いわゆる「カックンブレーキ」になりやすくて購入直後の慣れないうちは非常に戸惑いました。おまけに4速オートマが停止直前にセカンドからローにシフトダウンするものですから、エンジンブレーキが効く分ブレーキペダルを少し戻さなければならず、この微妙な操作に熟練を要しました(笑)。しかしマイナーチェンジ後のグランセニックはブレーキシステムが見直され、ごく自然なフィールになっていて安心しました。ブレーキそのものの剛性感が高いとか、よく効くとかいう印象はありませんが、全く意識せずともスムーズに止まれるようになったのは大きい進歩です。オートマの停止直前のシフトダウンもグランセニックでは気になりません。

scebrakepedal.jpg


ドアシルにはおしゃれなデザインのアルミプレートが装着されています。アルミに四角い図形が並んでいるだけのデザインですが、こういうのが何ともしゃれていて乗り込むたびに嬉しくなります。やはりフランス車にはフランスの、ドイツ車にはドイツの気質や感性が表れているので輸入車に乗るのは楽しいのかも知れませんね。現在フランス車が2台ダブっているので、そのうちの1台をドイツとフランス以外の国の車に乗り換えるべく長期計画で画策中です。

scedoorsill.jpg
posted by FCLIFE at 19:12| Comment(6) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月09日

グランセニックのライト

 
会社に乗っていこうとすると「絶対ダメ」と言われてなかなか乗る機会がないグランセニックです。。。

今日はライトのご紹介です。
グランセニックのヘッドライトは「ハロゲン」。価格帯を考えると致し方なしでしょうか。メガーヌ(プレミアム)は純正キセノン&オートヘッドレベライザーが標準ですが、グランセニックはハロゲン&手動レベライザーです。今更グランセニックだけハロゲンというのも暗いので、ディーラーオプションのキセノン(クルーズ製)に交換しました。バルブは 4300Kで純正色に近いものです(6000Kも選択可能)。あくまでも後付けなので、レベライザーは手動のままですし、今どきの車では装着率が高くなっている首振りライト(アダプティブヘッドライト)やコーナリングライトもついていません。なお滅多に使わないフロント&リアフォグは標準装備です。

scelight1.jpg

リアのライトはマイナーチェンジによってLED化されました。

scelight2.jpg

まだリアフォグやバックアップランプやLEDブレーキランプの動作を後ろから見たことがないので、どこがどのように光るのかは不明(^^;)
posted by FCLIFE at 18:30| Comment(0) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月08日

EOSにMecorm EasyCap装着

 
kaishiさんに便乗してMecorm EasyCapを取り付けてみました。取付は純正のキャップを外してMecorm EasyCapを取り付けるだけの簡単装着。少々硬いですが何とかなるでしょう。

fuelcap.JPG

もう少し質感が高いと良いかな?という感じですが実用品だし普段見えないので問題ないかなと思います。スプリング式のフタの部分は剛性が大丈夫かな?と少々心配ではありますが、こればかりは使ってみないとわかりません。せめてフタの部分がメッキだと目立って良いのですが。。。ルノーのメガーヌ・グランセニック共に給油ノズルでフタを押すスプリング式なので給油時のやり方が統一できました。
posted by FCLIFE at 13:47| Comment(4) | VW Eos

EOS 革シートのメンテナンス

 
EOSを買ってから3回目の革シートメンテです。いつも通りの工程で約2時間半(^^;)

まずはAUTOGLYM Leather Cleanerで汚れを落とし。

・Leather Cleanerを直接シートに振りかけます。
・すぐにPolishing Clothで優しく汚れを落としていきます。
・2分程度放置してから温かいお湯で絞った布で水拭きします。

次にAUTOGLYM Leather Care Creamで革に保湿成分を浸透。

・Leather Care CreamをPolishing Clothに適量取ってシート表皮に擦り込みます。
・2〜3分放置した後に乾いたPolishing Clothで拭き取って仕上げます。

kawaseat.JPG

やはり最初の頃に比べてシートの汚れが目立ってきました。まあこの色のシートを新品状態で乗り続けることは不可能なので、ある程度割り切りが必要です。それにしても毎度のことですが、AUTOGLYMすると座り心地がしっとりしてまるで違います。面倒なメンテですが完了後の達成感はひとしおです。
posted by FCLIFE at 13:39| Comment(5) | VW Eos

2008年06月07日

「EOSの会 第1回東西合同オフ@浜名湖」まであと一週間 maniacsさんの協賛決定

 
幹事であるexcelsiorさんのお骨折りにて順調に準備が進んでいる「EOSの会 第1回東西合同オフ@浜名湖」VW&AUDIのパーツ販売でお馴染みのmaniacsさんが協賛してくれることになりました。まだ詳細は決定していませんが、当日に行うゲームや抽選の商品を拠出頂ける予定です。感謝感謝。

さて、宿泊登録は既に終了しており本日が昼食参加登録期限となっていますが、17台ほどのEOSが登録されている模様で、過去最大数のEOSが浜名湖に参集する予定です。

宿泊や昼食の登録に間に合わなかった方も、まだ参加登録できますし、飛び込み参加もOKですから是非ご検討下さい。「東西合同オフ」となっていますが、もちろん中部地区の方は近いのでお気軽にご参加頂ければと思います。これからEOSを購入しようとご検討中の方も、ほぼ全色全仕様が集まるでしょうから、ディーラーへ行くよりも参考になりますよ(笑)

あと心配なのは天気のみ。。。。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「EOSの会 第1回東西合同オフ@浜名湖」の詳細及び参加登録はこちらから
http://kaishi.sakura.ne.jp/event/
posted by FCLIFE at 11:21| Comment(7) | オフ会・ツーリング

2008年06月06日

グランセニックの前後ソナー

 
マイナーチェンジ後のグランセニックには、バックソナーに加えてフロントソナーも標準装備されています。

scesonar1.jpgscesonar2.jpg

バックについてはパナナビにオプションのリアカメラを付けていますので、ソナーのお世話になることはありませんが、フロントのソナーって便利ですね。実はソナーの付いている車に乗るのは初めてなのですが、フロントってギリギリまで壁などに近づけるのがバック以上に難しい気がするのですが、ソナーがあるので自信を持って前進できます。20cmまではピーピーという断続音で、20cm以内になるとピーーという連続音に変わります。女房に言わせると、バックソナーとフロントソナーの音色が異なるそうですが、言われるまで気がつきませんでした(^^;) なおインパネにはどこのソナーが働いているかのインジケーターはありませんので音だけが頼りです。

前進時・後進時・速度などでソナーのオンオフを自動制御しているようですが詳細はわかりません(^^;) なおソナーは手動で全オフすることができます。こういう家族用のミニバンは普段女性が運転することが多いでしょうから、フロント&バックソナーの標準装備化からルノー(ジャポン)の良心が感じとれます。
posted by FCLIFE at 12:30| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月05日

グランセニックのフロントワイパー

 
「永尾さんのBlogを見てグランセニックの購入を決断された方がいらっしゃいます」というメールがルノー京都CADONOのイケメンセールスマン山田さんから届きました。超マイナー車グランセニックの記事でも読んで頂ける方がいらっしゃると思うと嬉しくなります。グランセニックは本当に良い車なので、その良さをもっと色んな方に知って頂きたいと思います。と言いながら、今日は少々辛口ですが。。。
 
グランセニックのフロントワイパーは、広大なフロントガラスを満遍なく拭き取れるように特殊なヒンジ機構が付いています。

scewiper1.JPG

しかーし、ワイパーの拭き取り方向が左ハンドル仕様のまま!!これは正直いただけません。拭き取り面積そのものは、ヒンジ機構のお陰で運転席の前部分も問題ありませんが、拭き取っていった「おつり」の水滴が遠心力でワイパーから離れて運転席の前にどうしても残ってしまうのです。致命的欠陥ではありませんが、やはり右ハンドルの場合は拭き取り方向は反対の方が良いし、それくらいのコストは掛けても良いのでは?と思います。
posted by FCLIFE at 22:37| Comment(2) | RENAULT Grand Scenic

2008年06月01日

グランセニックにアウトバーンミラー装着

 
乗るたびに「これは良い車だなー」と感心しきりのグランセニックですが、数少ない不満点のひとつが、車体の大きさに比べてドアミラーが小さい(視界が狭い)ということです。ドアミラーはメガーヌと全く同じなので予想はしていましたが、やはり狭い!ということで、メガーヌでも愛用しているアウトバーンミラーを装着しました。

アウトバーンミラーは、純正ミラーに貼り付ける形で装着し、
1.上下左右の視界を広げる
2.夜間の防眩効果を実現する
というものです。

色も5色あるのでお好みに応じてドレスアップも可能。私の場合は純正と違うものが装着されているのが見てわかると嫌なのでシルバー(純正色)を発注しました。他にも色んな特長があるようなので、詳しくは上の製品リンクか株式会社アルファプログレスのホームページをご覧下さい。この会社は通販の対応が非常に良いので安心して発注できます。

発注後約3週間で到着したメガーヌU/グランセニック用アウトバーン「型番R03」です。もちろん在庫がなかったので発注後の製作でした。水に濡れるとゴム状に変化して強力に接着する両面テープをアウトバーンミラー裏側に貼って、カッターではみ出ないように切ります。割れるとマズイので慎重に丁寧に作業します。
autbahn1.JPGautbahn2.JPG

あとは製品に付属している吸盤を2個ミラーに貼り付けて、純正ミラーとずれないように貼るだけ。ただしより接着を確実にするために純正ミラーの汚れをとって脱脂しておきましょう。アウトバーンミラーは純正ミラーと寸分違わぬ形状なので貼り付けた後の違和感は全くありません。ただしミラーヒーターの機能はある程度損なわれると思った方がよいと思います。純正ミラーの熱が両面テープを通してアウトバーンミラーにまで十分に伝わるとは考えにくいので。グランセニックの場合、ドアミラーヒーターが作動するのはデフロスタ動作中のみなので殆ど実害はありません。

さて装着前、装着後の視界はどうでしょうか?

右ミラー
autbahn3.JPG

左ミラー
autbahn4.JPG

上下左右共に視界が広くなっていることが写真からわかります。
ただし、装着後運転席に座って初めて見るときは「あれ?純正と全然変わらない」と思うはずです。それくらい違和感がないということで、比較写真を見て初めて「視界が広がっているんだ!」ということがわかります。

左右の視野が広がることによって、真横のクルマでもミラーの視界に入るようになり、非常に運転しやすくなります。純正右ドアミラーは、縦の点線の部分から右側が急に曲面鏡になっていて違和感がありますが、アウトバーンは全体が非常に曲率の低い曲面鏡なので全く違和感がありません。視野が広がる分、若干対象物が小さく見えますが、これも非常に小さな差なので「距離感がつかめない」というほどでもありません。上下の視野が広がることによって、今まで見えていなかった駐車場の境界線が見えたり縁石が見えたりして、これまた運転がしやすくなります。また非常に天気の良い日に偏光サングラスをかけた時のような視界のクリアさがアウトバーンミラーにはあります。

メガーヌに引き続いて2台目のアウトバーンミラーですが、非常に満足度の高いカイゼンでした。
posted by FCLIFE at 12:27| Comment(5) | RENAULT Grand Scenic