2007年12月31日

皆様、良いお年を!

 
最後のモディファイも無事完了し、今年の全行程を終了致しました(笑)

EOSを通じて色々な方(色々なキャラ?)とお知り合いになることができ充実したカーライフでした。
来年も物欲と戦いながら更にEOSで遊んで参りたいと思います。

来年のテーマは 「パワーアップと足回り」 とさせて頂きます。

来年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

そして皆様、良いお年を!!

posted by FCLIFE at 16:39| Comment(8) | 分類できない話題

VW純正パナソニックナビ取付キット装着(モニター埋め込み)

 
先日PASSATのボンネットオープナーの修理でディーラーに出かけた際にAVナビゲーションカタログを見ていてちょっと気になったパナ用AVナビ取付キット J1T DC6 A03。 2DIN化粧パネルの形状が丸みを帯びていてカナック企画の平板なパネルに比べて華がありそうということで早速装着です。

以前もモニターの埋め込みを行っていますが5ミリほど出っ張っているので今回は完全に埋め込んでしまいます。

到着した商品です。ハマニ化成という会社が製作しているようです。私はすっかり配線キットも付属しているものと思いこんでいましたが、届いた商品は取付金具と2DIN化粧パネルのみ。これで17,080円はちょっと高いですね。確かにカナック企画製に比べて丸みを帯びているのと、2DIN内側に向かって落ち込んで行く形状になっています。カナック製はナビを埋め込むとパネルの端が見えてしまいますが、このハマニ化成製だと埋め込んでもパネルの端は見えません。
 panakit1.JPGpanakit3.JPG

さてこのハマニ化成製キットですが、金具はあらかじめパナソニックのHDS625TWAを取り付けた際にツライチになるよう最適化されています。しかし私のALPINEナビVIE-X07は、パルスタッチを実現するためにモニター部が非常に厚くなっておりそのままではツライチになりません。よって現物合わせにより約10ミリズラした位置にドリルで穴を開けます。因みにこのモニターの厚さがよほど不評だったのかVIE-X075シリーズではパルスタッチは省略され、その分モニター部が薄くなっています。
 panakit2.JPGpanakit4.JPG

穴を開けたら実際に金具をナビに装着します。ハマニ化成製の化粧パネルは金具とマジックテープで固定する仕掛けですが、マジックテープが非常に強力でタイトなものなので装着後にグラグラしたり外れる危険はまずありません。約10ミリのオフセットにより、ナビのハードキー部を除く部分はパネルの中に埋め込むことができました。
 panakit5.JPGpanakit6.JPG

あとは車体に装着します。パネルはカナック企画のもの(金具と一緒にとも締め)と違って一番最後に装着します。
 panakit7.JPGpanakit8.JPG

完成の図
 panakit9.JPGpanakit10.JPGpanakit11.JPGpanakit12.JPG

モニターアクションにも問題ありません。
 panaopen1.JPGpanaopen2.JPGpanaopen3.JPGpanaopen4.JPG

自己満足でした。
posted by FCLIFE at 13:22| Comment(16) | VW Eos

2007年12月30日

マルチファンクション ウッドステアリング換装(完結編)

 
<今までの流れ>

日本に到着したEOSに発注したはずのマルチファンクションステアリング(MFSW)が装着されていなくてがっかり
そのかわりにSONYのロータリーコマンダー&ALCON装着
ウッドステアリング装着(kaishiさんがyahooで落札されたもの)
ウッドステアリングの革部分の色がブラックではなくアンスラサイトであることに気付く
マニアックスさんで3Cパサート用のマルチファンクションウッドステアリング(ブラック)を購入
ステアリングリモコンエミュレータ PAC AUDIO製SWI-CAN/SWI-X取付
装着したがステアリングスイッチ作動せず
ステアリングECU「1K0 953 549 AK(AQ代用品)」発注


マニアックスさんにスペシャルオーダーをかけていたステアリングECU「1K0 953 549 AK(AQ代用品)」が到着していましたので年末年始休暇初日の今日、朝7時台から張り切って取付開始です。私のEOSに装着されていた1K0 953 549 APではマルチファンクションボタンが機能しなかったので日本仕様EOSに装着されているAQを発注したかったのですが、AQは日本では調達できずAKが代用品に指定されています。ネット上ではAKもMFSW対応という情報があったので最悪返品覚悟で発注しました。価格は49,875円です(涙)

・まずはいつもの手順でステアリングを外します。
 multifs1.JPG

・次にメーター下部のパネルを外し(引っ張るだけ)、コラム上部カバーを外し(引っ張るだけ)、最後にコラム下部カバーを外し(トルクスネジ3本)ます。
 multifs2.JPGmultifs3.JPGmultifs4.JPG

・憎きMFSW非対応ステアリングECU 1K0 953 549 APのお目見えです
 multifs5.JPGmultifs6.JPG

・ステアリングECUを外します。さて参考サイトVWvortex forumではなぜかステアリングECUの基盤のみを外して交換していますが、私はユニット毎全交換します。正面1ヶ所細いトルクスネジを外し、2ヶ所のラッチを写真のような細い棒などでアンロックして、丁寧に下に引っ張ると外れます。背面に黒と黄色のコネクタが接続されているのでロックを解除して引き抜きます。
 multifs7.JPGmultifs8.JPGmultifs9.JPG

・外したAP版と新調したAK版を比べましたが外見上の差はありません。APのかわりにAKを元通りにステアリングコラム下部に装着します。
 multifs10.JPGmultifs11.JPG

・次にエアバック裏のハーネスを交換します。私のEOSはパドルもスイッチもない素のステアリングでしたから、スイッチの信号をステアリングECUに伝達するためのハーネスがないバージョン1K0 971 584です。これをハーネスつきの1K0 971 584 C(8,820円)に交換します。左が交換後、右が交換前です。
 multifs12.JPGOriginal1KO971584.JPG

・さあいよいよ仮装着です。ステアリングをセットして(ネジ止めはせず)、エアバッグのハーネスを接続した状態で外しておいたバッテリーのマイナス端子を接続しました。前回、ハーネス1K0 971 584 CとステアリングECU 1K0 953 549 APの組み合わせではホーンが鳴りませんでしたので、かなりドキドキしながらホーンボタンを押すと。。。元気よく鳴ってくれました。子供の産声を聞くのにも似た感動(大袈裟な表現)です。

・これだけではステアリングスイッチが効くかどうかはまだわかりません。早速VAG-COMでSteering WheelのCodingを変更します。Codingの情報はRoss-Techのサイトにあります。日本仕様のEOSの場合、元々「3/4-Spoke Steering Wheel with Multifunction without Cruise Control」に設定されているのでMFSWを装着したとたんにボタンは作動しますが、ステアリングECU 1K0 953 549 AKのデフォルト設定は「3-Spoke Steering Wheel without Multifunction」になっているので変更します。Codingを変更して数秒後、ステアリング右側の4つのボタンの作動を確認しました(ヤッター!)。

私の車輌は下記の通りCoding設定しました。

0
0 = Normal
0 = Manual Transmission (日本仕様なら1=オートマ)
2 = 3/4-Spoke Steering Wheel with Multifunction without Cruise Control
0 = No Tiptronic (Shift Paddels) (日本仕様なら1=パドルあり)
4 = with Board Computer and with Cruise Control System
1 = Rear Wiper not installed

無事MFSWの作動を確認したので全てのカバーおよびステアリングを元通り装着します。なお、ステアリング固定ボルト(924円)はBentley リペアマニュアルによると使用は5回までとなっています。従って今回は新品に交換しました(もう10回以上ステアリングを付けたり外したりしているので)。

WOOD12.JPGmultifs13.JPG


さて以下の二つの作業はステアリング交換のみの場合は不要な作業ですが、ステアリングECUを交換した際には必須です。二つとも実施しないとステアリングアシスト機能が働かず、いわゆるハンドパワーステアリング状態となります。また下図のワーニングがメーターパネル内で消えません。

Sensor for Steering Angle(G85) Basic Setting (VAG-COMがないとできません)

Steering Limit Stop Adaptation

 steeringkh4.JPGanglevb2.JPG

実は私の場合Sensor for Steering Angle(G85) のBasic Settingはすぐに終わったのですが、Steering Limit Stop Adaptationにちょっと手間取りました。何回やってもエラーが消えてくれないのです。結局10回くらい実施してやっと認識してくれて、ハンドルも軽くなりました(ホッ)。なお、VWvortex forumでは、「Select "44" for the control module ("Steering Assist"). Choose "10 Adaptation" and then read channel "1". For my car, the settings ranged from 0 (hardest steering) to 5 (highest assist)」とステアリングアシスト量の調整がVAG-COMでできるように書いてありますが、私の1K0 953 549 AKでは設定できませんでした。デフォルトの設定すら見えません。少し重くしたい感じなんですが。。。


次にステアリング上のスイッチをSWI-CAN/Xに学習させます。このサイトがEOSで使用する場合の取り扱い説明サイトです。まずはSWI-Xの「バージョンナンバー設定」をするのですが、これは「2」に設定します。その後ステアリング上のスイッチを学習させます。学習させたいスイッチを一気に学習させないと、学習させなかったスイッチの記憶が飛んでしまうという仕様です(笑)。なお私の場合、バージョンナンバーの設定をデフォルトの「1」のままで学習させていてしばらくはまっていました。必ずバージョンナンバーの設定を先にしましょう。赤丸がプログラム設定ボタン、赤四角がIRインプットです。
 multifs14.JPG

私の場合、以前取り付けたロータリーコマンダーもそのまま残しますので、ロータリーコマンダー12種類、ステアリングスイッチ8種類の計20種類のリモコン操作ができるようになりました。割当は下図の通りです。
 steering_switch_assignment.jpgrmx4sm.jpg

なお、kaishiさんのブログでもありましたように右側4つのボタンはMFD操作スイッチとしても機能してしまいます。しかし私の場合はデジタルテレビ選局(ソースがデジタルテレビの時のみしか機能しない)とBluetooth携帯電話の着信・終話(電話が掛かってきたとき又は電話中のみしか機能しない)を割り当てることによって、MFDのみの操作もできるようにしました。


さて後はSWI-XのLED発光部を埋め込むだけです。埋め込む場所はサイドブレーキレバーとルーフ操作部の間に決定し作業開始です。左から作業順に写真を貼り付けています。なおSWI-XのLED発光部ケーブルは比較的短めなのですが、SWI-X/CANを灰皿下に置いた場合、今回のLED埋め込み位置でケーブル延長の必要はありません。またナビ側の信号受信は完璧です。
 multifs15.JPGmultifs16.JPGmultifs17.JPGmultifs18.JPG

multifs19.JPGmultifs20.JPGmultifs21.JPGmultifs22.JPG


さあ、完成です。最後にVAG-COMでエラーチェックしておわり。
 multifs23.JPGmultifs24.JPG


朝7時台からスタートし、色々はまってメシも食わずに午後3時半に終わりました。

末筆ながらここに至るまでのあいだ色々とご教示頂いたkaishiさんと超特急でステアリングECUを納入頂いたマニアックスさんに御礼を申し上げます。
あとSinnaさん、今回は台風パーツは発生しませんでした(笑)

posted by FCLIFE at 18:18| Comment(25) | VW Eos

2007年12月29日

Yahooオークション連動企画第?段

 
ということで物欲台風が過ぎ去った後に残ったがらくた市を開催しています。

ski.jpg
VW フォルクスワーゲン純正 スキーバッグ

 これはパサートに標準装備のスキーバッグですが、私はスキーに行くとき100%レンタルなので全くの未使用新品です。


woodauction.jpg
ゴルフX GTX純正 ウッドステアリング ゴルフ以外にも!

 木目が欲しい人は結構限られるかも。。。


lctauction.jpg
VWゴルフXやジェッタのMFDにブースト計を表示するツール

 ノーコメンツ!


pbcanbusauction.jpg
CANバスアダプター VW ゴルフ/トゥーラン/ジェッタなどに

 カナック企画のCAN-BUSアダプタが故障したと思いこんで購入したピービー製のCAN-BUSアダプタです(笑)


birth1214884.jpg
VW車用AVトレードインキットGE-VW202

 木目に塗った2DINパネルを普通のものに戻すために買ったのですが、VW純正PANAナビ取付キットを購入したので不要になりました。


さあさあいらっしゃいませ!
出品時間が残り少ないものも含まれていますがよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
posted by FCLIFE at 20:46| Comment(5) | VW Eos

2007年12月28日

マルチファンクションステアリング対応ステアリングECUの情報

 
ネット上の情報なので裏が取れているわけではありませんが、純正マルチファンクションステアリングを後付けするにあたって参考になるかと思いまとめておきます。これ以外に情報があれば是非コメント下さい! ECUの部品番号はVAG-COMで確認することができます。


対応ステアリングECU

 1K0 953 549 AJ
 1K0 953 549 AK
 1K0 953 549 AL
 1K0 953 549 AM
 1K0 953 549 AQ(日本仕様EOS MY2007)
 1K0 953 549 B
 1K0 953 549 BK
 1K0 953 549 D
 1K0 953 549 G


非対応ステアリングECU

 1K0 953 549
 1K0 953 549 A
 1K0 953 549 AF
 1K0 953 549 AH
 1K0 953 549 AP(私の並行輸入EOS MY2007)
 1K0 953 549 E
 1K0 953 549 F


(注)あくまでGOLF Vファミリー車の話です。例えば現行型PASSATはステアリングECUの部品番号が3C0で始まるのでGOLF系とは共用していません。

また使用するステアリングECUによって、Slip Ringという部品の組み合わせが違ってくるらしいのですが(P/N 1K0-959-653、1K0-959-653-A、1K0-959-653-C、1K0-959-653-Dなど)これについてはよくわかりません(^^;)ご存じの方教えて下さいm(_ _)m

参考サイト
http://wiki.ross-tech.com/index.php/Cruise_Control_Retrofitting_(1K)
http://forums.vwvortex.com/zerothread?id=2938601
posted by FCLIFE at 17:30| Comment(2) | VW Eos

2007年12月24日

北欧からの面白グッズご紹介

 
私、サングラス(しかも前掛けサングラス−クリップオンとかフリップオンなどとも呼ばれる)と偏光ガラス(TALEX)が大好きで、車には常に晴天用と曇天・雨天用の前掛けサングラスを用意しています。曇天・雨天にサングラスが必要か?という問題は置いておいて(笑)

oval1.JPGrudy1.JPGmagna1.JPGaigan1.JPG

それで、たまに前掛けサングラスをメガネから外したあとの置き場に困ることがあります。一時的な置き場です。なので以前はこんな感じのサンバイザータイプのサングラスホルダーを使用していました。

meganeholder5.JPGmeganeholder4.JPG


しかしサンバイザータイプは長期間挟んでおくと跡が付くのと、バニティーミラーと干渉したり天井と干渉したりしてしっくり来ません。カー用品店に行く度にサングラスホルダー売り場を覗くのですが、100%サンバイザータイプしか売っていません。

そこで以前V70に乗っていたときにオプションカタログに掲載されていた「メガネホルダー」なるものを思い出しました。このVOLVO純正メガネホルダーはダッシュボードなどに貼り付けるタイプです。早速以前VOLVO用の中古・新品パーツでお世話になっていたケンズカーコンサルさんに問い合わせて3個発注。1個2,310円です。VOLVOのアクセサリーカタログ上での品番は「メガネホルダー Part No.8685507 VST 1 OP No.88273」です。

到着したものはこんなものです。
meganeholder1.JPGmeganeholder2.JPGmeganeholder3.JPG

いや〜何とも言えないほのぼのとしたデザインです。人間の鼻のような形をした部分にメガネのテンプルを引っかけて、ベローっとした弾力性のある部分を下に回して留めます。背面にはあらかじめ強力な両面テープが取り付けてあって、それでダッシュ等へ貼り付けます。前掛けサングラスにはテンプル(弦)部分がないのですが、それでもしっかりと挟むことができます。

左から2枚がPASSAT、次がEOS、一番右がMEGANEです。
meganepassat2.JPGmeganepassat1.JPGmeganeeos.JPGmeganemegane.JPG

何とも言えずユーモラスなパーツの紹介でした。
posted by FCLIFE at 16:46| Comment(2) | VW Eos

オーディオ 2DIN パネルについて

 
今日は早朝(と言っても7時)から、またまた中央環状線に乗っかってきました。

(走行ルート)
自宅〜中央道稲城〜高井戸〜西新宿JCT〜熊野町JCT〜江北JCT〜小菅JCT〜葛西JCT〜<湾岸線>〜<保土ヶ谷バイパス>〜東名横浜〜東名青葉〜自宅

燃費:12.8km/L ちょと飛ばしましたかね(^^;) 渋滞はゼロでした。

ただ16インチの時だったらこのルートなら絶対に15キロ台なので、やはり18インチへのアップは燃費には悪い方に確実に効いていますね(^^;)

ちょっと飛ばしたお陰で、140キロ以上の速度で10秒間走るとライトが点いてしまうHighway Light機能がキチンとOFFになっていることが確認できました。普段は法令遵守で運転しているのであまり関係ないのですが。。。。

さて帰宅して次はPASSATのボンネットオープナー故障修理です。PASSATは正規輸入車なので堂々と買ったDUO店で診てもらえます(笑)オープンレバーを引いたときのクリック感がなくなっていたので、ワイヤーの張りとロックの位置を調整してもらって修理完了しました。修理中、展示してあるキャンディーホワイトのEOS V6(もちろん未登録車)を眺めていたのですが、完全に2007年モデルでした(笑)しかもステアリングオーナメントも黒だったので初期来日車です。

待っている間にカタログ等を眺めていたのですが、純正AVナビゲーションカタログを見つめていて、パナの純正DEALER OPTIONナビを取り付けるためのパネルがカナック企画の平板なものともピービーの2DIN周りが盛り上がった形状のものとも違うことを発見しました。要らないものを見てしまった。。。何となく質感が高そうです。。。パナ用AVナビ取付キット J1T DC6 A03 17,080円の中に含まれています。。。そそられます。ちなみにクラリオン製の純正ナビを装着するパネルはカナック企画のものに酷似しています(J1T DC6 A04 27,300円に含まれる)。

左がカナック企画、右がピービーです。
KANATECHS.JPGPB.jpg

パナ用AVナビ取付キット J1T DC6 A03 のパネル
PANANAVI.JPG
posted by FCLIFE at 16:12| Comment(7) | VW Eos

2007年12月23日

首都高 中央環状線 新宿〜池袋 開通!

 
昨日の16時に中央環状線 新宿〜池袋間が開通したということで早速行ってきました。我が家は妻の実家が埼玉ということで今回の開通は非常にメリットがあります。

走行ルート

自宅〜中央道稲城〜高井戸〜西新宿JCT〜<中央環状線>〜熊野町JCT〜板橋本町 ・・・ 板橋本町〜熊野町JCT〜<中央環状線>〜西新宿JCT〜高井戸〜中央道稲城〜自宅

走行時間 : 1時間10分(夢のように速い)
走行燃費 : 13.9km/L


いや〜めちゃくちゃ便利です。これで鬱陶しい三宅坂を通らなくても殆どのところに行けてしまいます(大回りだが)。また山手通りを使わなくて済むのも精神的/時間的に大いに楽になります。今回の開通は久々の意味ある開通だと思います。

さて我がALPINEナビ VIE-X07(2007年度版更新済) ですが、200m未満のスケールであれば中央環状線(新宿〜池袋)が既に地図にありました。しかし500m以上のスケールでは表示されませんでした。不思議な仕様。。。

chuokanjyo1.JPGchuokanjyo2.JPGchuokanjyo3.JPGchuokanjyo4.JPGchuokanjyo5.JPG
posted by FCLIFE at 11:57| Comment(0) | オフ会・ツーリング

モディファイは常に回り道。。。

 
オーディオパネルをウォールナット木目調塗装パネルからオリジナルの黒パネル(カナック企画)に戻しました(笑)

blackpanel.JPG


灰皿部を灰皿代わりのダストボックス(小物入れ)に戻しました(笑)

komonoire.JPG


モディファイは常に回り道。。人生と同じです。。。
posted by FCLIFE at 11:45| Comment(7) | VW Eos

2007年12月22日

レイン・ライトセンサーの調整

 
先日、EOSとPASSATのライトセンサーを5%(デフォルト48%)、レインセンサーを37%(デフォルト37%)に設定しましたが、何と今日EOSで以来初めて夜走行したところ、夜間なのにオートライトが切れました(笑)しかも数回。走っている最中に(笑)

ということで、今度は10%にして様子を見ようと思うのですが、この設定値(コーディング)、結構頭が混乱してきて一々計算するのが面倒なので、エクセルで自動計算し、気軽に色んな設定を試せるようにしてみました。

エクセルをリンクしてみましたのでお気軽にご使用下さい(エクセルのアドイン「分析ツール」がインストールされていないと計算できません)。
rainlightsensor.xls

VAG-COMでの設定は

 Central Electronics−Subsystem: Rain/Light Sensor(RLS)

から行います。

このサイトが参考になります。
http://wiki.ross-tech.com/index.php/VW_Eos_%281F%29_Rain/Light_Sensor#Coding

posted by FCLIFE at 21:55| Comment(21) | VW Eos

FM VICS の受信について

 
ナビの機種によってFM VICSをテレビアンテナから分岐させているものと、車体のラジオアンテナからとっているものとがあるようですね。余談ですが、これと関係あるのかないのかわかりませんが、私のメガーヌのパナソニックHDDナビ「CN-HDS955MD」は、テレビを受信しているときに地図画面にすると「FM VICSを受信するためにテレビをオフにします」的なコメントが出て強制的にテレビ音声も聞けなくなって閉口しています。テレビ受信中はFM VICSが受信できない仕様のようです。PASSATのPIONEERナビとEOSのALPINEナビはいつでもFM VICSを受信できます。

さて私のEOSのALPINEナビ VIE-X07 ですが、標準ではアナログTVのフィルムアンテナの中の1系統をFM VICSに使用しています。しかし私の場合、地デジしか利用しないのでアナログTVフィルムアンテナを貼っていません。従ってFM VICS入力に差し込むべきアンテナがありません。そこで、VICSアンテナ分配コードP&A PA−398を使用して車体のラジオアンテナを分岐してFM VICSに入力しています。
PA398.jpg

ただ輸入車の常でラジオの感度が悪いという可能性があるので、FM/AM用パワーブースターP&A PA−40Sを使って増幅してから、PA−398で分岐してラジオアンテナ入力とFM VICS入力に差し込んでいます。
PA40.jpg


先日、ナビ裏の配線の整理をしているとき、このPA−40S+PA−398が相当場所を取っている(アンテナ線が長いので途中で切って短くはしています)ことに気づき、ラジオは殆ど聞かないし、FM VICSは増幅しなくても行けるだろうと高をくくってブースターPA−40Sを外しました。

その後CAN-BUS信号の不具合などにかまけて全くこのことを気にしていなかったのですが、昨日FM VICSをやたら受信しないことに気が付きました。私の通勤時間は40分〜50分なのですが、運転し始めて30分経っても受信していません。試しにFMラジオを鳴らしてみたら、やはり相当感度が悪い。ということで、再度昨日ブースターPA−40Sを装着してみました。するとFM VICSはすぐに受信するようになり、FMラジオの感度も相当アップしました。

PA−40S 3,675円(税込)、ラジオの感度に不満のある方、FM VICSを増幅して確実に受信したい方(受信頻度を上げたい方)にかなりおすすめなグッズです。
posted by FCLIFE at 15:51| Comment(15) | VW Eos

ウッドステアリング装着。。しかし。。

 
届いていたウッドステアリングを早速装着してみました。

まずはステアリングスイッチを生かすために、エアバッグハーネスをマルチファンクションステアリング(MFSW)用のものに交換します。

これはオリジナル状態。ハーネスは 1K0 971 584 です。
Original1KO971584.JPG

MFSW対応ハーネス 1K0 971 584 C に付け替え後です。エアバッグコネクタ(黄色)の他に黒の小さなコネクタが増えています。これをステアリング基部の対応コネクタに接続します。
airbag1K0880210BJ1QB.JPGNew1K0971584C.JPG

ハーネス新旧比較 左1K0 971 584  右1K0 971 584 C
original&new.JPG


さあ準備はできました。あとはいつものようにステアリングボルトを緩めてステアリングを交換し、エアバッグを元に戻すだけです。なお、あと何回ボルトを外すかわからないので動作確認が完了するまでは古いボルトを使います。

次にVAG-COMでステアリングECUの設定をMFSW付きに変更します。。。が設定値を受け付けてくれません。ステアリングスイッチは光りませんし動作もしません。。。やはり。。。ステアリングECUがMFSW非対応か。。。ガックリ。

さて不思議なことにこの状態ではホーンが鳴りません。元のハーネスに戻すとホーンは鳴ります。これはその後kaishiさんに調べて頂いたのですが、MFSWと普通のSWではホーンとステアリングECUの間の配線が異なるようです。よってステアリングECUがMFSWに対応していないとホーンすら鳴らないという事態です。

問題を切り分けるために、kaishiさんが夜中にkaishiさんのV6の関連部品品番を調べて下さいました。結果は下記の通りです。

エアバッグ(微妙に違います)
 永尾EOS    1K0 880 210 BJ 1QB
 kaishiさんEOS 1K0 880 210 AQ 1QB

エアバッグハーネス(同じです)
 永尾EOS    1K0 971 584 C (今回買った物)
 kaishiさんEOS 1K0 971 584 C

ステアリングECU(微妙に違います)
 永尾EOS    1K0 953 549 AP
 kaishiさんEOS 1K0 953 549 AQ

ハーネスは全く同じもので安心しました。エアバッグは微妙にアルファベットが違いますが、一番考えられる原因はステアリングECUのようです。

ということで、ステアリングECU 1K0 953 549 AQ の発注が決定しました(泣)
そしてそれでもダメなら最終的にはエアバッグ1K0 880 210 AQ 1QBを買います(笑)


さてさて話の中心がステアリングスイッチになってしまいましたが、ステアリングそのものは非常に気に入りました。まず色が全て黒で統一されました。そして木目が濃くなってトリムとの違和感がなくなりました。ステアリング下部インサートはEOSの3Q7に着替え中です。

woodsteer1.JPGwoodsteer2.JPG

ステアリングスイッチ部を売っぱらって用意していたSWI-CAN/Xも一緒に売ってしまえば普通のウッドステアリングなのですが、ここはやりかけたからにはMFSWが働くまでとことんやりたいと思います。

末筆ながら今回も色々と夜遅くに調べて連絡を下さったkaishiさんに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。そしてMFSWが機能するまで、まだまだよろしくお願い申し上げます(笑)
posted by FCLIFE at 11:38| Comment(18) | VW Eos

2007年12月21日

ウッドステアリング他到着!

 
マニアックスさんにスペシャルオーダーしていた下記商品が到着しました。

パサート(3C)用マルチファンクション ウッドステアリング 3C0 419 091 K TMV 132,150円

マルチファンクションステアリング用エアバッグハーネス 1K0 971 584 C 8,820円

ポリガンソケット付ボルト(ステアリング固定ボルト) 品番不明 924円

3csteering1.jpg


さて、到着してすぐに確認したのはウッド部分以外がブラックかどうかです。GOLF GTX用ウッドステアリングはウッド部分以外がアンスラサイト色(濃いグレー)でEOSのブラックのエアバッグとは色が合いません。パサート3C用のウッドステアリングは確かにブラックでした。安心安心。

そして驚いたのが「ウッド部分の色が違う」ということです。写真では判別しにくいのですが、GOLF GTX用(1K0 419 091 AD MCC)に比べてパサート3C用(3C0 419 091 K TMV)はウッドの色がより濃くて少し赤みが強くなっています。これは私のEOSの純正トリム色48X NUTTREEにより近く、非常に嬉しい誤算でした。GOLF GTX用は48Xにしては明るい色だなあと思っていたので。

写真でアンスラサイトとブラックの違い、ウッド部の色の違いが判別できますでしょうか?

3csteering2.jpg3csteering3.jpg


マルチファンクションステアリング用エアバッグハーネスですが、これは日本仕様のEOSにマルチファンクションステアリングを後付けする場合には必要ありません。日本仕様のEOSは全車パドルシフト付きなので、このハーネスは既にエアバッグに組み込まれています。私のEOSはパドルなし、スイッチなしの「素」のステアリングだったのでこのハーネスが必要になりました。

ポリガンソケット付ボルト(ステアリング固定ボルト)ですが、海外フォーラムの噂によると、再利用が5回までに制限されているようで、私は既にこのボルトを10回以上付け外ししているので、念のために新調です。

エアバッグハーネスは今日にでもエアバック内に組み込もうと思っていますが、ステアリング取付&スイッチ学習&SWI-X赤外線発光部の取付は週末に行う予定です。
posted by FCLIFE at 10:15| Comment(24) | VW Eos

2007年12月16日

マニアックスナンバーズで。。。

 
マニアックスさんマニアックスナンバーズという企画をやっています。これは何かで参加しなきゃということで、二つ買いました。在庫品だけが対象ということで在庫品の中から選びます。

(1)VWステアリングバッジ(プレーン)  受注番号:2651391 残念!!

 steeringinsert3q7.JPG
 
 来た商品はEOSに標準のステアリングバッジと全く同じものでした。同じもの2個目です(笑)。ただ収穫がありまして、このEOS標準バッジの品番は 1Q0 419 685 3Q7 でこの3Q7が色番号だと思います。よって私が現在スペシャルオーダーを掛けている(まだ決済フォームはできていませんが)「ステアリングバッジ44U アルミニウムブラッシュド」はEOSに標準のものとは違う色ということになります。同じ色が3つにならなくて良かった。。。
 現在、木目(に塗ったもの)、アンスラサイト、EOS標準シルバー2個、そしてもうすぐ黒(3Cパサートステアリングについている物)、ステアリングバッジ44U アルミニウムブラッシュドそしてクロストゥーランステアリング色の計5色揃います。その日の気分でステアリングバッジも着替える時代です(^^;)

(2)VW 灰皿代わりのダストボックス 受注番号:2663623 大当たりー!キーホルダーゲッツ!

 私の場合、元々これがついていてkaishiさんの灰皿と交換したのですが、一応マニアックスナンバーズに参加という意義もあり買っておくことに。最近Snailさんのブログでも紹介されていましたね。結局この場所の灰皿は一生使わない可能性が高いと判断しました。

posted by FCLIFE at 14:18| Comment(9) | VW Eos

フッソオイル105を全てのラバーシールに施工

 
前回、屋根周りを施工したところでスプレーが底を尽きたフッソオイル105kaishiさんのブログで純正品とは別に紹介されているものです。DuPont社のKrytox GPL105という潤滑成分を使用しているらしく雨漏りの防止や異音・ラバーの挟み込みの防止に役立つそうです。

前回の教訓は以下の通り。
・スプレーだと使いすぎる
・液だれする
・広く塗れない
・汚いまま施工した

今回はフッソオイル2缶と、カー用品店で入手したスポンジを準備して作業開始です。

fusso105oil.JPG

今回はEOSのラバーシールというラバーシールすべてにフッソオイルを施工します。まずはたっぷりの水ですべてのラバーシールを掃除します。このとき糸くずの出る布は避けた方が施工がしやすいと思います。掃除が終わったらいざ施工です。やり始めてすぐにスポンジの素晴らしさに感動しました(大袈裟かな)。きめの細かいスポンジで、スポンジ部分も薄く持ちやすい形状をしています。そして何と言ってもスプレーを塗り伸ばすことができるので、少量でまんべんなく施工できます。液だれを抑えることもできるし、垂れてきた液を塗り伸ばすこともできます。スプレーだけで施工するのに比べて何倍もやりやすいです。

約1.5時間くらいでトランクを含むすべてのラバーシールにフッソオイルを施工することができました。結構忘れがちな部分もありますが、今回は時間を掛けて全部見つけて施工しました。このフッソオイル(Krytox GPL105)ってスゴイですね。施工したら見る見るうちにラバーが柔らかくなっていきます。音もしなくなるわけです。

-----------------------------------------------------------

その後、洗車するために試運転してみましたが、kaishiさんがブログで「新車時より音がしない位」と書いてらっしゃるのに全く同感です。本当に静かになり、労力・価格と効果の対比において非常に満足度の高いメンテナンスです。皆さんにお勧めできると思います。フッソオイル(Krytox GPL105)本当にスゴイですよ!
因みに全てのラバーシールに施工するのに1.5缶使用しました。一本2,900円ですから4,350円です。
posted by FCLIFE at 13:56| Comment(5) | VW Eos

はまりました。。CAN-BUS信号の不具合

 
数日前、後退時に急にカメラ映像が映らなくなりました。調べてみたらナビにリバース信号が入っていません。まあそのうち映るだろうくらいに考えていたのですが、今日更に車速信号とイルミ電源もナビに入っていないことがわかりました。

私のEOSはカナック企画のGE-VW204という取付キットを使ってナビを取り付けています。GE-VW204にはCAN-BUSアダプタが含まれていて、リバース信号、車速信号、イルミ電源はCAN-BUSアダプタからナビに供給しています。これが全部逝かれてしまったわけです。

早速アホな私は「これはCAN-BUSアダプタが逝かれたに違いない」と早合点し、スーパーオートバックス三鷹で株式会社ピービーのBIF-C01-VW2を購入しました。このBIF-C01-VW2はCAN-BUSアダプタ単体です。GE-VW204を買い直すと5万円を超えますが、BIF-C01-VW2なら26,250円でお得です。カナック企画にはCAN-BUSアダプタ単品商品はありません。

家に帰って早速CAN-BUSアダプタをカナック企画からピービーに交換しました。。。。うっ直らない。なぜかイルミ電源だけは供給されるようになりましたが、車速とリバースが入りません。ガックリ&無駄な散財(泣)この辺りでkaishiさんにSOSメール。kaishiさん、お休みのところ申し訳ありませんでした。

メシを食って風呂に入って、再度挑戦。
CAN-BUSアダプタを試しにピービーからカナック企画に戻したところ、ウソのようにすべての信号を受信し始めました。何じゃこりゃ?配線がおかしかったのか何なのか。買ってきたCAN-BUSアダプタはどうするの??(泣)

さてMFDにブースト計を表示するためのl-c-tモジュールですが、真っ先に怪しいと思って最初のうちに外していました。CAN-BUSアダプタを元に戻すことによって無事直ったので、l-c-tも元に戻します。。。あれあれ、l-c-tを戻すと信号が受信できません。l-c-tが悪さをしているようです。以前は全く問題がなかったのに何なんでしょうか?l-c-tはお蔵入りとなりました。

今日ついでにPAC-JAPANから購入したSWI-CANとSWI-Xも装着しました。

pacswixcan.JPG

SWI-CANがCANからステアリングリモコンの信号を受信し、それをSWI-Xに送ってXが赤外線をAV機器のリモコン受光部に発信するという仕掛けです。まだ発注している3Cパサート用ウッドステアリング(ボタン付き)が届きませんので確認はできていませんし、SWI-Xの赤外線発光LEDの位置も決めていませんが、SWI-CAN/Xの置き場は灰皿下のスペースにしました。ここなら灰皿を外せばいつでも学習操作をするができます。

今日は疲れました。
kaishiさん、色々と教えて頂きありがとうございましたm(_ _)m
posted by FCLIFE at 01:28| Comment(15) | VW Eos

2007年12月14日

レインライトセンサー(RLS)の設定変更

 
VAG-COMでレインセンサー/ライトセンサー(RLS)の機能を設定できるということでやってみました。

PASSATのRLS P.NO 1K0955559T 設定値 00208933
EOSのRLS   P.NO 1K0955559AB 設定値 00208933

最後のアルファベットは異なるものの、PASSATもEOSもGOLF V(1K)用のRLSを流用しているようです。どちらも設定値(コーディング)は「00208933」で共通でした。

00208933は十進数(DEC)のままでは意味をなしません。16進数(HEX)に変換すると00208933(DEC)=33025(HEX) となり、

最初の一桁:+1=Highway Light ON +2=Rain Light ON +4=Rain Closing ON

      つまり3であればHighway Light/Rain Light がONの状態ということになります。

次の 二桁:Light sensor correction value 30(HEX)=48%(DEC)

最後の二桁:Rain sensor correction value 25(HEX)=37%(DEC)

注)上記の赤字部分はお節介さんからのご指摘で修正しました。

さてPASSATもEOSもそうなんですが、昼間でもオートライト状態で時速140キロ以上で10秒以上走るとライトが勝手に点きますよね。その後時速65キロ以下で150秒も走らないと消えません。また降雨時にオートライトにしていると、連続してワイパーが作動するような雨の場合、昼間でもライトが点きますよね。この二つの機能は個人的に煩わしく思っていました。なのでHighway LightとRain Lightはオフにします。一方で標準状態で設定されていないRain Closing機能ですが、これは雨が降ってきたら勝手に窓を閉めてくれる機能らしいです。窓の閉め忘れにも効くという噂(未確認)なのでこれはONにします。

次にLight sensor correction valueとRain sensor correction valueですが、Light sensorの数値を色々変えてみましたが、夜だと0%でも99%でも何の違いもなく、日本仕様のPASSATと欧州仕様のEOSが同じ値であるということを考慮して標準状態を維持することにしました。

よって決まったコーディングは 43025(HEX)です。VAG-COMで車輌に書き込むコードは十進数なので、43025(HEX)を十進数に変換して00274469(DEC)を車輌に送り込みます。

一応これで、

Highway Light OFF
Rain Light OFF
Rain Closing ON

と設定できたはずですが、試していないので成功したかどうかはわかりません。今度高速道路を走るときや雨の日に試してみたいと思います。
posted by FCLIFE at 00:44| Comment(20) | VW Eos

2007年12月12日

VICSビーコン/ETCユニット/iPodケーブル移設

 
先日の都筑オフ会で初めてお会いしたREDHEADさんが、ALPINEナビのVICSビーコンをバックミラー上部のスペースに上手に付けられていたのを見て早速真似してみました。

私のVICSビーコン移動は今回で2回目です。

納車時の最初の位置。。。あまりにもど真ん中
BECON1.jpg

次の位置は一番一般的(レーダーは現在のものと違います)
BECON2.jpg

今回の移設・・・外から殆ど見えません。なかなかよい感じ。
BECON3.JPGBECON4.JPG


この際、気になっていることを全部やってしまおうということでETCユニットとiPodケーブルの移設です。納車時からETCもiPodもグローブボックスに装着されています。私の家の近くに「中央道稲城」というインターがありまして、このインターに「稲城大橋有料道路」(200円)が接続しているのですが、この橋の料金所に未だにETCがなく、しかも上りは橋の料金所で中央道の料金を同時徴収されます。中央道の料金も取るんならETCレーンくらい用意しろよ!と思うのですが、そんなことは言わずに毎回にこやかにETCカードを取り出し、橋の回数券とともに渡しています。その際、グローブボックス内だと体を傾けないとカードを取り出せず、また差し込むときも手探りなのでやりにくいなぁと思っていました。これをステアリング左下(日本仕様なら右下)のダッシュボックスに移設しました。試してみたらiPodも収納可能なので一緒に移設しました。グローブボックスから何もなくなって気分スッキリ。ただしダッシュボックスにはカギが掛かりませんけど、まあいいか。グローブボックスにカギを掛けたことないし。

グローブボックスにある時のETC&iPodケーブル
ETCIPOD1.jpg

移設後のETC&iPod
ETCIPOD2.JPG

ダッシュボックス内のETCユニット設置方法は色々と考えたのですが、側面に貼り付けるとETCユニットの奥行きの関係でフタが閉まりません。ボックスの上辺をETCユニットの分だけ切り取って上面からぶら下げて設置するという解もあるのですが、思ったよりも上面の平らな部分の面積が小さくて両面テープのみで取り付けるには少々心もとありません。ステーなどを用意して取り付けることは可能かも知れません。私の場合は下面に置くことにしましたが、下面は平らではありません。よって平らになるように金属のステーを加工して両面テープで装着しました。配線はETCユニット背後の面を四角くくり抜いて通しています。我ながら大満足。

その後、kaishiさんにやり方を教えてもらった光軸調整を買いたてのVAG-COMを使って実施した盛りだくさんの一日でした。
 
posted by FCLIFE at 21:03| Comment(2) | VW Eos

やっと買いましたVAG-COM

 
以前からkaishiさんのお世話になっていたVAG-COMですが、やっと自分で買いました。SECOND-WINDさんで売っているMicro-CANというやつです。HEX-USB+CANというやつもあるのですが、EOSで使う分には安い方で大丈夫だろうということでMicro-CANを買いました。

早速ROSS-TECHのホームページから最新バージョンのVAG-COMをダウンロード&インストールし、TESTを経てオートスキャンしてみます。

手始めに、XEON-LIGHTの調整項目が目にとまったので、VW EOS(IF)LEFT-HAND-DRIVE/REST OF WORLD を RIGHT-HAND-DRIVE/REST OF WORLD に変えてみます。というのは、私の車は右側通行仕様なので右ヘッドライトの照射範囲が少し高くなっています。それが低くなるかな?という淡い期待でしたが、結果的にはコーディングは受け入れられたものの変わった感じはしません。またツーリストソリューションという設定項目がROSS-TECHのホームページ(EOSのページ)上では存在し、自分の国と違う側通行の国へ旅行したときに一時的にヘッドライトの照射角度を変える機能があるようですが、これは設定を受け付けませんでした(入力不可)。もしかしたらAFSの首振り角度(横の角度)を変えるだけなのかも知れません。ヘッドライトの部品そのものが違うんでしょうね。
kaishiさん、今度時間がおありの時でよいので、ここのコーディングがどうなっているか教えて頂けませんでしょうか?私は2506755を2507011に変更しました。

ステアリングもスイッチ付に変更してみようとしましたが、先日のオフ会時と同様に受け付けられませんでした(これは入力は可能だが送信しても変更されない)。

VAG-COMは各種様々な情報の読み取りやコーディングの変更ができますが、買ってみてわかったのですが、私のようなド素人には大変危険な装置です。知識なくいじると必ず痛い目に会いそうですね。

取り敢えずフォルトコードの確認や消去、ハッキリと内容がわかっているコーディングの変更用途に止めたいと思います。
 
posted by FCLIFE at 00:32| Comment(16) | VW Eos

2007年12月11日

e-bay.comで見つけた「PASSAT R36ステアリング」

 
e-bay.comをうろうろしていましたら見つけました。

R36PASSATSTEERING.jpg

VW PASSAT R36 STEERING WHEEL WITH CONTROLS. NEW

PASSAT R36用 純正ステアリング新品が早くもe-bay登場!!

純正品番が 1KO959537J らしいこのホイールは外形はGTI形状だと思うのですが、マルチファンクションスイッチとパドルを擁しており、かつスイッチ部と下部インサート部分に他のステアリングとは異なる形のブラッシュドアルミインサートがあしらわれ、なかなか格好良く仕上がっていますね。

価格が$500+日本への送料$40なので、$540=約6万円強。価格的にも魅力的なのではないでしょうか?

私はEOSもPASSATも非DSGなのでパドルが余分で手を出せませんが、PASSAT V6 / EOS / GOLFV / JETTA / TOURAN などの各DSG車に装着すれば、車種によってはエアバック裏のハーネス&対応ステアリングECUへの交換が必要になるとはいえ、マルチファンクションスイッチ&パドルシフトを同時に実現し、且つR36デザインまで実現してしまいます(動作保証はしませんが可能性は高いですよね)。マルチファンクションスイッチはエミュレータで市販オーディオ用にも使用できます。

取りあえず、物欲爆弾を発射しておきます(笑)

posted by FCLIFE at 19:12| Comment(34) | VW Eos