2008年01月29日

CCDカメラ到着、その小ささに驚き

 
3個目のカメラ(笑)、OPPTECH社の車載用超小型CCDカメラ
MCS1615ccd/typeM(鏡像)が届きましたが、その小ささに驚きました。

opptech1.JPG

CCDカメラ部とセンサー部を分離した構造で極限まで小さくできたのでしょう。私のCMOSカメラと比較してもその小ささは一目瞭然です。ただバックカメラとして使用する前提なのでコードが異常に長いです。これは何とかせねば。。。

opptech3.JPGopptech2.JPG

カバーのようなものはオプションのMCS1615専用化粧カバーです。使用するかどうかは微妙ですが。カメラと化粧カバーで合計約2万円でした。1/4インチカラーCCD・25万画素・1.0lux/F1.2で一流ナビメーカーのバックカメラと比べても数字上は遜色ありません。


SUNVISERLEFT.JPG

左サンバイザーとサンバイザー受け金具セットも到着しているので一気に装着したいところですが、CMOSカメラと今日到着したCCDカメラの大きさが違いすぎてAピラーカバーに開けた穴が大きすぎます。このまま装着するとあまりに不細工すぎると思われるので、マニアックスさんにAピラーカバーをスペシャルオーダーして、到着してからゆっくりと装着しようと思います。

ところで、皆さんの左サンバイザーには写真のようなエアバッグ警告シールは貼ってありましたでしょうか?剥がれないシールで貼ってあって結構目障りなんです。
posted by FCLIFE at 22:40| Comment(17) | VW Eos

たまにはB級モディファイネタ以外で

 
さっき信号待ちをしていたら偶然距離計が。。。思わずシャッター

11111.JPG
posted by FCLIFE at 00:35| Comment(1) | VW Eos

2008年01月27日

サイドビューカメラ&モニター最終決着

 
先週の土日2日間でサイドビューカメラ&モニターを装着しました。

mirrorbu2.JPG


しかしルームミラーと被っているのと、2.5インチ液晶モニターGPSレーダー表示部もまっすぐ正面を向いて装着したので運転席から見にくかった(斜めから見ることになるので)ことから、その後何回かやり直していました。両方ともガラス面ではなくルームミラーに貼り付けてみたり、液晶モニターとGPSレーダー表示部を左右入れ替えてみたり。。。ここのところ超強力両面テープの使用量が半端じゃありません(笑)
昨日のオフ会の段階では左に液晶モニター、右にレーダーで共にミラーにステーで固定した状態でした。ミラーにステーで固定することによって、ほぼ運転席側に向けることができたので見やすくなったものの、右側のレーダー表示部は視線の移動距離が長く、またルームミラーに2個のモニターがくっついて被さっているのも景観上よろしくないので本日再度やり換えて最終決着しました。

ルームミラー部は2.5インチ液晶モニター(サイドビュー&バックビュー&AVナビリアモニター切替式)のみにしました。ミラーにステーで固定しています。ほぼ運転席に正対しているので非常に見やすいし、視線の移動も少なくて済みます。若干ルームミラーに被さっていますが問題ありません。モニターの配線はほとんど見えないように処理できました。

25monitor1.JPG25monitor2.JPG


GPSレーダー表示部はオーソドックスにメーターパネル左下に装着しました。この場所ならケーブルはステアリングポスト脇から引き込めますのでほとんど見えません。ルームミラー周辺よりも格段に見やすくなりましたし、第一目立ちません。またこの場所に装着すると自動的に運転手の方にほんの少し傾いて正対しますので非常に見やすいです。

raderips1.JPGraderips2.JPGraderips3.JPGraderips4.JPG


さて次にカメラです。カメラは特段問題なかったのですが同じメーカーで、より解像度の高いものが売っていたので交換しました。ミニプラグから先を交換するだけなので超簡単です。ちょびカメに非常によく似ています。

newcamera1.JPG

旧カメラ 型式OV7910 ここで買いました(ヤフオク)
画素数  250,920
解像度  380 TV LINES
最低照度 3ルクス
視野角  120度

新カメラ 型式OV7950 ここで買いました(液晶王国)
画素数  322,752
解像度  420 TV LINES
最低照度 0.2ルクス
視野角  150度

なお液晶王国は通販のレスポンスが非常に悪いのでご注意下さい。

こんな感じで埋め込んであります。Aピラーカバーの内側で金属のステーを使って留めています。

newcamera3.JPGnewcamera2.JPG


肝心の映りは、同じメーカーの商品でも随分違うものです。交換して確かに画像がクリアになりワイドになりました。が、ここまで来ると2.5インチモニターでは少々つらいかなと。。3.5インチ以上のできればワイドモニターが欲しいですね。

25monitor3.JPG25monitor4.JPG


マニアックスさんに頼んでいた左サンバイザーとサンバイザー受け金具が明日あたり到着するので、もう内装剥がしはしないようにしたいです。

posted by FCLIFE at 15:54| Comment(18) | VW Eos

2008年01月26日

VW卓上カレンダー&ECS Beauty Bezels(Polished by maniacs)

 
マニアックスさんのお年玉セールに出ていたVW卓上カレンダーが欲しくてECS Beauty Bezels-set of 3 (Polished by maniacs)を購入しました(笑)

去年は会社の机上にルノーの卓上カレンダーを置いていましたが、今年はもらいそびれてしまったので何の変哲もない保険会社の卓上カレンダーを置いていました。

VW卓上カレンダーはこんなのです(ディーラーでもらわれた方も多いかと)
vwcalender.JPG

ECS Beauty Bezelsはすでに多くの方が装着されているので珍しくもないですね。CESARさんのクレームによりマニアックスさんで磨いてから出荷されるようになったものです。パッケージもオリジナル。
maniacsring1.JPGmaniacsring2.JPG

卓上カレンダーですがとても質感が高く、カレンダーを磁石で留めておくタイプなので、1年が終わってもメモや付箋などを留めておくベースとして継続利用できそうです。
posted by FCLIFE at 17:33| Comment(6) | VW Eos

2008年01月24日

勝手にブログ評論

 
kaishiさんのブログで紹介されていた「勝手にブログ評論」を私もやってみました。結構混み合っていてタイムアウトが多かったのですが、やっと空いてきたようで。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

貴族とは、元来、勤勉なものなのだ。勤勉な貴族は税込送料込現金特価\82を大切にするのである。

総合得点 48点

フォトフレームのようであるとも言える。笑顔を表現するのに「w」の記号を使うのは日本人だけだが、実に頂けない趣味だ。嗜みとして、最低限のスキーバッグは必要である。

左手にカナック企画製 2DINパネル&ブラケット GE-VW202、胸には愛を抱いて、男は闘うもの。偉大なるルーブルのキュレーターであっても、ユピテル工業を値踏みするのは難しい。左サンバイザーには秘密結社的なところがある。独立宣言書の裏側に隠された地図があってもおかしくない。そこにはもちろん入手不可能の在処が示されている。フッソオイル105がそんなに好きなのか。まあ良い。どうだろう。ノースモーキングマークもそうだ。バックカメラなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。専属社用車メガーヌは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。そういうわけでサイドカメラは大切なのだ。

フィッシュ&チップスなんて無粋だ。むしろVW フォルクスワーゲン純正とVICSビーコンの組み合わせを試したい。それが粋というもの。嗜みとして、最低限の明日1月14日は必要である。自分のしたことを振り返ってみた時、そこにあるのはただ最上級サルーンだけだ。フェラーリは田舎者のクルマだが、ベンツとナビ用 2DINパネルは違う。プジョーは安物だが、ルノー八王子は違う。

税込送料込現金特価\82はブルゴーニュ地方でも高い評価を受けている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

見事に私の深層心理を言い当てる評論に驚きました(笑)。
スプレー式は割に合わないはずなのですがフッソオイル105が好きです。
posted by FCLIFE at 21:09| Comment(2) | 分類できない話題

ルノー クリオRS

 
一時期本気で欲しいと思っていた現行型ルノークリオRS(ルノースポール クリオは日本名ルーテシア)。2リッターN.A.エンジンから197hp/7250rpm 21.5kgm/5500rpmを絞り出し、これを6MTで操ります。考えただけでもワクワクします。

01.jpg02.jpg

本国での発売開始が2006年春なので、もうとっくの昔に日本に導入されていても良さそうで、事実各カー雑誌は2006年中の導入と書いていました。しかしもう2007年も終わってしまったのに導入される気配すらありません。

今回はRSの日本導入はないのかと思い、メガーヌの点検時に販売店の方と雑談したところ、導入準備は遅々としてはいるが進んでいるとのこと。どうも6MTが日本導入の耐久性基準に適合しなくて色々やっているようです。時期は未定だそうですが、ルーテシアのマイチェン後に登場する可能性あり。ということはまだ2年くらいはかかるかな。。。

今すぐこの車が欲しいあなた!!
限定生産車のRenault Clio RS F1 Team R27がラスト1台、ここで売っています(笑)
posted by FCLIFE at 20:52| Comment(3) | RENAULT Clio RS 20th

2008年01月23日

メガーヌ12ヶ月点検で

 
超久しぶりにメガーヌのネタなのですが、私の専属社用車メガーヌに12ヶ月点検の時期がやってきたので今日ルノー八王子に預けてきました。

そこで見慣れない車が。。。。おおおおおベルサティスではないですか!!
ベルサティスはルノーの最上級サルーンで日本へは正規輸入されていません。聞いたところ、この車は静岡の方が並行輸入されたのですが、ルノー八王子の評判を聞きつけてサービスを依頼してきたとのこと。確かにルノー八王子のサービスと顧客満足はフランス車業界で結構有名なのですが、わざわざ静岡からとは気合いが入っています。ディーラーの車ではないのであまりじっくりとは見ることができませんでしたが、左ハンドルで3リッターV63.5リッター日産VQエンジンでした。

こんな車です。お尻の感じがメガーヌと共通のモチーフです。決して格好良い!という形ではないのですが、実物を見ると何とも言えない高級感と威圧感があります。
velsatis1.jpgvelsatis2.jpg


さて今回の点検中の代車は、マイナーチェンジ後のルノーメガーヌツーリングワゴン1.6です。マイナーチェンジ後のメガーヌに乗るのはこれが初めて。ウキウキします。私のメガーヌはハッチバックで、しかも2.0でパワーシステム付(サブコンです)、各種ライトチューニング済みですから、1.6のしかもワゴンだとかったるいだろうなと思って乗り込むと、全然違いました。非常に軽快に走ります。しかも、「ゴムをねじるような」と表現されたステアリングフィールが随分自然になり、悪名高きカックンブレーキが国産車のブレーキ並みに踏みやすくなり、これまた変だったATのシフトスケジュールとシフトショックがまともになっています。外観は小変更ですが、車の中身としては相当進化していると見ました。室内の騒音レベルも相当下がって静かになりました。やはり欧州車はマイチェン後か。。。欲しいと言わせるレベルです。。。マイチェン後のメガーヌ。EOSを買ってから大人しくしていたフランス車好きの血が騒ぎ始めました。

meganetouring.jpg

ただ1600ccの車を買うんだったら間違いなくメガーヌではなくルーテシア(本国名CLIO)にすると思います。設計もメガーヌより新しく車内の質感もメガーヌを抜くほど高く、後席はメガーヌより広く、しかも車重が軽い。また私好みのグレード「イニシアル・パリ」が昨年末に登場!このクラスで本革シート、ウッドパネル、アイボリー内装、パノラミックグラスルーフで、オートライト、オートワイパー、オートエアコン、クルーズコントロール、オーディオサテライトスイッチなどなどフル装備です。

この内装がたまりません。
rutecia.jpg

むらむら、むらむら。。。。
posted by FCLIFE at 20:35| Comment(9) | RENAULT Megane

2008年01月21日

きもだこよし氏のEOSイラスト完成

 
昨年12月9日の都筑P.A.オフ会でiwanofu爺さんから紹介頂いた「愛車の似顔絵屋さん」きもだこよし氏に私のEOSの似顔絵をお願いしていましたが、今般完成し到着しましたので掲載します。

きもだこよし氏のサイトはこちらです。

kimoda_blog.JPG

イラストは壁に掛けても、自立でも使用できる大きめのフォトフレームに入って届きます。送料別フレーム込み3,000円は、できあがったイラストの素晴らしさに比べると限りなくボランティアに近いのではないでしょうか。きもださん、大変気に入って部屋に飾っています。ありがとうございました。

またどこかの路上でお会いしましょう。
posted by FCLIFE at 21:18| Comment(6) | VW Eos

2008年01月20日

サイドビューカメラ&モニター装着

 
以前乗っていた307CCもそうだったのですが、左ハンドル&クーペ型の宿命として、高速道入口や料金所などで右車線に合流するときに右後方の死角のため緊張を強いられます。

それを回避するために後席の子供確認用ミラーを流用してサイドを映し出していたのですが、そこそこ便利なものの曲面の屈折率が高すぎて今一使い勝手が良くありませんでした。助手席サンバイザーにも接触しますし、助手席の同乗者と目があってしまうという問題も(^^;)
hojyomirror1.JPG

そこで思い切ってサイド専用のカメラを装着することに。ただナビにはAV入力AUX端子は一つしかなく、これはデジタルTVが占拠しています。ここに切替機などで入力してもソースをデジタルTVにしていないとサイドビューが映りません。バックカメラの映像入力に切替機等で入力することも考えられますが、この場合もサイドビュー映像を表示させるにはタッチパネルを数回操作する必要があるので現実的ではありません。サイドカメラの電源を入れたとき(あるいはサイドビューを表示させたいとき)にバック信号をナビに送るという手も考えましたが、一々操作しないといけないことには変わりありません。

よって専用モニターを1個増設することに。ただ、大きなモニターは設置場所に困りますし、なるべくなら内装を現状から変化させたくありません。前からナビ男くんで[Sモニ]という2.5インチTFTモニターを売っていることを知っていました。これならルームミラー部に取付可能な寸法です。ただしこれはナビ男くんの専売品で単品販売してくれません。[ちょびカメ]と取付料込み\69,800(輸入車)です。高すぎます。

ということで2.5インチTFTモニターを探す旅に。yahooオークションやその他のサイトでは2.5インチTFTの液晶+基板セットを売っています。内装をくり抜いて埋め込む前提の商品です。しかし私にはそこまでの腕はないのでケースに入った完成品の中から選択しました。

今回選択したのは塚本無線のT-LCD-CO2.5S 業務用2.5インチTFTモニター\11,800(税込)です(因みに塚本無線は私が以前Bluetoothハンズフリーマニアだったときによく利用していました)。
lcd_2_5s_m.jpg

このモニターは防犯カメラのモニターを前提とした商品のようですが、DC12V仕様なので車にも流用可能ですし、そもそもモニターにはVehicle LCD Displayと思いっきり書いてあります(笑)。一応塚本無線に電話して「付属のACアダプタをちょん切って車のDC12Vを直接入力しても大丈夫か?」と問い合わせましたが「保証しません」という回答でした(笑)。まあ壊れたら壊れたときのこと。他にも2.5インチのTFTモニターはネット上で数種類見つけましたが塚本無線の商品は86(W)×54(H)×16(D)で最小でした。他社のものは不要なスピーカーが内蔵されていたりしてもっと分厚い本体でしたが、この商品はスピーカーを内蔵していないので16ミリの薄さを実現しています。黒い本体も目立たないので好都合です。

モニター部はミラー裏に取り付けました。
monitor1.JPGmonitor2.JPG


次にカメラの選択です。一般にサイドビューというとサイド前方を写すものなので「正像」を映し出すカメラを選択します。しかし私の場合はサイド後方なので「鏡像」を映し出すカメラを選択します。「鏡像」カメラとは普通のバックビューカメラのことです。
汎用カメラの選択肢は非常に多いので迷いましたが「安い」ことを優先にyahooオークションで落札しました。その気になれば4,000円以下で入手できますが、私の場合週末に取り付けたかったので即決価格があるオークションで\6,790で入手しました。このカメラはカメラ部が小さくて、しかも「正像」「鏡像」を切り替えられることが特長です。カメラ部は丸い方が穴を開けやすいので丸形の中から選びました。カメラの詳細はこちらへ。

カメラは助手席側Aピラーの内張に埋め込みました。
sidecamera2.JPGsidecamera1.JPGsidecamera3.JPG


さて折角モニターを増設するのですからサイドビューカメラの映像だけではもったいないので、このモニターにバックビューカメラ映像とナビのリアモニター映像を入力し、3つのソースをスイッチで切り替えられるようにします(これは取付前日に急遽決めました)。

映像のみの切替機というのはなかなかないもので、また切替スイッチ部は切替機本体から別れていないとインストールが綺麗にできません。通販で探していると時間がないのでネットで調べてオートバックスへ。[リモートAVセレクターPA-108]\5,980(税込)を購入しました。
PA-108.jpg

この商品は3系統のAVを入力して切り替えることができます。また切替スイッチは切替機本体とケーブル接続のリモートなのでインストールに自由度があります。映像だけでなく音声も切り替えられますが、今回は音声は不要なので映像端子のみを使用し、先日SWI-CAN/Xをインストールした灰皿部下スペースに設置しました。


サイドビューカメラ映像とナビのリアモニター映像とバックビューカメラ映像を[リモートAVセレクターPA-108]に入力するわけですが、バックビューカメラ映像はナビにも入力しなければなりません。ケーブルで分岐させても大丈夫かも知れませんが、一応分配器を使うことに。これもオートバックスで[カーTV用ビデオ信号分配器PA-20V]\5,229(税込)を購入しました。
PA-20V.jpg

PA-20Vにバックカメラからの映像を入力し、ナビのバックカメラ入力とリモートAVセレクターPA-108に分配します。PA-20Vも、SWI-CAN/Xをインストールした灰皿部下スペースに設置しました。


次に切替スイッチ部ですが、PA-108のスイッチは3系統目のAV入力端子を兼ねていますので少々大きいものです。これを見える位置にインストールしてしまうと景観が変わってしまいますので、ステアリング脇の小物入れに設置します。ここには既にETCとiPodがありますがスペース的には大丈夫。スイッチ兼入力端子の形状が小物入れの形とピッタリ合っていてバッチリです。またシステム全体のON/OFFスイッチもここに装着しました。このスイッチは常時青いLEDが点灯するように配線しましたので小物入れ内照明も兼ねます。このスイッチでモニター・サイドカメラ・リモートAVセレクターPA-108のON/OFFができるようにしました。カーTV用ビデオ信号分配器PA-20Vはナビにバックカメラ映像を分配しないといけないので、このスイッチに関係なく常に電源が供給されています。写真の赤四角部が映像ソース切替スイッチです。
switch.JPG

インストールには2日近く掛かりました。その半分くらいはサイドカメラの角度調整です。ピッタリの角度に調整するのに異様に時間と手間が掛かりましたが、完成したときの満足感は格別です。

サイドビューカメラの映像(駐車所の右隣区画)
sideview1.JPGsideview2.JPG

サイドビューカメラの走行中映像(左は対向車、右は右隣の車線車輌)
sideview3.JPGsideview4.JPG

右車線で追い抜いてくる車輌はまず右サイドミラーに映り、右サイドミラーから消える少し前からサイドビューカメラに映ります。サイドビューカメラは車輌が真横に来るまで捉え続けますので全く死角はありません。


次にナビのリアモニター映像です。私のアルパインナビVIE-X07はフロントモニターが地図であってもリアモニターには映像ソースを映し出す仕様です。DVD・TV・DTVがソース選択されていればその映像を常時映し出すことができます(地図やナビ操作画面を映し出す機能はありません)。前後で別ソースを選択する機能はありません。デジタルTVの場合はワイド画像を4:3で写してしまいますがご愛敬ということで。
tvrear.JPG


バックビューカメラの映像です。バックビューカメラはサイドビューカメラと同様ACC電源から電源を取っているので常時バック映像を映し出すことができます。
backview.JPG


ミラー部にはユピテル工業のCR970Siの2.2インチIPS液晶と今回の2.5インチTFT液晶が仲良く並んでいます。
mirrorbu1.JPGmirrorbu2.JPG


1日で終わると思っていたのが2日もかかり、大変疲れましたがその分、ピッタリの角度に調整できたときの喜びはひとしおでした。
posted by FCLIFE at 18:41| Comment(10) | VW Eos

2008年01月18日

LEDで光るノースモーキングマーク

 
ちょっと貧乏くさい話ですが、私は未だにEOSの中では禁煙しています。なので灰皿のかわりに「灰皿代わりのダストボックス」を装着しているのですが、今日ちょっとウロウロしていて、LEDで光るノースモーキングマークというのを見つけて購入しました。

nosmoking1.JPG

非常に背が低かったので差したままでも蓋が閉まりそうだということと、光る部分自体がスイッチになっていてON・OFFができるということで、そそられました。

光っていない画像と光っている画像です。
nosmoking2.JPGnosmoking3.JPG

なお12Vという表示が付いたフタをつけたままではパネルが閉まりませんので外す必要があります。
nosmoking4.JPG

しょうもないネタでした。

posted by FCLIFE at 17:47| Comment(14) | VW Eos

2008年01月17日

パサート ボンネット ラバーシール クランプ

 
パサートのボンネットは暫く開かないとラバーシールとボンネットが固着して、開くときにラバーシールがボンネットに引っ張られ、ラバーシールを止めているクランプが外れてしまうことがあります。私の場合、2個のクランプが外れましたが、うち1個はエンジンルーム内で発見され、1個は見つかりませんでした。

DUOに部品を送るように依頼しておきましたが、1ヶ月近く経ってようやく送られてきました。

passatclip1.JPG

装着箇所はここです。
passatclip2.JPGpassatclip3.JPG

固着を防ぐために、EOSでお馴染みのフッソオイル105をラバーシールに施工して作業完了。作業と言うほどではありませんが、一応メンテ記録として残します。
posted by FCLIFE at 15:30| Comment(3) | VW Passat Variant

2008年01月16日

Yahooオークション開催中のご案内

 
私のYahooオークション、結構リピーターの方が繰り返し買って頂けてまして好調です。

現在下記の2点を出品中ですのでドシドシご入札下さい。


(1)ピービー製 2DINオーディオ・ナビフェイスパネル&ブラケット

 pbauction.JPG
 配線キットは付属しません。


(2)大幅値下げ!VW フォルクスワーゲン純正 スキーバッグ

 ski.jpg
 やっぱりVW車にはVW純正でないとですね(笑)
posted by FCLIFE at 14:03| Comment(1) | VW Eos

パサート ナビ2DINパネル交換

 
CESARさんがナビ用 2DINパネルをパナ用AVナビ取付キット J1T DC6 A03に交換されたので、あまったカナック企画製 2DINパネル&ブラケット GE-VW202を適価にてお譲り頂きました。

私のPASSATには、もともとピービー製2DINキット VWT1TA2D04Aが装着されていまして、これをカナック企画製に交換します。

ピービー製2DINパネル 2DINの周辺部が盛り上がった立体的な形状です。
navi.JPG

周辺パネルを内装剥がしツールで剥がします。
PB1.JPG

ピービーのパネルは左右のブラケットから生えている板バネで固定する仕掛けです(赤四角が板バネ)。
PB2.JPGPB3.JPG

カナックのブラケットに交換して内装を元に戻せばできあがり。
KANAK1.JPGKANAK2.JPG

完全に気分転換でした(笑)どちらが良いとも言えませんが気分は変わります。
なおカナック企画製のパネルは完全にフラットなのでナビが数ミリパネルよりも外に出ています。PIONEERのナビは比較的飛び出さない仕様なので他社のナビならもっと飛び出してしまうかも知れません。ピービーは2DIN周辺部を盛り上げるデザインにすることによってこれを回避しています。外に出ているのがイヤな方は左右ブラケットに穴を新設するか、ブラケットを強力な両面テープで適切な位置に貼り付けてナビを数ミリ後退させることで解決できますが、私の場合はPASSATはいじくり非対象車なのでそこまでやる気が起こりませんでした(笑)

なお注意事項があります。
オーディオ周辺パネルの下部には助手席エアバッグオフのインジケータが内蔵されていてハーネスが接続されています。バッテリーの端子を接続したままでこのハーネスを外すと、エアバッグエラーがメーターパネル内に煌々と点灯して消えません。VAG-COMをお持ちならば自分で消せますが、そうでなければディーラーで消してもらうしかありませんので十分ご注意下さい。
posted by FCLIFE at 13:53| Comment(0) | VW Passat Variant

2008年01月14日

馬鹿ネジ対策(スピードナット)

 
ウィンドシールドフレームの内装脱着を繰り返しやっているうちに、ネジが馬鹿になる箇所が何ヶ所も発生しました。内装固定のネジなんて力を入れずに軽く締めればいいのに、性格的に硬く留まらないと不安なので必要以上に締め込んでいるうちに、ネジ受けが馬鹿になってしまい締まらなくなってしまったものです。

内装のネジは場所にもよりますが下の写真の左側のような金具にねじ込む仕組みです。薄い鉄板クリップに穴があいているだけなので、締めすぎると穴が広がって(または切れて)最早締まらなくなります。
speednut1.JPG

このクリップを10個ほど新調しようとマニアックスさんに問い合わせたのですが、このクリップは部品としては入手不可能とのこと。車に使用されているものが全部入手可能とは限らないんですね。仕方がないので上の写真の右側のものをホームセンターで買ってきました。スピードナットと呼ぶそうです。

このスピードナットを純正のクリップの間に挟んでネジ穴の働きをしてもらいます。
speednut2.JPG

例えばサンバイザー固定ビス穴はこんな感じです。
speednut3.JPG

今回、サンバイザー固定ビス(左右2本)、サンバイザー受け金具固定ビス(左右4本)計6箇所にスピードナットを挟んでネジを締めました。今までネジが馬鹿になっていた箇所もしっかりと留めることができました。

マニアックスさんでは純正クリップが入手不可能でしたが、「うちのディーラーだったら入手できるよ!」という方がいらっしゃれば是非ご連絡下さい。
posted by FCLIFE at 16:57| Comment(5) | VW Eos

都筑ミニオフ R36ステアリング他

 
今日は寒空の中お疲れ様でした。何枚か写真を撮りましたので紹介させて頂きます。

SinnaさんPASSAT R36ステアリング
r36Sinna.JPG

格好良いですね。グリップも太くて握りやすそうです。ステアリングスイッチも無事動作していました。日本で唯一かな?


Sinnaさんディナウディオウーハー
dynaudioSinna.JPG

奥様から「隠してほしい」とクレームが出ていましたが(笑)、相当ズンドコ言っていました。私のEOSにはサブウーハーを積んでいないので低音の量が全然違いました。いつものリファレンスCDを聞いてみましたが、フロントのディナウディオ3wayは結構良い音を聞かせてくれます。


kaishiさんピアノブラックトリム
pianoblack1.JPGpianoblack2.JPG

ピアノブラックトリムは写真に撮るのが結構難しいのですが、曇っていたのでまあまあ艶やかに写りました。これが塗装部分ですからね。スゴイです。


あとは皆さんのレイン&ライトセンサー感度をにぶい方へ調整(ライト48%から10%、レイン37%から35%)し、kaishiさんに教えて頂いたメーター速度補正も希望される方に実施して参会しました。

次はexcelsiorさんのスピーカー全交換オフということで楽しみにしています。
posted by FCLIFE at 16:38| Comment(9) | オフ会・ツーリング

2008年01月13日

第三京浜 都筑P.A.ミニミニオフ会のお知らせ

 
明日1月14日の10時〜11時をコアタイムとして、第三京浜 都筑P.A.でSinnaさん主催のミニミニオフ会が開催されます。

主目的はSinnaさんのEOSにPASSAT R36ステアリング(マルチファンクションボタン&パドル付き)を装着することですが、その他歓談、モディファイ談義などで楽しく過ごしましょう。

参加確定車は今のところ4台ですが、飛び入り大歓迎ですのでEOSの方、EOSでない方も是非ご参加下さい。

なお第三京浜都筑P.A.は横浜方面からしか入ることができません。玉川方面や都筑インターからは入れませんのでご注意下さい。また明日は相当寒そうですので防寒対策は必須かと思います。
posted by FCLIFE at 17:50| Comment(0) | オフ会・ツーリング

プラズマダイレクト装着

 
オカダプロジェクツのプラズマダイレクトを装着してみました。EOS 2.0Tの適合品番は「SD334061R」でTYPE6というものです。

以前VOLVOのV70 2.4T用に買ったときには無骨な段ボールに入ってきたのですが、今回はキチンとプリントされたパッケージに入ってきました(笑)因みに税込定価\99,750-のところ、平野タイヤ商会さんで税込送料込現金特価\82,430-で購入しました。約18%レスです。

plazma_direct1.JPGplazma_direct2.JPG

中身はこんなものです。

plazma_direct5.JPGplazma_direct6.JPG

VOLVO用もそうだったのですが、純正のイグニッションコイルを加工してあるので、プラズマダイレクトには純正品番が残っています。

 オリジナル純正品番 07K 905 715C
 PLAZMA DIRECT 品番 07K 905 715D

CとDの違いは不明ですが、私の車は欧州仕様なので日本仕様はDなのかも知れません。

VOLVO用にはイグニッションコイルのトップに赤と緑のLEDが埋め込まれていて、点火タイミングが見えるようになっていたのですが、今回のVW・AUDI用は、エアクリーナーを外付けタイプにしない限りはエンジンカバーを装着しないということがあり得ない構造なのでLEDはついていません。

さていつものようにエンジンカバーを外します。最近マニアックスさんのブログにGOLF V GTI/GTXのエンジンカバー脱着手順がアップされていましたが、少し私の場合やり方が違いまして、下の写真の四角の位置ではなく楕円の位置をネジ2本で外します。唯一エアクリーナーを交換するときだけは四角の位置を外さなければなりませんが、それ以外の用事でエンジンカバーを外す場合は楕円の位置を外した方が楽だと思います。

plazma_direct3.JPG

あとはイグニッションコイルに装着されているハーネスのコネクターを抜いて純正コイルをプラズマダイレクトに差し替えるだけ。非常に簡単であっけないチューニングです。ついでに付属のシールも貼っちゃいます。

plazma_direct4.JPGplazma_direct7.JPGplazma_direct8.JPG


さて、オカダプロジェクツのページではプラズマダイレクトの効能として、

・ノッキングの減少
・カーボンの蓄積低減
・エンジンの延命
・燃費の向上(トルクアップによりアクセル開度が減少)
・有害排出ガスの低減
・パワーアップ
・トルクアップ
・レスポンスアップ
・始動性の向上
・振動の低減
・ブーストの立ち上がり向上(排圧の変化でブーストの立上がりが向上)
・ブーストの安定

などCESARさんに怒られそうな謳い文句がずらり。

また取扱説明書には「ターボ車の場合、プラズマダイレクト装着によりターボスーストが上がる場合があります。プラズマダイレクト装着後に必ずターボスーストを確認し、変わっている場合は再調整して下さい。本確認を怠ると、エンジン破損や、車輌事故の原因となります。」などと物騒な書き込みが。ますます期待感が募ります。もちろんブーストアップは大歓迎なので調整などするはずがありませんし、そもそもできません(^^;)

あと、VW GOLF FAN VOL.14 の73ページにはGOLF GTIへの装着インプレッション(プラズマダイレクトはEOS用と全く同じ)が掲載されているのですが、

・アイドリング振動の減少
・低中回転域のトルク感向上で重い荷物を降ろしたような軽い感覚
・加速時の軽やかな感じ

などと物欲を煽る数々のコメントが。期待感はますます膨らみます。


さて装着も終わりエンジンカバーを元に戻して試走にでかけました。まず席に座ってエンジンを掛ける時に若干の違いがあります。私のEOSは始動時に「バッテリーが少し弱いかな?」と感じる程度にクランキングが少々苦しそうでした。もちろんエンジンが掛からないということは皆無ですが、これがプラズマダイレクトに交換して少し改善しました。苦しげな最初のクランキングが減ってスムーズに掛かるようになりました。走り出すとエンジン回転の上昇がスムーズになっている(トルクがアップしている)ことを感じます。プラグを交換したときにも回転がスムーズになったのですが、それを更に上乗せしたような感覚です。エンジンを回すことが楽しくなるので、ついつい回転を上げてしまいます。これでは燃費が。。。以前はレッドゾーン手前まで回転させることなどなかったのですが今日は楽しくてやってしまいました。次にオーディオのボリュームをゼロにして加速時のエンジン音を聞いてみたところ、若干ですが野太く変わっています。排圧の変化により排気音が変わったのかも知れません。VOLVOの5気筒エンジンの時は音の変化にビックリしたのですが(アイドリングから明らかに違う音)それほどの変化はありません。オーディオを少し大きな音で掛ければわからなくなるくらいの変化です。

明日はオフ会参加で高速を走るのでEOSの変化をもっと楽しめるかもしれません。

VOLVOをPASSATの下取りで出すときにプラズマダイレクトを外してノーマルコイルに戻したのですが、非常に鈍重に感じたことを憶えています。このトルクアップ&回転上昇のスムーズな感覚はもう後戻りできません。
posted by FCLIFE at 17:13| Comment(2) | VW Eos

VICSビーコン移設(最終)&電波受信テスト

 
昨日メーターフード前に移設したVICSビーコンですが、ダッシュボード上から何も無くすという方針に反していて気持ち悪いので移設しました。

移設前
kansei1.JPG

移設後
beconfinal1.JPGbeconfinal2.JPG

そこにビーコンが付いていることは丸見えですが、ダッシュボード上に何もないということを優先させた結果です。配線を逃がすためにパネルをカットしたのですが大きくカットしすぎて外からだとカット部分が見えてしまいます(>_<) あとレインライトセンサー下という候補もあったのですが、運転席から見えなくなるのは良いとして外から非常に目立ってしまうのでやめました。


移設後、全てのアンテナ類の受信テストに行きました。

・ナビGPSアンテナ これは以前から感度良好
 navi_antena.JPG

・レーダー探知機GPS/レーダー/無線アンテナ

 GPS/レーダー/無線ともに感度良好でした。特にレーダーの受信状況を確認するためにGPS警告をオフにして走ってみましたが、レーダーオービスやその他のレーダー(誤報)をキチンと受信できました。感度的にも問題ありません。無線はカーロケで確認しました。
 rader_antena.JPG

・VICSビーコン 一般道の光ビーコン/高速道の電波ビーコンともに問題なく受信できました。
 beconfinal1.JPG

もう移設しません。
posted by FCLIFE at 13:36| Comment(4) | VW Eos

2008年01月12日

レーダー VICSアンテナなどの配置変更

先日レーダー探知機を新調したときに、あらゆるアンテナ、レーダーの液晶モニター部などをルームミラー裏のスペースに集約したために、ミラー裏が大混雑していました。

IMG_5001.JPG

ミラー裏には左からETCアンテナ(兼インジケータ)、レーダー液晶表示部(ユピテル工業のCR970Si)、レーダーGPSアンテナ、ナビVICSアンテナと並んでいましたが、混雑に加えてこの位置ではVICSアンテナが一般道の光ビーコンを受信できない(高速道の電波ビーコンは受信可)こともわかりました。


まずはレーダーGPSアンテナの移設です。レーダーのアンテナはGPSに加えて通常のレーダーアンテナとしての役目も持っているので結構大きいものです。ナビを取り外してセンター空調ベントを取り外すと、その正面奥にユピテルの別体アンテナが丁度すっぽり入るスペースがありましたのでそこに移設しました。なお、右側の写真は以前から設置しているナビのGPSアンテナで、センターベントを取り外した左側のちょっとした棚の上に乗っかっています。レーダーGPSアンテナもナビGPSアンテナもこの位置で受信は完璧です。

rader_antena.JPGnavi_antena.JPG


次にレーダーの液晶表示部ですが、フロントガラス左端の隅に一度移設してみましたが、目の前の視界に入ってくるのと、MicroSDカードが左隅だと挿入できないので却下し、再度ミラー裏に戻しました。このときETCアンテナと液晶の位置を左右逆転しました。ミラー裏の混雑が少し緩和されました。

rader_etc.JPG


VICSアンテナ部ですが、これもフロントガラス上部パネルの左隅やダッシュボード左前などへ移設してみましたが、何れも視界に入るので、最終的にはメーターフードの前に設置し、運転席からはフードに隠れて見えないようにしました。

ということで最終完成型です。

kansei1.JPGkansei2.JPG


さて、まだやることがありまして、レーダーCR970Siの別体スピーカー部移設です。CR970Siのスピーカーボイス警告はエコー(サラウンド)が掛かっていて、それはそれで宇宙船に乗っているような?面白さはあるのですが、ボイスがストレートに耳に届きにくい感じがします。しかも私はオーディオをそこそこ大きめの音量でかけていることが多く、そうすると警告ボイスが聞こえないことがあります。よってどこにスピーカーを付ければ一番良く聞こえるかを探りながら移設しました。

最初の位置 聞こえはまあまあですが丸見えです。
IMG_5014.JPG

次の位置 ハンドルポスト下で見えませんが聞こえません(失敗)
rader_speaker2.JPG

最終結論 運転席左後ろのピラー部です。耳に一番近くて、かつオーディオと異なる場所から聞こえるので聞き取りやすいです。
rader_speaker3.JPG

ハンドル横の引き出しに、ETC、iPod、レーダーリモコンホルダー
etc_ipod_raderremote.JPG

ということで、オーディオや車体各部のパネルを数え切れないほど外しては再装着を繰り返してきましたが、やっと決着しました。ただしあまりに内装剥がし、再装着を繰り返したので何ヶ所かのネジ受けが馬鹿になっているのと、左サンバイザーの配線コネクタが故障しました。またサンバイザーの固定部品(車体中央側のラッチ)も傷だらけです。なので現在ネジ受け部クリップ、左サンバイザー、サンバイザーラッチ部品をマニアックスさんに発注しています。
posted by FCLIFE at 11:07| Comment(12) | VW Eos